つぶやきや更新状況などなど
カテゴリ
最新記事
最新コメント
今日のアクセスランキング
カウンター
やる夫系板
まとめブログさま
RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

やる夫がドラゴンクエスト5の主人公のようです 第6話 ピエール

844 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:04:04.73 ID:0SFKUlUo


やる夫がドラゴンクエスト5の主人公のようです


        第6話 .ピエール


・DS版および小説版ドラゴンクエスト5をベースにしています
・オリジナル設定が入っております。



 それではよろしくお願いします。

845 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:05:41.49 ID:0SFKUlUo


~エルへブン周辺・森の中~


    _/                 \ 
ー ニ ァ    /   /, /   、   `ヽ.  \
   / ,   〃 /  /' │   :lヽ    ハ   \
  / /  // /  /  │   :| !    i|  l   ヽ
 / イ   l | │ j  ∧     l |\  i| │   \
 l/ |   | l ∧ ハ  l  '.   ハ j  ヽ i| │   } ̄   ……みんな集まってる?
││  l|│ナ下/-ヽ |  ヾ /_ム'― 弋| │  ! j
 j. │  |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l:  ト  Ⅳ
   ヽ  |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|  ム N
    ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ! ,) }i|    
      `l ヽム        '         /:/ ルイN
       ',   |ヘ、     ‐       ィ' / / il
      ヽ lヽ >,、       イ/7 /
      \! V厶|>ー <レ_'/ //
          >'´/ノ       L、ヽ
       j-'   | ____   |  \
     ノ¨´     |´  _`ー"|    \



         
          トvvイ   \ ハーイ!/
         ζ`ヮ´ζ      _____
          'v--v'      ,;'   ヽ
                   {,  ・∀・}  
             ノ^ 、    ,イ仆,リ'、
            ,;'   ヽ  ( j 川, )
           {,   ・∀・}   'ー'
            `ー---ー’



846 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:07:12.32 ID:0SFKUlUo


――彼女の名は長門有希。




   神の民と呼ばれる、エルヘブンの生まれで、
   かなり変わった女の子だった。






847 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:08:29.51 ID:0SFKUlUo

                 _,..:.:-:.:―:-:....、
                ,.r:':./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`丶、
             /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
                /:.:.:.:/:.:.:.:,r:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.:.\
           /:.:.:.:.!:.:.:./:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:!:.ヽ:.ヽ:.:.;ヽ
           /:.:.:.:.:l:.:.:/:./l:.://:,:イ:.:/l:.:.:.:ハ:.jl:.:.:i:.:l:.、ヽ
            /:.:.:.:.:.:l:.:.:l:/:.レ_/'´/シ !:.ツ′.V ';.:.l.:.!:.:l:.:',
         /:.ィ:.:.:.:.:i:.:.:':.:.:.:!__```¬ ' ´  , --l:.、/:/:l:.:l
         ´ l;';.:.:.:.',:.:.:.:."7:::::::`ヽ     _ レ/:':ノ!/
               ';l:.:f ';.:.:.:.:.l::::::::r'′    r'::::::lヽ// '´/'   今日は、何のお話をする?
             Vヽ ',:.:.:.:lー- '     l::::::メ /:;'!     
              ヾl、',:.:.:.!        ` ´ /::/
                ';ハ:.:ト,、   -    ノ;.:.;' 
                 >:〈/丶、 _ -v' ´V l:,'
                / ヾ、  _ヽヽ、   l;'
              イヽ   ヽ'´ `',  `l:ヽ、



――彼女のに見つめられると、魔物ですら大人しくなった。
   彼女は、町の近くにある森で、魔物たちに話しを聞かせていた。

   私も、その中の一人だった。



848 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 16:08:30.82 ID:NhVWxjYo
お、小説版準拠か
期待

850 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:09:42.68 ID:0SFKUlUo



   ノ^ 、Ω    
  ,;'    ヽ 
 {,  ・∀・ }   
  `ー---ー’


    _/                 \ 
ー ニ ァ    /   /, /   、   `ヽ.  \
   / ,   〃 /  /' │   :lヽ    ハ   \
  / /  // /  /  │   :| !    i|  l   ヽ
 / イ   l | │ j  ∧     l |\  i| │   \
 l/ |   | l ∧ ハ  l  '.   ハ j  ヽ i| │   } ̄   ピエール、頭に何かついている。
││  l|│ナ下/-ヽ |  ヾ /_ム'― 弋| │  ! j     腫れ物のようにも見える。
 j. │  |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l:  ト  Ⅳ
   ヽ  |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|  ム N      ……薬が必要?
    ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ! ,) }i|    
      `l ヽム        '         /:/ ルイN
       ',   |ヘ、     ‐       ィ' / / il
      ヽ lヽ >,、       イ/7 /
      \! V厶|>ー <レ_'/ //
          >'´/ノ       L、ヽ
       j-'   | ____   |  \
     ノ¨´     |´  _`ー"|    \

852 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:11:01.51 ID:0SFKUlUo


   ノ^ 、Ω    大丈夫だよ! これは
  ,;'    ヽ  「騎士の芽」だから!
 {,   ・∀・}   
  `ー---ー’




.  / / /       l    ヽ     \ \   \      \ \
  / / /           l     ヽ     \ \ _  +-ヽ  ヽ  ヽ
. / / l          l ヽ    \  \   x ´ヽ ヽ\ ヽ ヽ l、  \
/ // |      l    !  l、 ト、  \ 、  く ヽ\、ヽト、ヽ l  l l\ ヽ
_ //  |     l    L -┼、 \  \`‐-ミx〉 _」,. -ヽ \  !! ヽ ミ、
∠l    |     _+ 「, ! l ! \ `ー-ヘ  / ,ニ,.-‐':ヽヽ l\ ! l  ヽlヽ
/ :l l   |     l l l l V _           クf;::::::;:::::.::l | !   ! l トヾ
_ィ | l  l     l l ハ/ __`          つ.:.:::::.::j | |   l!l       ……騎士の芽?
 /l |  ト l ヽ lハ/ ,rニ--:::::ミ、           ヾ_ - ′l l  .! トN
../ | ハi  ハ l  V/〈〈 ら::::':::::.::l                 //!  ト、|
/ | / ll  | ヽ l  ト ヽ. ゛う:.:.:.:.:::j                  //ll   ! l |
.  l/ リ  | f、ヽ \ ヽ. ヽ-‐´        ′       /j   ハ N
    l∧リ, 〉ヽヽ  \\           _      ///  / ,リ ′
       V ヽヽ\  \ミ、、         ´    / /l l /
         ヽlヽ ヽ、  \` 、 _         イ /i ////
           ヽ:、\  \ト\「 ¬‐--‐ '´ l l/ リ/ツ′
        __ ヽ `へ \、-j         l \
        /l  l::::l  ヽ ̄ ̄`丶ミヽ        


853 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:11:58.15 ID:0SFKUlUo


――スライムは、周りの環境にあわせて、色々な種族に
   分化する。私はみんなを守れる騎士になりたかった。
   その願いが叶ったのだろう。








854 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 16:12:16.44 ID:78y.liYo
偉大なる騎士の誕生秘話か

855 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 16:12:47.01 ID:ekz0Togo
小説版だとピエールが主人公に思えるww

856 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:13:05.28 ID:0SFKUlUo



   ノ^ 、Ω   この騎士の芽が育てば、立派な
  ,;'    ヽ  スライムナイトになれるんだ!
 {,   ・∀・}   
  `ー---ー’



        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
       /:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\
      /,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
.    //:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. ',
.    /」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:./:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:.l:.:.! 1
   ノ'´|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| !
      |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./   
     1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ
      ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /
.      ヽヽヽ:.l、     _ _    /:.:.!              ……すごい。あなたたちスライム一族は、
        ` lハ:lヽ、       ,.-1:./               とてもユニーク。
          ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/                
           ,r'^,!       「ヽ、'´              
        _,.-'  |       ヽl ヽ、.._              
    _,. r ´     |   _...._  |   l. `ヽ.._
   r{. l. |        |-‐ ´ _...._` -|   |   l. ト、      
  / ヽヽヽ      |-‐ ´ ,.- 、`ー|   |   | l ヽ   


857 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:14:14.16 ID:0SFKUlUo


――私は、その言葉が嬉しかった。魔物の仲間たち
だけではなく、有希も守りたかったからだ。




858 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:15:24.04 ID:0SFKUlUo

                _,.、-‐―――- 、__
            ,ィ´:.,.ィ'´ ̄``:.:ー-、\`丶、
           /: ://: '"´ ̄: : :\ヽ:}>、:.\
.         ,r‐fーマ,イ : /:/ ̄ ̄ ̄``丶 :.:\:.:\
        く―‐-、__〉/:/-――――- 、 \:、\: ヽ
     ,.ィ''7ミ_,斗<,イ:.:./: : :./: :,.ィ'"´: : } :\ ヘヽ:ヽ:.ヘ
    /  /:.く. //:.:.:./: \': :/: : : : :./: :,'!: \ハ:ヘ:. :ハ
.   /|   /:.:.ハムイ: : :/:./!: X: : : :._,イ:.:/ / | : |: ヽ!:.:!-‐┴-、
  ムj _,厶://{ ,':.:. :i,ィfテッ、-ヘr''"/:./,イ 」_;ム:.:.リ:.:ト、ー-、 {    ちょっと、有希!
  「 ̄、-‐<:.:./∨:.:.:.:.|`|ハ::::},ハ -‐''"´/ィ'"´!:/!: :/:.:.:!:|、\ーリ
  レ'´ ,':.ハ:.:.:/:.:.:|:.:. : :|ヽ'=ソ        /刋ミハ/:./: : :,':.| |  K、    またここにきてたの!?
    i/ |: :|:.:.:.:| : : : i         {krjノ '",イ : : /!:.| レ'ト \  
    |!  !: :ハ:.:.ハ : : :ハ   /ヽ、 _'_   `"´ / : :./|: :.|.〈:.:.i    ヽ  
       /∨::,ヘ: :|、: : : iヘ. {::::::::::ノ     ,イ_,.イ:/| : |ヘ∨     !ヘ
.      / i::./ ∧:| ヘ : ハ \`ニ´-‐ '"´-―‐-、:./|: ,'/\    | ∧
    ,イ   |::i ,'::.ヽ! ∧:.|、_  / ̄`Y´  \ ∧_/i/    ヽ  ム-‐'
  /   |::|.! : :: :: 厶ハ|.::`Y´   / ̄`ヽ ヽ  } /      i\
 〃  ヽ |::||:: :: ::.::レ、__``/  /       ヘ`ヽ.ノ:|       |/~
〈 \    |:∥: :: :: | :: ::`7   {__       ハ_/::.::|_







――彼女の名は涼宮ハルヒ。彼女もエルヘブンの
民であり、有希の友人であった。
だが、私は攻撃的な彼女を、どうしても好きになれなかった。


859 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:17:06.60 ID:0SFKUlUo


    _/                 \ 
ー ニ ァ    /   /, /   、   `ヽ.  \
   / ,   〃 /  /' │   :lヽ    ハ   \
  / /  // /  /  │   :| !    i|  l   ヽ
 / イ   l | │ j  ∧     l |\  i| │   \
 l/ |   | l ∧ ハ  l  '.   ハ j  ヽ i| │   } ̄   ……涼宮ハルヒ。あなたが
││  l|│ナ下/-ヽ |  ヾ /_ム'― 弋| │  ! j     ここにくるのは珍しい。
 j. │  |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l:  ト  Ⅳ
   ヽ  |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|  ム N      ……何かあった?
    ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ! ,) }i|    
      `l ヽム        '         /:/ ルイN
       ',   |ヘ、     ‐       ィ' / / il
      ヽ lヽ >,、       イ/7 /
      \! V厶|>ー <レ_'/ //
          >'´/ノ       L、ヽ
       j-'   | ____   |  \
     ノ¨´     |´  _`ー"|    \



