つぶやきや更新状況などなど
カテゴリ
最新記事
最新コメント
今日のアクセスランキング
カウンター
やる夫系板
まとめブログさま
RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

やらない夫は弱虫のようです 第六十五話 「山奥の村で・2」

187 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:05:28 ID:CZp9S8WO
1970







          (( えーと…。 ))








                   (( どうして、こんなことになってるんだったっけか ))







.

188 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/10(土) 23:05:53 ID:Qd3JiEnD
温泉あるのか!?

ないと思って宝それだけで十分です

189 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:06:34 ID:CZp9S8WO
1971





                ┏
                  ビアンカの家の裏の、小さな林に隠されているように

                  在る温泉で。
                                                    ┛




                                                -‐ ‐- 、
                                              /      \
                                             i ヽ、._       |
                                             ソ(ー) ;    |
                                             (人__)       /
            (( あんにゃろう…何考えてやがる、スミス ))       |      .r‐. |
                                             |     /│ 「 7`!
                                             ゝ-‐=、≦  |  \/ 〉、
                                            _/    >、 」!   /\/
                                         , '´  `  /_〉   ∠-‐ '^ヽ
                                        /      /´ /         」
                                       〔      /  ∨           |!
                                        \ ー‐ ´                 |   ~~~
                                         ` ー‐=ニ二/      '        |
                               ~~~~~         |       | ヘ       |
                                               |   /  ∨ト、   /,イ
                                    ~~~~~~         \/    `|   /イ|j
                                         ~~~~~~~~~~~~~~
                                                              ~~~~
                             ~~~~~




                  ┏
                    ビアンカもプックルも眠り、じゃあちょっと俺も浸からせて

                    もらおうかと思った、この温泉で。
                                                       ┛
.

190 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:07:42 ID:CZp9S8WO
1972





                        ┏
                          ビアンカが言っていた通り、本当にその温泉は

                          小さかった。
                                                        ┛





                  _,、-ー''´:._,、-:ー`、-、,
                 /:.:.:,、-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:>'"`:.、
                ,/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;':.:.:.:.:/::.i/:.:.:.:.:.:.:.:.:\
               ∧∨:./:.:.:./:.:.:;':.:.:.:.:∧ヘ/i:.:.i.:.:.:.i:.:.:.ヽ
              ∧:.|!:.:.!:.:.:.:.!:.:.:.!:.:.:.:.:!´`'"´`i:.:.l:.:.:.:l:.:.:.:';'.,
              }:.::.|i:.:.|:.:.:.:.|i≦廴リi:|    |:.:リ:.:.:.|:.:i:.:.!:.i
              {:.:.:.:|:|:.:|:.:.:升i:.:.!i:.:.ハj    辻≧:/:./:.:.i:.:!
              lヘ/ヘハ、:| ,rt≡=、    /廴レリノ//:ハリ
                  ,'i:.ヘ(|:.:.:.:.:.:|///       ィ=ミヘ/:/.:ノ
                  ,':i:.:.:.:l|:|:.:.:.:.:|             /ソノ      「 せいぜい三人入れればいい、っていうほんとに
                 ,':.:|:.:.:.:l!:l:.:.:.:.:.l     __  ′  /:.l: |
            /:.:.:!:.:.:.:.!:l!:.:.:.:!:!、   ヽ ノ   /:.:.|i.:|         ちっちゃい温泉なんだけどね。            」
            /:.:./|:.:.:.:.:!:.i!ヘ:.|i| \      <:.:.//:|
            /:.:/:.:|:.:.:.:.:.:.:i:.:.ヘ   ` ー <|:.リ:|:.:.://i:.|
         < ̄`ヾハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ      ト、ヽ∨|:.//:.:!.:|
        /´  ヽ : : ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、_,、-"¨'ーヘ_i:.|/':.:.:.:.':|_
       /     i、: : ::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_,、-"゙ー、,∨:.:.:.:.:.:.:.!i`ト、
      イ       ! ',: : :::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : : :i:.:.:.:.:.:.:.:.:|: i ヘ
     / i       i ',: : ::::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : :|::.:.:.:.:.:.:.:.|:.i ヽ





                 ┏
                   でも俺は、誰でも入れるような公衆浴場はそんなに好きではないから…。
                                                               ┛


< /div>



191 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:09:43 ID:CZp9S8WO
1973





                      ┏
                        それがまさか、こんなことになろうとは。

                        きっと…、スミス辺りのたくらみに違いない、と思う。
                                                       ┛