                    ィ ‐―- 、__
                ,-‐ァ´/  ∠-―‐-、‐ 、
               〃 _,':  /-―――-\ ヽ
      〃   ̄ ̄\  入{≧ 7: /::../:/:   ,イ}ハ:\l
     |     ヾヽーく"゙{:ナ./.::..,'::/厶!:. /l:: i:::}:!:バ―――― --  、
     |       !l   ¨ヽYl:::::::l:ハ{八X_ , l:;!ィリ:: } }´         ヽ
.     l       l   }=l:::::::l:{ ャtr-ュミ  jノtrァルリ!    ∠彡    /
     l       l ノ人fl:::::::l  `ー'   、`' {´イ::|  /       ./    ……エンヤのバアさんが倒れたわ。
      l       k≠^ヽ|:::::::l       _ ,  八i ::|'/       /   
      l       ヘ\::ハ :::ハ.    '´‐,‐' イ::::l|::l       /      あの感じじゃ、今夜にでもくたばる
       ヽ       {ハ、::ヽ::::i> , 、.. _/:/:: / リ      ./       でしょうねー。
        ヽ       |ヘ:::jヽ::! fヘ ヽ::::/{::./      /
          丶       !| |lV j/|>‐"ヘ ヽ{ハ:{     /
          |~\    i | |l   |ニ二ニ! || !    /
          |  | ヽ  ./ | |l   |   l. || !  >'´
             ヽ_| ヘメ  | |l   |   l. || !/
       _ ____l     l ll   |   / /イ
.     〃〃   l     \\ l{{T}// /
      | || o   |       \`jl 〃 /
      | ||     !        ヽ!V/  {

860 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:18:18.87 ID:0SFKUlUo


――その当時の私は、ことの重大性を理解していなかった。
ただ、誰かが死ぬかもしれないというのに、いつもの態度と
変わらないハルヒに、あきれていた。




861 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:19:06.44 ID:0SFKUlUo

    _/                 \ 
ー ニ ァ    /   /, /   、   `ヽ.  \
   / ,   〃 /  /' │   :lヽ    ハ   \
  / /  // /  /  │   :| !    i|  l   ヽ
 / イ   l | │ j  ∧     l |\  i| │   \
 l/ |   | l ∧ ハ  l  '.   ハ j  ヽ i| │   } ̄   それは本当に大変……。
││  l|│ナ下/-ヽ |  ヾ /_ム'― 弋| │  ! j     
 j. │  |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l:  ト  Ⅳ     四人の長老が、一人欠けてしまう。
   ヽ  |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|  ム N     
    ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ! ,) }i|    
      `l ヽム        '         /:/ ルイN
       ',   |ヘ、     ‐       ィ' / / il
      ヽ lヽ >,、       イ/7 /
      \! V厶|>ー <レ_'/ //
          >'´/ノ       L、ヽ
       j-'   | ____   |  \
     ノ¨´     |´  _`ー"|    \



                      , - ─- 、_
                /        `丶
                rー‐"::/ ン-―ー- 、   、 \
           {(こ 〆.:::/  ____ \ ヽ..::::ヽ
           __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸
         /,イ>/ .:::/,':::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ
         レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|     心配しなくても、別の誰かに
          {/::| :!{.::ィ'f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、    役目がまわってくるわよ。
            |::::ヽ::i:ヽi. r'_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>   
            |i:::::::トl::ハ.     ,    r';ン´j::::::::: l: V      ま、実力からいって、私か
            |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/      有希のどっちかでしょうねー。
            lN:ヽ:ヽ::',:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /
              ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨  
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}
          f⌒ \ \ヽ  )' \ニニ∧ | |!彡ヘ
          |    \ ヽム    ヽ‐' .| | }ヘ,__,イ
         r-ヽ     ̄ )\     Vrj/ ̄ヽ ヽ
         |  \     // /)ミ ー-∨   / ̄ ヽ
         |   (>―‐'/ /勺ヽ¨ア    /    }
         |   \三三‐'ノ ^ヽ/   /-―一 '

862 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:20:16.26 ID:0SFKUlUo


――魔界に通ずる力をもつという、エルヘブンの四人の長老。
そのうちの一人が欠けたというのに、二人は冷静だった。




863 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:21:07.86 ID:0SFKUlUo

                _,.、-‐―――- 、__
            ,ィ´:.,.ィ'´ ̄``:.:ー-、\`丶、
           /: ://: '"´ ̄: : :\ヽ:}>、:.\
.         ,r‐fーマ,イ : /:/ ̄ ̄ ̄``丶 :.:\:.:\
        く―‐-、__〉/:/-――――- 、 \:、\: ヽ
     ,.ィ''7ミ_,斗<,イ:.:./: : :./: :,.ィ'"´: : } :\ ヘヽ:ヽ:.ヘ
    /  /:.く. //:.:.:./: \': :/: : : : :./: :,'!: \ハ:ヘ:. :ハ
.   /|   /:.:.ハムイ: : :/:./!: X: : : :._,イ:.:/ / | : |: ヽ!:.:!-‐┴-、
  ムj _,厶://{ ,':.:. :i,ィfテッ、-ヘr''"/:./,イ 」_;ム:.:.リ:.:ト、ー-、 {    有希! あんたには負けないわよ。
  「 ̄、-‐<:.:./∨:.:.:.:.|`|ハ::::},ハ -‐''"´/ィ'"´!:/!: :/:.:.:!:|、\ーリ
  レ'´ ,':.ハ:.:.:/:.:.:|:.:. : :|ヽ'=ソ        /刋ミハ/:./: : :,':.| |  K、    長老に選ばれるのは、私だからね!
    i/ |: :|:.:.:.:| : : : i         {krjノ '",イ : : /!:.| レ'ト \  
    |!  !: :ハ:.:.ハ : : :ハ   /ヽ、 _'_   `"´ / : :./|: :.|.〈:.:.i    ヽ  
       /∨::,ヘ: :|、: : : iヘ. {::::::::::ノ     ,イ_,.イ:/| : |ヘ∨     !ヘ
.      / i::./ ∧:| ヘ : ハ \`ニ´-‐ '"´-―‐-、:./|: ,'/\    | ∧
    ,イ   |::i ,'::.ヽ! ∧:.|、_  / ̄`Y´  \ ∧_/i/    ヽ  ム-‐'
  /   |::|.! : :: :: 厶ハ|.::`Y´   / ̄`ヽ ヽ  } /      i\
 〃  ヽ |::||:: :: ::.::レ、__``/  /       ヘ`ヽ.ノ:|       |/~
〈 \    |:∥: :: :: | :: ::`7   {__       ハ_/::.::|_



――涼宮ハルヒは、そういって、姿を消した。彼女は有希に
いつも対抗心を燃やしていた。私は、それが気に入らなかった。


864 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:23:03.79 ID:0SFKUlUo


    _/                 \ 
ー ニ ァ    /   /, /   、   `ヽ.  \
   / ,   〃 /  /' │   :lヽ    ハ   \
  / /  // /  /  │   :| !    i|  l   ヽ     
 / イ   l | │ j  ∧     l |\  i| │   \
 l/ |   | l ∧ ハ  l  '.   ハ j  ヽ i| │   } ̄   みんな……私は行かなければ
││  l|│ナ下/-ヽ |  ヾ /_ム'― 弋| │  ! j     ならない。
 j. │  |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l:  ト  Ⅳ
   ヽ  |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|  ム N      申し訳ないが、今日のお話は、
    ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ! ,) }i|       また次の機会に。
      `l ヽム        '         /:/ ルイN
       ',   |ヘ、     ‐       ィ' / / il
      ヽ lヽ >,、       イ/7 /
      \! V厶|>ー <レ_'/ //
          >'´/ノ       L、ヽ
       j-'   | ____   |  \
     ノ¨´     |´  _`ー"|    \



         
          トvvイ   \ ハーイ!/
         ζ`ヮ´ζ      _____
          'v--v'      ,;'   ヽ
                   {,  ・∀・}  
             ノ^ 、    ,イ仆,リ'、
            ,;'   ヽ  ( j 川, )
           {,   ・∀・}   'ー'
            `ー---ー’

865 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:24:28.19 ID:0SFKUlUo



   ノ^ 、Ω    有希! またお話ししてね!
  ,;'    ヽ  
 {,   ・∀・}   
  `ー---ー’


                 _,..:.:-:.:―:-:....、
                ,.r:':./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`丶、
             /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
                /:.:.:.:/:.:.:.:,r:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.:.\
           /:.:.:.:.!:.:.:./:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:!:.ヽ:.ヽ:.:.;ヽ
           /:.:.:.:.:l:.:.:/:./l:.://:,:イ:.:/l:.:.:.:ハ:.jl:.:.:i:.:l:.、ヽ
            /:.:.:.:.:.:l:.:.:l:/:.レ_/'´/シ !:.ツ′.V ';.:.l.:.!:.:l:.:',
         /:.ィ:.:.:.:.:i:.:.:':.:.:.:!__```¬ ' ´  , --l:.、/:/:l:.:l
         ´ l;';.:.:.:.',:.:.:.:."7:::::::`ヽ     _ レ/:':ノ!/
               ';l:.:f ';.:.:.:.:.l::::::::r'′    r'::::::lヽ// '´/'
             Vヽ ',:.:.:.:lー- '     l::::::メ /:;'!      ……うん。
              ヾl、',:.:.:.!        ` ´ /::/     
                ';ハ:.:ト,、   -    ノ;.:.;'       みんな、また会いましょう。
                 >:〈/丶、 _ -v' ´V l:,'      
                / ヾ、  _ヽヽ、   l;'
              イヽ   ヽ'´ `',  `l:ヽ、
              l:.:.ヽ\   _ヽ___',  リr ´_二ュ _
             ,':.:.:.:.:ヽ .Y´,........---..ミ二y::´::::::::::::::;'
                 ,':.:.:.:.:.:.:.〉Y::::::::::::::::::::::;':::::::;'::::::::::::r 、'
                /:.:.:.:.:.:.:.l:.;'-、::::::::::::::::::;'::::::;':::::::::::::/  7
            /:.:.:.:.:.:/Y 〈::::::::::::::::::;'::::::;'::::::::::::ヽ.._ノ!
              l:.:.r:.:.:.:.:.:.:.l  f:::::::::::::::::;'::::::;':::::::::::::::::;':.:.:.!