            -‐ ‐- 、
          /      \
         i ヽ、._       |
         ソ(ー) ;    |         ―――えーと、ピエール?
         (人__)       /
         |      .r‐. |
         |     /│ 「 7`!       俺が後ろを向いてる間に、上がってくんないかなぁ。
         ゝ-‐=、≦  |  \/ 〉、
        _/    >、 」!   /\/
     , '´  `  /_〉   ∠-‐ '^ヽ     君、魔物とは言え…女性なんだし。
    /      /´ /         」
   〔      /  ∨           |!
    \ ー‐ ´                 |   ~~~
     ` ー‐=ニ二/      '        |
~~         |       | ヘ       |
           |   /  ∨ト、   /,イ
~~~~~~         \/    `|   /イ|j
     ~~~~~~~~~~~~~~
                          ~~~~




                       ┏
                         そう。俺の後ろ、たった三人ほどしか入れない

                         小さな温泉の中には、―――俺の他にもう一人。
                                                       ┛

.

192 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:10:40 ID:CZp9S8WO
1974





                        ┏
                          何故か、ピエールが。
                                         ┛




               _rュ辷ヶュ、 .._  /⌒ヽ
              /'⌒ヘヽ`tい‐`く
     .          {〃/ヘ.`i iハ}か、  ヽ
               rvイハ\`|jル'りヽ`||}
             いー-=辷j〆Уヽ ン! !ノ
              `t泝'ぐ斗く \ イ ,!.|           いいじゃないですか。
             〃イ、いヽ丶>'´ イ !
             ぐ/,! !ヘ_〉^^├' j .リ               ビアンカさんに聞きました…、人間て、混浴というのを
             |! | ,| _!   ! /〃            温泉でするんでしょう?
             ,.>'´ ´ {    `ヽ .._
             /                ヽ
~~ .        i .                 l   ~~~
     .       | l    i   !    i  |
         ~~~~~~~~~~~~~




                     ┏
                       ちょうど家に向かう方向に、俺に背を向けて

                       湯に入っているんだった。
                                                 ┛
.

193 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:13:03 ID:CZp9S8WO
1975





            ┏
             普段の彼女から考えて、彼女自身がこんなことを思いつくとは思えない。
                                                          ┛




                   _,.,.,.,.,.,.,.,.,.,_
    _,,,...-- ..,,_       ,r'´     _ `ヽ、
   '´       ¨''‐- ,,,__,,r"        ヽ  ヾヽ、
              ,r" ,' i          ヽ  ヽ !          大丈夫です。リュカの気持ちは判っていますから。
             /  !  !   i  `、 ヽ-'7’!、
             /   ! lヽi i  !  ヽ  ヽ/ l/
            //! i  ! ! ヽ! l ,,,i,,,,,,,_i  i !、 ,!`ー-- 、     誤解しないでください。
            i/ l  l  l fヽ ヽ!ヽ!i...:::l7 !l ,!/ヽ`ヽ、 ヽ
              ! lヽ ヽ !!_!     `'''’! /!l/____ヽ`、`、ヽ!
              ヽ ! `、 ヽ! ′    /!/,r'  ヽヽ`、,!     ―――ただ私は、リュカと話したいだけなんです。
               `  ヽ、!,r`ヽ`_ /_,,r'´     `i、/
                  / ' ,  ,,-"         !
               _,/   _,r"         ~~~~
     ~~~~~~~~~~~~
     ~~~~~~~~~~~~  ~~~~~~~~~~~~




                     ┏
                       きっと、スミスが何かを言ったんだろう。

                       ―――静かすぎる夜。

                       例え家から離れているといっても…これじゃ…。
                                                     ┛





          / ̄ ̄\
         /      \
       . |            |
       . |        u │        俺と…話す?
         |         |
       .  |         |
       .  ヽ       /          せめて、服を着てからでも、いいんじゃないかなぁ。
          ヽ      /
          >     <
          |      |
        ~~~~~~~~

.

194 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/10(土) 23:13:55 ID:ANe2Ez5U
ピエールのスライム見せい


195 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:14:10 ID:CZp9S8WO
1976





                 ,.-‐ '三三⌒入ヽ、
             __ _,/  < ., -‐  i',  ト、
           / / , 、、 丶.`' 、 l Yl)‐フ
          /  /  . . i、' ,丶、  ヽ,ヽi l l) /!            駄目です。
          |   i  i i i \ヽー‐,二.、ヽ//i)/
          ヽ  i ', ヽjj  `゙゙' 'マj__ソi Y^!k‐ 、           だって、そうしたらリュカ、
             ヽ. ヽ.rセヘ    ,.,., | レ'/!;:;i、ヽ
              ゙ヽヾヘー' ,     | i>|;:;:iヽ;:;:>         逃げて話してくれないから。
                    |リヽ.゙ ‐-‐ / ! i  7i;:;|ヽ〈
                     | i__」二ェ'  ノi i '' '' |;:;l ̄ヾ
                     /´        i/   L;」  \
                ~~~~~~~~~~~~~~~~~





                       ┏
                         ピエールは珍しく、俺の提案に乗ってくれない。
                                                      ┛




               ,. -―'''''''''''<ト、
          . -‐‐‐ァ        ヽ\ヽ
       . /   /  // ハ ヽヽ  トヽト、
           /  // l l  ヽ ヽヽ  |_ Wハ
           ,' l  i l. |!l l.  l!i |!l.|. l/', ハ
           i  l l i |`.|',l、i   l,'lノl l'l,i. .l l/ j〉
           从::`トlr‐=、、` `'' r'''ニ`、 | lメl             私が聞きたいことは、一つだけです。
            .l l、!.i-';;;i.    i‐';;:)`,l | l/,'
            ,' il, `‐''  .    `‐' 〃/,'/
            ヘ l`、"" r‐‐、"""",/./', '                  リュカ。
            ヘj|`'.`ヽ、  ̄  ,..ィ'lレ´
                 >t‐'" ,'/ '、__
       .     ,.-―' '''"   ', ./'"    `'','ー- 、           あなたは。
           ,'     -..._  /_,....-       ',
       .    i.  '      '"         ',
           l   ',,'                i
           |   ,'  ,           l.   l
           !   ,       ,'       l   l
       .  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

.

196 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:15:08 ID:CZp9S8WO
1977





                       ┏
                         そしてピエールは背中越しに、
                                           ┛










              ――――ビアンカさんを、愛しておられるのではないのですか?――――










                    ┏
                      俺に―――そんなことを、聞いてきたんだった。
                                                    ┛




.

197 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:15:44 ID:CZp9S8WO
1978


















.

198 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/10(土) 23:16:01 ID:/sBXx3e0
わっふるわっふる


199 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:17:01 ID:CZp9S8WO
1979

<<ビアンカとダンカンの家>>




                  ┏
                    なんだか半ば強引に連れてこられたビアンカの家。
                                                    ┛




                    ..... .:.:.. ... :. .:.:.::::::::.: .: .  ........        ... :. .:.::::::::::::::.:.: .: .
                :. .:.:.:.: .: .                ... :. .:.:.:.: .: .
                '~''^'-^゙-、'~''^'-^゙-、'-^-、  .:.:.:.:..      .:.:.:.. ..  .. .... .:_,,-'~''^'-^_,,-'~
                ::::::::::::::::::::゙-:::::::::::::::゙-:::::::゙-、 _______ ___ _ ノ:::::::::::::: :ノ:::::::::
                ::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::i::::::::::::i/\\       |   /|/:::::::::::::::,-'::::::::::
                :::::;;;;;;::::__,,-''~i、;;;;;_,,-''::::::::::////\\     |   /三ミ:::::::::::::::::i::::::::::::::;;;;;;
                :::::::::::::;;:::::::_,,-'':::)i;::::::;;;;;;;/7777i⌒\\     |/囗囗ゞ::::::::::::::::ゞ::::::::::::::::
                :_,,-'';;;;;;;;;;;;;:::::: ソ:::::::::;:::: /// lTTTTTT\\    ̄ ̄ ̄ヾ_:::::::::_,,-'ヾ_:::::::::_,,-
                ::;;;;;;;;;: i;;;;::::,-'~:;;;::::: ,-''/7[ニニニニニニニニニ\_>____゙-、_::::;;;;;;;;;: ゙-、_::::;;;;
                ゙ヽy /_,-''~y /_,,-''~   ̄E|三i⌒i三囗三E|ヨ三囗囗三三囗゙ヽy /_,-''~゙ヽy
                  |i::|   |ii:l   lTTTTl E| lTTTTTlTTTT|ヨ三三三三三三三|i::|三|ヨ  |il
                 イ从  ,ノ从.,   ̄|7三/ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|lTTTTTTTTTTTT ノ从Tl|,  ノル
               "'~''~'"' ""'"'''"' '' '"~'"'"'' '""'' '~"'"'''"~~ "'''"'''" "'"'' '""'~'''"" '"'''"~




                    ┏
                      ビアンカの家は、少し歩くとすぐ判るくらいに、村の中でも

                      大きなものだった。
                                                          ┛

.

200 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:17:39 ID:CZp9S8WO
1980




                      _ __ _
                 _,、-ー''´:._,、-:ー`、-、,
                /:.:.:,、-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:>'"`:.、
               ,/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;':.:.:.:.:/::.i/:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              ∧∨:./:.:.:./:.:.:;':.:.:.:.:∧ヘ/i:.:.i.:.:.:.i:.:.:.ヽ
             ∧:.|!:.:.!:.:.:.:.!:.:.:.!:.:.:.:.:!´`'"´`i:.:.l:.:.:.:l:.:.:.:';'.,
             }:.::.|i:.:.|:.:.:.:.|i≦廴リi:|    |:.:リ:.:.:.|:.:i:.:.!:.i
             {:.:.:.:|:|:.:|:.:.:升i:.:.!i:.:.ハj    辻≧:/:./:.:.i:.:!      父さん、ただいまー。
             lヘ/ヘハ、:|≦斤乍     /廴レリノ//:ハリ
            ,'i:.ヘ(|:.:.:.:.:.:| `弋少     升仆ヘ/:/.:ノ
                ,':i:.:.:.:l|:|:.:.:.:.:| :::::::      ゞ少 /ソノ         聞いて! 今日はすごく嬉しいことがあったのよ。
            ,':.:|:.:.:.:l!:l:.:.:.:.:.l     __  ′ ::::/:.l: |
              /:.:.:!:.:.:.:.!:l!:.:.:.:!:!、   ヽ ノ   /:.:.|i.:|
             /:.:./|:.:.:.:.:!:.i!ヘ:.|i| \      <:.:.//:|
            /:.:/:.:|:.:.:.:.:.:.:i:.:.ヘ   ` ー <|:.リ:|:.:.://i:.|
          < ̄`ヾハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ      ト、ヽ∨|:.//:.:!.:|
        /´  ヽ : : ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、_,、-"¨'ーヘ_i:.|/':.:.:.:.':|_
       /     i、: : ::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_,、-"゙ー、,∨:.:.:.:.:.:.:.!i`ト、
      イ       ! ',: : :::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : : :i:.:.:.:.:.:.:.:.:|: i ヘ
    / i       i ',: : ::::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : :|::.:.:.:.:.:.:.:.|:.i ヽ





               ┏
                  ビアンカは俺たちを家に入れた後、すぐにダンカンの寝室に入っていく。
                                                             ┛
.

201 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:18:21 ID:CZp9S8WO
1981





                    /:;;;;;;;::::::::::::ヽ,
                   /::(゙゙゙''''',=ゝ、;;:::i
                  /:::::::`゙'''":| :i、,,,,,)|
                 ,-、::::::::::::::/‐、::::::::゙|                おお、娘よどうした?
                 | ,,':::::::〆::;;:::::`:::::::|l
          /`゙゙゙''‐、   ゙,〈i::::::∥'"`゙'''i:li:::::゚`l                   この何もない、時間の停滞した村で、
         l    `''‐、,,,,_〉\∥L-‐、,,|:ii:::|ノ,'
         |        i゙|||llii、;il||||llli:::ll://   _,,-‐''''''‐‐i        何が起きたというんだい。
         |        .|:::::|||||||||||||l;;il||/‐‐'''''"      |
         |       /:::::';|||||||||||||ll"/          |
         ヽ  i _,,,-''":::::::::';゙l||li彡:::,":|          |
       ,,, -''|  |,‐'‐、;:::::::;;;;;;;;::',::::::::::":::::`':、      '; ノ
    ,, ‐'"  |  |   /‐‐-=、,,`゙;;;::::‐''':::‐、;;::゙'::::、    ;/、
  ,, ‐'"     |  |  /    ,,,,,__ `゙゙゙''''‐-=;;;;;;;;;;|    i `゙゙''‐ 、




              ┏
                 そこにはあんまり変わらない姿でいる、ダンカン…ダンカンおじさんがいた。
                                                               ┛





            / ,.‐-y'´'ヽ/ ヽ-゙-ヘ
           /  / , / ∧∧ ',  ',ヽ
              ,'  /  l l l ,'‐-' | | |  l 'ハ
          ∧' ,'  l | ,リ  _リ l l  l l l
          ト、 'l   l`≧´   `≦-r'___「       ふふ、なんとね。
         / ヽl ̄'l イハ::l    作ハ ,'´l |
         /  ,∧l  l 迄ソ   迄ソ'{ l |
        ,'   /  ', l、:::::::  ー (ヽノ l |        ほら、リュカ、来て!
        ,'   / ヽ!/^ヽフミ、ーi_彡/ `Yi
       ,'  ,'   /_>、__,>、5-!ヽ,ゝ-‐'ノ}
       l|   l l /   i'   | | ヽ′ ̄,ノ
       |l   L_/   /〉  l  l  ヽ_/l |
       `ヽ|_}、   r彡ヘ  >、ヘ  イ\レ'
        f、\>< / ,X´/ i Vl ヽ、/
         `´   >、_/、__/_j_,!─'
            /   /   |  l
            /   /     l  l
           /、__,/       l、_j
           {l l l l |      | l l .ハ
           !、l l l ,!       ト-<エ!
           ヽ ̄~ }      ゝ<__ノ
            ` ̄
.

202 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:19:29 ID:CZp9S8WO
1982





           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)
    .     |     (__人__)            ども。…ダンカンおじさん、久しぶりです。
          |     ` ⌒´ノ
          |         }                 俺です、リュカです。
       _./:l ヽ        }
    ‐''"´:/::::::|_ ヽ_  __ノ::、
    ::::::::: !::::::::l′     \ ,イ\
    ::::::::::l::::::::::l         /:`:::l:::::\
    ::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l:::::::::\
    ::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l::::::::::::ハ
    ::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::/::::l
    :::::::::::::::::::::::::::::: l`ー'l:::::::::::::::::`::/::::::::l





                  ┏
                    ビアンカが引っ張る手に応じ、俺もダンカンおじさんの寝室に入る。
                                                             ┛




                            人
                              て
                    /:;;;;;;;::::::::::::ヽ,   〈
                   /::(゙゙゙''''',=ゝ、;;:::i
                  /:::u:`゙'''":| :i、,,,,,)|
                 ,-、::::::::::::::/‐、::::::::゙|             なんとっ!?
                 | ,,':::::::〆::;;:::::`:::::::|l
         /`゙゙゙''‐、   ゙,〈i::::::∥'"`゙'''i:li:::::゚`l
         l    `''‐、,,,,_〉\∥L-‐、,,|:ii:::|ノ,'            リュカとは…パパスどのの息子の、あのリュカくんなのか!?
         |        i゙|||llii、;il||||llli:::ll://   _,,-‐''''''‐‐i
         |        .|:::::|||||||||||||l;;il||/‐‐'''''"      |
         |       /:::::';|||||||||||||ll"/          |
         ヽ  i _,,,-''":::::::::';゙l||li彡:::,":|          |
       ,,, -''|  |,‐'‐、;:::::::;;;;;;;;::',::::::::::":::::`':、      '; ノ
    ,, ‐'"  |  |   /‐‐-=、,,`゙;;;::::‐''':::‐、;;::゙'::::、    ;/、
 ,, ‐'"     |  |  /    ,,,,,__ `゙゙゙''''‐-=;;;;;;;;;;|    i `゙゙''‐ 、

.

203 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:20:14 ID:CZp9S8WO
1983





                   / ̄ ̄\
                  /   _,ノ `⌒
                 |    ( ⌒) (⌒)
                 |    (___人__)         はい。「あの」リュカです。
                  .|       __ノ__
                  |     _/u__\ヽ_
                  人、   '-/____ ヽ  ヽ      ずいぶんご無沙汰していました…、
               _,/(:::::ヽ、  __'-〈 、 ヽ  |
         _, 、 -一 ''"::::::::::\ ::::::::::::::::j、|    |       ダンカンおじさんは元気で過ごされて?
        /;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
       丿;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
      . i ;;;;;;;;;;;;;;;;::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧
      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;;;:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧
      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v






                    /:;;;;;;;::::::::::::ヽ,
                   /::(゙゙゙''''',=ゝ、;;:::i
                  /:::::::`゙'''":| :i、,,,,,)|
                 ,-、::::::::::::::/‐、::::::::゙|             まぁ私も年だからな。
                 | ,,':::::::〆::;;:::::`:::::::|l
         /`゙゙゙''‐、   ゙,〈i::::::∥'"`゙'''i:li:::::゚`l               以前のように、とはいかないがまずまずだよ。
         l    `''‐、,,,,_〉\∥L-‐、,,|:ii:::|ノ,'
         |        i゙|||llii、;il||||llli:::ll://   _,,-‐''''''‐‐i
         |        .|:::::|||||||||||||l;;il||/‐‐'''''"      |     しかし何とまあ…成長したものだ…。
         |       /:::::';|||||||||||||ll"/          |
         ヽ  i _,,,-''":::::::::';゙l||li彡:::,":|          |      妻が生きていたら、きっと喜んだろうに。
       ,,, -''|  |,‐'‐、;:::::::;;;;;;;;::',::::::::::":::::`':、      '; ノ
    ,, ‐'"  |  |   /‐‐-=、,,`゙;;;::::‐''':::‐、;;::゙'::::、    ;/、
 ,, ‐'"     |  |  /    ,,,,,__ `゙゙゙''''‐-=;;;;;;;;;;|    i `゙゙''‐ 、

.

204 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:21:10 ID:CZp9S8WO
1984





                 ,..  ´        /⌒ヽ /    `  ‐-  .              ト、
          ,  ´          ,..′   ヘ′         `  、              ! ’,
        /         ,..  ´                       ` .、          .' .∧
       , ’            /             l  r         `  、 ヽ       /.    ',
      /          ,./           lヽ//\         ヾ 、’,    l     ハ
      .'        ,r ´/              ├ー'"`ーヽ       l.ヽ ヽ ’,ヽ',     !       '.
      !       /                 ',       ’,  l   l ’,  ト、',  、   .l       !
      l        /          l  l   ト. ',.      ',_ム-ー ト、 ,  !ヽi    l       l    じゃあ、私はご飯を
.      小       .′          l  l  l    !ハ i       ∧ l   .! ', .i  l       !      !    作るから。
      〈  ` .、  ′  ′      l  l!  !   ! !.j      ', !   l. ! j.  !     .勹       !
     ’,    ` ー.′  !     l  l  l !_ム-‐:ァー! l    ,ィ云z、   l レ'l /      .匕     l
     ∧  、   l   l l     ! .」斗七l,イ__/  l/    rf心 Y  ,イ   !/       .r′     .l    みなさん、談笑してて。
     ヽ,\ ` ‐-l   ! l    斗<l _!ハi云ミz、  ′    {゚l刈 l / l          勹      l
      lヽ.`  、 l  lNi    l',   ! ,ィf示心         辷り l/  !         匕      .l
      l  `ト . ` ,メ小     !ヘ 仔fi゚し;刈         `¨´  l  ’        r′      !
      !  ;   !` ._  !`  、 ', ヘ ! 弋z_ソ                l   ',         勹       .l
.       小 /   !    ̄',  lへム ヘ!              ’    !   .!         匕、      l
    / !     '     ヘ.  !      l                  ハ  l         .l ヽ、___と′
.    / ,′   ,'       l へ l    ハ           ー ′  /  l .!       l      l
   / イ    /     l   !     ∧             .ィl ! ./! i    ,rー―=l      l-、__
  , ’〃   /       l    !      ト             イ ./! 'i . ,' l. ,′  ヘ` ー- .、ー――‐┘    ̄ヽ
. / / ′  /        l     '.   ヘ ',  >    r七升 l,/ l/l / !/    `ー- 、_` ー―-―¬二ニ≠′
´ / /          l     ',    ’,∧     !ハ   ’,   l/  '′          ,r'T冖ァ¬ーメ、
 , /              ',    ∧.卞  ト ヘ     トム    ` !、             / _ムイ´   / /
.,  ′ ,イ         ∨    ∧.ト \ ヘ`\     K \    ヽ、          ./        l〉
 ;   ./ !         -’、    ヘ! \` \    <テハ ’,      ',へ       /         i′
 !  / l  ハ   rf´ミ、 ` ー-、    \ ヾ,r ´ Z二ニヘ ',      ト、 ',     l         j




                     ┏
                       ビアンカは俺とダンカンおじさんが話し始めたと同時に、

                       台所に姿を消した。
                                                         ┛

.

205 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:22:03 ID:CZp9S8WO
1985





                        ,イヽ         , ィ'⌒!
                       //  i       / /:  |
                         / /   !    /   /   |
                     /   .'    | ¨  ̄ ̄`'ヽ    |
                 /    /  _ ,..' - ── ──- `ヽ
                /    .  '     ,             ` 、
                ´   /      /               \
               /_  _/.. _    /|_ /  /     \ ヽ _ヽ \
             / _  _  __  ̄_7_ji_  ̄/二,' ニV -  ヽ ニ ヽ_ヽ__ヽ
            ′   .′     7::: ||:::: 7  /  |  |   |   |  !::  !
            i    :i        /::::/||:: イ  ハ::.  |  |   |   |  !::  !      ビアンカー。
            i    :|       ′.' !!/ |  | |:: ,ハ  イ   !   .′ ,::  i
            i    :|.     ! :::| |ヽ_j_,.ィ::!/ | ヽj.__/j  /: /:::: ′     わっちも行くでありんす―!
            i    :|::.     ! :::| 丁 ヽ ヘ! レ′ / レ' レイ:::::/::|:: /
            i    :::|:::      | 「 . == ミ     ィ==z /从'::: ' ∧
            l    :::l::::.     | i::::::::::::::       ::::::: '::::::::: // ゝ
            |  _ ::ハ::::.    | |           〉  /.:::::::::/イ
            レ ´  `ヽ::::.    | |             , ::::::_ イ: |
             /      !:::.  │ |、    r ‐― ァ  .イ::::::::  |:: |
             .′     i::::::.   l l \    ̄  ∠___|::::::::  |:: |
           l       i::::::  i i    、  _/    :|::::::::  |:: |





                   ┏
                      その後をビアンカにまだ甘えたりないプックルと、
                                                     ┛





        -==== 、、
              ヾヽ、-‐‐ ‐ -<⌒ヽ
           .  ⌒` `       \ハ
   .      /              、 \`ヽ
   .     /   / /   l|\ヽ、丶、 ヽ ハ ト、
        / /// ///i li ヽ.ヽヽヽ ヽ ハ/ ハ ハ
   .     / /// //7メ、ll  | il l !,.ィ´l  i / /i }          わ、私も何かお手伝いしますっ!
       i /// //.〃`Xリ  レル'r=≦ぐ! |⌒Viり!
       レ1 i l lハ!. {l |仆|     |}心,.ハ〉 | . }i!メ           っていっても、私料理をしたことがないのですが…。
   .      Vハlハ  |以|     ト似ソ | li| .ノノj.ノ
          | iハ `~~ .     ~~~´ | li|イい\
          | l ト、   _ __   u | iliリl ト>'´`ヽ、           ┏
          | l l \       /リ /~!イ___ _  \          慌てて、何故かピエールも付いて行った。
       /´ ̄iハli| ̄` > -- -< //i/ /ー---‐、\  \.                                  ┛
   .   /   r1ハil|-‐ ´ ノ`ー‐┐r'/i/\      〉 〉   \
      /   .| riリ´ ̄   /´ ̄ ̄     >、   / /
   .  /    | |-‐‐‐ ‐-く_〉ー‐‐‐r‐‐ ´ し1  /_/      //
.

206 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:23:06 ID:CZp9S8WO
1986





              _ ___
           、=''"´  ´  ̄`゛''‐-..、
        ,.,r'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゛''‐、、
       ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ_ ,.,::::::::::::::::)ュ
       ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ   `ゞ~rr ,イ
       {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ       ハフ
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉,¬─- ..,,,__ l
       !:::::::::::::::::::/、, ト,:::::::/   ̄弋jT'''`゙゙〈         どうも。
       ;:::::::::::::::::ハ /ヽヽ::::{     ゛'‐.,   ヽ
       j:::::::::::::::::l ヽ(,2 `゛           ..ヽ       リュカと一緒に旅をしているスミスといいます。
       !:::::::::::::::l:  \__           ´,ニ./
        リ::::::::::::l     ィ       ャ;‐_rー'
        ,jゝ:,r;ソ     }:ヽ          ..〉
      _/:(  ` -., i ! :::\      {´
_.、..::ー:: ̄ヽ;:::::::::\     `-!  :::::::ゝ .、_, ,, ノ          ┏
:::::::::::::::::::::::::'、::::::::::::\    `\ `'j(,                仲間の中で一人残されたスミスが、
:::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::',     \ヘ::\
::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::',     /;;ヘヘ:::::\             素性を隠してダンカンに挨拶をした。
::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::∧    /;;;;;;;;;ヘヘ:::::::ヽ、_                                  ┛
:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::/::::ヘ  ∧;;;;;;;;;;;;;ヘ::\::/:`>.、,.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::\::/::::::::::ヘ/  \∨;;/ヘ::::::\:::::::::::::::`ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ   /;;;;;;! ∨::::/:::::::::::::::::::::ヘ





                    /:;;;;;;;::::::::::::ヽ,
                   /::(゙゙゙''''',=ゝ、;;:::i
                  /:::::::`゙'''":| :i、,,,,,)|
                 ,-、::::::::::::::/‐、::::::::゙|             おや、立派なお仲間さんだ。
                 | ,,':::::::〆::;;:::::`:::::::|l
         /`゙゙゙''‐、   ゙,〈i::::::∥'"`゙'''i:li:::::゚`l
         l    `''‐、,,,,_〉\∥L-‐、,,|:ii:::|ノ,'            元気でいるようで、本当に良かったよ、リュカ。
         |        i゙|||llii、;il||||llli:::ll://   _,,-‐''''''‐‐i
         |        .|:::::|||||||||||||l;;il||/‐‐'''''"      |
         |       /:::::';|||||||||||||ll"/          |       サンタローズがあんなことになって…、本当に、
         ヽ  i _,,,-''":::::::::';゙l||li彡:::,":|          |     心配していたんだよ。
       ,,, -''|  |,‐'‐、;:::::::;;;;;;;;::',::::::::::":::::`':、      '; ノ
    ,, ‐'"  |  |   /‐‐-=、,,`゙;;;::::‐''':::‐、;;::゙'::::、    ;/、
 ,, ‐'"     |  |  /    ,,,,,__ `゙゙゙''''‐-=;;;;;;;;;;|    i `゙゙''‐ 、   私も、妻も、…ビアンカもね。
.

207 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:24:02 ID:CZp9S8WO
1987





           ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
        .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ
       .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
       l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ
       |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !
       |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'      サンタローズ…ラインハット国からの
       .l;; ∴/.`-ニニ;;;;x,  ' wr=ニ`-'.|、!
        ]/'.l.|          "      l、.!      焼き打ちのことですね。
        ,!゙ .川  `”´丶   │.'' ̄´  .l l
        ヽ ゝ            |     !.|l゙
        .'Lヽ         ,     l゙/
         l'ァ.l       .゛.'"    .|’
         .リ ヽ    .-- --   ,/
         /'゙i  .ヽ     ..y.   .ノ|
        /゛ .i′  \        / ; |`'、
    ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \
   ` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_







                    /:;;;;;;;::::::::::::ヽ,
                   /::(゙゙゙''''',=ゝ、;;:::i
                  /:::::::`゙'''":| :i、,,,,,)|          おお、当然と言えば当然だが、お仲間さんも知っているんだね。
                 ,-、::::::::::::::/‐、::::::::゙|
                 | ,,':::::::〆::;;:::::`:::::::|l
         /`゙゙゙''‐、   ゙,〈i::::::∥'"`゙'''i:li:::::゚`l            あの時のビアンカの慌てっぷりといったら。
         l    `''‐、,,,,_〉\∥L-‐、,,|:ii:::|ノ,'          
         |        i゙|||llii、;il||||llli:::ll://   _,,-‐''''''‐‐i    本当に一人でサンタローズに君たちを探しに行く気で
         |        .|:::::|||||||||||||l;;il||/‐‐'''''"      |   いたんだよ。
         |       /:::::';|||||||||||||ll"/          |
         ヽ  i _,,,-''":::::::::';゙l||li彡:::,":|          |
       ,,, -''|  |,‐'‐、;:::::::;;;;;;;;::',::::::::::":::::`':、      '; ノ
    ,, ‐'"  |  |   /‐‐-=、,,`゙;;;::::‐''':::‐、;;::゙'::::、    ;/、
 ,, ‐'"     |  |  /    ,,,,,__ `゙゙゙''''‐-=;;;;;;;;;;|    i `゙゙''‐ 、

.

208 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:25:46 ID:CZp9S8WO
1988







                         でもな、私がそれを止めたんだ。


                  必死にサンタローズに君たちを探しに行こうとするビアンカをね。



   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



          /   /´    `´    `‐´  `ヽ、 \'"´         ヾ、
         /  / /  ,、   ,.、           \ ヽ   _,.-‐'
        /   '   /  l | ヽ,/  |    l  l     ハ ヽ-'"    __
      . /     |  | ├''-、‐'-┤ |  |  |      l  l、  ,.-‐'´
       |    l   |   | |     | .|  .|  |     l ノ }´           「 リュカやパパスおじさまが悪いこと
       l |  |   .|  l| |   、 | ,ハ  イ  |     l , |              したなんてウソよ!          」
       l |  .|   |_L斗ヒ    `メ=kzュ、'L__ l     l / /
       `‐ハ__ヘ__'_´ _,ィ=ミ‐゙   /ノ,ィ=ミ、| /|    l | ' /`゙ー- 、.._         「 とうさん、あたしサンタローズにいくわ! 」
          | `゙'l 〃、,)、::ト    " r、ノ、::ト、l.L_  /lハ/       `゙ー、
        /|  ',ヘl い´ハ:l      l:::Y´):l }   ̄'| ノ  -==ニ二__     「 やだ! いくの! 」
        `<´|   ',γマ廷リ       弋近:ソ'| /   .|ノ、__,.-‐フ´ /
          ン  l  l'、_ノ´ //// `(__`)/    .|    ,  /'  _,.'_,.-
        <_  l .{   //////   ./|   l |  /'ーヾ、-_'ニ'-'"
          `>',..-‐ゝ、    こ_ー.、    / |   | |/
          ´     `゙''¬ー-`´--‐フ  .|   | ゝ、
                      r''"   l_  ヽ、  `ヽ_
                    r''"`ヽ、_,.ィ'´`゙'¬-、ン'ー'´
                    `¨¨¨¨`゙''"



   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                              ごめんな、リュカ。


                             私はビアンカが心配で。


                     ―――ラインハットに、妙な目で見られるのが心配でね…。

.

209 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:26:58 ID:CZp9S8WO
1989





          / ̄ ̄ ̄\
        /         \
       ./          ヽ
       .l           l
        l             l        いえ、当然のことと思います…。
        .l           l
        ヽ          l        あの当時のサンタローズは、かなりひどいものでした。
         ヽ         l
          .)     __,,../
         /===、_〈            俺がその場にいたわけではないのですが、そう聞いています…。
       /       \
      /            ヽ
     .i       、    . l
     .l i         l     l
     l .l        l     l






          / ̄ ̄\
         / _ノ  ヽ、_ \
       . | ( ●)(● ) |           あの時、いくら村民が心配だからといって
       . |  (__人__)  │            村を訪ねたりしていたら。
         |   `⌒ ´   |
       .  |           |               きっと、あらぬ誤解をうけたことでしょう。
       .  ヽ       /
          ヽ      /
          >     <              間違いなく。
          |      |
           |      |

.

210 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:28:05 ID:CZp9S8WO
1990





                    /:;;;;;;;::::::::::::ヽ,
                   /::(゙゙゙''''',=ゝ、;;:::i
                  /:::::::`゙'''":| :i、,,,,,)|             その場にいなかった…?
                 ,-、::::::::::::::/‐、::::::::゙|
                 | ,,':::::::〆::;;:::::`:::::::|l
         /`゙゙゙''‐、   ゙,〈i::::::∥'"`゙'''i:li:::::゚`l                   やはり、何かあったんだねリュカ。
         l    `''‐、,,,,_〉\∥L-‐、,,|:ii:::|ノ,'
         |        i゙|||llii、;il||||llli:::ll://   _,,-‐''''''‐‐i
         |        .|:::::|||||||||||||l;;il||/‐‐'''''"      |      君と、パパスどのに。
         |       /:::::';|||||||||||||ll"/          |
         ヽ  i _,,,-''":::::::::';゙l||li彡:::,":|          |
       ,,, -''|  |,‐'‐、;:::::::;;;;;;;;::',::::::::::":::::`':、      '; ノ
    ,, ‐'"  |  |   /‐‐-=、,,`゙;;;::::‐''':::‐、;;::゙'::::、    ;/、
 ,, ‐'"     |  |  /    ,,,,,__ `゙゙゙''''‐-=;;;;;;;;;;|    i `゙゙''‐ 、






        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ー)(ー)          はい…。
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ          詳しい事情は、後でビアンカが来たら話すことにしますが。
     .  |       nl^l^l
     .  ヽ      |   ノ
        ヽ    ヽ く          ―――親父は、いえ父は、もうこの世の人間ではありません。
        /     ヽ \

.

211 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:28:48 ID:CZp9S8WO
1991





                    /:;;;;;;;::::::::::::ヽ,
                   /::(゙゙゙''''',=ゝ、;;:::i
                  /:::::::`゙'''":| :i、,,,,,)|
                 ,-、::::::::::::::/‐、::::::::゙|             そうか…やはりな。
                 | ,,':::::::〆::;;:::::`:::::::|l
         /`゙゙゙''‐、   ゙,〈i::::::∥'"`゙'''i:li:::::゚`l              君が一人でここに来た時点で、そうではないかと
         l    `''‐、,,,,_〉\∥L-‐、,,|:ii:::|ノ,'             思っていたよ。
         |        i゙|||llii、;il||||llli:::ll://   _,,-‐''''''‐‐i
         |        .|:::::|||||||||||||l;;il||/‐‐'''''"      |
         |       /:::::';|||||||||||||ll"/          |     とんでもない噂が、アルカパにまで流れてきて
         ヽ  i _,,,-''":::::::::';゙l||li彡:::,":|          |     いたしね。
       ,,, -''|  |,‐'‐、;:::::::;;;;;;;;::',::::::::::":::::`':、      '; ノ
    ,, ‐'"  |  |   /‐‐-=、,,`゙;;;::::‐''':::‐、;;::゙'::::、    ;/、
 ,, ‐'"     |  |  /    ,,,,,__ `゙゙゙''''‐-=;;;;;;;;;;|    i `゙゙''‐ 、





                         ┏
                           納得顔でダンカンおじさんは頷いた。

                           ―――とんでもない噂?
                                                  ┛





         _,,.、、、、、.,,_
       /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
      / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
      | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
       | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
      |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{
      .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙          とんでもない噂…というのは?
       }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
      ,xァ''ー'゙'`    '、 /
     / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
    ''^ーァ 、_____  ̄ /
     `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
     /           /    ヽ
    ,'        ,   /      ゙、
             l /  __      !
             l, l  く,_  、   |
.

212 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:29:40 ID:CZp9S8WO
1992






   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    ―――リュカの父、パパス殿が。                              -  - 、
                                                .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
    ラインハット国第一王子を金目的で                         ゝ(_人_) ノ
                                                   /    ヽ
    誘拐したらしい、という噂さ。                       .   (|      |)
                                                .し    J


   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                    /:;;;;;;;::::::::::::ヽ,
                   /::(゙゙゙''''',=ゝ、;;:::i
                  /:::::::`゙'''":| :i、,,,,,)|
                 ,-、::::::::::::::/‐、::::::::゙|             まあパパスどのを知る者はだれ一人それを
                 | ,,':::::::〆::;;:::::`:::::::|l
         /`゙゙゙''‐、   ゙,〈i::::::∥'"`゙'''i:li:::::゚`l              信じちゃいなかったがね。
         l    `''‐、,,,,_〉\∥L-‐、,,|:ii:::|ノ,'
         |        i゙|||llii、;il||||llli:::ll://   _,,-‐''''''‐‐i
         |        .|:::::|||||||||||||l;;il||/‐‐'''''"      |     あんな高潔な人物が、そんな事をするわけがない。
         |       /:::::';|||||||||||||ll"/          |
         ヽ  i _,,,-''":::::::::';゙l||li彡:::,":|          |
       ,,, -''|  |,‐'‐、;:::::::;;;;;;;;::',::::::::::":::::`':、      '; ノ      だけど…、当時はだれも、文句を言うことが
    ,, ‐'"  |  |   /‐‐-=、,,`゙;;;::::‐''':::‐、;;::゙'::::、    ;/、      できなかったんだよ。
 ,, ‐'"     |  |  /    ,,,,,__ `゙゙゙''''‐-=;;;;;;;;;;|    i `゙゙


213 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:30:50 ID:CZp9S8WO
1993





             / ̄ ̄\
            / ヽ、_   \
          . ( (ー )    |      …お気になさらず。
          . (人__)      |
          r-ヽ         |     それも、当然のことです。
          (三) |        |
          > ノ       /
         /  / ヽ     /       だれもが強いわけではない。しかも相手は国です。
        /  / へ>    <
        |___ヽ  \/  )       責められるわけもないし、責めるつもりもありません。
            |\   /|
            |  \_/ |





            ┏
               ダンカンおじさんの申し訳なさそうな言葉に、しかし俺は怒る気にはなれない。

               当り前だ。―――国という単位の強大なものに、逆らえるものなんかいるわけがない。
                                                                   ┛





           / ̄ ̄\
         / _ノ  ヽ、.\
           |  (●)(●) .|      でも…、父を信じていてくれてありがとう、ダンカンさん。
         !  (__人__)  |
           , っ  `⌒´   |      父の代わりに、お礼を言わせてください。
        / ミ)      /
       ./ ノゝ     /
       i レ'´      ヽ       きっと父も、喜んでいることでしょう。
       | |/|     | |

.

214 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:32:25 ID:CZp9S8WO
1994





               ┏
                  弱いということは、別に罪でも何でもない。

                  だれだって、弱くて当たり前なんだ―――俺も、そうであるように。
                                                           ┛



                       __
                    ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
                   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
                  /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
                  ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
                  |;;;|      ノリ     ミ;;;|
                 _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
                 !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ           不躾な質問で申し訳ないのですが…、
                 !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
                 ヾ、!      !;     ,レソ           リュカの父パパスというのは、そんなに
                  `|      ^'='^     ム'′           すごい男だったのですか?
                   ト、  ー- ─-:  /|
                   ,| \   ===   ,イ.:ト、
                   八 ゙、\  ;   /リ.::;! \
                __ ,イ  \ ゙、`ー─''゙::::;:'/   !`ヽ、
            _,、:<´ / !   /ヽ   r- <´    /i   `> .、
        _,、.:<´    / /ノ:|   / ()j   j イヘ   / :lヽ、_       `>.、
    ,、r.<´         /ノ   ! .ム∨-、/::/ ヽ. /  !    ` - 、     `> 、
   ハ      _, -/'´   レ'ノ y   /::K    ∨  ,'       ` - 、     ヽ
   /  ヽ _ , /         i /  /_/ 7      ,'           `ヽ. /  ',
  //  ヽ 丿           ノ/  ソ   /       /            i    ∨   ',





                       ┏
                         俺たちの会話の中に、スミスが入ってくる。
                                                    ┛





               _ ___
           、=''"´  ´  ̄`゛''‐-..、
         ,.,r'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゛''‐、、
        ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ_ ,.,::::::::::::::::)ュ
       ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ   `ゞ~rr ,イ
       {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ       ハフ
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉,¬─- ..,,,__ l          失礼な質問かとは思いますが、
       !:::::::::::::::::::/、, ト,:::::::/   ̄弋jT'''`゙゙〈
       ;:::::::::::::::::ハ /ヽヽ::::{     ゛'‐.,   ヽ         リュカはあまり自分のことを話してくれないのですよ。
       j:::::::::::::::::l ヽ(,2 `゛           ..ヽ
        !:::::::::::::::l:  \__           ´,ニ./
        リ::::::::::::l     ィ       ャ;‐_rー'           結構長いこと、一緒に旅をしているんですがね。
        ,jゝ:,r;ソ     }:ヽ          ..〉
      _/:(  ` -., i ! :::\      {´
_.、..::ー:: ̄ヽ;:::::::::\     `-!  :::::::ゝ .、_, ,, ノ               こういう機会でもないと、多分話さないでしょうし。
:::::::::::::::::::::::::'、::::::::::::\    `\ `'j(,
:::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::',     \ヘ::\
::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::',     /;;ヘヘ:::::\
.

215 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:33:57 ID:CZp9S8WO
1995







           / ̄ ̄\
         /    _ノ  ヽ
         |    ( ●) )       (( それはスミスもじゃねぇか? ))
         |      (__人)
           |        r┐
          |        |(三)       そうかなぁ。そんなに話してないか?
            ヽ      ヽ <
            ヽ     /ヽ \
              >     / ヽ>  )     結構話してるつもりだったけど。
             (  \/  /_ノ
             | \    /|
             |  \_/  |






     〃                 i,
    r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
 .   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<         いやいや。お前さんは「今どう思ってるか」については話すように
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|         なってきたけどな。
    l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|
 .    ヽ.ヽ        {:.    lリ          でも俺がお前さんについて知ってるのって、
 .    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
 .   /}   \    ー‐   ,イ
  __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\





                        ついこの前十八になった。

                        十年ほどヘンリーと過ごした。

                        故郷はサンタローズ。父の名前はパパス、母の名前はマーサ。

                        後、妙な力を持ってたり。




                                                 ―――これくらいなもんだぜ。

.

216 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:35:32 ID:CZp9S8WO
1996





            __
          / ~\
        / ノ  (●)\       (( それだけ知ってりゃ…充分だろ? ))
      . | (./)   ⌒)\
      . | u (__ノ ̄   \
        \          |
          \       /
      .      \  ⊂ヽ∩          ┏
            /´    (,_ \.           と、俺は思わなくもなかったが、
             /       \. \                             ┛
            ./   /       |. \ソ
          (  y'      .|





                ┏
                  きっとスミスが言っているのは、そういうことではないようだった。
                                                         ┛





                    /:;;;;;;;::::::::::::ヽ,
                   /::(゙゙゙''''',=ゝ、;;:::i
                  /:::::::`゙'''":| :i、,,,,,)|
                 ,-、::::::::::::::/‐、::::::::゙|            パパスどのは、私というよりむしろ妻のほうが
                 | ,,':::::::〆::;;:::::`:::::::|l            仲が良かったんだがね。
         /`゙゙゙''‐、   ゙,〈i::::::∥'"`゙'''i:li:::::゚`l
         l    `''‐、,,,,_〉\∥L-‐、,,|:ii:::|ノ,'            でも、それでも私にも話せることはあるよ。
         |        i゙|||llii、;il||||llli:::ll://   _,,-‐''''''‐‐i
         |        .|:::::|||||||||||||l;;il||/‐‐'''''"      |
         |       /:::::';|||||||||||||ll"/          |     ―――そう、あれはリュカとパパス殿がだね…。
         ヽ  i _,,,-''":::::::::';゙l||li彡:::,":|          |
       ,,, -''|  |,‐'‐、;:::::::;;;;;;;;::',::::::::::":::::`':、      '; ノ
    ,, ‐'"  |  |   /‐‐-=、,,`゙;;;::::‐''':::‐、;;::゙'::::、    ;/、
 ,, ‐'"     |  |  /    ,,,,,__ `゙゙゙''''‐-=;;;;;;;;;;|    i `゙゙''‐ 、
.

217 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:37:52 ID:CZp9S8WO
1997




                ┏
                  そして、むさ苦しいと言えなくもない男三人で、
                                               ┛


                ┏
                  俺たちは、主に俺の昔の話題で盛り上がった。
                                                ┛





                 ___,. _ -- 、_
              ,. -<:::::::::/:::`ヽ--ニー 、
             /:::/⌒:\;/::::::::ヽ;::::::::::¨i;::ヽ
           .ノ::::;ノ:::::::::::_ヾi´_ヾ;;:::ヽ::::ヽ::ヽ::i、
         /ッ://::::;:::::://ヾ、!'ィ;>、::i:::i、:::::ヽ:、ヽi
        //::;//::::/::::::i::i-‐゙゙゙'´´ :i:i|:::| i:|::i:::i::i:i!`!
       ,/イ;イ://:i::イ:::::::i:ii:|      リ;i:ソニ!l|::: |::|:lリ!、            ご飯できたわよぉー。
       i/i:/i/::i:::|::{:::i:::jtAi>    'フイニ=l、リノ:|人\
        乂ヽ:|:::|:::i;:i〈|,ィニ=<     {;:;;;;c!''|::::::|j、::i:i::\
           ゝ、ゝ;∨(,!{;;;;;c|.     ゝ‐ " i::::i:リ::i:::i:::ヽ::\_        ピエールが手伝ってくれたから、
            i::`i、|:;ヘ `- '¨  _′__ ,   :i::ィ'/:i::|:::|ヾ::\::`           助かっちゃったわ!
              リ:i::|:ト、:::ミ、   ゝ._ ノ   ,.イ:;イ:::::|:|!:::_.,-、;:\\
            ,/:/::|:i::::ゝ;!:;ゝ、       ィ:i:メ::::::::::|:| //  }-、::::\
          ノノt-ヲ:/:::::`リ'´,_]¨ ‐- '"/¨i:::::/::::::リ:;/.′ ノ  ヽ;:_      …あら? 何だか仲よさそうね。
       ,..、i' ´ / /;::::::::リ/ ,/_, - 、  ./i |:;イ:::::::ムノ _,./  i´  }
    __ ヘ.._ \ /:ノ´:::::ノ/ ./´,. - 、ヾ==i |:i::::::::,イ .,__(´ ノ / /
    .._  ヽ.ヽ _,ム"::::::// /¨,. - 、`ー-,i  i:!:i/:/i(_ノ、`≦=='フ′      何を話してたの?
      `・、/::ィ::_ノ:;イ  /~´    `ー-i  i!:::::{::ヘ \ミ= 彡'
      ,/:::://;イi;;;|  {       /  人:i:|::{::ヽ      _,.
     _,//:/i::i:::/|!;;i   i  _,、  ./  /;;;∧:!::iヽヘ.   _ノ:::
    ::/::::::/:::|:i:/ ヾミ;.、   i i';:::n;;、/  /;;;/ ,}:!::ヾトミ、, フ´::::::
    :::::::::j:ノ:|i{   ヾミ;..、 ijF:|ノノ/ /;/ ノヘ;ヽ::i!、ゝ〈:::::::::::
    :::::/!:::::i人 i   \ ゙ミ;.、i ` У,ィ;;/ /   i::i::゙i´:::ベi:::::::
    ::::::::::::::::::`:::トi  ヽ. ヽ. ゙ミ;V彡-''´_. -'´    ,ィ:i!:i::|!、::::|:!:::::::
    :::::::::::::::::/       i\j´ ,ィ ´   i /:::|:|!::!'::ト::::|:|:::::::





             ┏
               ダンカンおじさんの語る昔話は、半分以上は俺も覚えていないものだったけど…、
                                                                ┛
.

218 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:39:09 ID:CZp9S8WO
1998





       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |  ; ( ⌒)(⌒)        ―――ああ、ビアンカありがとう。
    . | //// (__人__)
      |     ` ⌒´ノ
    .  |         }         ひどいんだぜ、二人とも。
    .  ヽ        }
       ヽ     ノ
       .>    <           俺が覚えてない俺の話で盛り上がってさ。
       |     |
       |     |





               ┏
                 でも、俺の昔を。父が生きていたころを。

                 ―――確かに俺が幸せだったころを知っている人がいる。
                                                     ┛





       ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
    .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ
    .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
    l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ
    |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !        いやぁ、楽しかったぜ。
    |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'
    .l;; ∴/i;;;;ニッッxi〟   rニニ`-ニrl、!
    ]/'.l.|   _     i' _,,,,,,_  i!│        まさかリュカがそこまで泣き虫だったとはなぁ。
    ,!゙ .川  .´  ‐    ,! ー    i|‐}
    ヽ ゝ            !     !.|l゙
     .'Lヽ         ,    .l゙/
      l'ァ.l      ´゛.'"    .|’            ┏
       .リ ヽ    .ー.... -    .,/               ただ、それだけの事実が、
       /'゙i  .ヽ     ..〟   ノ|
     /゛ .i′  \        / ; |`'、              何だか俺には、嬉しくてたまらなくて。
 ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \                                     ┛
` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_
.

219 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:40:13 ID:CZp9S8WO
1999





                    ,.r:.:―: . 、
               /:ヽ.  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:..、
               /:.:.:.:.\/:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.`ヽ、__
             /:.:.:.:./ヽ:.:.:∧i:.|i:.:. : |:.:.: i:.:.:.:.:.\:.:ヽ.
           /:.:.:/:.:./:.:.:.ゞノム! !l:.:.:. |:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:ト、 :ヘ.
          /:.:. /: |:.:/:./    l:.|:!:.:乂:. : |:.|:.:!:.:.:.:i:.:!.:.:∧
         /:/:.:.:/:.:.:|/:./    イハ才癶廴ノ j:.:|:.:.:.:|:.:l廴:_ヘ
         i:/i:.:./!:.:.:.|:./≠、    イ云冬イリハ:.|:.:.:.:|:.:l:.:.:.:.:.:ト,       ふうん?
         |ハ|:.:.!:|:.:.:.|:j ,ィ;ミ      {r'刋 ソ イj_:.:ノ:.:.:.j!:.:!孑彡イ
          ∨ |:.:.:.|リイ刈j    厶斗′ l:.:.ムイイ:ノ:.:.:.:.::/i        あたしも聞いてない話かしら。
            |:.:.:从}ゞソ     ////  !:.:.:.:.:.:.:.:レ^ヾ/:.:|
            ヾj.:.:.:i  `           j /.:.:.:.:.:.:l⌒}}:.:|:.:|        興味あるわね。
                  |:.i八  `´       //:.:.:.:.:.:.:,廴ノ:.: i!:.|
             |.:|:.:.:ヽr 、      イ:/:.:/:.:.:.:/'´:.:.:.:.:/∨
             |:.|:.:.:.: | i          /:.:/:.:.:.:/:.:.:.:.:.: /:.:∧
             リハ:.:.:j j 、__   ノイ/:.:.:.:/:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.∧        ―――でも、その前に。
              从:.:.,'  !:.:.:./:.|   ∠:._:/:.:.:.:.:.:. /: :\:.:.∧
             //:.:∨ | //!    /:.:.:.:.:.:.:.:.:// :二二≧.、
            //:.:У ‐┴┴レー...、 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./: :/    `Y
           ,イ:i:. /   ヽ ノ /ー、::/:.:.:.:.:.:.:.:. : /:/      |
          ,イ:ハ:/     、 ̄〉//:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /:/           !
.            / |_|_:/     `ヾ′:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/://          ハ
           ノー/7     斤‐′:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/: :/.:'′           / ハ
.       /´ イ {:{    ノ: : : : /:.:.:.:.:.:.:.:. /: :/.:           /   j





                    ┏
                       ビアンカは俺たちを興味深げに眺めた後、

                       改めて俺を見直す。
                                                  ┛




                                                            さっきの続きを、

                                                            聞かせてくれるかしら。

        / ̄ ̄\                                            ―――リュカ。
      /    _ノ \
      |     ( ●) )
     . |   ;  (__ノ、_)    あ、ああ。
       |      ` ⌒ノ
     .  |         }
     .  ヽ        }
        ヽ     ノ
        .>    <
        |     |
         |     |
.

220 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:42:11 ID:CZp9S8WO
2000





                  ┏
                    俺の心が、また凍りつくような感覚を覚える。
                                                ┛




                    /:;;;;;;;::::::::::::ヽ,
                   /::(゙゙゙''''',=ゝ、;;:::i
                  /:::::::`゙'''":| :i、,,,,,)|
                 ,-、::::::::::::::/‐、::::::::゙|             …さっきの続きとは、なんだね?
                 | ,,':::::::〆::;;:::::`:::::::|l
         /`゙゙゙''‐、   ゙,〈i::::::∥'"`゙'''i:li:::::゚`l              ビアンカ。
         l    `''‐、,,,,_〉\∥L-‐、,,|:ii:::|ノ,'
         |        i゙|||llii、;il||||llli:::ll://   _,,-‐''''''‐‐i
         |        .|:::::|||||||||||||l;;il||/‐‐'''''"      |
         |       /:::::';|||||||||||||ll"/          |
         ヽ  i _,,,-''":::::::::';゙l||li彡:::,":|          |
       ,,, -''|  |,‐'‐、;:::::::;;;;;;;;::',::::::::::":::::`':、      '; ノ
    ,, ‐'"  |  |   /‐‐-=、,,`゙;;;::::‐''':::‐、;;::゙'::::、    ;/、
 ,, ‐'"     |  |  /    ,,,,,__ `゙゙゙''''‐-=;;;;;;;;;;|    i `゙゙





                      ┏
                         何気なく聞く、ダンカンおじさんに。
                                              ┛





              ,':i:.:.:.:l|:|:.:.:.:.:|            /ソノ
                ,':.:|:.:.:.:l!:l:.:.:.:.:.l     __  ′  /:.l: |
            /:.:.:!:.:.:.:.!:l!:.:.:.:!:!、   ヽ ノ   /:.:.|i.:|           それがね、…すごいのよ。
           /:.:./|:.:.:.:.:!:.i!ヘ:.|i| \      <:.:.//:|
             /:.:/:.:|:.:.:.:.:.:.:i:.:.ヘ   ` ー <|:.リ:|:.:.://i:.|
          < ̄`ヾハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ      ト、ヽ∨|:.//:.:!.:|            リュカがね…、結婚するかもしれないんだって。
      /´  ヽ : : ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、_,、-"¨'ーヘ_i:.|/':.:.:.:.':|_
      /     i、: : ::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_,、-"゙ー、,∨:.:.:.:.:.:.:.!i`ト、
      イ       ! ',: : :::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : : :i:.:.:.:.:.:.:.:.:|: i ヘ
     / i       i ',: : ::::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : :|::.:.:.:.:.:.:.:.|:.i ヽ

.

221 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/10(土) 23:42:54 ID:VThdjOH8
パパスか…アレは本当にチート野郎だよな。
素早さ以外のステータスと異常な改心率、連続ニ回行動、主人公を全回復されるホイミ…


222 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:43:17 ID:CZp9S8WO
2001





                  /`:ー=、二 ..ー...、
             「 ̄ ̄ ̄:.`ヽ:..:..:...:.\:.:.:.:.:.\
            __j\:...:ヽ:.ヽ:...:...:..:ヽ:...:.:.ヽ、-、:ハ
            }:..:\ヽ:..:.l:...ヽ:.、:ヽ:..l:.l:.ヽ:.レ\ヽ!
            ハ:...トヘト:...:l、:.,.lLA:A:.ト:|:...:ト|_:.:イ:丶ヽ
           ,小:.ヽ:ヽ ヽ:|ヘ:.「l「_⊥.!_:.:...l|:__:/:.:.:.lハ:|      凄いじゃない? あんなにちっちゃかったリュカがよ?
          /:...:.ト:./´:ヽ  | ーチィて::ル'l...:.!⌒}l:..:.小 }
          l:l!:.|:..l:.ヽ:ト,≧、 ´ ヾ:斗:|:....|_ノ:|:./::.|:.l
          lハ{ヽト.:ト.代:z〉    ´  !:|..:..|:.:...|/:.:.:.:|:..l      だから十年以上ぶりに会うあたしとしては、
          |! __rヘヽハ´ ` _._-ノ ノイ:...:!:.l...!:.:.:.:.:.| l..l
          | 〈、ヽヘ }ー-.ト...      /...:.l:.:l...|:.|:.:|:.:.| l:..l     ぜひお祝いをしてあげたくて。
              {⌒ヽ.〉  :ム:}:.`7ヲ´/....:.l|:.l...:|:.|:.:|:.:.| l...l
          「ニヽ〉  //ー':/ー_/...::/ !:.!...:ト- L:_!_|:l
           /マ }_,二 /イ: : : : /二/..:.:,:トj!:|!...:|: : ://ハ.l:...l
       r‐くヽ ヽ_´r 爪::|: : : :/ /....:.:/ト/|..l.!..:.! ///_`ハ l:...l
      /  丶三_7 jl: l::! : : l /./:.:.イ:|': ハ:.l,〉:.V∠ _ {:ハl....l
     /    ‐ ´/ ハ:l::l: : :レ':.イ:.,/,.|:|: : : >Vヽ:ヽ  |: : l l:...l





                       ┏
                         ビアンカは嬉しそうに、そう言ったんだった。
                                                    ┛




                    /:;;;;;;;::::::::::::ヽ,
                   /::(゙゙゙''''',=ゝ、;;:::i
                  /:::::::`゙'''":| :i、,,,,,)|
                 ,-、::::::::::::::/‐、::::::::゙|             なんと…リュカ君が結婚を?
                 | ,,':::::::〆::;;:::::`:::::::|l
         /`゙゙゙''‐、   ゙,〈i::::::∥'"`゙'''i:li:::::゚`l              ビアンカ。
         l    `''‐、,,,,_〉\∥L-‐、,,|:ii:::|ノ,'
         |        i゙|||llii、;il||||llli:::ll://   _,,-‐''''''‐‐i
         |        .|:::::|||||||||||||l;;il||/‐‐'''''"      |     お前は本当に、本心からそう言っているのか?
         |       /:::::';|||||||||||||ll"/          |
         ヽ  i _,,,-''":::::::::';゙l||li彡:::,":|          |
       ,,, -''|  |,‐'‐、;:::::::;;;;;;;;::',::::::::::":::::`':、      '; ノ
    ,, ‐'"  |  |   /‐‐-=、,,`゙;;;::::‐''':::‐、;;::゙'::::、    ;/、
 ,, ‐'"     |  |  /    ,,,,,__ `゙゙゙''''‐-=;;;;;;;;;;|    i `゙゙
.

223 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:44:28 ID:CZp9S8WO
2002





            _ ,へ---xへ
         ,- ´    ヽ ´  ̄ ヽ
        / ,/ ,' ! .i ,.、 ,.、 `.  ! ヘ
        i   | .i ! .|. !,,、,, 、l .! .i lハ
.          i|   ! ,!、j _i! |    | j / /|i!
        | 、i! |t=≠z!   ム旡zx/ .ィ|       何言ってるの?
        | ^i^ー!、__,   、__, |└/j/
        | / !  |    ,    ! l |        父さん、当り前じゃない。
        ! ! i!  l、.   r‐┐  ,l | l
         ! l !  !  、  `´ ,.ィ' | .l .!
.        | l  ヽ├n|!>-<!‐-.! リ |        リュカが結婚…するかもしれないのよ?
       ; .|!  `! |′   〔  i''"  |
      ,r┴.|!.   l レ-― -、! !   .ト、
     i"V .!!   .l. ,K===ミl |     | |.ヘ







                    /:;;;;;;;::::::::::::ヽ,
                   /::(゙゙゙''''',=ゝ、;;:::i
                  /:::::::`゙'''":| :i、,,,,,)|
                 ,-、::::::::::::::/‐、::::::::゙|             ……そうか、お前はそういうのか。
                 | ,,':::::::〆::;;:::::`:::::::|l
         /`゙゙゙''‐、   ゙,〈i::::::∥'"`゙'''i:li:::::゚`l
         l    `''‐、,,,,_〉\∥L-‐、,,|:ii:::|ノ,'             リュカ君。せめて今日は、泊って行って
         |        i゙|||llii、;il||||llli:::ll://   _,,-‐''''''‐‐i        くれるんだろうね?
         |        .|:::::|||||||||||||l;;il||/‐‐'''''"      |
         |       /:::::';|||||||||||||ll"/          |      私とビアンカのせめてもの歓迎を、
         ヽ  i _,,,-''":::::::::';゙l||li彡:::,":|          |      受けていってもらえるね。
       ,,, -''|  |,‐'‐、;:::::::;;;;;;;;::',::::::::::":::::`':、      '; ノ
    ,, ‐'"  |  |   /‐‐-=、,,`゙;;;::::‐''':::‐、;;::゙'::::、    ;/、
 ,, ‐'"     |  |  /    ,,,,,__ `゙゙゙''''‐-=;;;;;;;;;;|    i `゙゙
.

224 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:45:32 ID:CZp9S8WO
2003





         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |  ; ( 一)(●)
       |     (__人__)          ええ…、勿論です、ダンカンおじさん。
        |     `⌒´ノ
        |   ,.<))/´二⊃
        ヽ / /  '‐、ニ⊃
        ヽ、l    ´ヽ〉
     ''"::l:::::::/    __人〉
     :::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
     :::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
     :::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
     /: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|





                  ┏
                    俺は二人のやり取りに、何かを言いたかったけれど、

                    けれど結局、何も言えないままだった。
                                                     ┛




   ::::::::::::::::::,、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
   :::::::::::::::i' `"~´''""゙~゛゙^'ヾミ;,゙"ー;;;;;"゙''''ヾ;i
   :::::::::::::::|           ' ;!゙      {,
   :::::::::::::::|                       i
   :::::::::::::::|                       |
   ⌒ヽ.:::::} ∠二二三三=''   ∠二二=
   ´'ハ i:: |   '´て"アヾ´    i"てj"ヾ,′
   .r‐ノ レ'      ̄ ̄        | ´ ̄ l            (( ったく… ))
   .{ i、               l    |
    、 `                   |   |
   ヽ、 `i           ,-、 ノ   l
   :::| ` ー,                 ´     ,'
   /    、        -‐─‐-   . /
        ヘ       _____     /        ┏
         ヘ      `~"´   /           だから俺はスミスが冷静な瞳で俺をじっと見ているのも、
       ',    >  .    ;    /                                              ┛
        ',       ≫...    _ '
        ',      .:.:.:.: T<
         ',         .::.:.|   " ‐- ,
                         ̄" ‐-

.

225 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/10(土) 23:46:33 ID:ANe2Ez5U
>>221
HPとかレベルの割に尋常じゃねえもんな


226 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:48:02 ID:CZp9S8WO
2004





          __,.r;zzュ、__    ___
        ,イ / ,> '´    ` くr'´ ̄ヽ
        / ∨ヽ.,′       ヽ、   }
        ,>イ\/  ,ィ'´  / ハ  、.ヽ
        )、八/  /ナ-∠ ,イ' l l i |
       \|,ゝ!  レ' ,ニヽイノ L | |!/
      / ̄{. |  | /::rj'   ,ィ^Y乂!      ………。
      ! /入! ,.l `"    tリ /{
      \lイ ,ハ |リ ‐- 、 _/ ヽ
      /_r</|/ナ≧-‐,二 |  ハ|
    ,///  ヽ,>‐=ニく.Y´ ̄`!} ノ ノ
     /' |    〈  ,.イ「!ヾニ.」ノ′
    ヽl. |    `T゙了/Y77YiT「|_




               ┏
                 ビアンカの後ろで、何かを言いたそうに俺を見ているピエールの視線も。
                                                             ┛


                           ┏
                             「弱虫」の俺には――――
                                              ┛





                                                    >=ニ  ̄ ̄ ニ= 、
                                               /.           ヽ
                                                   /              :.
                                              /                     l
                                                   l_                    |
                                              l「`ヽ,                   l
             …ありがたく、お祝いを                        |( ⌒)  ー≠ニ ̄``       |
                                              │(     ( ⌒ )  u      ,′
             頂くことにします。                        | <\ __ ) //////    /
                                              ! i;;;;;;;;;;;;;;;;;;i           /
                                    /´Y´Y´Y´i   l 、⌒ ⌒ヽj     /  Y
                                     ∧_」、.ノ、.ノ..ノ / ), '   ̄ ´     /    「!
                                       /´   ー ``´ / ゞ、. __   -=ニ´ > '´ _〉
                                   {    '´ ̄` /  _ .. ‐ニヘ.  > '´  ./ \
                                  /  y   r‐'´  厂「ヽ.  > '´     /!    \
                                    /       /´   /' │∧. /|      /  |      Y
                                 /       /  r‐┘ ∠./∠i!│   ./   |        l
                       .          /       /  / ̄`  r〈///!  /       \_ ._    |
                                /       /_.∠.. _   / `フ´ |/     -‐ <´ ̄    |
.

227 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:49:16 ID:CZp9S8WO
2005





                     ┏
                       気づこうとすれば、気づけたはずだった。
                                                 ┛




  ―――リュカ…。




                _
           ,. .ィ: : ̄:_: ;≧- 、__ __
        ,.イ: : : : ; :イ: : :: : : : :ム: /: :ム
      ./: : : : ;ィ:´: : : : : : : : : : /:}: : : : :ム
      /ミ、: : :/: : : / : : : : : : i: ,': : i : : : : :ハ
     . ,'ヾ: :ゞ: ,': : : ,' : : : : : : : i: ィ‐‐}: : : : : : ム
     ハヾ、: : :i: : : i ,:ニ:=:=iゞ:!i ;' __.i__:_: : : : : ',
     l :ヾ: :ヾ: i : : i :i!:_:_:i;!i : !i:i ´ ̄ノi:`ヾ: : : : :l         ―――そうね。
     l : :ヾ : ;-i: : :iィ仍テミ゛ " .,仍ヾ: i : ノ:i:/:ノ
     l: : l: ヾ{ '; : ゞ乂::少    .{ツ,/;イ:l/ i:|/          「そう言ってくれて」ありがとう、リュカ。
     l: : :i : i:ム ,l: ム  ¨     ,¨ ´ハ: :|
     ノ : : i : i: :ゞl : ム          ノ: : :l
     /l:_:_:i : i,ィ }i!i: !ii     ー   イ: : j: i
    . ,イ:.:.:.l: : iゝノi!i: i.i.>.、 ´.,.イ:i:/ : /: :ム
    イ.=、:.:.i:i!:ii:.:ムi i;ノノ  .{=;.:.:ゞ: :{l: :∧; :_:_ヾ__, 、__






                    ┏
                      だけど。

                      ビアンカが淋しげに俺に、そういったのも―――
                                                    ┛





           / ̄ ̄ ̄\
         /         \  ……。
         /           ヽ
         |             |             ┏
         |               |               自分の気持ちで精いっぱいだった俺にとっては。
        //  ;          l                                             ┛
         |          /
         |        〃/
         \、__     (
            _)_ ===\
           /          \
          /            ヽ
          |    ,        i

.

228 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:50:23 ID:CZp9S8WO
2006







                       ┏
                         気づいてはいけないような気さえ、して。
                                                  ┛




                       ┏
                         わざと…。

                         気づかないふりを、していたんだった。
                                                ┛











.

229 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:51:10 ID:CZp9S8WO
2007


















.

230 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:51:44 ID:CZp9S8WO
2008





                ┏
                  俺はとっさに、ピエールの言葉を理解できなかった。
                                                   ┛





                    l  (人__) ;|
                    l   ⌒´   |              …あ?
                     ヽ     /
                     ,,.i     ィ\              あい?
                 .-‐='´    ___,,,..ノ>.、
               /,   ̄`        '´/  ',ヽ    ~~~
      ~~~~   li     /      、 i     .i
               ノ ト  ..ノ、._      )!    ,イ
            ~~~~~~~~~~~~~~~





              ┏
                そして情けないことに、オウム返しにもならずに聞き返してしまう。
                                                        ┛

.

231 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:52:27 ID:CZp9S8WO
2009





              _rュ辷ヶュ、 .._  /⌒ヽ
             /'⌒ヘヽ`tい‐`く
     .          {〃/ヘ.`i iハ}か、  ヽ
            rvイハ\`|jル'りヽ`||}          ええ。愛しておられるのか、と聞きました。
            いー-=辷j〆Уヽ ン! !ノ
             `t泝'ぐ斗く \ イ ,!.|
             〃イ、いヽ丶>'´ イ !           だって…だって、そうでしょう?
            ぐ/,! !ヘ_〉^^├' j .リ
             |! | ,| _!   ! /〃            ビアンカさんに出会った瞬間に、
            ,.>'´ ´ {    `ヽ .._
           /                ヽ          リュカ、あなたはビアンカさんを抱きしめられた。
~~ .        i .                 l   ~~~
     .       | l    i   !    i  |
        ~~~~~~~~~~~~~








                ,.-‐ '三三⌒入ヽ、
             __ _,/  < ., -‐  i',  ト、
           / / , 、、 丶.`' 、 l Yl)‐フ            それは何故ですか?
         /  /  . . i、' ,丶、  ヽ,ヽi l l) /!
         |   i  i i i \ヽー‐,二.、ヽ//i)/             いくら私が魔物といっても、
         ヽ  i ', ヽjj  `゙゙' 'マj__ソi Y^!k‐ 、
             ヽ. ヽ.rセヘ    ,.,., | レ'/!;:;i、ヽ
              ゙ヽヾヘー' ,     | i>|;:;:iヽ;:;:>         あれが幼馴染に対する態度とは思えません。
                |リヽ.゙ ‐-‐ / ! i  7i;:;|ヽ〈
                 | i__」二ェ'  ノi i '' '' |;:;l ̄ヾ
                /´        i/   L;」  \
             ~~~~~~~~~~~~~~~~~

.

232 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:54:11 ID:CZp9S8WO
2010





            -‐ ‐- 、
          /      \
         i ヽ、._       |
         ソ(ー) ;    |           それは…、その…。
         (人__)       /
         |      .r‐. |
         |     /│ 「 7`!         とっさに、というか…。
         ゝ-‐=、≦  |  \/ 〉、
        _/    >、 」!   /\/
     , '´  `  /_〉   ∠-‐ '^ヽ
    /      /´ /         」
   〔      /  ∨           |!
    \ ー‐ ´                 |   ~~~
     ` ー‐=ニ二/      '        |
~~         |       | ヘ       |
           |   /  ∨ト、   /,イ
~~~~~~         \/    `|   /イ|j
     ~~~~~~~~~~~~~~
                          ~~~~