――だが、その約束が果たされることはなかった。


866 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:25:40.08 ID:0SFKUlUo


――そのすぐあと、騎士の芽が成長を始めたのだ。
騎士の芽は、真っ赤に腫れ、ドクンドクンと脈打ち、
私を苦しめた。





   ノ^ 、Ω   苦しい……苦しいよう。
  ,;'    ヽ  
 {,  × ×}   
  `ー---ー’

867 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:26:45.48 ID:0SFKUlUo


――あとから知ったことだが、この騎士の芽とは、スライムに
寄生する別の生き物らしい。心の弱い者は、体を乗っ取られ、
スライムナイトになれるのは、心の強い者だけだという。





     / ̄\
    |     |
   ノ^\  / 
  ,;'    ヽ  あうう……。
 {, × × }    
  `ー---ー’

868 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:27:59.38 ID:0SFKUlUo



――いつ終わるかもわからぬ苦しみが、何ヶ月も続いた。



869 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:28:54.92 ID:0SFKUlUo


――そして、ある日のこと、痛みが消え、不可思議な感触がした。



そのときの私には、腕があり、足があったのだ。
私は騎士になれたのだ。私はこの喜びを、
有希に知らせるため、生まれて初めて、二本の
足で歩いた。




 だが、いつもの場所に、有希はいなかった。




870 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:29:58.26 ID:0SFKUlUo


               〃 _,':  /-―――-\ ヽ              
      〃   ̄ ̄\  入{≧ 7: /::../:/:   ,イ}ハ:\l             
     |     ヾヽーく"゙{:ナ./.::..,'::/厶!:. /l:: i:::}:!:バ―――― --  、   
     |       !l   ¨ヽYl:::::::l:ハ{八X_ , l:;!ィリ:: } }´         ヽ  
.     l       l   }=l:::::::l:{ ャtr-ュミ  jノtrァルリ!    ∠彡    /  
     l       l ノ人fl:::::::l ; `ー'   、`' {´イ::|  /       ./   ……あんたがピエール?
      l       k≠^ヽ|:::::::l ;j     _ ,  八i ::|'/       /    
      l       ヘ\::ハ :::ハ.    '´‐,‐' イ::::l|::l       /     
       ヽ       {ハ、::ヽ::::i> , 、.. _/:/:: / リ      ./      
        ヽ       |ヘ:::jヽ::! fヘ ヽ::::/{::./      /
          丶       !| |lV j/|>‐"ヘ ヽ{ハ:{     /
          |~\    i | |l   |ニ二ニ! || !    /
          |  | ヽ  ./ | |l   |   l. || !  >'´
             ヽ_| ヘメ  | |l   |   l. || !/
       _ ____l     l ll   |   / /イ
.     〃〃   l     \\ l{{T}// /



――そこにいたのは、涼宮ハルヒだった。私は、有希の居所を
涼宮ハルヒに問いただした。

871 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:31:01.80 ID:0SFKUlUo

                 __ __
               /:::::::::::::::ヽ
                _/       ヘ-、
             〈/:::::::::::::::::::::::::::::V/
               /l::::/:::::,'::::::::i:::::l::!:ハ   ……もうここにはいないわ。
               ~|::::l:::::/:::::::::l:::::l::i:!」 
             ヽ:{::::{:::::::::/:::/:::リ    エルヘブンを出たのよ。よそ者の  
             , ィ ト{八::::/リj/V-、   男と一緒に……!
             {{ | |  `''   | l }}
             {:',|└─‐‐─┘|//   
             {ヘ  ̄ ̄ ̄ ̄ / :}
          , -―-ゝヘ  _ノ  {_/ ___
         {   >=入_、____人=<  ヽ
         ヽ 〃   `┴‐┴'´   ヽ   /
          \|   /      ',   | /
            ヾ_ {       }   レ′
            `ーゝ ____」L=‐' 



――有希はあのあと、長老に選ばれたらしい。だが、それを
涼宮ハルヒに譲り、彼女が助けたというよそ者と村を出ていった。
そのことが、涼宮ハルヒのプライドをひどく傷つけていた。

872 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:32:10.81 ID:0SFKUlUo


          _,. - ―― - . .、
         /´..... : : :___ : :\
          /::.::.::.::./ ´ ___ `ヽ: :ヽ
        /::.::.:/::./ イ´: :: : : : : : `ヽ|:ヽ: !
      /::.::ィ/、:_!: :/:./: |::_::_-‐_ヘノ:l:l    納得いかないわよ……有希が長老に
       !::./ ,ト..十:T:ハ: |: : : l::..:.. l: : :|: :ト〉   選ばれたことも、それを私に譲ったことも!!
     |::`メ|::.::.|:..,|:|  l lヽ: : ト、:: |: :|:レ|     
      |::.:/| |::.:..|:廾ト、 ヽ \:| ,.斗l-:l:.,1:!   有希を見つけて、一言文句言ってやる!!
      l.::.L|{1::.:.l:.ト十::テ ー ' イォ:卞l/イ |:|
     |:.|:l:Lト!:.:.ト{  ̄    ,   ̄`|:.|:Lj:l
       !:|:l::.::.:l::..ト、    , -、   イ::l:..:イ:!
      lム|:.|::.:ト:..l |\   ´ ̄` /7:/、/ノ′
     /|: 「lト::.:|.ヽ:!  ` ーァ ´}: : j/ : |「ト.
      ハl: l:::l ヽ!: : :ト_- ― <|: :/: : : !!| l
    i  ヽ:.l:::l : : : : l _, ----l: : : : : :l:||  |
     |   ト:ヾヽ : : : l_ノ  ̄ `| : : : : :l:l:l   !
     !   { ヽヾヽ : : l    l : : : : /'/   {
   |   ヽ トヾヽ : :l     !: : : :/':イ  |
    }      V ヽヾヽ: :l fYiソ : : /'/ ハ  |
   | _, --、 }_ヽヾヽ |ljl/: : :/'/ / r‐-  |


――私は、涼宮ハルヒに頼んだ。「自分も連れて行ってくれ」と。

873 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:34:16.50 ID:0SFKUlUo

               〃 _,':  /-―――-\ ヽ              
      〃   ̄ ̄\  入{≧ 7: /::../:/:   ,イ}ハ:\l             
     |     ヾヽーく"゙{:ナ./.::..,'::/厶!:. /l:: i:::}:!:バ―――― --  、   
     |       !l   ¨ヽYl:::::::l:ハ{八X_ , l:;!ィリ:: } }´         ヽ  
.     l       l   }=l:::::::l:{ ャtr-ュミ  jノtrァルリ!    ∠彡    /  
     l       l ノ人fl:::::::l ; `ー'   、`' {´イ::|  /       ./   甘ったれるんじゃないわよ。
      l       k≠^ヽ|:::::::l ;j     _ ,  八i ::|'/       /    あんたも騎士になったのなら、
      l       ヘ\::ハ :::ハ.    '´‐,‐' イ::::l|::l       /     自分の足で歩きなさい。
       ヽ       {ハ、::ヽ::::i> , 、.. _/:/:: / リ      ./      
        ヽ       |ヘ:::jヽ::! fヘ ヽ::::/{::./      /
          丶       !| |lV j/|>‐"ヘ ヽ{ハ:{     /
          |~\    i | |l   |ニ二ニ! || !    /
          |  | ヽ  ./ | |l   |   l. || !  >'´
             ヽ_| ヘメ  | |l   |   l. || !/
       _ ____l     l ll   |   / /イ
.     〃〃   l     \\ l{{T}// /



                  , -―- 、 -― - 、
                   /  ,_ -―‐- _  \
              /  ,ィ/_ -――- _ヽ  ヽ
             / ,.-/ /´ /    \ \`ヘ ヽ. ',
                / rイ / 〃./::.{:.  l:.  ヽ:.ヽ:.ハ fヘハ     ほら、剣と鎧よ。有希が残した手紙に、
            /  〉i,'./:{{:..{:. ハ:..:. !:....  !:ヽ..',::i| |ヽ>',    
              /  く/| l.::ij>k{八::.:{\:::..};ィ匕}:i| |_∧ハ    「ピエールというスライムを、よろしく頼む。
             ,'  i:ヽ| l.::|ィfチ必`\ヽ くfチ必メ'! L!Nハ   騎士に生まれ変わったばかりで、困っている
          i ! .::l.::{| ヽト, r'_;;ソ     r'_;;ソ l |:: l:..i i   はずだから……」
          | ! !::::! ::i.:: ム ´   _' ___  ` ハ :j:: j:: l |   ってかいてあったからね。
          | ! !::::!::∧:: {ヘ   {    }   ,イ,' /::: ,':::::i |  
          ヽ!ハ::::ヽ:::ヽ:.',::>,、 ゝ._ _ノ , イ::/ / ::./:i!::::!:l    あとは自分で何とかしなさい。
              ,‐<゙ヽ=、{ヾヽ f,/>ー<{_1`/ / :::/_ノ}::リ/
          / /⌒ン<ヽ \ ト、_   _,, レ/ {::/ }}ヽ〈'
            / /  /  | `!  V‐===-V   ヽ }} l ヽ_
         〈_ '  '   j  !   V ̄ ̄ V     / / } ヘ≦\
        / ヽ,、     /    i!   i!    / / /    j  ヽ
      r‐ '― / `~    ∧    i!   i!     / / /   /   }
      /   /.     ∧ ヽ    ! rtz !   ./ / /  /   /\


――そういって、涼宮ハルヒは私の前から姿を消した。

874 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:35:59.71 ID:0SFKUlUo


――その後、私はあてもなくさまよった。有希を失ったことは、
私の胸に大きな穴をあけていた。

 私は、その穴を埋めるために、魔物であろうが、人間であろうが、
襲ってくる者は何でも斬った。そうすれば、いつか有希をうばった
よそ者にたどり着けると思っていた。











――そして、十数年の時が流れた……。

875 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:37:01.25 ID:0SFKUlUo


~ラインハット周辺・森の中~


      ∩ _                       ;;∩;;∩;___
     (゛`゛ ゛゛)        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        ;;| ゛ -゛゛)
    ⊂ ___--ヽ___    __/゛゛゛   ゛\_    __/゛゛゛\、⊃
     ;;|;;    ゛゛--____/゛゛        ゛|、、--゛゛     ;;;|    隊長! オラクルベリー周辺の
     :|;;;       ::/   ┌-v--、   ;;|゛       ;;;;;|    魔物たちが、面会を求めています。
     :|;;;;;      :/: ゛____(◎::::◎:)___゛ :|::      ;;;;;;;/
     ::|;;;;;;;;     |;;;  (;;;;;ヽ-----;;゛;;) :|;;     ;;;;;;;;;/
      |;;;;;;;;;;;; 、  \  ゛-| ̄゛| ̄;| ̄ ::/  ゛ヽ、;;;;;;;;;ノ
       \;;/゛:    ゛   |  |  |      ゛:\;;/゛
       、/;;         |   |  |       ゜;;||
       ;/;          |   |  |;        ;;|;
      ;;;|;           |     |        ;;|
      ::|:            |     |         |
       | ::          ゛----゛゛       :: |;
       ;ゝ;;;;                     ;;;;;;/
        ゝ;;;;;;;;                  ;;;;;___|_
     、_- ̄;;;;゛\___;;;;;;;;;;;        ;;;;;;;;;;;;;;;;;__/   ゝ
     :|____∧_    \_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::__/--゜__ く ̄゛゛
      ゛゛゛| 、/|  /゛  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ ;| \__>
        ゛-゛ ゛--゛゛            ゛゛-゜




――私は、ラインハット地方のモンスターのリーダーに
なっていた。

876 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:38:07.74 ID:0SFKUlUo

            
                   隊長さん、お願いします!
             ノ^ 、   
            ,;'   ヽ  
           {,   ・∀・} 
            `ー---ー’


――オラクルベリー周辺の、弱いモンスターたちから、
何度も救援の要請があった。
「強い人間がいる。我々では歯が立たない」と。



877 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:38:56.97 ID:0SFKUlUo

           
      ∩ _                      ;;∩;;∩;___
     (゛`゛ ゛゛)        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        ;;| ゛ -゛゛)
    ⊂ ___--ヽ___    __/゛゛゛   ゛\_    __/゛゛゛\、⊃
     ;;|;;    ゛゛--____/゛゛        ゛|、、--゛゛     ;;;|    隊長、これは捨ておける問題では、
     :|;;;       ::/   ┌-v--、   ;;|゛       ;;;;;|    ないですよ。
     :|;;;;;      :/: ゛____(◎::::◎:)___゛ :|::      ;;;;;;;/
     ::|;;;;;;;;     |;;;  (;;;;;ヽ-----;;゛;;) :|;;     ;;;;;;;;;/
      |;;;;;;;;;;;; 、  \  ゛-| ̄゛| ̄;| ̄ ::/  ゛ヽ、;;;;;;;;;ノ
       \;;/゛:    ゛   |  |  |      ゛:\;;/゛
       、/;;         |   |  |       ゜;;||
       ;/;          |   |  |;        ;;|;
      ;;;|;           |     |        ;;|
      ::|:            |     |         |
       | ::          ゛----゛゛       :: |;
       ;ゝ;;;;                     ;;;;;;/
        ゝ;;;;;;;;                  ;;;;;___|_
     、_- ̄;;;;゛\___;;;;;;;;;;;        ;;;;;;;;;;;;;;;;;__/   ゝ
     :|____∧_    \_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::__/--゜__ く ̄゛゛
      ゛゛゛| 、/|  /゛  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ ;| \__>



――私は十数人の部下を連れて、オラクルベリーへむかった。

878 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:40:53.64 ID:0SFKUlUo


~オラクルベリー周辺~

     
            
                   あ、あれです!
             ノ^ 、    あの人間たちです!
            ,;'   ヽ  
           {,   ・∀・} 
            `ー---ー’



          _____     
        / \ / \           
      / (●) (●)\     
     /    (__人__)   \,                     ,. ‐- .. _
     |       |::::::|     |                   /  __  `` ー- 、
     |       |::::::|     |               , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
     \       l;;;;;;l    /"             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉  
       \    `ー'    \_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'





      / ̄ ̄\
    /   \  \
    |    ( ●)(●)   
    |     (__人__)  
     |      |r┬| .}    
    |       | | | }     
   ,..-'ヽ     `ニニ }              
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙  
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ



――私は一目見て、「あの二人……強い」と思った。
だが、それ以上に私を驚かせたのは……。


879 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 16:42:54.79 ID:ekz0Togo
出会いの時・・

880 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:43:10.28 ID:0SFKUlUo

                         .|川l
                ∧        |l,""|
                  /  ゙、       | ヽ |
               /   ゙、      >ーく
                /     ゙、     `YY
          i‐.、、_  ,/ __,,,,,,,,,,,,___゙、  __,、-i.| |
        |   ,ニ‐'''´      `''‐ニ、   | | |
         | /  \         ,/  \.| .| |,__
.     、──‐ァ'、‐‐‐ 、、\    / ,、‐‐‐ァV| | |7
    `、  /  \  ゚'`ヽ、   ,、‐'`゚  // | | 〃
      ゙、/    `──‐‐'く  `'──‐' / | |/
.      /'|          '⌒ヽ   /   | ||゙\
   /  .|                /   ,/ J|   \
. /     |              /   /   i'     \
  `ヽ、   i,           /    /    i   _,、‐'´
    `ヽ、 i,        /    ,/    ,'_,、-'`
       7ト、     /    /     ,/゙、
        / | |ヽ   /     /     /_ ゙、
..      ̄| |7|>'    /     _,,ィ''´ |   ̄
       | |‐'     /──‐''''´| |\|
       | |ヽ、__,,.ィ1´.|、       /| |
       くこ>    | | ゙、   / | |
         |  |.     | |  ゙、 /  | |
         |||||l.    | |.  ∨   | |
         ̄    .| |       .| |
                 | |       .| |
            (ご゙)      (ご゙)
          /⌒  `i     i´  ⌒\
            '───┘     └───゙

                           ゞ`  ´ - ` '、
       ,                ミ `´ ゛ - ゜ミ
       r‐、   l` ―-―-  、        ミ 、: ´ ` ゛、゙-
      , '"ヽ、  ./         `ヽ      /ゞ.. ,, ..彡` 
      !   `' v          \l l     /
      .\ _,  ヽ      ̄ ̄   ヽ  /
        ‐ 、      ──‐,‐ '"_ノノ            
  ., '", '"    ヽ`'        , '"   /./               
  .', ヽ ,,___   .ヽ、,,__ . , '゛   ./ /                   
   ゙' ―---     , -- , '      .、 ., ' 、            
             .(  /        ヽ  ヽ              
    , '" , '"´  / !         │`ヽ       
   .ヽ, ヽ,,__、 ! .l,         /__ノ        
     ` ―-   `- ヽ   ,'    / 
                 \./    ,/  
              / ,  '"i                          
             ∠ '" \ .|                                    

――この人間たちが、モンスターを従えていたこと。
このとき、私はなぜか有希のことを思い出した。


882 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 16:44:21.05 ID:a5CaTmAo
なんてもん従えてんだwwwwww

884 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:47:10.94 ID:0SFKUlUo



       ∩ _                      ;;∩;;∩;___
     (゛`゛ ゛゛)        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        ;;| ゛ -゛゛)
    ⊂ ___--ヽ___    __/゛゛゛   ゛\_    __/゛゛゛\、⊃
     ;;|;;    ゛゛--____/゛゛        ゛|、、--゛゛     ;;;|    隊長! いきましょう!
     :|;;;       ::/   ┌-v--、   ;;|゛       ;;;;;|    
     :|;;;;;      :/: ゛____(◎::::◎:)___゛ :|::      ;;;;;;;/
     ::|;;;;;;;;     |;;;  (;;;;;ヽ-----;;゛;;) :|;;     ;;;;;;;;;/
      |;;;;;;;;;;;; 、  \  ゛-| ̄゛| ̄;| ̄ ::/  ゛ヽ、;;;;;;;;;ノ
       \;;/゛:    ゛   |  |  |      ゛:\;;/゛
       、/;;         |   |  |       ゜;;||
       ;/;          |   |  |;        ;;|;
      ;;;|;           |     |        ;;|
      ::|:            |     |         |
       | ::          ゛----゛゛       :: |;
       ;ゝ;;;;                     ;;;;;;/
        ゝ;;;;;;;;                  ;;;;;___|_
     、_- ̄;;;;゛\___;;;;;;;;;;;        ;;;;;;;;;;;;;;;;;__/   ゝ
     :|____∧_    \_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::__/--゜__ く ̄゛゛
      ゛゛゛| 、/|  /゛  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ ;| \__>



――部下の声で、私は我に返った。号令をかけ、
人間たちに襲いかかる。



885 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:48:37.67 ID:0SFKUlUo

 
                                ∩ _                       ;;∩;;∩;___
             うぎゃあっ!            (゛`゛ ゛゛)        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        ;;| ゛ -゛゛)
                                ⊂ ___--ヽ___    __/゛゛゛   ゛\_    __/゛゛゛\、⊃
                                 ;;|;;    ゛゛--____/゛゛        ゛|、、--゛゛     ;;;|    
                                :|;;;       ::/   ┌-v--、   ;;|゛       ;;;;;|   
                                :|;;;;;      :/: ゛____(◎::::◎:)___゛ :|::      ;;;;;;;/
                                ::|;;;;;;;;     |;;;  (;;;;;ヽ-----;;゛;;) :|;;     ;;;;;;;;;/
                                 |;;;;;;;;;;;; 、  \  ゛-| ̄゛| ̄;| ̄ ::/  ゛ヽ、;;;;;;;;;ノ
                                  \;;/゛:    ゛   |  |  |      ゛:\;;/゛
                                  、/;;         |   |  |       ゜;;||
       ;/;                  ;;|;                   |   |  |;
      ;;;|;                         ;;|            |     | 
      ::|:                          |             |     | 
       | ::                      :: |;             ゛----゛゛
       ;ゝ;;;;                     ;;;;;;/
        ゝ;;;;;;;;                  ;;;;;___|_
     、_- ̄;;;;゛\___;;;;;;;;;;;        ;;;;;;;;;;;;;;;;;__/   ゝ
     :|____∧_    \_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::__/--゜__ く ̄゛゛
      ゛゛゛| 、/|  /゛  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ ;| \__>




――部下たちが、一人、また一人と倒されていく。
私は、敵のリーダーらしき男に、斬りかかった。




886 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:49:34.70 ID:0SFKUlUo

          _____     
        / \ / \           
      / (●) (●)\     
     /    (__人__)   \,                     ,. ‐- .. _
     |       |::::::|     |                   /  __  `` ー- 、
     |       |::::::|     |               , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
     \       l;;;;;;l    /"             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉  
       \    `ー'    \_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'






――この男は強かったが、剣の腕だけなら、私の方が上だった。
敵の攻撃を払い、必殺の一撃をたたきこもうとした。

 そのとき、私は、有希のことを思い出した理由を知った。

887 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:51:04.88 ID:0SFKUlUo


                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /                     \
              /                        \
             /      ――              ――― \
           /          _                _   \
          /          /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ         /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ \       
        /        ,'  ,;::::::::::::::::::', ',       ,'  ,;:::::::::::::::::::', ', \
       /          {  {:::::::::::::::::::::} }        {  {::::::::::::::::::::::} }  \
     /           '、 ヽ::::::::::::::/ /        '、 ヽ::::::::::::::/ /      \ 
     |                 ̄ /       |     \   ̄          | 
     |                    /        ∧      ',               |
     |                   {        / ヽ     }               |
     |                   ヽ___/ __ \___ノ            | 
     \                   ヽ   ´    `  '             /  
       \                                               /  
        \                                   /    
         /                                     \      
        /                                          \




――この男の目は、有希とよく似ていた。その目を見ていると、
私の戦意はどこかにいってしまった。



888 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 16:51:32.95 ID:fSh78cEo
似てる・・・か?