                    ┏
                      つつがなく、「何もなく」、食事が終わって。
                                                ┛






            Y、マ`: . 、 _ . . ----: . . .__ ,. .: ´/イ
             ミ \:.:._.>-: : : : : : : :‐:<_: / , {
             }彡: ´: : : : : : : : : : : : : : : : : :\ミ: }
              //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ゙《
           /:/:    . . . . . . . . . . . . .     : :ハ
           /〃: : : :/: :,: : : : : ,: : : : : : : : : : : : : : . .゙,           「 ビアンカッ! 」
             / //:.: :.:/:.:.:.|:. : : :/!;.:.:.:.:|:.: : }:.: ヽ、: : : : :|!
         / {/:.:.:.:.:|:.:.:.∧:.:.:./ |ト、:.:.:|ヽ:/八:.:}:!:.:.: : : i!           「 約束でありんす、今日はわっちと――― 」
             ハ:.:.:.:.:|レV≧ト、:{ リ 、:、:| _乂ヘト从: : : : :|!
            ト从ル!,ィ' んうミ、  ヽト,ィぅ艾ヌリ:. : : : :|!
            |:.:.: :小 、,辷zソ      マヌ:。ソ'/:.: : : : ハ
            |:.:.:.:. :ハ ///////////////,:.:. : : : :ト、 ',
            |:.:.:. : :|ヘ       !      /:.:. : : : :| ム:.',              ┌──────────┐
            |:.:.:. : :| /ヽ  マVニニニ゙ソ   イ:.:.:. : : : :|  }:.ヽ          ←  .│子猫モード解除ならず .│
            ノ!:.:.:.:. :|ゝ、 >,、`ー--‐’ .ィ /|:.:.:.:.:: : : | /:.:.:ト\        ノ     └──────────┘
              / |:.:.:.:.:.:.|\\ || ` - ´ /イ/|:.: : : : : :,/}:.:.:∧ ` ー--‐ '´
            ノ |:.:.:. : : |  \ぃ /二二'/´//!:.:.: : : : :|イ:.:.:.:.:.:.:ヽ
         __|:.|:.:.:.: :|   { |l/'    / 〃 {:.: : : : : ト、!:.:.:.:.:
        }==|= |:.|:.:.: : :!ー-<》∧   / {!   !:.:.:. : : :| ヽ:.:: :
     rー―ヘ__,メ |:.|!:.: : :|\  ̄|i>、/_i|__ノ|:.:.:.:.: : :|  ',:.:.:
      >=-、 ヽ__メ|:.||:.:. : |  \ |^^マ゙i   i!   !:.:. : : : |   ヽ:.:
      ゝ、-ー‐^ー''! ||:.:. : l    `{ロ[]┤  |! .ノ|:.:. : : : |`ミ、 '

233 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:55:27 ID:CZp9S8WO
2011





                ┏
                  プックルが待ちかねたようにビアンカの膝に自分の頬を

                  こすりつけ、猫独特の甘え方をする。
                                                     ┛





               __/ ヽ―― x '\
             __/       \/    ̄ヽ
            /   , / ,'  !       ヽ   ハ__
           /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ
           |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ
           ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |
.             | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i |
          | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ !
          |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/        「 はいはい、判ってるわよ。 」
          | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |
          | /│  ///    ,     /// !  ! |         「 一緒に寝るんでしょ? 」
            | | i!   |     __      |  |  !
            │ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |
             | | │  !   > 、     , < │  ||   !
             | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │
.           │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !
           | | |    |  |       `i  |      |
       ,r‐┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
      / ∨ ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ
      |  ∨ | !     ! ヘ         ノ  !      | |  |





                 ┏
                   ビアンカはそんなプックルの頬を手で撫で転がす。
                                                  ┛
.

234 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:56:24 ID:CZp9S8WO
2012





               |,ヾ          /゙}i
                  | | 'y-‐‐―- - 、//  }}
              | |  ヽ      ´ /  }}
             /                    \
.            /       /    .:            ヽ
.          / ,   :/  _/ /  .:.}十┼- 、!      .:.
         /イ  :/ イ´/{/{  .:./八 :ト、  l      :.:ハ           「 そうでありんすぅ。 」
          | :} /V ‐ } .:.:/  ̄`ヽ \l    .:.:.:i}
            | /{ //  |  ヽ、{   |   \|    :.:.:..{               「 リュカったら子供のときは一緒に
          V:.:ト{ {  |        |     | }  .: :.:.:.:.ヽ               寝てくれたのに、           」
  .         |:.:{     |        |     }イ   .:.:.:.:.:.:ト{
           ⊂ニ⊃         ⊂ニ⊃ .:.:.:.:.:、{             「 今はあんまり寝てくれないんでありんす。 」
             |.:人     __, 、      } .:.|.:. .i
           |:.:.:.:个:、    V  ) _ .. イ .:. .:| .:: .:|                「 だから今日はビアンカに甘えて寝るんじゃ♪ 」
          ヘハルヘ( ̄ ̄ ̄´    -―<.: !.:: :.:|
        /⌒/´ ̄ ̄`ヾー―‐r―/     ヽ .:. .:|
        {   {        \   }/       }ヽ .:.:|    /⌒ゞ))
          ヽ _ゝ、 _、     ヾ´      / .ノ}  \ハk ァ/ハ
               \ \        / ̄´ 人   丶Y   \ll
.                  \ \      / ̄ ̄ ´  丶    \lヽ  \
                  ` ー`r― ´ }         \___ >ヽl:ヽヘ
                        }     /           `ヽ.: .: .: .: .:  |
                        /    /                   ,.: .: .: .:/
                    /  _{               .: .:ノ
                      }/´ )                }
                     /                    /
                        /                   /






                    __
                   /    \,-、__
                 /_,ノ   ⌒  ヽ.,__ ヽ ))
                 |;       ,.! ┴-'、
                 |  (___人___) 〉-‐‐´ l            「 だってお前、もう大人だし…。 」
                 .|        〉--‐´ l
                  |        iヽソ   l            「 一緒に寝る、ってもなぁ。 」
                  Λ      ∧`;"   '、
               __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
          _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、       「 て言うか時々忍び込んでくる癖に。 」
        ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
      / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}

.

235 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:57:53 ID:CZp9S8WO
2013





               /     /  /  ,. -──‐- . 、`ヽ   \
              /     /  / , ィ´. : : : : : : : : : : : ``ヽ\   l
           /     /  / /.:.l l:.l:l: l:.!:l:.l:.l:l : :ハ: :.l: : \\ l
            /     / / /. : : :l l:.l:l: l:.!:l:.l.:l:l l::l. ',.:.l: : : : .\V
          ./      // / . : : : : 从从 N l:.l.:l:l l.:l  i:.:l:::::::V:.:.:.ハ
         /      / ,.イ. : : : : : : l ´ ̄``VNN从|  i::.l.:.:.:/::::::/::::',       「 当り前でありんす! 」
        ./      //.:.:l: : : : : : : :l     ..__    リ  リ l:_./l.:::://::/:!
        /    /.:.:.:.:.:l.:l: : : : : : : :l, -===ミヽ    /リ「:メ:://:://:!       「 好きな人の近くで丸くなって寝る、
      /  ,. ィ´.:.:.:.:.:.:.: l.:l: : : : : : :i.:| /////     r==ミl// l//:/
     /  /  l.:.:.:.:.:.:.:: : l:.l: : : : : : :l.:|          ヽ ``1:l   //.           それが猫の眠り方ってものかや。 」
     \      l.::.:.:.:.:.:. :. l.:|: : : : : : :l.:|          /   ,:.l  〃
      \    /.:.:.:.:.:.:./ .:l.:|: : : : : : :l.:|   rー ‐ ─ァ   ./:.:l  ′
        \_./.:.:.:.:.:.:./ .:. l.:|: : : : : : :l.:|.   ヽ    /   /: : :|           「 あーあ、
         /.:.:.:.:.:.:./ .:.:.:.l.:|: : : : : : :l.:|     `¨¨   / : i: :|
         /.::.:.:.:..:./ : :/. l.:|: : : : : : :l.:|. 丶、     /.:.i: : :.l: :|                 リュカとビアンカが一緒に眠ってくれれば
         /. :.:.:.:.:.::.:.:.:/ .:.l. !: : : : : : :l.:|    i` ー'´.::.:.:.l: : :.l: :|                 その間で丸くなれるのにぃ。         」
         / .:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄|: : : : : : :l.:|    |.:.:.:.:.:l.::::::: l: : :.l: :|





                       ┏
                         悪びれもせずにとんでもないことを言うプックル。
                                                       ┛





                       _ __ _
                  _,、-ー''´:._,、-:ー`、-、,
                 /:.:.:,、-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:>'"`:.、
                ,/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;':.:.:.:.:/::.i/:.:.:.:.:.:.:.:.:\
               ∧∨:./:.:.:./:.:.:;':.:.:.:.:∧ヘ/i:.:.i.:.:.:.i:.:.:.ヽ
              ∧:.|!:.:.!:.:.:.:.!:.:.:.!:.:.:.:.:!´`'"´`i:.:.l:.:.:.:l:.:.:.:';'.,
              }:.::.|i:.:.|:.:.:.:.|i≦廴リi:|    |:.:リ:.:.:.|:.:i:.:.!:.i
              {:.:.:.:|:|:.:|:.:.:升i:.:.!i:.:.ハj    辻≧:/:./:.:.i:.:!
              lヘ/ヘハ、:| ` ̄´ ′   i/'廴;ノ//:ハリ
             ,'i:.ヘ(|:.:.:.:.:.:| ヾ==''′    ′´"∧::/.:ノ      「 ―――何言ってるのよ、プックル。 」
                 ,':i:.:.:.:l|:|:.:.:.:.:| ////     ヾ=ゞ/ソノ
               ,':.:|:.:.:.:l!:l:.:.:.:.:.l        ′  /:.l: |         「 そういうことはね、リュカのお嫁さんになる人に
               /:.:.:!:.:.:.:.!:l!:.:.:.:!:!、    ` ー   /:.:.|i.:|  っ.          頼みなさい。                      」
           /:.:./|:.:.:.:.:!:.i!ヘ:.|i| \      <:.:.//:|
           /:.:/:.:|:.:.:.:.:.:.:i:.:.ヘ   ` ー <|:.リ:|:.:.://i:.|
         < ̄`ヾハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ      ト、ヽ∨|:.//:.:!.:|
       /´  ヽ : : ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、_,、-"¨'ーヘ_i:.|/':.:.:.:.':|_
       /     i、: : ::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_,、-"゙ー、,∨:.:.:.:.:.:.:.!i`ト、

.