889 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 16:51:55.69 ID:K3K0l2go
目が二つある辺り

892 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 16:52:50.85 ID:Verzgpgo
>>889
鼻と口も有る

890 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:52:20.43 ID:0SFKUlUo

          , ' 
             〆 
           // 
           ノ / 
          /  i 
          ,i  |i 
         ,'  |i 
         i|   |i 
        i|   .|i 
        |    .i、 
        ゝ     i、 
        .i|      ゝ 
         .i|      丶 
         .i|       \ 
          .i|        丶 
          .i|        丶丶、、,, 
           i|         \ゞ` 
            i|、       `\ 、、, 
             ゝ       `丶`\ゞ 
               \  ,.   ミ\丶 ` 
                 `;丶\丶  、`丶 
                       \ 丶  
                           \  


――ぼう然とする私に、男の一撃がたたき込まれる。

895 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:53:20.15 ID:0SFKUlUo


――それから、どのくらいのときがたったのだろうか、
私が目を覚ましたときには、空には星が輝いていた。







  こいつら、やたら手強かったなー。   

        / ̄ ̄\   
      /      \      ____
      |::::::       |   /      \  本当だお。
     . |:::::::::::     |  /  ⌒  ⌒  \   
       |::::::::::::::    |/   (●) (●)   \
     .  |::::::::::::::    } |     (__人__)    | 
     .  ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´   _/ 
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /ヽ三\´    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――



     お、起きたみたいだぞ。

        / ̄ ̄\   
      / ⌒  ⌒\      ____
      |::::::(●)(●) |   /      \
     . |:::::::::::(__人__)|  /  ⌒  ⌒  \   
       |::::::::::::::` ⌒´ |/   (●) (●)   \
     .  |::::::::::::::    } |     (__人__)    | 
     .  ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´   _/ 
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /ヽ三\´    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――


896 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:54:20.71 ID:0SFKUlUo


――「なぜ殺さなかった?」と私はたずねた。




     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \   ……そういうあんたこそ、
|       (__人__)    |   なぜ剣を止めたのかお?
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |     
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



――私は答えなかった。いや、答えられなかった。

897 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:55:05.60 ID:0SFKUlUo

                 ∧
                /  `、
            |\ /  __ `、. /|       
         __   | /´ ̄   ̄`ヽ、|   ___  
         ヽ ̄`/´         ヽ ̄ /   やる夫! こいつはスライムに
          ヽ./            `i/    見えないだろうが、れっきとした
          /,! i \ \、   〆 /,! |\    スライム族のスライムナイトだぜ。
        /   |  `、 ・\゛ "/・ /  |  \  
        \  ,i   ` ̄  "   ̄´    |、 /  
          //ゝ  ヽ二二二二フ  /メ´i、   
         テ= / ヽ、  \ニニ/ / \ 〉=t、
        (_ U'-‐'´| `>、___,."´|`‐-U  _)
          ̄     レ'//\   ,ヘヽ`|    ̄
              //   ヽ/  ヽヽ
            _(三)、      ,(三)、
           (o _ノ     ゝ_ o)

                i ii  / 
                 ヽ\ 川 //:〃L
               ヾ ヾヽ彳! i 〃 . .: :≠彡
              ミ斗ヽ\:::..    / /㍉彡
              三二   ミ  彡    =≠
             ≠= 井   〃 ミ   二 三≡
              彡〃彡./ / I ヽヾ   ..:: ミ
               彡〃//I 川 ! !\ヾミミ{
                     彳 卅 !!.|| ミ ル"゛
                        ゛|| ' 
                      ||
                 ,、      ||         スラリンのほうが、
         "\    ,ノ  ヽ、   / 7       スライムに見えないと思うけど。
         ヽ >' ´     `\/ /
          Y          Y||
            |   __  ル __   !||
           ヽ  `   ´   / つ
            > 一===ー "/||
           く /       ヽ. ||
            Y        〉
            〉       〈
            /   rー― 、  ヽ.
           L_/     ヽ_」

900 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 16:57:48.01 ID:0SFKUlUo

                    ;;;;;;;;;;;;;
                 ;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;
                /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     l;;、、        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     l;;;;;;;.`'-、   ,, へ;;;__,,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;::...-″;:;;:;;;;;;;;;;,r.
     . !;;;;;;;;;;;;;;:`'ュ..┴''''゙゙´;;;;;;;;;;;丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;:;;;;;;;;;./       何だと!? この頭のツンツンが
     .!;;;;;;;;;,./ ";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./       みえねーのか! どう見ても、 
   .i、  .l;;;;./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'―      可愛い可愛いスライムちゃんだろーが!
   .|;;`'-lr'゙;;;;;;;;;;;;;;,,,,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   l;;;;;./ ;;;_..,,;;;;;;;;;゙゙!llli,.;;;;;;;;;,,,iiil!!゙゙;;;;;.ii./ ゙´ /;;;;;;;;;;;;;'L;;;;
   .!、.!;;;;;|〕 .`゙''、、;;;゙!lll.;;illl!!゙;;;,ン''"     l;;;;;;;;;;;;;;;;;゙l,;;;      っていうか、ドラきちだって、ぜんぜん
    .l";;;;;.l|   : i!レ'ュ \ ;゙゙'i/″.ヒ7   _./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;lぃ      ドラキーらしくねーだろ!   
    .|;;;;;;;;;;ヽ....xv-ー''゙´;;;;;;;;;;;`''''ッiiiiixitfレ’;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,、;l`.
    .l!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,iil丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙::::`''
    .!|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'゙!!l;;;;;;;;_,,,..-‐'コ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙''ッ、,
    ..l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;lニ''',゙,゙,,.. ー'゙´;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;
     .゙く;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,r'厂
      .`'、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l,.;;;;;;;;;;;;;;;;;./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,./ ;;;;;;.l
        `-..,,.;:;;;;;;;;;;;;;;ヽニ;;l;;;;='";;;;;;;;;;;;;;;;,ン'゙メ¬―″
           `'- ..,,,...._;;__;;;;;;;_....iir‐!llニ..,,,,,_.;:\,
              : ゙''-、_; ̄´;;;./       . ̄´
                    `゙''- /

                                     
         ____
       /      \
      /  u   ノ  \   話しがややこしくなるから、
    /      u (●)  \  二人は黙っててくれお。
    |         (__人__)|  
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \


902 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 16:59:02.98 ID:fSh78cEo
爆弾ベビーじゃないのかよwwwwww

907 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 17:04:29.85 ID:VeZ.hXw0
百歩譲ってもスライムベスだろwwww

903 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:00:29.94 ID:0SFKUlUo


――私が次にした質問は、「なぜ、モンスターを従えている?」だった。




       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\    ……従えてなんかいないお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   スラリンもドラきちも、やる夫の
  |              |   仲間だお。
  \               /




――この男……やる夫は、私に身の上を語り始めた。
父親と旅をしていたこと、父親と死に別れ、奴隷として
十年の時をすごしたこと。
命がけの脱走で、自由になったこと。母親を捜して
旅をしていること。

904 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:01:27.49 ID:0SFKUlUo
~オラクルベリー~


| |:田: |E|  |\    | ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   |  / l    l| | |  |_______
| |:田: |E|  |  \  | \:::::::::::::::::.. ○ ..::::::::::::::|   |/   l__l| | |_|::::::::::: : : :
| |__,,|E|_| .::::::::::\|  l]\   ○○○     |/ll |      |  | | | |:::: : : : :
すや    :::|`ヽ.:::::::::::::|  ___`_l'_´__.!..::|l       |  | | | |二二二二二
 ̄| ̄| ̄l,,| |  l ̄ l::::: /´:_:_:_::_:_:_:_:_:_:`ヽ、  l  ̄l...::|  | | | ||----/||---
:`l´_l_`|_|_|:|::: \::ヽ: .________ ヽ::ヽ/::ノ :|  | | |--||___||___
:::| l| |_|_| |:::  ヽ::": |オラクルベリー一番街]|]| :>::,, /  :::|  | l il|::::::::::::::: : : :
TTTT,;|_|_| |::::::  ヽ::ヽ ̄. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__ノ::ヽ、   .:::::|  | | | |:::::::::::::::: : :
:::=||,l |_|_| |______  /::/::::::::::::::::::::ヽ::ヽ . : ::|  | | | |_______
:::===l |_|_| |__ |::,l` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´|::||   : :::|  | | | |  PRONTO
:::三ll| |_|_| |:::::::  |[]l |  |]」|i i!+|  l二l[l[ ll!|ll (=) |   : :::|  | | li |、_____
:::三ll| |_|_| |:::::::  | l | ( ).|]]l]":::::| 88 +[l[l"' ̄' | l |   : :::|  | |  ̄"|     i//
:::三ll| |_|_| |:::::::  | l | 只8 8 8 8 ∧∧,;"「」 []  λλ  |  | | ,,,,,    l/
:::三ll| |_|_| |: ∧∧  ,、,、 n n ∧∧(  ,,) (*´ロ`) (´v`*) ノリレ,, ノリルレ ,   |
 ̄ ̄ ̄    (*´ⅴ) (-^* )::::::::) ∧∧(∩_∩ (~ ノ-(  ノ (-・ (゚- ゚*ノリ.  |//
     ,-'" (   ヽ(゚*  ) )   ( `ー) (∀・,,) vvv 〉 ノ 〉   l i_)(Y ノ..........i/...........
___,-"´   ノ  〉 (   )    (   ) (   ) (v` )         Y ノノ~~'ゝ ∩∩ .∧∧
  ∧w∧  ▲,,,▲  (  (    (/`ヽ) 〈 ヽ (   )ノリルリ λλ (__) し`J (::::::::::).(:::::::::::)
 ( ・∀・)(∀`  )    ∧_∧  ∩_∩  し' Jノリ゚ ー゚(ー ` )   ∧∧ ∧_∧::::::::つ
 と    )(    )    (@Д@* )(´∀`*)     ( つ (v,と)   (   ´)(゚   ):::::::::|
  Y  人  Y  人    (つ"V>)と  "v>)    /~~~~ Y 人   と  | |   |∪∪
  (_)`J (_)`J    |  | |  人  Y     ^^Uヽ)(__)ヽJ   |   ~ |   ~


――やる夫たちが、自由になって最初に訪れたのが、
オラクルベリーだった。

905 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:02:38.80 ID:0SFKUlUo


                              /´=:ミ´二.ヾ\
                             / '/ '´rー=、ヽ.ヽ 、ヽ
                           i / 〃,イ|   | |_L| l l    当カジノは誰でもウェルカム。
                             |.l.l ル'__リヽ  ヘl_Nヽ!.l |     分け隔ては嫌いでね
                           | |.バ ̄o`  ´o ̄,"|l |      どうぞどうぞ
                              レ1  ̄ 〈|:  ̄  !`|    スロットでもスライムレースでも、
                           ド」 、ー-----‐ァ ,lイ!      お好きなものを……!
                       _,,... -‐| l ト、`¨二¨´ ,.イ.l lー- ...._
.    ⊂.ヽ、             ,ィ''"´:::::::::::::::| l.l ::::ヽ、__, .::´ :l.l |:::::::::::::::::`¨lヽ               r'つ
. r──ァー;ゝ \              /:::|:::::::::::::::::::::::W \ ::::::::::: /lル:::::::::::::::::::::::|:::ヽ               / ∟、-‐''つ
⊂ニニ7 i /(   ゝ、          /::::::::|::::::::::::::::::::::::l.  \ /  .l::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ         ,."   )ヽヾニニ⊃
⊆二ニl i   .//\.     /:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  /\  .l::::::::::::::::::::::::|::::::::::ヽ      /\\   i lニ二⊇
‘ー─‐ヽ---く/::::::::::::\    /:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l/\_/\.!::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ    /::::::::::::\.ゝ-─'ー-- '
.        \:::::::::::::::::::\ /:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  ハ   /:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::\ /::::::::::::::::::::/
            \::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::! ./ ヽ ./::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/
              ヽ::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::;イ:::::::::::::::::::::::::::V   V::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::/::::::::::::::::::::::/
             ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/ :| :::::::::::::::::::::::::::ヽ ./::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::::::::::::::::::::::::/
                \::::::::::::::::::::/  |:::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::|   ヽ::::::::::::::::::/
               \:_::/   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    \_:/




――この町に来るまでに稼いだわずかな金を、

カジノで全て失ってしまう。


906 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:04:21.18 ID:0SFKUlUo




        / ̄ ̄\   
      / ⌒  ⌒\      ____
      |::::::(○)(○) |   /      \
     . |:::::::::::(__人__)|  /  ⌒  ⌒  \   
       |::::::::::::::` ⌒´ |/   (○) (○)   \
     .  |::::::::::::::    } |     (__人__)    | 
     .  ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´   _/ 
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /ヽ三\´    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――