236 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:59:43 ID:CZp9S8WO
2014





          __ ,.. -‐..:/.::::::`丶、
        ,.:/.:::::.`丶、/.::::::::::::::::::.丶、
       /.:::::::::::::::::r:::::ヘ:::::::::::::::::::::::::.ヽ
     _/.::::::::::::::::::::::::!ミY∧:::::::::::.ヽ:::::::::::::.
.     /ノ.:::::::::::::::::::::::::|:::::}:::::ヘ::::::::::::::':::::::::::::::.
    i':::::::::::::|::::::::::::::::「``^´´ハ:::|::::::::}:::}::::::::}::.
    i|:::::::::::::|:::{:::{::::::::.      !::|」::Lj::」_::|从リ      「 パパスおじさまの仇を討つために、
    i|:::::::i:::::|i::',:::X::::::'ニヽ  L「ー'ニ、^丁「:「        天空の…防具とかいうのが必要なんでしょう? 」
    八::::::i:::::|Ll/ ヽ_::ゝ    爪「心, ;:::|::{
     |ヽハ;::_V   _     Vr:::j  l::::|::::.
     |:::::|:::::::::', x=≡`   、   ̄  l::::|:::::.      「 ルドマン氏の話はこんな田舎にも伝わってくるわ。
     |:::::|::::::::::::.         ,    从:!:::::::..         凄い大金持ちなんですってね。             」
     |:::::|:::i::::::込、    `     イ.:::::}ハハ
     |:::::|八:::::::::::{> .     /ト从:::从::',::::.
     |:::::|:::::.ヽ:::::八:::/}≧=‐    |:::::}/.:::i:::',:::::.
     |::::」::::::::::.ヽ:;ハ! /        |::::::/.::::::トミ:::::::.、
     /7´|::/.:::::::::::::://‐-、    -‐/l:::/.:::::::::| //`ヽハ
.    //  |;'.:::::::::::::://ニ二アヽ、 //.:/.::::::::::::!'/  /⌒ヽ




                  ┏
                    食事の途中でビアンカに、軽く教えていた過去を、

                    確認するようにビアンカは俺に言った。
                                                    ┛




                      _ __ _
                  _,、-ー''´:._,、-:ー`、-、,
                /:.:.:,、-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:>'"`:.、
               ,/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;':.:.:.:.:/::.i/:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              ∧∨:./:.:.:./:.:.:;':.:.:.:.:∧ヘ/i:.:.i.:.:.:.i:.:.:.ヽ
              ∧:.|!:.:.!:.:.:.:.!:.:.:.!:.:.:.:.:!´`'"´`i:.:.l:.:.:.:l:.:.:.:';'.,
              }:.::.|i:.:.|:.:.:.:.|i≦廴リi:|    |:.:リ:.:.:.|:.:i:.:.!:.i
             {:.:.:.:|:|:.:|:.:.:升i:.:.!i:.:.ハj    辻≧:/:./:.:.i:.:!
             lヘ/ヘハ、:|≦斤乍     /廴レリノ//:ハリ     「 その娘さんと結婚するとなれば、
             ,'i:.ヘ(|:.:.:.:.:.:| `弋少     升仆ヘ/:/.:ノ         凄く大きな後ろ盾になるわね。  」
            ,':i:.:.:.:l|:|:.:.:.:.:|         ゞ少 /ソノ
            ,':.:|:.:.:.:l!:l:.:.:.:.:.l     __  ′  /:.l: |         「 良かったわね…リュカ。 」
           /:.:.:!:.:.:.:.!:l!:.:.:.:!:!、   ヽ ノ   /:.:.|i.:|
           /:.:./|:.:.:.:.:!:.i!ヘ:.|i| \      <:.:.//:|
          /:.:/:.:|:.:.:.:.:.:.:i:.:.ヘ   ` ー <|:.リ:|:.:.://i:.|
        < ̄`ヾハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ      ト、ヽ∨|:.//:.:!.:|
       /´  ヽ : : ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、_,、-"¨'ーヘ_i:.|/':.:.:.:.':|_          ┏
      /     i、: : ::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_,、-"゙ー、,∨:.:.:.:.:.:.:.!i`ト、         ゆっくりと…、言い聞かせるように。
     イ       ! ',: : :::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : : :i:.:.:.:.:.:.:.:.:|: i ヘ                               ┛
    / i       i ',: : ::::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : :|::.:.:.:.:.:.:.:.|:.i ヽ
.

237 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:01:01 ID:gwfVAvRW
2015





             / ̄ ̄ ̄\
           /         \
          ./          ノ
          .l           l
           l           //
           .l           l
           ヽ          l      「 ……。 」
            ヽ         l
             .)     __,,../
            /===、_〈
          /       \          ┏
         /            ヽ           ああ、畜生。
        .i       、    . l
        .l i         l     l               何か言いたいのに、何かをビアンカに伝えたいのに。
        l .l        l     l                                            ┛






                      _ __ _
                 _,、-ー''´:._,、-:ー`、-、,
                /:.:.:,、-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:>'"`:.、
               ,/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;':.:.:.:.:/::.i/:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              ∧∨:./:.:.:./:.:.:;':.:.:.:.:∧ヘ/i:.:.i.:.:.:.i:.:.:.ヽ
             ∧:.|!:.:.!:.:.:.:.!:.:.:.!:.:.:.:.:!´`'"´`i:.:.l:.:.:.:l:.:.:.:';'.,
             }:.::.|i:.:.|:.:.:.:.|i≦廴リi:|    |:.:リ:.:.:.|:.:i:.:.!:.i
                {:.:.:.:|:|:.:|:.:.:升i:.:.!i:.:.ハj    辻≧:/:./:.:.i:.:!
             lヘ/ヘハ、:|≦斤乍     /廴レリノ//:ハリ
            ,'i:.ヘ(|:.:.:.:.:.:| `弋少     升仆ヘ/:/.:ノ       「 また一緒に冒険しようね、って言ったけど…、 」
              ,':i:.:.:.:l|:|:.:.:.:.:|         ゞ少 /ソノ
            ,':.:|:.:.:.:l!:l:.:.:.:.:.l        ′  /:.l: |         「 お嫁さんが決まってるんじゃ、もうだめね。 」
           /:.:.:!:.:.:.:.!:l!:.:.:.:!:!、    ` ー   /:.:.|i.:|
           /:.:./|:.:.:.:.:!:.i!ヘ:.|i| \      <:.:.//:|
          /:.:/:.:|:.:.:.:.:.:.:i:.:.ヘ   ` ー <|:.リ:|:.:.://i:.|         「 誤解されちゃ、リュカが可哀想だし。 」
        < ̄`ヾハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ      ト、ヽ∨|:.//:.:!.:|
         /´  ヽ : : ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、_,、-"¨'ーヘ_i:.|/':.:.:.:.':|_
      /     i、: : ::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_,、-"゙ー、,∨:.:.:.:.:.:.:.!i`ト、
     イ       ! ',: : :::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : : :i:.:.:.:.:.:.:.:.:|: i ヘ
    / i       i ',: : ::::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : :|::.:.:.:.:.:.:.:.|:.i ヽ





                     ┏
                       何故俺の口は何も言葉を出さないんだろう。

                         何故俺の喉は何も言葉を通さないんだろう。
                                                    ┛
.

238 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:02:09 ID:gwfVAvRW
2016




     「 ―――だからね、プックル。 」







         |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',
         |   ヽ   ー     ,. |,'!  ,′′  !  ヽ       「 プックルと眠れるのは、今日が最初で最後。 」
         ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
         、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
         ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -       「 次からは、リュカの…お嫁さんに頼んでね 」
        rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /
.        / | }′   .l,/´_ `ァ' /      //,.'
    ,r ´  | |    ,′   `ン/      ///
   r'|     | |     |    //       ///







          / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |  ; ( 一)(●)
        |     (__人__)            「 ……ビアンカ 」
         |     `⌒´ノ
         |   ,.<))/´二⊃
         ヽ / /  '‐、ニ⊃
         ヽ、l    ´ヽ〉
      ''"::l:::::::/    __人〉
      :::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
      :::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
      :::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
      /: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|
.

239 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:03:48 ID:gwfVAvRW
2017





          / |   |L| |_||__| || ||L| |__|L|L|  |  |
         /  |   |=====ニ_~  ~ ニ=====、|  |  |
         /  |   ', 弋__ノ  ~ '´弋__ノ |  |  |       「 えー、いやじゃ! 」
        |   |   ',〃              〃 /|  |  |
        |   |    ' ,      〟      / |  |  |       「 わっちはリュカとビアンカが… 」
        |   |    |ゝ_   / ̄\   ,.イ  |  |  |
        |   |    |  ` ‐ _ ̄ ̄ ̄,. '  |   |  |  |
                    ` ‐ '





                          ┏
                            判りやすく嫌がるプックルに、
                                              ┛





                ,':i:.:.:.:l|:|:.:.:.:.:|            /ソノ
               ,':.:|:.:.:.:l!:l:.:.:.:.:.l        ′  /:.l: |
           /:.:.:!:.:.:.:.!:l!:.:.:.:!:!、    ` ー   /:.:.|i.:|      「 仕方ないじゃない。我が儘は言うもんじゃないわ。 」
           /:.:./|:.:.:.:.:!:.i!ヘ:.|i| \      <:.:.//:|
          /:.:/:.:|:.:.:.:.:.:.:i:.:.ヘ   ` ー <|:.リ:|:.:.://i:.|
           < ̄`ヾハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ      ト、ヽ∨|:.//:.:!.:|      「 ……片付け、ちょっと疲れちゃったから明日にしようかな。 」
         /´  ヽ : : ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、_,、-"¨'ーヘ_i:.|/':.:.:.:.':|_
        /     i、: : ::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_,、-"゙ー、,∨:.:.:.:.:.:.:.!i`ト、
     イ       ! ',: : :::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : : :i:.:.:.:.:.:.:.:.:|: i ヘ    「 ピエール、スミスさん。リュカ。部屋は用意してあるから、
    / i       i ',: : ::::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : :|::.:.:.:.:.:.:.:.|:.i ヽ     どうぞ休んで行ってね。温泉にもどうぞ入って行って。  」





                           ┏
                             事もなげにビアンカはそう言う。
                                                 ┛
.

240 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:04:54 ID:gwfVAvRW
2018





       ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
    .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ
    .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
    l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ
    |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !
    |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'        「 俺はまぁ腐ってるからちょっと遠慮させてもらうが…、 」
    .l;; ∴/⊂ニjjjニ;;m   i..ニニjZニ'll、!
    ]/'.l.|  {’| .゛    ‐ .L|  ゛ i!│
    ,!゙ .川  `~゙゙-    .! '''`-´゛ l l
    ヽ ゝ            !     !.|l゙
     .'Lヽ         ,    .l゙/
      l'ァ.l       .゛.'"    .|’
      .リ ヽ    '二ニニア   ./
     /'゙i  .ヽ    . .. ‐   ノ|
    /゛ .i′  \        / ; |`'、
 ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \
` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_






                       \、  -‐‐ 、
                 __   (   ))'⌒ヽ.  \
               ∠..___  ̄ ̄`  \) | )   )
              , ´    .. -→       ヽj  ,.イ
           rー/   /  ,.-          く_ノ                  「 姐さん、あんたは入らせてもらうといい。 」
           「`V  ∠..__/   /´    ` 、  \
          人/ /  ∠..._ノ| /'⌒)  / \  ゛,
  . -z─_─_-_/ _レ′ /   /ニレ'.-/-/ / | |  ヽ  !                   「 ビアンカさんも言った通り、姐さんも女だ、
 /:.:/   _ ..‐ ¨  フ′ / r'!::::::! `  'i /_...ノ、| レリ\!                  綺麗にしといて損はないからな。      」
 :.:.:| r '´ /   _/ ,. イ   v.ク   i从'ィ:::r/! 人′
 :.:.:| │ ' /⌒Y   / |/:}  u       vク i'   \
 :.:.:| ゝ レ′ __..j/⌒l /!r'ヘ          ′ ハ,    \
 _!    r′ :|:.:.:. ヽ|! `┬ヘ       r _ァ   .′_jノ   ヽ\
 :.:.:.` 、    \:r'_二_) |!\从 \        /´ ̄____ノ  ) )
  ̄ ` =ー─く:.:.:.:.:.フ|ヾ:.|===== `_ .__ .イ γ´       /
 _____ _.' ̄´三三/ /三三ヽ`┴‐-レ'V        '′    「 え? 本当にいいんですか? 」
 ` ー‐、 :.:.:.:_r/三三三 / /三三三:ト、r= r=、 \
      ̄/:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:| |:.:.:.:.:. 三.:|:.:.ヽr= 、ヾr=i!
      !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | |.:;;:.:.:.:.三|.:=-:.\ \Vi|
      !:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:! / : ;:. ,. . !::::   \_ |
      i:.:.:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.::.レ' !:.:.:.:.:.:.:.:.: !____ _\!

.

241 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:06:38 ID:gwfVAvRW
2019





              / , - ' ¨  \ ` >-、
             / / , ' , '   |‐'´  ヽ
            /ヽ /  / / //ヽ,.'ヽヽ ヽ \
            〉 / ! 〈  {  | |゛゛"''''|│ 〉  !
           〈 ヾ| i ヽ_lyz七リ>   | | /  | l
           /`ハレレ|,,r==ミ     ム,Lハ / ! !       「 ええ。ゆっくり浸かっていって。 」
          //,' r | l |`V::ソ       ~∨ / /
          // | ヽ|│!.  ̄    , r=z、 /∨l/
            // │ ヽ! |    rーy   / 〃          「 ごめんね。なんか疲れちゃったから
           //  !  `、!>、  r、`´   ,ィ / |             先に休ませてもらうね。         」
           //   !!   !  `ノノ )7 </ル'  !
        rヾ  ̄ ||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ| !  |  !
       ,',ヘ ヾヽ||  /   ∠- ァ! \|  !__ヽ          「 明日…、水門、開けてあげるからね、リュカ。 」
      /!  ヽ | |||/     r--'ヽヽ `ー、ヽ ¨ァ
     ,' 〉  ヽ !_/    ,、┬、二ゝニ \   ヽ!/│
     ! /   / |   ィ´ ! !    | \_   |_ !
     | !  ,,.イヾ \ 」〉  |│    ! /| / ハ|
     ! | /  ヽヾ ´/  | ! ,、,、 |〈 ヽイ//ヽ





               ┏
                 ビアンカはそう言って、プックルを連れて自室へ引き上げていってしまった。
                                                              ┛





                    /:;;;;;;;::::::::::::ヽ,
                   /::(゙゙゙''''',=ゝ、;;:::i
                  /:::::::`゙'''":| :i、,,,,,)|           「 じゃあ私も休ませてもらおうかな。 」
                 ,-、::::::::::::::/‐、::::::::゙|
                 | ,,':::::::〆::;;:::::`:::::::|l           「 リュカ君、お仲間たち。 」
         /`゙゙゙''‐、   ゙,〈i::::::∥'"`゙'''i:li:::::゚`l
         l    `''‐、,,,,_〉\∥L-‐、,,|:ii:::|ノ,'           「 私たちを気にせず、のんびりして行ってくれ。 」
         |        i゙|||llii、;il||||llli:::ll://   _,,-‐''''''‐‐i
         |        .|:::::|||||||||||||l;;il||/‐‐'''''"      |
         |       /:::::';|||||||||||||ll"/          |
         ヽ  i _,,,-''":::::::::';゙l||li彡:::,":|          |
       ,,, -''|  |,‐'‐、;:::::::;;;;;;;;::',::::::::::":::::`':、      '; ノ
    ,, ‐'"  |  |   /‐‐-=、,,`゙;;;::::‐''':::‐、;;::゙'::::、    ;/、
 ,, ‐'"     |  |  /    ,,,,,__ `゙゙゙''''‐-=;;;;;;;;;;|    i `゙゙''‐ 、

.

242 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:08:22 ID:gwfVAvRW
2020





                 ┏
                   本来の住人が姿を消し、客の俺たちばかりになって…、
                                                      ┛




       _,,.、、、、、.,,_
     /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
    / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
    | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
    | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
    |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{      「 ―――ああ、そういえば。 」
    .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
    ,xァ''ー'゙'`    '、 /       「 忘れてたことがあったよ、姐さん 」
   / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
  ''^ーァ 、_____  ̄ /
   `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
   /           /    ヽ
  ,'        ,   /      ゙、
           l /  __      !
           l, l  く,_  、   |





                 ┏
                   どうしたもんかと思っていると、スミスがピエールに話しかけた。
                                                         ┛

.

243 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:09:23 ID:gwfVAvRW
2021





       _,,.、、、、、.,,_
     /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
    / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
    | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
    | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
    |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{       「 やっぱりマーリンに一言泊まってくるってだけ伝えておいたほうがいいよな。 」
    .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
     }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
    ,xァ''ー'゙'`    '、 /        「 ガンドフも今頃母代りのプックルがいなくて淋しがってるかもしれんし… 」
   / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
  ''^ーァ 、_____  ̄ /
   `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
   /           /    ヽ
  ,'        ,   /      ゙、
           l /  __      !
           l, l  く,_  、   |





        , -- 、==≦  ̄`丶、_
      /  ∠ニ=X´  `ヽ  ヾヤ、
     〃  /           ヽ-ツハ
     l  〃/ { { 爪、ヽ\ヾ i  l/小
      〃イ 从 !ト、\斗-+Vl  |/j|〈         「 ああ…確かに、そうかもしれませんね。 」
     / /l {rやト、ヾ ≫==ミ|   |〃/イ
      Nハトヽf㍉    fてd1   !l)/人
        lヽハ tj    ゞ-' l  レィ´、::\       「 断りきれなくてお邪魔させてもらうことになりましたが、
        | l 小  、    /  /i| i::::N:::::::ヽ
        | | jノ| ヽ ´   , イ  /⌒iト、ハゞレ,'          本来すぐに戻るつもりでしたしね。             」
        ノ l / l   `フ1 //´  >、:い〔
         ノ′, zー/ィ</   /⌒\::::ヽ
         ,イ ノ::'´::rj-ヘ::ヽ、/     Y´
        / i ハ::/ ハ、i.::〉/ /   ..:.:i
        j| //..:/  /.::l`ー'//    ..:.:.:.l
        /l/ `'′ く:: :| ノ    ..:.:.:.:.:ノ
.

244 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:10:59 ID:gwfVAvRW
2022





            __
         ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
     !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ      「 そんな訳だから、姐さんちょっと船まで付き合ってくれないか。 」
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′      「 こんな夜になっちまったし、俺みたいな男一人で歩いてたら
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、            ビアンカやその親父さんはともかく他の村民に変な目で見られかねんから 」
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、






                    __!:l__,,,,,,,_`、ヽ
                 _,,r<´: ヾ! : : :  ̄i ,!、
               ,r': : : : : : : :`: : : : : l/: :`ヽ、_,,
              /: i : ; : ,f ;/l: : i: : : : : : : : : : `、:`、
             / ;i !: ;i :/ / l : :i,: : i: :i; : : `、: : :i;ヽ!,
             /: ;!:i;,;il-i,_,!  !_,;,il;,;,_!: :!: : : : ! ミ !: :,!
            i /l: i irl'iヾ!  ヽ;,;!l : :l'''iヽ: : :i : ヽ!: l         「 ? いいですよ。 」
            レ lVi,:! l::.゚i   ´ i::`ヽi !: : : :,ト、ヽ;! :,!
              l: :N _,!_,!    lっ::゜iヽ : : !.ヽV i'´
              l⊂⊃      ゝ __,i,!: : : ;!_,,ム‐'ト、        「 船とこの村はたいして離れてませんし…、
              l : lヽ、 ー -     i : : :.i'i´l:ヾ.:.:i.:l,
                  ! :N ` 、 _____,,..  ,! : : :,!;! !:.:i;.:.:'.,          2時間もあれば戻ってこれるでしょうしね 」
              V    r‐┴‐‐‐,! ;i : /i''i !.:.ヾ''´
                ,r‐'''''''´ヾ._;! i''レ7:,レヽl_.ヽ`ー、`ヽ
              ,r';ヽヽ:.:.:.:.:.:.`、':.:.:.レ';.:'.:.:.:.lヾ,`.、 `).:
            ,/;,;,;,;,,r' >:.:.:.:.:.:.:.:`ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:l `''’ `ー

.