――無一文のまま、途方に暮れる二人に、
さしのべられた手があった。

908 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:05:23.09 ID:0SFKUlUo

      -=ニ" ̄"''‐-‐''" ̄"ニ=-
       ∠´           `ニ=-
        /              `ヽ,
       /                  !      あんたらもカジノに挑戦したのなら、
      i                      .i        見たことぐらいあるだろう。
     .|         /| |:| ト,ヽ       |
     |.    ノ  メ:::リ:|.|:::|ノ`>      |        カジノのスロットに、
     |.    /リメ, .\::リ::::/ ,.ヘ!ゞ,    |          「沼」という
     .|   ./    \|  |/   ヽ   |            異名の……100枚スロット……!
      i⌒| | ==o=-  .-=o== | |⌒i
      | G| | ヽ . __ ノ | | ゝ __ ./ | |∂|          人食いモンスターがあることを……!
     ,.ゝ,_.|.| u.    | | u   / |.|_,ノヽ,
    /   ||   .!j ヽ!_レ  ./  リ    ヽ
---‐‐''7|   ヽ ー‐--------一 /   | ̄""''''‐‐--    そいつを……
--‐‐''7 .レ|   | ヽ.   ≡≡   ./.|  .N""''''‐‐----
   /   レ|  |  ヽ.      u / |  | |           攻略……!
  ./    .|  |.   \    /   |  |  .|
  /  _,,  .|  |    \ /     |.  |   |        出す算段がついている……!
. /_,,-''" \ .|  |\        /|  レ‐、 |
. "      ".レN\`'‐-------‐'´/リN  ヽ |



――100枚スロットを攻略するという男。やる夫たちは、
わらをつかむおもいで、男に協力することにした。


だが……!!

910 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:07:22.77 ID:0SFKUlUo

                                  ,,...- ''''''' ''' ー---
                              _,,,,.../
                       ,,,.. - '' "  _ノ
三三三三三三エエエ=======------ ゝ、_,,. - ' "
                       (
                       \                 ;
                         ヽ 、        _,,,,.......ノノ、,,,_
                            " '''--- ''''''"
┼┼┼─ /           // ,イ ,ィ i         | ‐┼─
┼┼┼‐ / ,r‐-、   _.. -t  ヽノ// / | ll          l │
┼┼┼ / //⌒ソ,.r ''_三ミ、l   ヾ /ノ  | .| l        トl. ┼─
│││./ //⌒// (  `ヾミl  ゝu u r‐' "    /    |  │
┼┼ / //⌒// ヾヽ @ ゞ廴〃〃〃 __... -, i"レ  ノ トl  ┼─
│  ./  ゝ`、〃 ~i ゞヽ、   ゛!}}/〃ッ====V、  レ  /. ┼┼─
┼ /    `〃 u   Uゞ三≡彡/|j./{{ @    ノノ /,、 /. ‐┼┼─
┼ /     i rァ-、 |j'~  ̄u ̄/u/ゞミ、_ _ ノ〃// `).)  ││
┼/      l {/ / 〉、 u  |j / / ゞミ≡三彡" // `ソ/ ┼┼┼─
 /      l ヾヽ/ /\ ( /u/ u u U / u//こソ/ │││
../      | |ヽ` 〈  /\.Uノ、). -==='" u 〃、__ノ ‐┼┼┼─
/       / l ゝl\ `〈 / >-、_ u u |j~ 〃 / ナl ‐┼┼┼─
.     /┼| U\l\ ``"__/ /`7''i   /   / ナ,' ‐┼┼┼─
     / .┼ | |j~ `"`>、  `''´、/_ノ /   ./ ナ/  │││
.    /┼┼ l u ヾヽ`ヽ/`ン‐-ノ/    / ./ / ─┼┼┼─
   / ││  l |j u ゞヽ  ̄ ̄/     / ナ./_.... -‐ '' " ´
.  /‐-- ....__l     u _..、-''/      / ̄ ̄
|/|/         `'--‐''´    /       /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ;:;:;:;:;ノ (ー)   
. |     (__人__)   
  |     ` ⌒´ノ   
.  |  ;:;;;:    |    
.  ヽ       |
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)
         ____
       /      \_      
      /  _ノ  ヽ( ;:;:;)
    /( ;:;:;:;:;ノ   (●)  \   
   (;:;:;:;;;:;   (__人__)  .:::::::)   
    \ ||    ` ⌒|||  ,/
    ノ           \

――スロットに仕込みをするため、カジノに忍び込み、
ボロボロにされたり……。


911 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:08:43.17 ID:0SFKUlUo



      _/  I   ヽ,
     ,/    AM  ヽ
    i   __,YARUOニヽ
    ! ,,/  (○)   (○)l,}      
    /      (__人__) \     
    │      |r┬-|   │      jl       //
    │     `、l[],`   │      l ||  ヽ \/     
    \      || |    /"'''ヽ   | ||   ゝ   /
    ,,,-彡_,r''" ̄ 「/ ̄/ ̄/;二"二"二((二((三三C≡=─
  _,-|  r'" 二 ==i ニニ二/\/ccccccc//_ヽ )   ヽ
 "、、゙l  - ̄ ̄C=] ノ;ヾ / ⊂ニニニ二二ソニニニソノ/⌒ヽ\
   ,l゙゙'l、  」ニニ二二〈ー;; \/二L_」 j
  /  l  /;:: /{ ̄`)ノ ーーー \   /   
/´   ゝ ;;::/ {  ̄ソ  ヽ      /    


      
――軍資金を集めるため、修道院のシスターから紹介された
海賊まがいの運び屋を手伝ったり……。

912 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 17:09:17.31 ID:x3y4DSoo
そういや、SFC版は高確率でスライムレースに勝つ裏技があったな。
あれもカイジの仕業か

913 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:10:18.72 ID:0SFKUlUo



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ;:;:;:;:;ノ (ー)   
. |     (__人__)   
  |     ` ⌒´ノ   
.  |  ;:;;;:    |    
.  ヽ       |
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)


         ____
       /      \_      
      /  _ノ  ヽ( ;:;:;)
    /( ;:;:;:;:;ノ   (●)  \   
   (;:;:;:;;;:;   (__人__)  .:::::::)   
    \ ||    ` ⌒|||  ,/
    ノ           \

――まさに、生きるか死ぬかの日々を過ごす
ことになる。だが、命を賭けた苦労は、ついに
実を結ぶ……!!

914 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:10:56.41 ID:0SFKUlUo

ー-、  ';        _ニ=-          ヽ\
 __,.'  |       (           __', ヽ _,,...,,_
     `ー‐´     ニ=-    -=ニ     `´   ヽ、
 ・    ー|-     (     -=二~""          ヽ、
     /i7ヽ    ゝ,__   ,,==二~             ヽ
 ・   i..ノ`ノ     ,―´ ̄ _,,==ニ"―/,.         i
.     ,       /.        ';  ./:/'; ヽ       !
 ・   才⌒ヽ   ゝ、        '; !!://ヽiヽ      |
.    ./|  ノ      ニ=‐     ; w "=二  i i⌒ヽ   |
 ・            ,´  __,,....-‐´ ij u `‐,, . i i⌒, |   ,'
.    ー|-!-     ヽ  `ー‐...,,__ 、 _,,.‐==´ | に| |.   |
 ・   .| `'       `.=- ヽ~  ´  __,,,,.., | |こノ.   /
     ー--    ,.´ ̄      ̄i二ニ―‐/. !      |
 ・     ゝ    ヽ         |,―r‐//:: |      |
      ~7     `ニ=-     {" ̄ ̄ /:::: |   |ヽ  |
 ・    -´.ー    ,´        "/ u '/,::::  |.  |‐ゝ  ヽ
.       (     ヽ.       /  / |   1  |┼ヽ  ヽ
 ・      )     .ニ=-     `ー´.  |,-"|  |`┼-_`ヽ ヽ
       (     ;´            ;´┼┼1 |`,,‐"┼ゝヽ、ヽ
 ・      )    ヽ            !┼┼,,-| |┼!┼┼┼-`ヾ
       (      `ゝ          ||/┼|/┼.|,-‐― 、┼-|
 ・      )    ;´⌒           |/リ┼┼┼/┼┼┼ ヽ-+|
.       (    ヽ             /|┼┼┼/┼┼┼┼┼ヽ-|
 |       )    ヽ.           (-|┼┼┼,'┼┼┼┼┼┼|+|
 |      (     _ ヽ          /+|__┼┼;┼┼┼┼┼┼-|-|
 ・           / `ヽ         /┼|+|┼-i.┼┼┼┼┼┼-|+|
.            ;            (┼+.|-|┼-i.┼┼┼┼┼┼-|+|
V~`、 ,~ヽ. ,⌒ヽ  i            /`ヽ、|+|┼-`、┼┼┼┼┼┼|-|
   ;/  ヽ|   ヽ |           /┼┼-|-|┼┼',┼┼┼┼┼┼.|+|

゚ | ・   i *゚・+゚        i  o.+  *。 |
 *o ゚ |+|   。*゚         *゚・+゚ } o  |*
 o○+ | ∨           + |!*l::j o ○。
・+     ,-i| o.+  ___   。*゚}‐ 、゚ + |
゚ |i   | {r|! *l:  /_ノ ' ヽ_\   ノヾ}  |
o。!    |! * .゚ /(≡)::::::(≡)\  レ ノ  ゚|
  。*゚  l ・ / /// (__人__) ///\o  ゚。・ ゚
 *o゚ |   |     |r┬-|      |   *|
| ・   o ゚ l\     ` ー'´    /*゚・+゚ ||
 |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |
* ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |

――ついに、100枚スロット攻略に成功。

915 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:12:06.24 ID:0SFKUlUo


          __
           /´    `ヽ ,r'"⌒`' 、
          /       ヾ¥r     \
        /        ヾf r        ヽ
       /          f゙゙゙''''"""1     ヽ
     /          |:::u:::::::::::::::|     ヽ
    l       ,イ l| .ト、:::lj":::::::::::l  |l    ヽ     
    |       ノ:/ノl l:::::ヽ::::::::::::::::::| .|:|      ヽ      
   |     f´r=",、レ::::::::::ヽ::::|j:::::::::l|:::|. r、     l     
   |  /|  |¦   ヾ_、.._:::::l::::::::::::,r'''"レ'「´l   |
  |  lに| .|:¦    ``ヾ::::::::::::;r,====ッ   l
  |   | し| |::::::ミ、◎    :::::::::/´    ,、リ  ノ     
. /   ヽ、| |::::::: `ヾ=‐='"::u::/◎  _..ノ:/_. -'´     
/   /|   |::::::  |j    |j:::::ヒ≡三= /          
  /:::|   |:::::___ U  u   ::::::`''ッ  l
/:::::::||   .| f⊥⊥T‐r、__  r'::/ u /
::::::::::::| |   ト、`┴'┴±±r干,コ'ェn /
:::::::::::| |   |:ヽ   _   ̄`'┴'‐'リ
::::::::::|  |   |:::::ヽ u ≡三≡ u /
:::::::::|ヽ |   |:::::::ヽ u    _.、 ‐ヘ
:::::::::|  ヽ|  N :::::::\_.. ‐''´ /::::::::::::\
:::::::::|   ヽ |   :::://  /::::::::::::::::::::::\