245 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:12:14 ID:gwfVAvRW
2023





                  / ̄ ̄\
                / _ノ  ⌒ \
                | ( ●) (●) |
               . |   (__人__)  |
                 |   ` ⌒´  |              「 ふたりして行くのか? 」
               .  |         }
               .  ヽ        }
                    ,、ヽ     ノ-、             「 じゃあ俺も行くよ。
                  /;;;i/      '、!\
              _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_             ―――ここで一人でいるのもなんだし 」
         ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
     .   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
        |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
     .   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
       /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|





                   ┏
                     立ち上がる二人に、俺も一緒に行こうとすると、
                                                   ┛





        ,, - ―- 、
     ,. '" _,,. -…;   ヽ
      (i'"((´  __ 〈    }
     |__ r=_ニニ`ヽfハ  }              「 いや、別に敵が多く出る土地でもないようだし、 」
     ヾ|!   ┴'   }|トi  }
      |! ,,_      {'  }
      「´r__ァ   ./ 彡ハ、              「 俺と姐さんだけで十分だ、それに 」
      ヽ ‐'  /   "'ヽ
       ヽ__,.. ' /     ヽ
       /⌒`  ̄ `    ヽ\_          「 お前―――、俺たちがいないほうが、都合のいいこともあるだろう? 」
      /           i ヽ \
      ,'              }  i  ヽ
      {             j   l    }
      i   ヽ    j   ノ   |   } l
      ト、    }   /  /   l  | .|
.

246 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:13:41 ID:gwfVAvRW
2024





         / ̄ ̄\
         _ノ  ヽ、  \
       (○)(○ ) u |
.       (__人__) //// .|         「 ちょっ。お前何を言って 」
.        ヽ`⌒ ´    |
        {       /
        lヽ、  ,ィ'.) ./
        j .}ン// ヽ
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
       ヽ 、__,,ノ . |




                           ┏
                             スミスが何か訳知り顔で、俺に言ってくる。
                                                        ┛





                                                                _______
                                                         . .::´:::::::::::::::::::::::::::::`:. .
                                                       /.:.::;v‐-=,;::::::::::::::::::::::::::::`:..、
                                                          {イ::{/    } `ト、:::::::::::::::::::::::::::\
                                                            Xゝ       /.::::::::::::::::::::::::::::::::i
                                                       ノ 仁ニニ=、 /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                                      /  ーfュ_,   `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::l
    「 なあに、俺が言っているのは簡単なことさ 」                     /          ノ.::; - 、::::::::::::::::::::;
                                                    ヽ、            |:::;/ /^ 〉::::::::::::::::,′
                                                ___j'_         N{  ノ/::::::::::::::::/
    「 お前さん、真面目なのは結構。慎重なのも間違いじゃない。 」   ノi ''―――r=、        、__ ..イ::::::::::::::::/」
                                             ( .::i      〉           ノ´  ヽ:::::::::::/
                                             ) .:::.       /         /     }ヘル{
    「 だけどなぁ…、いろいろ、それゆえに見逃してる気がしてな。 」 ( .:.::j(O)   、____ . . :  /         .ィ二}」
                                            \∠二二{          {    /       /   人
                                            /|    |       / ヽ       .  ´     \
                                            ̄ ̄`ヽ   |      く    >  ´       -‐=二三\
                                             ̄`ヽ { ├-,     > /       /   `ヽ     ∧
                                             ̄`ヽ }'― ' /    {/      /     -┼…=ミ ハ

.

247 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:15:21 ID:gwfVAvRW
2025





                          \、  -‐‐ 、
                  __   (   ))'⌒ヽ.  \               「 これはお節介ついでに言うんだが、 」
                ∠..___  ̄ ̄`  \) | )   )
               , ´    .. -→       ヽj  ,.イ           「 お前さんは自分の目的を盲信しすぎだと思う。 」
            rー/   /  ,.-          く_ノ
            「`V  ∠..__/   /´    ` 、  \
           人/ /  ∠..._ノ| /'⌒)  / \  ゛,
   . -z─_─_-_/ _レ′ /   /ニレ'.-/-/ / | |  ヽ  !
  /:.:/   _ ..‐ ¨  フ′ / r'!::::::! `  'i /_...ノ、| レリ\!
  :.:.:| r '´ /   _/ ,. イ   v.ク   i从'ィ:::r/! 人′    「 ………。 」
  :.:.:| │ ' /⌒Y   / |/:}          vク i'   \
  :.:.:| ゝ レ′ __..j/⌒l /!r'ヘ          ′ ハ,    \
  _!    r′ :|:.:.:. ヽ|! `┬ヘ       ―   .′_jノ   ヽ\
  :.:.:.` 、    \:r'_二_) |!\从 \        /´ ̄____ノ  ) )
   ̄ ` =ー─く:.:.:.:.:.フ|ヾ:.|===== `_ .__ .イ γ´       /      ┏
  _____ _.' ̄´三三/ /三三ヽ`┴‐-レ'V        '′         スミスは続ける。
  ` ー‐、 :.:.:.:_r/三三三 / /三三三:ト、r= r=、 \                           ┛
       ̄/:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:| |:.:.:.:.:. 三.:|:.:.ヽr= 、ヾr=i!
       !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | |.:;;:.:.:.:.三|.:=-:.\ \Vi|
       !:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:! / : ;:. ,. . !::::   \_ |
       i:.:.:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.::.レ' !:.:.:.:.:.:.:.:.: !____ _\!








              ,. ‐――‐- 、                               「 何のために頭がついてるんだ 」
             /         \
            /            \                     「 もっといろいろ、柔軟に考えるためだろう。 」
          /               .',
         /  ::::::::::::::::::::::::::::::::::    ',                          「 あんまり俺たちにすら
         l  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::    l
         l   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   l                             本音を明かさないお前だけどさ。 」
         l   ::::::::::::::::::::::::::::::::::     l
         l     :::::::::::::::::::      l
         . l     ::::::::::::::::::::     l
          l    :::::::::::::::::::::      l    「 ………。 」
          !    :::::::::::::::::::::     !
          !   :::::::::::::::::::::      /                    ┏
       _  .|    :::::::::::::::::::::    /                      なにも言ってないのに。
      /  ∨|   :::::::::::::::::::::::   |─--- .._
     / ヽ  \            /  /  \                   …なにも、伝えてないのに。
   /\   \  ー─────一'  /                                       ┛
  "ヽ .:.:.:.:.:.:.:.:ヽ   i:i:i:i:i:i:i:i:i:
    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:

.

248 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:16:33 ID:gwfVAvRW
2026





     〃                 i,
    r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
 .   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<      「 昼での、とっさに動いたお前さんは、 」
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|
    l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|       「 一体、本当にこの結婚を―――認めているのかね? 」
 .    ヽ.ヽ        {:.    lリ
 .    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /         「 慎重も度が過ぎれば…後悔を呼ぶことになると思うぜ。 」
 .   /}   \    ー‐   ,イ
  __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\






                             n.  _
                             ||n,、∥
                           r‐、j    i
                           ` t   /
                            /  ,'
              ___            /  !
            r´:::::::::::::ヽ            / ,'  l
            i:::::::::::::::::::::i       r'⌒` 、 !     「 ま、お前さんの人生はお前さんのもんだ 」
            (i:::::::::::::::::::::ソ     /`"'‐、 i'
            `;:::::::::::::::::i    _, '"´ ヽ /  `r'
             ト,"'゙'"''"|_, -ー'´     i/ , '´      「 責任さえ取れれば別にどんな道を選んでもいいと思うがね。 」
          _ -''´  ̄  `         ' /
       , -''                 /
       i、                 /         「 後悔し続ける人生はつらいぜ。
      / ヘ                i            元人間の俺が言うんだから、間違いない 」
     /  ヘ          /   /   {
     〉 / ヘ         /   /   |
     //  ヘ           / /  !           「 ―――さーて。お節介時間終わり。姐さん、行こうぜ 」
     〉    |!          / /   ;
    ゞ‐- ‐'´∧       /  ,'   i
.     |"''‐‐''´} ',    -‐ '   ,     !
     ゝ--‐ 〈  ヽ、 __ ,/ /   /   {
     i ̄   |  冫            i
       l    i  / ==   ', ===  |
        |  ,'  i       ',         |
.

249 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:18:37 ID:gwfVAvRW
2027




                      ┏
                        スミスが言っていたこと。
                                       ┛


  「 ―――じゃあ、またあとで。 」





          / ̄ ̄ ̄\
        /         \
       ./          ヽ
       .l           l                   ┏
        l             l      「 ……。 」        俺の心の中の本当の気持ち。
        .l           l                                         ┛
        ヽ          l
         ヽ         l
          .)     __,,../
         /===、_〈
       /       \
      /            ヽ
     .i       、    . l




                       ┏
                         俺の人生の目的―――
                                        ┛
.

250 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 00:19:24 ID:cWuN/xnL
コイツ本当にスミスっぽくねえなw

原作のスミスはビアンカを…


251 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:20:38 ID:gwfVAvRW
2028





                              ┏
                                 俺の…
                                       ┛



   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



             ,. .ィ: : ̄:_: ;≧- 、__ __
          ,.イ: : : : ; :イ: : :: : : : :ム: /: :ム
        ./: : : : ;ィ:´: : : : : : : : : : /:}: : : : :ム
        /ミ、: : :/: : : / : : : : : : i: ,': : i : : : : :ハ
       . ,'ヾ: :ゞ: ,': : : ,' : : : : : : : i: ィ‐‐}: : : : : : ム
       ハヾ、: : :i: : : i ,:ニ:=:=iゞ:!i ;' __.i__:_: : : : : ',
       l :ヾ: :ヾ: i : : i :i!:_:_:i;!i : !i:i ´ ̄ノi:`ヾ: : : : :l         「 ―――そうね。 」
       l : :ヾ : ;-i: : :iィ仍テミ゛ " .,仍ヾ: i : ノ:i:/:ノ
       l: : l: ヾ{ '; : ゞ乂::少    .{ツ,/;イ:l/ i:|/          「 「そう言ってくれて」ありがとう、リュカ。 」
       l: : :i : i:ム ,l: ム  ¨     ,¨ ´ハ: :|
       ノ : : i : i: :ゞl : ム          ノ: : :l
       /l:_:_:i : i,ィ }i!i: !ii     ー   イ: : j: i
      . ,イ:.:.:.l: : iゝノi!i: i.i.>.、 ´.,.イ:i:/ : /: :ム
      イ.=、:.:.i:i!:ii:.:ムi i;ノノ  .{=;.:.:ゞ: :{l: :∧; :_:_ヾ__, 、__



   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                            ┏
                               本当の……。
                                        ┛
. 

252 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 00:21:39 ID:SGgAIv9U
>>250
つまりビアンカは道下か…


253 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:22:22 ID:gwfVAvRW
2029

<<ビアンカ宅の裏の温泉>>


             ┏
               少しだけ―――考えを整理したかったんだ。
                                           ┛





    ゞ "  ヾゞ;  ;ゞ ;"   "ゞ ; ; ; ゞ          ;ヾ ;ヾ  ;ヾヾ、ゝヾヾヾ;ゞ ヾ; ;"
    "/" ; ;ヾ ;ヾ  ;ヾヾ、ゝヾヾヾ;ゞ ヾ; ;"/            ;ヾ ;ヾ  ;ヾヾ、ゝヾヾヾ;ゞ ヾ; ;"
    ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ ; " ; " ; ;   " ; ;ヾ ;" " ヾ " ;ゞ "ヾゞ; ;ゞ ;"
    ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ " ;ゞ "ヾゞ; ;ゞ ;" " ヾ ; " ; " ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ
    ;ヾ ;"/" ; ;ヾ ;ヾ  ;ヾヾ、ゝヾヾヾ;ゞ ヾ; ;"/       " ヾ ; " ; " ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ
    ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ ; " ; " ; ; " ヾ ; " ; " ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ ; " ; " ;
    . ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ ;   ヾ ; " ; " ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾヾ ; " ; " ; ;
    "/" ; ;ヾ/ヾヾヾ;ゞ ヾ; ;"/             " ; " ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ ; " ; " ; ; " ヾ ;
    // ヾ ; " ; " ; // //ヾ" ; ;ヾ ;"        " ; " ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ ; " ; " ; ; " ヾ ; "
    /      " ; // //                  ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ ; " ; " ; ; " ヾ
          ; // //                   ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ ; " ; " ; ; " ヾ
       ; " ; // //                       ;ヾ ;ヾ  ;ヾヾ、ゝヾヾヾ;ゞ ヾ; ;
        ; // //                            | | | || |  ヾ ; " ; "
      (  ))                                | | | || |  ヾ ; " ; "
        (  ))                   (  ::)  )     | | | || |
       (:::::::) ( :::)oo∞cOcっ∞cっcc∞c∞coo(  ) )   (  ::) || |
         co0o      ~~~~( )       c( )。。。( :::)
        (^;;)o             ( )         o(")o ( )
        ("'')0 c  ~~~       ~~~~      O(~)o        「 ―――ほんとに小さいなぁ。 」
       (~~)ヽ                          (⌒(⌒~)
      (⌒ヽ           ~~~~~~       (⌒~)
       /~゙゙ヾ⌒`ゝ                    (~゙゙ヾ⌒`) )
       (~´`(⌒(⌒~)                    (~゙゙ヾ⌒`)
         (⌒(⌒~) )~~~)(~~) <⌒)⌒)⌒>-(⌒(⌒(⌒~)





               ┏
                 だから、一人で。

                 家の裏の、少し離れたところにある温泉に…、
                                              ┛


               ┏
                 ほんの少しだけ、考えるつもりでいたんだ。

                 だけど、気づくと―――…。
                                              ┛
.

254 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:23:29 ID:gwfVAvRW
2030





                 ┏
                    温泉はぬるくて、乳白色で、いくらでも浸かっていられた。
                                                       ┛




          / ̄ ̄ ̄\
        /         \
        /           ヽ
        |             |      (( ……あれ? 俺、どれだけ浸かってたっけ ))
        |               |
        |              l
        |          /       (( そろそろ上がらないと… ))
        |        〃/
        \、__     (
           _)     \
          / .;.;.;      \
         /    #### .;.;   ヽ
         |    ,.;.;.;.;  ###  i
         |     | .;#;.;.;.;.;.;.;.;.; l.|
   ~~~~~~~~~~~~~~~~





                  ┏
                     ボッとしていた頭を動かし、立ち上がろうとしようとしたときだった。
                                                              ┛





     「 ―――リュカ。 」
                             l  /
                              ′/

                      / ̄ ̄ ̄\
                          /         \                     チャポンッ。
                    /           ヽ
                    |             |
                    |   ;           |
                    |              l      「 え? 」
                    |          /
                    |        〃/
                    \、__     (
                       _)     \
                      / .;.;.;      \
                     /    #### .;.;   ヽ
                     |    ,.;.;.;.;  ###  i
                     |     | .;#;.;.;.;.;.;.;.;.; l.|
                ~~~~~~~~~~~~~~~
.

255 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 00:23:35 ID:kzyShLRb
スミスマジイケメンだなww


256 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:24:44 ID:gwfVAvRW
2031





                     ┏
                       気づくと、ピエールたち(?)は帰ってきていて。
                                                     ┛





                  ,,、 __ _ __.         ___
              ノ⌒ノゝ´: : : : : : :.:.``': 、  /´ ̄`\.
             />/: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ/      )
 :::::::::::::::::::::::::::::  ,γ/;´: ´: : : : : : : : :,:': : : : : : : : ⌒ ヽ.       ::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::   /::ソ:,': :´: : : ,: : ': : : ,:': : : : : : : : : : : : : :.、ヽ.   :::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::   {γi,'::::´、 ´: : : : : : ,': : : : : : : : : : : : ,: , : : : :',     ::::
          ゝγ:丶`:.、 : : : : : : i:: : : : :l: :l .l ,l: : : } } |: : .i.
         ((:〉i::::::::`::.:.:':.:.、: : : :i:. ! i: : l: :i! i! i!: ./ /i il : :.:}
          ゝ',`、:::::::::、::.:.:,、ー、,i:. i: i:.: li>ト、i,_/ / i il: : /
       _ ,';;;;;;;;、,,',::::、:::::::`./(´( i:. i:. !:. ii///ノ / /!.:!:./
      ,´;;;;;;,';;;;;;;;;;;ゝ:::::、::::::!、ヘ  i:. i;. i;. i`ヾゞ, ////
      i;;;;;;,';;;;;,;';;;,' ヽ、;;、ヽヾ`ー  i:. i; i;.:l///  '、/          「 ―――お邪魔します。 」
      l;;;,';;;;;,';;;;;,'  γ)      i:. i;.:.i;.i      ゝ       .
      .〉;;;;;,';;;;;,'    /       i:. i;.:.:il! `` ´
     ,';;;;,'ヾ;;;ソ   /         l:. i;.:.il:!. /
      {;;;;{  :::::::::::::::::::::::       |:.l!l:.:il:l´ヽ
      l;;;;;',  :::::::::::::::::::::     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ~~~~~;   :::::::::::     ~~~~~~~::::::
      ;;; ;;;;;,  :::::::::::                :::::::::::::::
       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




                  ┏
                    何故かピエールが、俺の後ろに座っていたんだった。
                                                     ┛
.

257 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:25:49 ID:gwfVAvRW
2032





              -‐ ‐- 、
                /      \
               i ヽ、._       |
              ソ(ー) ;    |
           (人__)      /            ―――ピエールには、隠しごとができないな。
           |      .r‐. |
     γ⌒ヽノ  |     /│ 「 7`!
     (  ⌒ )  ゝ-‐=、≦  |  \/ 〉、
     ゝ_ イ  _/    >、 」!   /\/
         , '´  `  /_〉   ∠-‐ '^ヽ
      /      /´ /         」
     〔      /  ∨           |!
      \ ー‐ ´                 |   ~~~    ┏
       ` ー‐=ニ二/      '        |               俺は一つ、ため息をついた。
  ~~         |       | ヘ       |                                 ┛
             |   /  ∨ト、   /,イ
  ~~~~~~         \/    `|   /イ|j
       ~~~~~~~~~~~~~~
                            ~~~~







          (人__)  ;    /
          |      .r‐. |                  スミスにもばれてるみたいだけど…、
          |     /│ 「 7`!
          ゝ-‐=、≦  |  \/ 〉、                 そうだよ、俺は今凄く…迷ってるんだ。
         _/    >、 」!   /\/
      , '´  `  /_〉   ∠-‐ '^ヽ
     /      /´ /         」
    〔      /  ∨           |!
     \ ー‐ ´                 |   ~~~    ┏
      ` ー‐=ニ二/      '        |              何でだろう、このひと相手だと、
 ~~         |       | ヘ       |
            |   /  ∨ト、   /,イ              自然と口がゆるくなってしまうのは。
 ~~~~~~         \/    `|   /イ|j                                     ┛
      ~~~~~~~~~~~~~~
                           ~~~~

.

258 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:26:56 ID:gwfVAvRW
2033





          / ̄ ̄\
          /      \
       . |            |        ピエールたちに、ひたすら「俺の目的」に付き合ってもらってるのに、
       . |        u │
          |         |        申し訳ないな、って思ってるんだ。
       .  |         |
       .  ヽ       /
          ヽ      /         「天空の盾」を手に入れるために…結婚しなきゃいけないみたいなのに…。
              >     <
          |      |
        ~~~~~~~~





                 ┏
                   カボチ村でもそうだった。

                   不思議と、ピエールの前だと緊張を少し解ける。
                                                  ┛





           / ̄ ̄ ̄\
          /         \
         /           ヽ
         |             |        みんなには、「俺の目的」に付き合わせてるのに。
         |    ;         |
         |              l         それなのに、俺は自由に、「目的」からずれるかもしれないことを
         |          /            していいのか? って。
         |        〃/
         \、__     (
            _)     \          そんな卑怯…なこと、していいのか、って。
           / .;.;.;      \
          /    #### .;.;   ヽ
          |    ,.;.;.;.;  ###  i
          |     | .;#;.;.;.;.;.;.;.;.; l.|
     ~~~~~~~~~~~~~~~~

.

259 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:28:12 ID:gwfVAvRW
2034





              _rュ辷ヶュ、 .._  /⌒ヽ
             /'⌒ヘヽ`tい‐`く
     .          {〃/ヘ.`i iハ}か、  ヽ
            rvイハ\`|jル'りヽ`||}
            いー-=辷j〆Уヽ ン! !ノ     ……それで、人生の大事なことまで、それを貫こうと?
             `t泝'ぐ斗く \ イ ,!.|
             〃イ、いヽ丶>'´ イ !
            ぐ/,! !ヘ_〉^^├' j .リ
             |! | ,| _!   ! /〃
            ,.>'´ ´ {    `ヽ .._
           /                ヽ
~~ .        i .                 l   ~~~
     .       | l    i   !    i  |
        ~~~~~~~~~~~~~





                    ┏
                      何故だろう。

                      まるで、「姉」のように頼りにしてしまうのは。
                                                   ┛





          (人__)  ;    /
          |      .r‐. |
          |     /│ 「 7`!             ああ…。
          ゝ-‐=、≦  |  \/ 〉、
         _/    >、 」!   /\/             それが、みんなの「命」を引き受けた俺の責任だって。
      , '´  `  /_〉   ∠-‐ '^ヽ
     /      /´ /         」
    〔      /  ∨           |!          だから…、ルドマンに「盾」と引き換えに、フローラとの…
     \ ー‐ ´                 |   ~~~   ことを持ちかけられた時も、引き受ける方向でまず考えたし。
      ` ー‐=ニ二/      '        |
 ~~         |       | ヘ       |
            |   /  ∨ト、   /,イ          ―――でも。
 ~~~~~~         \/    `|   /イ|j
      ~~~~~~~~~~~~~~
                           ~~~~

.

260 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 00:28:28 ID:SGgAIv9U
他の事ならともかく、結婚となると目的のために「嫌いではない」人と結ばれるのがよしとするかは…


261 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:29:38 ID:gwfVAvRW
2035





         (人__)//// u /
          |      .r‐. |               ピエール…、君の言った通りなのかもしれない。
          |     /│ 「 7`!
          ゝ-‐=、≦  |  \/ 〉、              だけど、その…、ビアンカを…あ―――…てるかどうかは、
         _/    >、 」!   /\/           正直よく判らない。
      , '´  `  /_〉   ∠-‐ '^ヽ
     /      /´ /         」         だって、今日まで、会えると思ってなかったから。
    〔      /  ∨           |!
    \ ー‐ ´                 |   ~~~
      ` ー‐=ニ二/      '        |
 ~~         |       | ヘ       |
            |   /  ∨ト、   /,イ
 ~~~~~~         \/    `|   /イ|j
      ~~~~~~~~~~~~~~
                           ~~~~





                     ┏
                        同じ「母」をもつ者同士だからだろうか。
                                                ┛





                   ,,、 __ _ __.         ___
               ノ⌒ノゝ´: : : : : : :.:.``': 、  /´ ̄`\.
              />/: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ/      )
  :::::::::::::::::::::::::::::  ,γ/;´: ´: : : : : : : : :,:': : : : : : : : ⌒ ヽ.       :
   ::::::::::::::::::   /::ソ:,': :´: : : ,: : ': : : ,:': : : : : : : : : : : : : :.、ヽ.   :::::::::
    :::::::::::::::   {γi,'::::´、 ´: : : : : : ,': : : : : : : : : : : : ,: , : : : :',
           ゝγ:丶`:.、 : : : : : : i:: : : : :l: :l .l ,l: : : } } |: : .i.
          ((:〉i::::::::`::.:.:':.:.、: : : :i:. ! i: : l: :i! i! i!: ./ /i il : :.:}        リュカ。
           ゝ',`、:::::::::、::.:.:,、ー、,i:. i: i:.: li>ト、i,_/ / i il: : /
        _ ,';;;;;;;;、,,',::::、:::::::`./(´( i:. i:. !:. ii///ノ / /!.:!:./          あなたは一つ、考え違いをしていますよ。
       ,´;;;;;;,';;;;;;;;;;;ゝ:::::、::::::!、ヘ  i:. i;. i;. i`ヾゞ, ////
       i;;;;;;,';;;;;,;';;;,' ヽ、;;、ヽヾ`ー  i:. i; i;.:l///  '、/
       l;;;,';;;;;,';;;;;,'  γ)      i:. i;.:.i;.i      ゝ       .
      .〉;;;;;,';;;;;,'    /       i:. i;.:.:il! `` ´
      ,';;;;,'ヾ;;;ソ   /         l:. i;.:.il:!. /
     {;;;;{  :::::::::::::::::::::::       |:.l!l:.:il:l´ヽ
      l;;;;;',  :::::::::::::::::::::     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ~~~~~;   :::::::::::     ~~~~~~~::::::
       ;;; ;;;;;,  :::::::::::                :::::::::::::::
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

.

262 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:31:08 ID:gwfVAvRW
2036





          / ̄ ̄\
         /      \
       . |            |
       . |        u │           ―――考え違い?
          |         |
       .  |         |
       .  ヽ       /
           ヽ      /
          >     <
          |      |
        ~~~~~~~~





                   ,,、 __ _ __.         ___
               ノ⌒ノゝ´: : : : : : :.:.``': 、  /´ ̄`\.
              />/: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ/      )
  :::::::::::::::::::::::::::::  ,γ/;´: ´: : : : : : : : :,:': : : : : : : : ⌒ ヽ.       :
   ::::::::::::::::::   /::ソ:,': :´: : : ,: : ': : : ,:': : : : : : : : : : : : : :.、ヽ.   :::::::::
    :::::::::::::::   {γi,'::::´、 ´: : : : : : ,': : : : : : : : : : : : ,: , : : : :',
           ゝγ:丶`:.、 : : : : : : i:: : : : :l: :l .l ,l: : : } } |: : .i.
          ((:〉i::::::::`::.:.:':.:.、: : : :i:. ! i: : l: :i! i! i!: ./ /i il : :.:}        ええ。
           ゝ',`、:::::::::、::.:.:,、ー、,i:. i: i:.: li>ト、i,_/ / i il: : /
        _ ,';;;;;;;;、,,',::::、:::::::`./(´( i:. i:. !:. ii///ノ / /!.:!:./         仲間の皆さんはね、みんな、あなたが好きなんです。
       ,´;;;;;;,';;;;;;;;;;;ゝ:::::、::::::!、ヘ  i:. i;. i;. i`ヾゞ, ////
       i;;;;;;,';;;;;,;';;;,' ヽ、;;、ヽヾ`ー  i:. i; i;.:l///  '、/
       l;;;,';;;;;,';;;;;,'  γ)      i:. i;.:.i;.i      ゝ       .
      .〉;;;;;,';;;;;,'    /       i:. i;.:.:il! `` ´
      ,';;;;,'ヾ;;;ソ   /         l:. i;.:.il:!. /
     {;;;;{  :::::::::::::::::::::::       |:.l!l:.:il:l´ヽ
      l;;;;;',  :::::::::::::::::::::     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ~~~~~;   :::::::::::     ~~~~~~~::::::
       ;;; ;;;;;,  :::::::::::                :::::::::::::::
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
.

263 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 00:31:47 ID:/BIj/Kiq
わっふるわっふる


264 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:32:05 ID:gwfVAvRW
2037





              _rュ辷ヶュ、 .._  /⌒ヽ
             /'⌒ヘヽ`tい‐`く
     .          {〃/ヘ.`i iハ}か、  ヽ
            rvイハ\`|jル'りヽ`||}
            いー-=辷j〆Уヽ ン! !ノ    別に皆さんは、必要があるからあなたについてくわけじゃないんです。
             `t泝'ぐ斗く \ イ ,!.|
             〃イ、いヽ丶>'´ イ !    リュカ。あなたが好きだから。
            ぐ/,! !ヘ_〉^^├' j .リ
             |! | ,| _!   ! /〃
            ,.>'´ ´ {    `ヽ .._     ―――だから、一緒にいたい。
           /                ヽ
~~ .        i .                 l   だから、あなたの目的も一緒に貫こうとするんですよ。
     .       | l    i   !    i  |
        ~~~~~~~~~~~~~





                  ,,、 __ _ __.         ___
              ノ⌒ノゝ´: : : : : : :.:.``': 、  /´ ̄`\.
             />/: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ/      )
 :::::::::::::::::::::::::::::  ,γ/;´: ´: : : : : : : : :,:': : : : : : : : ⌒ ヽ.       :
  ::::::::::::::::::   /::ソ:,': :´: : : ,: : ': : : ,:': : : : : : : : : : : : : :.、ヽ.   :::::::::
   :::::::::::::::   {γi,'::::´、 ´: : : : : : ,': : : : : : : : : : : : ,: , : : : :',
          ゝγ:丶`:.、 : : : : : : i:: : : : :l: :l .l ,l: : : } } |: : .i.
         ((:〉i::::::::`::.:.:':.:.、: : : :i:. ! i: : l: :i! i! i!: ./ /i il : :.:}        私だって…そうです。
          ゝ',`、:::::::::、::.:.:,、ー、,i:. i: i:.: li>ト、i,_/ / i il: : /
       _ ,';;;;;;;;、,,',::::、:::::::`./(´( i:. i:. !:. ii///ノ / /!.:!:./         あなたが「どうしたいから」一緒にいるんじゃないです。
      ,´;;;;;;,';;;;;;;;;;;ゝ:::::、::::::!、ヘ  i:. i;. i;. i`ヾゞ, ////
      i;;;;;;,';;;;;,;';;;,' ヽ、;;、ヽヾ`ー  i:. i; i;.:l///  '、/
      l;;;,';;;;;,';;;;;,'  γ)      i:. i;.:.i;.i      ゝ       .       あなたと一緒にいたい…それだけなんです。
      .〉;;;;;,';;;;;,'    /       i:. i;.:.:il! `` ´
     ,';;;;,'ヾ;;;ソ   /         l:. i;.:.il:!. /
     {;;;;{  :::::::::::::::::::::::       |:.l!l:.:il:l´ヽ
     l;;;;;',  :::::::::::::::::::::     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ~~~~~;   :::::::::::     ~~~~~~~::::::
      ;;; ;;;;;,  :::::::::::                :::::::::::::::
       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
.

265 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:33:17 ID:gwfVAvRW
2038





         (人__)     /
          |      .r‐. |
          |     /│ 「 7`!          ―――…。
          ゝ-‐=、≦  |  \/ 〉、
         _/    >、 」!   /\/
      , '´  `  /_〉   ∠-‐ '^ヽ
     /      /´ /         」
    〔      /  ∨           |!
    \ ー‐ ´                 |   ~~~
      ` ー‐=ニ二/      '        |
 ~~         |       | ヘ       |
            |   /  ∨ト、   /,イ
 ~~~~~~         \/    `|   /イ|j                             ―――だからね、リュカ。
      ~~~~~~~~~~~~~~
                           ~~~~





              _rュ辷ヶュ、 .._  /⌒ヽ
             /'⌒ヘヽ`tい‐`く
     .          {〃/ヘ.`i iハ}か、  ヽ
            rvイハ\`|jル'りヽ`||}
            いー-=辷j〆Уヽ ン! !ノ       私たちがどうだから、とか、「目的」がどうだから、とか。
             `t泝'ぐ斗く \ イ ,!.|
             〃イ、いヽ丶>'´ イ !           そういうことは考えないでください。
            ぐ/,! !ヘ_〉^^├' j .リ
             |! | ,| _!   ! /〃
            ,.>'´ ´ {    `ヽ .._            ―――私たちは…あなたが赴かれるところについていく。
           /                ヽ
~~ .        i .                 l      あなたがしたいことをするのが、私たちの望みでもあるんですから。
     .       | l    i   !    i  |
        ~~~~~~~~~~~~~

.

266 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:34:40 ID:gwfVAvRW
2039





            -‐ ‐- 、
          /      \
         i ヽ、._       |
         ソ(●) ;    |              (( 俺の…したいこと… ))
         (人__)       /
         |      .r‐. |
         |     /│ 「 7`!
         ゝ-‐=、≦  |  \/ 〉、
        _/    >、 」!   /\/
     , '´  `  /_〉   ∠-‐ '^ヽ
    /      /´ /         」
   〔      /  ∨           |!
    \ ー‐ ´                 |
     ` ー‐=ニ二/      '        |
~~         |       | ヘ       |
           |   /  ∨ト、   /,イ
~~~~~~         \/    `|   /イ|j
     ~~~~~~~~~~~~~~
                          ~





              _rュ辷ヶュ、 .._  /⌒ヽ
             /'⌒ヘヽ`tい‐`く
     .          {〃/ヘ.`i iハ}か、  ヽ
            rvイハ\`|jル'りヽ`||}
            いー-=辷j〆Уヽ ン! !ノ        あなたが私たちや、自分の目的に「我慢」してくれても、
             `t泝'ぐ斗く \ イ ,!.|
             〃イ、いヽ丶>'´ イ !            私たちはちっとも嬉しくはありません。
            ぐ/,! !ヘ_〉^^├' j .リ
             |! | ,| _!   ! /〃
            ,.>'´ ´ {    `ヽ .._         ですから…ね、リュカ。
           /                ヽ
~~ .        i .                 l
     .       | l    i   !    i  |
        ~~~~~~~~~~~~~

.

267 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:36:04 ID:gwfVAvRW
2040





               ,.-‐ '三三⌒入ヽ、
            __ _,/  < ., -‐  i',  ト、
          / / , 、、 丶.`' 、 l Yl)‐フ           あなたのしたいように。
        /  /  . . i、' ,丶、  ヽ,ヽi l l) /!
        |   i  i i i \ヽー‐,二.、ヽ//i)/              あなたの望むようにしてください。
        ヽ  i ', ヽjj  `゙゙' 'マj__ソi Y^!k‐ 、
            ヽ. ヽ.rセヘ    ,.,., | レ'/!;:;i、ヽ
             ゙ヽヾヘー' ,     | i>|;:;:iヽ;:;:>        ―――ビアンカさんは、本当に素敵な人ですよ。
               |リヽ.゙ ‐-‐ / ! i  7i;:;|ヽ〈
                | i__」二ェ'  ノi i '' '' |;:;l ̄ヾ
               /´        i/   L;」  \
            ~~~~~~~~~~~~~~~~~







         (人__)     /                            ―――少し、ご飯を作ってるときに
          |      .r‐. |
          |     /│ 「 7`!                         ビアンカさんが話してくれたんです。
          ゝ-‐=、≦  |  \/ 〉、
         _/    >、 」!   /\/                    リュカ、あなたがとらえられていたころの話を。
      , '´  `  /_〉   ∠-‐ '^ヽ
     /      /´ /         」
    〔      /  ∨           |!
    \ ー‐ ´                 |   ~~~
      ` ー‐=ニ二/      '        |
 ~~         |       | ヘ       |
            |   /  ∨ト、   /,イ
 ~~~~~~         \/    `|   /イ|j
      ~~~~~~~~~~~~~~
                           ~~~~
.

268 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:37:06 ID:gwfVAvRW
2041





                                 ええ…本当に。




   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




       /     /  〃/   イ f``ヾー "´´ | |   l |   │    !
      ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! !
      ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! |
      ヽ|   l   |   | !   | |_      、__| |   :j ! |    |   |i| |
      !∧  l   l   _jzム≦た!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| |     「 ―――あの時、いろいろ噂も
      li '、  !  ヽ'" | j \  l {        / /  /丁7    /   / | |
      |:  ハ ヽ__ト、                      :/  ,' / j/        聞こえてきたけどね。        」
      |:  { l`、_,,ム<                      ┬='_/ノ
      l   ヽl    ! ,ヾ==''′        ヾ==''′./!¨´  「
      | l   l     l                     / i     |            「 あたしは信じなかったの。
      | |   |     |!           !          / !     |           だってパパスおじさまやリュカが、
      | |   | i   ハ、        '        /  i.    |           そんな悪事に手を貸すはずがないもの。」
      | |   | i    !ゝ、       ー ‐       ,. イ  i    |
      | |   | l    ',   i> 、       , ィ<1/  /     i|
      | |   | ∧.   ∨ i|.  > 、 __,. < l //  /     i|
      | |i  ヽ ヽ    Vi|             | {/   /     八




            ────────────────────────────────────





      /     /  〃/   イ f``ヾー "´´ | |   l |   │    !
     ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! !
     ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! |
     ヽ|   l   |   | !   | |_      、__| |   :j ! |    |   |i| |     「 誰が無責任なうわさを流しても、
     !∧  l   l   _jzム≦た!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| |      あたしは信じなかったわ。    」
     li '、  !  ヽ'" | j \  l {        / /  /丁7    /   / | |
     |:  ハ ヽ__ト、ィ''チ示アミー       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/     「 ―――母さんが死んで、
     |:  { l`、_,,ム<{イ f::::`イ}         { f:::::`イハ>┬='_/ノ          あたしはいつも母さんに頼んでたの。 」
     l   ヽl    ! V^tzc'         V^tzc'  /!¨´  「
     | l   l     l  ゝ=='-            ゝ=='´ / i     |         「 リュカを守ってください、
     | |   |     |!  / / / /     !     / / / / / !     |          黄泉の国から守ってあげてね、って。」
     | |   | i   ハ、        '        /  i.    |
     | |   | i    !ゝ、       ー ‐       ,. イ  i    |
     | |   | l    ',   i> 、       , ィ<1/  /     i|         「 …リュカにこのこと、言っちゃだめよ。 」
     | |   | ∧.   ∨ i|.  > 、 __,. < l //  /     i|
     | |i  ヽ ヽ    Vi|             | {/   /     八




   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                              素敵な人だと…思います。

.

269 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:38:32 ID:gwfVAvRW
2042





     ザパッ。

   ―――じゃ、私はそろそろ上がります。

   できればスミスさんや、私の言ったこと、忘れないでくださいね。







        (人__)     /
         |      .r‐. |
         |     /│ 「 7`!            ああ…ありがとう、ピエール。
         ゝ-‐=、≦  |  \/ 〉、
        _/    >、 」!   /\/
     , '´  `  /_〉   ∠-‐ '^ヽ
    /      /´ /         」
   〔      /  ∨           |!
   \ ー‐ ´                 |   ~~~     ┏
     ` ー‐=ニ二/      '        |              温泉からピエールが上がる音、
~~         |       | ヘ       |
           |   /  ∨ト、   /,イ              体を拭いてそのまま家に戻っていく音が、消えたとき。
~~~~~~         \/    `|   /イ|j                                                ┛
     ~~~~~~~~~~~~~~
                          ~~~~





                   ┏
                     何だか俺の頭にかかっていたボッとしていたものが、

                     消えていくような気がした。
                                                      ┛
.

270 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:40:09 ID:gwfVAvRW
2043





                      ┏
                        何でいつも俺は、こうなんだろう。
                                            ┛





         (人__)     /
          |      .r‐. |
          |     /│ 「 7`!
          ゝ-‐=、≦  |  \/ 〉、
         _/    >、 」!   /\/
         , '´  `  /_〉   ∠-‐ '^ヽ             ┏
     /      /´ /         」               誰かのことを考えているつもりで、
    〔      /  ∨           |!
    \ ー‐ ´                  |   ~~~        いつも自分のこと、しかも勝手なことばかり。
      ` ー‐=ニ二/      '        |                                           ┛
 ~~         |       | ヘ       |
            |   /  ∨ト、   /,イ
 ~~~~~~         \/    `|   /イ|j
      ~~~~~~~~~~~~~~
                           ~~~~




                     ┏
                       大人の弱虫なんて、なんて情けない…。
                                                ┛
.

271 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:41:22 ID:gwfVAvRW
2044





                           ┏
                               俺の…。
                                      ┛


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                  ,.-‐ '三三⌒入ヽ、
               __ _,/  < ., -‐  i',  ト、
             / / , 、、 丶.`' 、 l Yl)‐フ           「 あなたのしたいように。 」
           /  /  . . i、' ,丶、  ヽ,ヽi l l) /!
           |   i  i i i \ヽー‐,二.、ヽ//i)/              「 あなたの望むようにしてください。 」
           ヽ  i ', ヽjj  `゙゙' 'マj__ソi Y^!k‐ 、
               ヽ. ヽ.rセヘ    ,.,., | レ'/!;:;i、ヽ
                ゙ヽヾヘー' ,     | i>|;:;:iヽ;:;:>
                  |リヽ.゙ ‐-‐ / ! i  7i;:;|ヽ〈
                  | i__」二ェ'  ノi i '' '' |;:;l ̄ヾ
                 /´        i/   L;」  \
               ~~~~~~~~~~~~~~~~~



         ────────────────────────────────────────



                                ||n,、∥
                              r‐、j    i
                              ` t   /
                               /  ,'
                 ___            /  !
               r´:::::::::::::ヽ            / ,'  l
               i:::::::::::::::::::::i       r'⌒` 、 !
               (i:::::::::::::::::::::ソ     /`"'‐、 i'
               `;:::::::::::::::::i    _, '"´ ヽ /  `r'        「 後悔し続ける人生はつらいぜ。 」
                ト,"'゙'"''"|_, -ー'´     i/ , '´
             _ -''´  ̄  `         ' /
          , -''                 /
          i、                 /
         / ヘ                i
        /  ヘ          /   /   {
        〉 / ヘ         /   /   |
       //  ヘ           / /  !



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                             ┏
                                したいことを…。
                                           ┛
.