――カジノの景品、グリンガムのムチを20本手に入れ、
すぐさま換金。やる夫たちは、10万ゴールドの分け前を
受け取った。




――その日から、やる夫たちの豪遊がはじまった。

917 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:15:09.02 ID:0SFKUlUo


  \  /                 \  /
    X   / ̄ ̄ ̄\           X
  / ∩ / _ノ   ヽ、 \        / ∩
/ ( ⊂) |  ( ●)(● ) |      / ( ⊂)     ____
     | |.|  (__人__)  |         | |.    /⌒  ⌒\
    トニィ'|   `⌒´   |        トニィ'  /( ●) (● ) \
    |    |         }         |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \
    \   ヽ        }         \  |     |r┬-|      |
     \  ヽ     ノ           \\_  `ー'´    _/
        ン ゝ ''''''/>ー、_           ン ゝ ''''''/>ー、_
       / イ( /  /   \        / イ( /  /   \
       /  | Y  |  / 入  \     /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l     (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |      j  | :   | / ィ    |  |
       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」     くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ        ー 〕   \  〉(⌒



                     /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
                    /           \
                       /:::::             \ 
 _______ +      /:::::::::                 ヽ
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    | 
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       | 
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──~ 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐

919 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:16:13.82 ID:0SFKUlUo

                       コングラッチュレーション
             ,―==7     Congratulation!   コングラッチュレーション
             |く ___ _>                    Congratulation!
             fll`ーU+'
             `''、 ー=|      おめでとう・・・・・・・・!
          _,,..-´:|ヽー-;ー..,,_
.  ,-=-, ,,..-‘≡≡:| >"´|≡::|ヽ    おめでとう・・・・・・・・!  おめでとう・・・・・・・・!
.  | l____ヽ.|≡l≡≡≡| |::| |≡:::/::|
.  |(llー´_ヽ|≡|≡≡≡|.|:::|l≡::/::::|      ゴールおめでとう・・・・・・・・・・・・!
.. 4 l__`=|_|≡:|≡≡≡::||:::|'≡/≡|
/|\,.・|::≡:|ヽ|≡≡≡≡≡:::/|≡::|                         _,,.........、
≡|/}:ヽ|:≡|::::|{≡≡≡≡≡:::{ .|≡::|                        ヽ_,,   ヽ
≡:| |:::|l≡:|≡|:|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|                        /_>   |
:::≡l|:::|'≡:|≡:|::|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|                       |7 llう.. |
≡≡≡≡/|≡ヽ≡≡≡≡≡::::|. ..|≡::|.    z-..,〃、             ム__ ll´.. |
::≡≡≡::/ ヽ≡ヽ≡::|―、≡≡::l ..|≡::|   /    ミ              1´/ヽ==,...
::≡≡≡|   \≡ヽ::|  ヽ≡≡l  .ljヽl  |   刀、ミ           _,,,..-`‐三=ー-
::≡≡≡|    |ヽ/ー.、.. ヽ≡≡l.  .|/  |  ノ= ∠i         /ヽ、≡≡≡≡≡
:|¬、≡≡ヽ.  |≡ゞー=ッ  |≡≡|   __/ (ll ー゜\|ヽ.       /≡::ヽ≡≡≡≡≡
:|  ヽ≡≡ヽ |≡≡ヽミ.   |≡≡|  l|. ll7| ヽu=/l二ll二l'''ヽ  /≡:::/≡≡≡≡≡
:|   ヽ≡≡ヽ≡≡|     |≡≡|  | | llヽ|w-ヽ/Nヽll  |  | /≡:::/≡≡≡≡≡≡


――歌い、踊り、酒を飲み、ゴールできるまで、
すごろくに挑戦したり、彼らは、十年ぶりの娯楽を
毎日のように楽しんだ。

920 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:17:47.65 ID:0SFKUlUo

          _   lヽ、  ,,-'/,, -─,-          
            __`ヽ``ヽ! ゙v'" 〃 ./'"´ ̄``ゝ       
            `‐:、`` ミ  ll  ll  〃 〃 "  " ``ゝ      
.         <,´ミ ミ ヾ ll  〃 ,, -─‐-.、_  ミ `ヽ     
       ∠ ll/⌒゙`‐:、.__,, -‐''"´     ::::ヽ、 ミ   l、  
          ,l,,,/ ‐- 、        ,, -─‐    :::l、 ヾ. l    
       l,,/   ‐ 、`` ‐--‐''"´,, --‐      ::l、ll l |     
     __.l_l_  .‐ 、`` ‐--‐''"´,, --   ____l  ll |   
     ``丶- 、`ヽ、 `` ‐--‐'' ´   , ‐'"´_,, -‐'"´ ::| ll ll |    
.      l|.    `ヽ\ ゚     ※‐''"´     :::::::|  ll |    
.      l . _二二二_\    / _二二二_   :::::/ ll  l|    
      l<´ ̄ ̄。~`y    :v" ̄。 ̄ ̄`゙> ::::| ll /⌒ヽ|
.      | `゙ミ≡≡'〈   。   :::)゙ミ≡≡≡´  :::::| |/⌒l |.l、 
       |.  ミ三三;;〉@   ::(:::ミ三三彡 ゚   :::|lll|/⌒l |ll l   
.        |gヘ、__,ノ:::/   @ :::ヽ 。ヽ、__, ~●、::| .| ~)ノノ  l、   
.   、__|_ヽ、_ノ:;l ● 。 ;:::::ノ、 ヽ、__,ノ ___l._|,、_ノ  ll l、  
    ``‐、_  ̄ ̄ ̄ .゙ヽ、__,, ‐'"   ̄ ̄ ̄ ̄ ,, ‐''l:::ヽ、ll  ll l、 
.      / ||`_‐、_____,.-‐-、____,,_-‐'ニニ,:::;| l::::::::ヽ、ll  l、  
     /ll | |ヽ]_LLLLLlコココ.LLLLLLLLロ_|ノ:::;l ll|:::::::::::::::l‐:、 .|    
      //|ll l. ヾコ.TTTTTTTTTTTTTTTT」コフ:::::;l lll |::::::::::::::::l:::::`:‐
    ._/:::::| lll l、 ゙U~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∪~:::::::l l |::::::::::::::::::l:::::::::  
_,;‐'"::::l:::::::::|  l l、    ━━━     :::。::::::;ノ |l| |,|::::::::::::::::::l:::::: 
:::::::::::::|:::::::::::|. ll ヽ、 ゚          。::::::::;/ ∥ ll.|,',|::::::::::::::::::|:::  
::::::::::::|:::::::::::::l、l∥ ゙‐、______;;:::‐'´ |||   || l,',',|:::::::::::::::::::l  
:::::::::: |::::::::::::::::l、∥ ll    lll    ll   ∥    ||l /,',','|::::::::::::::::::   
:::::::::::|::::::::::::::::::|ヽ、||  ||   |l|   ||   ∥  l| /,',',',',|:::::::::::::::: 
:::::::::::|::::::::::::::::::|',','lヽ、l|  ∥  ll|  ∥   l|l ,//,',',',',|:::::::::::::   
:::::::::::|::::::::::::::::::|',',','l lヽ、 |l|  l|l   ∥  ∥ ,/.//,',',',',','|::::::::::     


――そして、オラクルベリー滞在中に、「モンスターじいさん」と
名乗る老人と出会う。


922 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:19:58.97 ID:0SFKUlUo


          __、--..、、
       _<⌒ヽミヽ ヾ !'⌒≧_
        ,Z´r;=-‐- 、ヾ 〃′≦
      7,"/   __‐ 、`ー-'⌒ヾ.7
       ! l ー‐- 、ヽ._`ー'´, u !     貴様には、モンスターを仲間にする
       .l !!L、u __\  ̄ 〆"T     才能がある。
      l.r‐、ヽ 、‐。‐-、V/∠==、|   
     ,' |.l´! | u`ミ≡7@ )゚=彡 !     まずは馬車を手に入れろ。
     /,' l.l_|⊥%ニニソ(@ *; )ー-*|     
    ,/〃',ゝ|/>rーrーrゞr<二二フ     その後に、モンスターがお前を認めれば、
  ∠ -:/ ト ヒ'土土土十┼┼ヲ;!     仲間になるはずだ。
 ̄:::l:::::::|、  !lヽ~U ~  __ ̄ ̄.ノl
::::::::l:::::::| \. ヽ.ll ヽ、 ___'/l/`iー-    モンスターが認めるとは、すなわち、相手を
::::::::l::::::::ト、. \ \. ll  ll  ll ll /:::::l:::::::   屈服させること。完膚無きまでに倒すのだ!!
:::::::::l::::::::| \ \ `ヽ、 ll ll/!:::::::!::::::  
::::::::::l::::::::|   \ \  /`ヽ'  |:::::::l::::::::  
:::::::::::l::::::::|     \. `/  /   |:::::::l::::::::



――その老人の助言に従い、馬車を購入。
仲間集めと、ゴールド稼ぎをかねて、周辺の
モンスターと戦っていた。

そして、私と戦うことになったのだ。


923 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:21:16.45 ID:0SFKUlUo

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\    そんなわけで、やる夫はモンスター使いに
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   なったんだお。
  |              |   とはいっても、まだスラリンとドラきちしか
  \               /  仲間になってないお。


                    ;;;;;;;;;;;;;
                 ;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;
                /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     l;;、、        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     l;;;;;;;.`'-、   ,, へ;;;__,,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;::...-″;:;;:;;;;;;;;;;,r.
     . !;;;;;;;;;;;;;;:`'ュ..┴''''゙゙´;;;;;;;;;;;丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;:;;;;;;;;;./       何いってんだやる夫!!
     .!;;;;;;;;;,./ ";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./       おれがいれば他の仲間なんて
   .i、  .l;;;;./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'―      いらねーだろ!
   .|;;`'-lr'゙;;;;;;;;;;;;;;,,,,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   l;;;;;./ ;;;_..,,;;;;;;;;;゙゙!llli,.;;;;;;;;;,,,iiil!!゙゙;;;;;.ii./ ゙´ /;;;;;;;;;;;;;'L;;;;     (ヒロインの座は譲らないんだから!!)
   .!、.!;;;;;|〕 .`゙''、、;;;゙!lll.;;illl!!゙;;;,ン''"     l;;;;;;;;;;;;;;;;;゙l,;;;      
    .l";;;;;.l|   : i!レ'ュ \ ;゙゙'i/″.ヒ7   _./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;lぃ      
    .|;;;;;;;;;;ヽ....xv-ー''゙´;;;;;;;;;;;`''''ッiiiiixitfレ’;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,、;l`.
    .l!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,iil丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙::::`''
    .!|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'゙!!l;;;;;;;;_,,,..-‐'コ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙''ッ、,
    ..l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;lニ''',゙,゙,,.. ー'゙´;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;
     .゙く;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,r'厂
      .`'、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l,.;;;;;;;;;;;;;;;;;./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,./ ;;;;;;.l
        `-..,,.;:;;;;;;;;;;;;;;ヽニ;;l;;;;='";;;;;;;;;;;;;;;;,ン'゙メ¬―″
           `'- ..,,,...._;;__;;;;;;;_....iir‐!llニ..,,,,,_.;:\,
              : ゙''-、_; ̄´;;;./       . ̄´

924 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:23:17.43 ID:0SFKUlUo

                i ii  / 
                 ヽ\ 川 //:〃L
               ヾ ヾヽ彳! i 〃 . .: :≠彡
              ミ斗ヽ\:::..    / /㍉彡
              三二   ミ  彡    =≠
             ≠= 井   〃 ミ   二 三≡
              彡〃彡./ / I ヽヾ   ..:: ミ
               彡〃//I 川 ! !\ヾミミ{
                     彳 卅 !!.|| ミ ル"゛
                        ゛|| ' 
                      ||
                 ,、      ||       
         "\    ,ノ  ヽ、   / 7      この私、ドラきちこそ真の強者。
         ヽ >' ´     `\/ /
          Y          Y||       私の名をよく覚えておくがよい。
            |   __  ル __   !||
           ヽ  `   ´   / つ
            > 一===ー "/||
           く /       ヽ. ||
            Y        〉
            〉       〈
            /   rー― 、  ヽ.
           L_/     ヽ_」





                                俺より目立つんじゃねー!>
                                

         ____
       /      \
      /  u   ノ  \   あーもう、また二人のケンカが
    /      u (●)  \  はじまったお。
    |         (__人__)|  頼むから仲良くやってくれお。
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \




925 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:24:20.98 ID:0SFKUlUo


――モンスターを仲間と呼ぶ姿。
   魔物をおだやかにさせる目。
   母親の名前……。





   私は確信した。この男は有希の子どもだ。

926 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:25:05.78 ID:0SFKUlUo
 
        ____
       /      \      どうしたんだお?
     /  ⌒  ⌒  \   
    /   (●) (●)   \
    |     (__人__)    | 
    \    ` ⌒´   _/ 
     |           \
 ´   | |         |  |


    

――私は、ふるえる声で自分の過去を語った。

有希のことを、とくに念をおして語った。
おそらく、やる夫の母親であるということも。

927 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:26:01.20 ID:0SFKUlUo

         ____
       /      \
      /  u   ノ  \   そうかお……。
    /      u (●)  \  あんたにもかあちゃんの行方は
    |         (__人__)| わからないのかお。
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \




   / ̄ ̄\
 /    / \    だが、この広い世界で、母親のことを
 |    ( >)(<)   知っているやつに、こうやって出会えたんだ。
. |     (__人__)   
  |     ` ⌒´ノ   お前の母親にも、いつかきっと出会える
.  |         }    だろうさ。
.  ヽ        }    
   ヽ     ノ        
   /    く         
   |     \          
    |    |ヽ、二⌒)、 



――やる夫は、母親について、何度もたずねてきた。
私は有希の姿を思い浮かべ、一つ一つ丁寧に答えた。


928 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:26:49.45 ID:0SFKUlUo

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\    ありがとうだお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   かあちゃんのことを聞けて、
  |              |   すごく嬉しかったお!
  \               /  





――礼をいうやる夫に、私はひざまずき、こういった。


    「私に、有希をさがす手伝いをさせてほしい。
     私を仲間にしてください」

929 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:27:44.51 ID:0SFKUlUo

      ____
     /⌒  ⌒\    
   /( ●)  (●)\    もちろんだお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\   こちらからお願いしたいぐらいだお!
  |     |r┬-|       |  
  \     ` ー'´     /  





   / ̄ ̄\
 /    / \    あんたすげー強かったからな!
 |    ( >)(<)  
. |     (__人__)   よろしく頼むぜ!
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }   
.  ヽ        }    
   ヽ     ノ        
   /    く         
   |     \          
    |    |ヽ、二⌒)、 

930 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:28:29.52 ID:0SFKUlUo


               ,.ィ
                 / |
       ト 、   /   |      ふん。やる夫が認めたのなら、
       │ > ´_   |___ しかたがない。
        ト、レ′´    丶   /
      V          く   だが、俺より目立つんじゃねーぞ。
      f ト、ヽ、 /, -‐ァ ! \
      l、ヽ、゚ゝ /゚_/  }   >
     /ハ   "  ̄    人_/
     !l、 ヽ、 `    ィ^Y/
     {__,〉  /,x‐---<._ト、_ク
          //  \ ,ハ,|
        /`ノ    ` 〈^ヽ
     〈_/        \_〉





         人
       , ´ ゛ ``ヽ    、;;; ゛゜゜ヾ;    スラリンはどうでもいいが、
      (⌒ヽ      i   ゞ`  ´ - ` '、  私のことは兄弟子として
        l\ ヽ ー― l  ミ `´ ゛ - ゜ミ   敬うように。
      、 \  __ヽ  ミ 、: ´ ` ゛、゙-
       ゝ    __ ノ   /ゞ.. ,, ..彡`
    (⌒ メ    \  /
     (`≠        ヽ
      7´     `iー'
     、、      ん、
、     ` ー――――'、

931 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:30:17.89 ID:0SFKUlUo


――こうして、私はやる夫の仲間に加わった。
私はまだ気づいていなかったが、胸の穴は、
そのときすでにふさがっていた。

























        ∧
      /|\⌒`ヽ
     v||.| |||\〃ヽ
     |!‐,‐、,┐| ..::::| 
     l|`T ̄~| | :::::|   
     'λ|__/√ヽ/⌒ヽ
     /`!___,ノ〃/ r ⌒`ヽ
    /ヽrrrr‐、  (   〉``ヽ
    |ト、i   ) ..:::γ    /  
     t ヾ  √⌒ヽヽ  .ゝ´
  (⌒oゞ _\   .:.\ノ
    Y |¥彡 `ヽ、::::ノ┘
    ` (○0ニニニニ;〔
 
「ピエールが仲間にくわわった!」


932 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 17:30:46.07 ID:.JhKYCUo
ちょwwwwwwwwwwwwwwww強すぎだろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

933 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 17:32:54.34 ID:Verzgpgo
ロビンマスクwww
お前はキラーマシーンで出て来いよwww

935 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:35:27.09 ID:0SFKUlUo

┏━━━━━━━━━━┓
┃ ドラきち           ┃
┣━━━━━━━━━━┫    ┏━━━━━━━━━━┓
┃ ドラキー .         ┃    ┃ とくぎ            ┃
┃                    ┃    ┣━━━━━━━━━━┫
┃ せいべつ, ???.  ┃    ┃ マヌーサ, ラリホー  ┃
┃ レベル    8     ┃    ┃                    ┃
┗━━━━━━━━━━┛    ┗━━━━━━━━━━┛


          ,、
          ノ ヽ  __
        /       `ヽ.
       /           ヽ
    _ i             !
   /  \      ノ  ヽ   |
   \   `    ̄ ̄   ̄ ̄  、
     \__      ヾ---ァ`   ノ
       \      \/   /
         `ァ       <
         /         ヽ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃出典 ベルセルク                              ┃
┃名前 パック                                ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃黒い剣士ことガッツに助けられた妖精。その後、ガッツの   ┃
┃旅についてまわる。当初は羽の鱗粉に回復作用があること.  ┃
┃から、回復アイテムぐらいにしか思われていなかったが、 . ┃
┃次第に、仲間として認められていく。             .  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

936 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:37:07.99 ID:0SFKUlUo

┏━━━━━━━━━━┓
┃ ピエール         .┃
┣━━━━━━━━━━┫    ┏━━━━━━━━━━┓
┃ スライムナイト     ┃    ┃ とくぎ            ┃
┃              ..┃    ┣━━━━━━━━━━┫
┃ せいべつ, ???.  ┃    ┃ マホトラ, ホイミ   . .┃ 
┃ レベル    10    ┃    ┃ ベホイミ キアリー    ┃
┗━━━━━━━━━━┛    ┗━━━━━━━━━━┛



        ∧
      /|\⌒`ヽ
     v||.| |||\〃ヽ
     |!‐,‐、,┐| ..::::| 
     l|`T ̄~| | :::::|   
     'λ|__/√ヽ/⌒ヽ
     /`!___,ノ〃/ r ⌒`ヽ
    /ヽrrrr‐、  (   〉``ヽ
    |ト、i   ) ..:::γ    /  
     t ヾ  √⌒ヽヽ  .ゝ´
  (⌒oゞ _\   .:.\ノ
    Y |¥彡 `ヽ、::::ノ┘
    ` (○0ニニニニ;〔


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃出典 キン肉マン                            ┃
┃名前 ロビンマスク                          ┃ 
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃英国出身の正義超人。正義超人のリーダー的存在で、    .┃
┃トップクラスの実力をもつ。                       ┃
┃マンモスマンとの戦いは、作品屈指の名勝負である。      ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

937 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:38:41.73 ID:0SFKUlUo

┏━━━━━━━━━━┓
┃ スラリン            ┃
┣━━━━━━━━━━┫    ┏━━━━━━━━━━┓
┃ スライム         ┃    ┃ とくぎ            ┃
┃                    ┃    ┣━━━━━━━━━━┫
┃ せいべつ, ???.  ┃    ┃ メガンテ, たいあたり .┃ 
┃ レベル    13    ┃    ┃                 .┃
┗━━━━━━━━━━┛    ┗━━━━━━━━━━┛



               ,.ィ
                 / |
       ト 、   /   |      
       │ > ´_   |___ 
        ト、レ′´    丶   /
      V          く   
      f ト、ヽ、 /, -‐ァ ! \
      l、ヽ、゚ゝ /゚_/  }   >
     /ハ   "  ̄    人_/
     !l、 ヽ、 `    ィ^Y/
     {__,〉  /,x‐---<._ト、_ク
          //  \ ,ハ,|
        /`ノ    ` 〈^ヽ
     〈_/        \_〉



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃出典 ボボボーボ・ボーボボ                    ┃
┃名前 首領パッチ                              ┃ 
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃ハジケ組の親分で、キング・オブ・ハジケリスト         .┃
┃主人公のボーボボをさしおいて、人気投票で一位に.     ┃
┃選ばれた。どんな攻撃でも、バカだからきかないが、   .   .┃
┃心は痛いらしい。                          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

938 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:40:49.78 ID:0SFKUlUo


      ____
     /⌒  ⌒\    
   /( ●)  (●)\    それじゃあ、一度オラクルベリーに
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\   戻って、旅の準備をするお!
  |     |r┬-|       |  それがすんだら、かあちゃんをさがす旅を、
  \     ` ー'´     /   再開するお!















 やる夫がドラゴンクエスト5の主人公になるようです

        第6話 ピエール  終

        第7話 故郷  へ続く            



939 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 17:41:01.19 ID:t108nYoo


942 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 17:43:46.41 ID:.JhKYCUo
乙!!!

949 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 17:49:47.70 ID:vB01lC60
スラリンの特技ニトロのじゃねえかwwwwww

958 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 18:02:39.77 ID:uAaPxygo
終わってしまってたか、でももう一話楽しみ
ロビンマスクで綺麗にオチたなwwww


943 : ◆tlgHzVX126 [saga]:2009/03/14(土) 17:45:21.23 ID:0SFKUlUo

今日もおつきあいいただき、ありがとうございます。


思ったより早く終わったので、少し休憩をいれたあと、
もう1話いきたいと思っているのですが、いかがでしょう?






944 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/14(土) 17:46:03.50 ID:t108nYoo
いきましょういきましょう!

946 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします []:2009/03/14(土) 17:47:00.07 ID:2QewIFY0
是非お願いしますww


関連記事
やる夫がドラゴンクエスト5の主人公のようです | 【2014-05-03(Sat) 22:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する