272 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:42:29 ID:gwfVAvRW
2045





                  ┏
                    ピエールが温泉から出てすぐに、俺も温泉を出た。
                                                   ┛





  コンコンッ。
         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       | ///( 一)(●)
       |     (__人__)     ―――ビアンカ? 起きてるかい?
        |     `⌒´ノ
        |   ,.<))/´二⊃                                          ―――はい? >
        ヽ / /  '‐、ニ⊃                                              リュカ? >
        ヽ、l    ´ヽ〉            ┏
     ''"::l:::::::/    __人〉              俺がこうすることで、どうなるか、判らない。
     :::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_                                       ┛
     :::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
     :::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
     /: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|





                        ┏
                           だけど、それでも俺は―――
                                              ┛




   ガチャッ。
                      _ __ _
                  _,、-ー''´:._,、-:ー`、-、,
                /:.:.:,、-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:>'"`:.、
               ,/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;':.:.:.:.:/::.i/:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              ∧∨:./:.:.:./:.:.:;':.:.:.:.:∧ヘ/i:.:.i.:.:.:.i:.:.:.ヽ
              ∧:.|!:.:.!:.:.:.:.!:.:.:.!:.:.:.:.:!´`'"´`i:.:.l:.:.:.:l:.:.:.:';'.,
              }:.::.|i:.:.|:.:.:.:.|i≦廴リi:|    |:.:リ:.:.:.|:.:i:.:.!:.i
             {:.:.:.:|:|:.:|:.:.:升i:.:.!i:.:.ハj    辻≧:/:./:.:.i:.:!
             lヘ/ヘハ、:|≦斤乍     /廴レリノ//:ハリ       どうしたの?
             ,'i:.ヘ(|:.:.:.:.:.:| `弋少     升仆ヘ/:/.:ノ
            ,':i:.:.:.:l|:|:.:.:.:.:|         ゞ少 /ソノ          もうプックルは寝ちゃったわよ。
            ,':.:|:.:.:.:l!:l:.:.:.:.:.l        ′  /:.l: |
           /:.:.:!:.:.:.:.!:l!:.:.:.:!:!、    ` ー   /:.:.|i.:|
           /:.:./|:.:.:.:.:!:.i!ヘ:.|i| \      <:.:.//:|
          /:.:/:.:|:.:.:.:.:.:.:i:.:.ヘ   ` ー <|:.リ:|:.:.://i:.|
        < ̄`ヾハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ      ト、ヽ∨|:.//:.:!.:|          ┏
       /´  ヽ : : ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、_,、-"¨'ーヘ_i:.|/':.:.:.:.':|_            ビアンカ。
      /     i、: : ::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_,、-"゙ー、,∨:.:.:.:.:.:.:.!i`ト、
     イ       ! ',: : :::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : : :i:.:.:.:.:.:.:.:.:|: i ヘ           君と…。
    / i       i ',: : ::::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : :|::.:.:.:.:.:.:.:.|:.i ヽ                  ┛

.

273 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:43:36 ID:gwfVAvRW
2046





             / ̄ ̄\
           / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |
          . |///(__人__)//|
            |   ` ⌒´  |              その…ビアンカ。
          .  |         }
          .  ヽ        }                  明日、君に水門を開けてもらうってお願いしたけど―――。
               ,、ヽ     ノ-、
             /;;;i/      '、!\
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|





                      ┏
                        アンディとは、比べられるわけもないけど。
                                                 ┛





                      _ __ _
                  _,、-ー''´:._,、-:ー`、-、,
                /:.:.:,、-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:>'"`:.、
               ,/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;':.:.:.:.:/::.i/:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              ∧∨:./:.:.:./:.:.:;':.:.:.:.:∧ヘ/i:.:.i.:.:.:.i:.:.:.ヽ
              ∧:.|!:.:.!:.:.:.:.!:.:.:.!:.:.:.:.:!´`'"´`i:.:.l:.:.:.:l:.:.:.:';'.,
             }:.::.|i:.:.|:.:.:.:.|i≦廴リi:|    |:.:リ:.:.:.|:.:i:.:.!:.i
             {:.:.:.:|:|:.:|:.:.:升i:.:.!i:.:.ハj    辻≧:/:./:.:.i:.:!
             lヘ/ヘハ、:|≦斤乍     /廴レリノ//:ハリ
             ,'i:.ヘ(|:.:.:.:.:.:| `弋少     升仆ヘ/:/.:ノ       ええ。
            ,':i:.:.:.:l|:|:.:.:.:.:|         ゞ少 /ソノ
            ,':.:|:.:.:.:l!:l:.:.:.:.:.l        ′  /:.l: |         それがどうかしたの?
           /:.:.:!:.:.:.:.!:l!:.:.:.:!:!、    ` ー   /:.:.|i.:|
           /:.:./|:.:.:.:.:!:.i!ヘ:.|i| \      <:.:.//:|
          /:.:/:.:|:.:.:.:.:.:.:i:.:.ヘ   ` ー <|:.リ:|:.:.://i:.|
        < ̄`ヾハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ      ト、ヽ∨|:.//:.:!.:|
       /´  ヽ : : ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、_,、-"¨'ーヘ_i:.|/':.:.:.:.':|_
      /     i、: : ::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_,、-"゙ー、,∨:.:.:.:.:.:.:.!i`ト、
     イ       ! ',: : :::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : : :i:.:.:.:.:.:.:.:.:|: i ヘ
    / i       i ',: : ::::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : :|::.:.:.:.:.:.:.:.|:.i ヽ





                    ┏
                      俺も…、素直になりたくなった。自分の感情に。
                                                    ┛
.

274 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:44:58 ID:gwfVAvRW
2047





          . |///(__人__)//|
             |   ` ⌒´  |
          .  |         }               できれば…その。
          .  ヽ        }
            ,、ヽ     ノ-、              その後も…、俺と付き合ってほしいんだ。
          /;;;i/      '、!\
       _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
   ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,       昔の約束、俺も覚えてるから。
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|







  ―――…一緒に冒険しよう、って。

  約束したじゃないか。

  俺、約束を破るの…嫌いなんだよ。


                                       \!:.ヘ     ,    ////  |:.:.:.:.:.j:.l :.:.:.:ト、
                                        |:.:..ヘ./// ` ___      ハ:.:.:./:.!.:.:.:.:|:ヘ
                                        |:.:|:ハ    ´ー ´    .イ:./:.:./:./:.:.:.:.:i:.:∧
                                …リュカ。     |!:.!:.:.:.:.:..、        /ノイ :./:./.:.:.:.:.: ト;.:.∧
                                        |リ!、:.:.:.:.i!:.:.>.. _ .イ   !:/:./:.:.:.:.:.:.:.i: ヾ:.∧

.

275 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:46:37 ID:gwfVAvRW
2048





                   ┏
                     ビアンカは嬉しそうにニコリと俺に笑いかけてくれた。
                                                     ┛






             ...:::´>-‐==ミ::::::::`:....、
            〃.::/..::::::::::::/.::.`ヽ>‐-ミ
          〃{::::/.::::::::::::::::/.:::::::::.∨.::::::::::::::.\_
          {::::i::/:/.::::/.::::/:::::::; ヘ:::}:::イ:::::::::::::::ハ
          〈:::::/::'.::::/.::::/.::::〃   ``'^i::::::::|:::::|:::::::.
         《:∨{::」:::::|i_::」::-{={、     |:::::八:八:::::::
         /∧∨八「^,二二`ヾ     /.::イ:::/.:::::}::::i|
.        //.::::Y^!::::|Yん笏^`      '⌒メイ.:::::/.:/リ     仕方ないわね、リュカがそう言ってくれるんなら。
       //.::::::人j:::::| ,ヒ::r/     ,_‐   く::::/.://
.      //.:::::::::::从::::|///     ,  ⌒`ヽ .イУ彡'      ―――ええ。構わないわよ。
      //.::::::::i:::::::::ヽ:|、    r‐‐ 、/////.:::/´
.     //.::::::::/|:::::::::::::ゝ\  _, v'iY    .ィ:::::/|
    //.:::::::://|::::::::::::::i   У/// ,斗:≦彡イ::::|         滝の洞窟、一緒に冒険しましょ!
    ,. -‐r‐.r‐x|::::::::::::::|,// " .イ i:川::::::::::l:::i:|
.   /^ヽ: l:::::!: : |::::::::::/ ´ ∠!ニ,ヘハ::|::::::::::!:从
.   !  ヽ:::::!: : |::::/    ニ.イ{ ヽ\:::::::::::::{::iト.、
  /|  ヽ:::::!: :./     ー'-‐r‐-  ` <:::∨/∧
  :::|   〉;::r/     ,ィ:「 ̄ ̄  ̄`ヽ     ヽ / {




                     ┏
                       十二年ぶりくらい前にした、幼いころの約束を。
                                                    ┛



                      ┏
                        ちゃんと果たしてくれる―――…そのために。
                                                    ┛
.

276 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:47:08 ID:gwfVAvRW
今回は以上。 最長記録を突破してもうた。


277 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 00:48:08 ID:kzyShLRb
乙乙


278 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:49:58 ID:gwfVAvRW


┌──────┐
│ サラボナ編  │
└──────┘


  主人公              リュカ                          やらない夫(2ちゃんねる)

  主人公の友達        プックル(キラーパンサー).          ホロ (狼と香辛料)

  ドラキー              ドラきち                      ドラゴンクエスト

  スライム           スラリン                         同上

  腐った死体.         スミス                     阿部さん(くそみそテクニック)

  スライムナイト           ピエール                        セイバー(Fate/stay night)

  ビックアイ              ガンドフ                       もっさりさん(2ちゃんねる)

  魔法使い           マーリン                         ヤン・ウェンリー(銀河英雄伝説)

  爆弾岩              ロッキー                    ドラゴンクエスト




  主人公の幼馴染      ビアンカ                         朝倉涼子(涼宮ハルヒの憂鬱)

  ビアンカの父           ティムズ・ダンカン                 ダッチ(BLACK LAGOON)



【登場順】

.

279 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 00:50:11 ID:SGgAIv9U

まずは第一歩、滝の洞窟か
弱虫かもしれないけど、やらない夫には勇気を出し続けてほしい


280 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 00:51:49 ID:cWuN/xnL
乙ペロペロ

このスレの恋愛模様って原作の小説とは違うのかしら?
なら心置きなくスミスを掻っ攫えるな。


281 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 00:52:25 ID:ZVjiT+HU
乙です
うぅ、温泉でガンドフモフモフシーンがなかったw


282 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 00:57:36 ID:gwfVAvRW
乙ありがとうございます。

うぃ―、疲れた。主人公の純情っぷりにあてられている作者です。


これからも少しずつ、主人公は弱虫から脱却しようとしていきます。
その様子を見ていってくださいね。


>>恋愛模様
うーん…そうですね。違うかも。何より小説版のリュカと作者の書くリュカは
似せてはいますが性格が結構違うんで。

恋心が芽生え、自覚し、育てていく。そういう過程って、楽しくてついあれこれ
足してしまいますw


>>ガンドフ
ごめんよっ。その理由は後に語りますw


283 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[] 投稿日:10/07/11(日) 00:58:06 ID:0ylpfJdO
うん、なんつーかすげぇ甘酸っぱい感じがしまくりました。
今日も本当に乙でした。


284 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 00:58:28 ID:mFFZqCBb

やらない夫の前への進み方がいいね

>>280
原作小説だとスミスはビアンカに一目惚れしてたよ
だからこのスミスにはいろんな意味で違和感がww


285 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 01:01:15 ID:BVXJRK2s


二日連続で楽しめるとは思わなかった。
温泉は女性陣&ちびっ子集団で、きゃっきゃうふふかと、、、、
まじめなお話でした。

初めてリュカがへたれと思った。
とはいえ若いんだよな~年齢的には高卒すぐ位だもんな、、


286 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:10/07/11(日) 01:07:25 ID:gDve6KB+
若いのもあるんだろうけど青春のほとんどを奴隷にもってかれてやっとこさ今シャバに戻ってきてまっとうな進み方をし始めてる処だしなぁ。。
5だけなんで結婚があるのかと言われると、こんだけの過酷な人生連れ添う伴侶が必要ってのもあるからこそなんかもしらん


287 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 01:11:01 ID:ZVjiT+HU
>>282
いや、ただのモフモフジャンキーの戯言なんで聞き流してやってくださいw
最近、もっさりさんやバサルたんのAAを見ると胸がキュンキュンするだけなので


288 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 01:21:18 ID:cWuN/xnL
ビッグアイは一見毛がもさもさしてて可愛いけど大量の水をぶっかけるとギガンテスみたいになりそうだよな…。


289 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 01:23:01 ID:gwfVAvRW
へたれですともw

目の前に「姉」のような存在とはいえ裸の女性がいるのに手を出さないなんて!
経験がないから遊ぶ、っていう発想がそもそもないのかもしれません。こやつ。



ピエールとリュカの二人だけの会話、というのはやりたいと思っていたんです。
これだけパーティの人数が増えると、その機会も減りますしね。後ビアンカも加わるし。
そこへ温泉→チャンス到来!という感じでいただきました。


きゃっきゃうふふ、という展開も考えたんですが、

しかしひたすらリュカ困る。スミス反応せず、と想像しちゃって。
それでやめましたw マーリンだったらどんな反応したかな。



>>スミス
この人が一番パーティの中で別人物です。小説だとひたすら明るくて、抜けてるけど優しくて、
力持ちで。めっちゃいいやつです。でも阿部さんというセッティングをしたのが間違い…でも、
かなり気に入ってます。阿部スミス。


290 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 01:48:11 ID:G8FICIpH
乙でした

やらない夫の背中にちょっとジーンときた


291 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 03:08:35 ID:Oxizk1sm

ほんとスミスとピエールはいい仲間だなー
そして何よりビアンカ可愛いよビアンカ


292 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 03:37:06 ID:l5+5vKIs
乙。
かなり鮮明に小説版を憶えているのでこの後がわっふるわっふる

しかし背中の傷が(泣)
鞭痕っていつかは消えるもんなんだろうか…?


293 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 04:25:45 ID:gwfVAvRW
いろんなところで見る「わっふるわっふる」という言葉…。

恋愛の始まりですらオリジナルを含めまくってるこのスレで、小説版わっふるわっふる…。


あのシーンはいいよね! 作者も大好き★
最初に読んだ時は「これ、ドラクエ?」って思ったぜ!(まだ若かったのです、いろんな意味で)





>>背中の傷
相当しつこく残り続けるみたいっすよ。十年の奴隷の過酷さは半端じゃないみたい。やっぱり。


294 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 06:18:17 ID:YUjyJGpT
乙っこでしたー
毎回毎回思うが、心の動きの繊細な描写が凄いなあ、>>1は
ちょっとスーファミ本体とカートリッジ掘り起こしてくる


295 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 08:43:26 ID:OMFq0lAE

なんかアソコ行く前に【必中】させちゃいそうだなw


296 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 11:43:26 ID:Vd5wz9TL
乙でした!
ガンドフは温泉に入るとものすごくスリムになってしまうのだろう
うちの猫みたいにw


297 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 19:48:14 ID:jbMlvZrG
今PS2版をやってるんだけどいいな…コレ
ビスタ港の辺りでもう涙が溢れそうになってくる…何よりBGMが卑怯
SFC版が最高だと思ってたけど…PS2版は演出的に完成度が高そうだ。


298 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 19:50:48 ID:kzyShLRb
PS2版5はドラクエの完成形と言われることも多いしな
ただイベント時に足踏みしてるのだけはやめて欲しかったww


299 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 20:00:16 ID:jbMlvZrG
序盤でフローラにも会えるんだな…大した話は出来なかったけど。

あとレベルの上がり方がランダムみたいだな…
でも相変わらず運の良さが上がらないw


300 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/11(日) 21:36:41 ID:ZlgBwr7G
乙ありがとうございます!
今日はこれから書きだめ開始ー。今日でいよいよ3ヶ月目。がんばるぞっと。


これからの展開ですが


・コテコテの熱いのにするか
・あっさりさっぱりにするか
(何に対してかはわかりますよね?)


少し悩み中。小説準拠なのでこれからのルートは確定されているのですが、
その間の道のりに。(もちろん小説からの表現(+α)でやるつもりではありますが)

>>テンポについて
ありがとうございます。これからもこの調子で頑張ります。
こんなことを言ったのも、ここ3回の山奥の村に向かう~ビアンカに再会・滝の洞窟へというのは
小説で8ページ程の表現なんですが。それに200コマ以上かけるのはどうよ?と思ったんです。

削る時は削ってるとはいえ、手をかける時は本当にかけてるから…でもそう言ってくださって
救われました。ありがとう。


>>フローラと結婚した後で
むぅ…うわぁ。(想像して悶える)



>>心の動きの…
ありがとうございます! その描写メインで頑張っているので、本当にうれしいです。

>>ガンドフが温泉に
確かにw びっくりするほど小さくなりそうですねw

>>PS2版
懐かしい…何もかもが…(何を振り返っている)


>>「アソコ」行く前に
やっぱ皆さんそれを期待されるよねぇw


301 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/11(日) 23:26:59 ID:jbMlvZrG
PS2版、AIが馬鹿過ぎでしょ…ギラ使えよベラェ…。


302 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/12(月) 04:27:04 ID:KqG77xXF
コテコテの熱いのがいいなあ。


303 名前: ◆VeXhfoQdhw [sage] 投稿日:10/07/12(月) 21:14:29 ID:xA6HVOL9
>>302

ありがとうございます。
これからの方針決定。



 <<どうしますか?>>

 ┌───────────┐
 │イア コテコテの熱いの.  .│
 │                │
 │   あっさりさっぱり    │
 └───────────┘



 <<了解しました。>>


 ピッ
 ┌───────────┐
 │イア  コテコテの熱いの  .│
 └───────────┘



 作者なりに熱い方向で進めます。
 感情移入する作者が耐えられるかな…それが何より心配だったりw。
.

304 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/12(月) 21:19:15 ID:KkhjfGsU
コテコテ言われるとなぜか吉本新喜劇なイメージw


305 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/12(月) 22:01:11 ID:J5RxGdnG
エロ的な意味でこってりか…胸が熱くなるな。


306 名前: ◆VeXhfoQdhw [sage] 投稿日:10/07/12(月) 23:01:55 ID:xA6HVOL9
ちょwww 


>>吉本新喜劇
そういわれるとは思ってなかったww
まあ作者はそんな若くないけどw


>>エロ的
道のりですってばww 「それ」は別に考えますww


307 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/12(月) 23:06:49 ID:n/iW4XZY
そろそろ次スレだと思うけど、スレタイにR-18忘れないようにね(マテw


308 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/12(月) 23:54:35 ID:cfEavy3r
べつに考えるだと・・・!?

つまりピエールとビアンカで別々にイベントがあると解釈しても?


309 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/13(火) 00:59:14 ID:3z7QqREJ
>>308おいこらプックルを忘れるとは何事か


310 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/13(火) 01:04:02 ID:d9zx4KJC
アンディと一夜の過ちを犯してしまうビアンカか…


311 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/13(火) 01:08:56 ID:9Aa2KQMq
>310
誰得だよww


312 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/13(火) 01:10:14 ID:d9zx4KJC
>>311
生まれた子供が天空の勇者じゃなくて魔物得w


313 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/13(火) 01:24:18 ID:clibc4rG
寝取られ大好きな俺得?

ポートセルミの夜を思い出すな。


314 名前: ◆VeXhfoQdhw [sage] 投稿日:10/07/13(火) 01:31:45 ID:k8eHx1g5
「熱い」とは何ぞやと今書いている話の冒頭部分を見ながら思う午前1時半。


あれ…言葉の使い方間違えたかしら…ずいぶん妙な方向にw


>>ポートセルミの夜
検索しちゃったよ! 一通り読んじゃったよ! こんな小説もあるんだね!
ひぇええ。


315 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/13(火) 01:36:21 ID:clibc4rG
え…?俺が言うのもなんだけどそんなのがあるのかw

ポートセルミの船乗りの奥さん…ちょっとそそるよな。


316 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/13(火) 17:03:39 ID:ublf3j7N
キラーパンサーって謎が多いよな…。
幼年時はサンタローズ周辺に生息していたのに青年期になると別の大陸に生息してるし…
渡り鳥じゃあるまいしどうやって大陸を渡って来たんだろう…。


317 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/13(火) 21:03:18 ID:tJ8fIQGF
>>316
もともとポートセルミ~カボチ周辺に生息していたがベビーパンサーの密輸があり、
アルカパ周辺に僅かながら野生のベビーパンサーがいたけど全て幼体なので絶滅してしまったって設定



を今思いついたけどどうかな?


318 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/13(火) 21:14:11 ID:nISBsxzN
>>317
思いつきかよw ちょっと信じちゃったよw


319 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/13(火) 23:03:59 ID:Tg4jmd6A
獅子は子供を谷へ突き落とし上がってきたものだけを育てるという…別の大陸に置き去りにして帰ってきた奴だけがオトナになるんじゃないかと思ってry



関連記事
やらない夫は弱虫のようです 「青年編」 | 【2012-07-15(Sun) 02:05:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する