つぶやきや更新状況などなど
カテゴリ
最新記事
最新コメント
今日のアクセスランキング
カウンター
やる夫系板
まとめブログさま
RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

やらない夫は弱虫のようです 第四十九話 「親分と子分・3」

111 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:20:41 ID:R1fzJUzU
1283




     ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡



      リュカ。お前は、やっぱり、とことん優しい奴なんだお。









                       敵だった奴にも、見るべき点を見つけると、許したくなるお?



     ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

.

112 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:21:15 ID:R1fzJUzU
1284




     ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡



       勘違いすんなお。別に責めてるわけじゃない。






                     お前のそういうところ、俺は好きだお。






                               俺も―――お前のそういうところに、救われた。



     ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡.


.

113 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:21:43 ID:R1fzJUzU
1285




     ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡



                        でも、だから、話せなかった。





                       ――――俺は、お前より……、





                       ずっと、汚いモノを持っているから…。



     ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡








114 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:22:39 ID:R1fzJUzU [6/41]
1286














.

115 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:23:02 ID:R1fzJUzU [7/41]
1287




           ___
         /     \
        /   \ , , /\
      /    (●)  (●) \          さあ! 俺に続け!!
      |       (__人__)   |
      \      |r┬-|  ,/
       , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
        ̄`ヽ        | l



          ┏
            ヘンリ―を先頭に、ラインハット城の中を突入隊――いや、王軍が突き進む。
                                                           ┛




.

116 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:23:42 ID:R1fzJUzU [8/41]
1288




  .       ┌r┬r┬r┬r┬r┐
        ドミヾ>冖┴冖く'/
        |ニ/ __ ̄ニニニヽ
        |=〈 /ベ≧zz jzzヘ
        |Ft| ==。=:::/=。=〈           なっ…!?
        |{(||U`ニニ´ ヽ`ご.|
        ト=|  , -‐ '- _}`ヽ|
       /|シ'l / (二ニニニ⊃|、
  -一''¨´|  ト、`丶、  ≡  ハ`'ー-、_
  -‐ ¨´|   | \ `'ー--‐''´! |`'ー-、_ ̄
     |   |   \    /|  |




                ┏
                  奥の院と呼ばれる王族居住エリアに行く途中で、

                  俺たちの前を阻む衛士、従者、大臣―――、

                  我欲のあまりついに真実を理解しなかった者たちは、
                                                  ┛



                                                  ヽ~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ,二 |
                                                   ヽ/ヽ_,,-''川川 |
                                                  ,イベ, i 川 | /ヽ ) |
                                                  i''''-,,,_\ /_,,,,,-ッ'-i
                                                  {≡  '''二'''≡ ,イi  )
                                                  ヽ≡;ノl lヽ≡ノ i i ヲ
                                  お前ら…っ!!        iヽ cUっ  r l レ |
                                                   .i r==≡=='''ヽ 人 |
                                                    i L二エ二,,フ/ i |
                                                    | u 平   /  i |
                                                    L___ /__,-''',''ヽ、
                                                       \__,,-''' / ≡ヽ
                                                       K~  /≡≡≡≡ヽ
                                                       |ii入/ ≡≡≡≡≡ヽ
                                                       |//≡,,-'''≡~ヽ、≡ヽ
                                                      /≡ /  '≡≡ ヽ≡ i
                                                     /≡≡≡r''~~~~~'''-,,, i≡ i


.

117 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:24:14 ID:R1fzJUzU [9/41]
1289




          /        ヾ    〃 ゙̄  ii    ヽ
         /               {{    ,..、ヽ、   ヽ
        i         \      ゞ  ヾツ ,}ヾ、, 、 ヽ
        i                  ,. -‐'"   `'   /1
        i           \    /           {)        命が惜しければ退けお―――!!
     / ̄⌒''''''ヽ、      \     i、        /   K i
    /         `ヽ、        /ヽ、     /'i    ヽ' i
   /             `ヽ、    /: : : : : `─'''´: : : : 、    i i
  /                ヽ、  /: : : : : : : : : : : : : : : /'‐--'´  i
  i                   ヾ: : : : : : : : : : : : : : : /      i
  i                    ヽ___: : : : : : : : 〃/     i
  i   、                 ヽ    `ヽ`ゝ' く    /
  i    ヽ               ⌒ ̄` ‐-、  `' __/   /
  i  ─-ゝ、                     ヽ、 ___ -‐´
  i      ヽ                      ヽ、_ -- 、




                    ┏
                       勢いづいた王軍に、次々とやられていった。
                                                  ┛




   .   / /  / : /  /: /  /: : : : : : : : \    {: :\     ∨、
     /.:/ /  冫  /: : / /: : : : : : : : : : : : :\.  ヘ: : : \   ヽ>、
    ,ヘ/ /   / /.、: : / /: : : : : : : : : : : : : : : : :\  ヽ.. -‐ \  ヽ  \
   :/{:/ /ー .._// : : \| ./: : : : : : : : : : : : :_: :-‐ _ニ.:\. ヽ    ` 、ヽ : : }
   ' / /l \/`  .、  : : |:ヘ        ;/,. : '´: : : : : \.ヽ      `\: |
    { /ハ  \  〈心、:|: :ヽ     、 //:: : : : : :     ` \_____: :|
    jハ .ハ    `ー 二_>冫    ∨':∠_: : -一 弋:::歹 ̄  _. ' ´ : : |
   .   ∨ハ    . . : : : : ::/  ,. : <::::::`:.、.:`ー  .._..  -― '"´  : : : : : |
   .   ∨ハ     : : : : : /  / : : : : :`: : :_::`:::..._: : : : : . . .       : : : :|       十年分の貸しは、
       ヽ ヘ     : : /  /: : : : : : : : : : :  ̄:`: : : : : : : :       . : : : : |                返してもらうぜ。
        `:ヘ       ./  /: : : : : : : : : : .  : : : : : :           . : : : : :|
        ヽヘ     ./  /: : : : : : : : : : : : : .               . : : : : : |
         ヾ:、   /  /: : : : : : : : : : : : : : : .            . : : : : : : |. /
           、 /  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : .          . : : : : : : レ
           У /: : : : : : : : : : ⌒ヽ: : : : : : .            . : : : : : :/:.:.:.
              / ./: : : : : : :_: :-==: : : : : : : : : : .         . : : : : : /:.:.:.:.:.
          / /: :  . :-=ニ_: : : : : : : :            _  . : : : : : /:.:.:.:.:.:.:
         /  _..ィヘ´      ̄ ̄   ー―-----―一'` . : : : : :イ:.:.:.:.:.:.:.:
         ` ´   ヽ                    . : : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
               ヽ                  . : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.




.

118 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:24:57 ID:R1fzJUzU [10/41]
1290




                ┏
                  そして俺たちは破竹の勢いで城を奪還。
                                           ┛




      |  |  |: : : : : : : :|    |/|: : : :  |/|     ┼     |/|: : : :  |     |  |: : |
      |  |  |: : : : : : : :|    |/|: :    |/|     |     |/|: :    |     |  | : :|
      | ヽ |_|_,;,.:. -‐'':::|    |/|: :    |/|    山      |/|: :    | ‐- ...,,,_|_|/|
      |  |  |: : : : : : : :|    |/|: :    |/|  /><\    |/|: :    |     |  |: : |
      |  |  |: : : : : : : :|    |/|     |  //  .\\   |/|     |     |  | : :|
      |  |  |: : : : : : : :|    |/|      ∠エエエエエエヽ |/|     |     |  |: : |
      |  |  |: : : : : : : :|    |/|      |_;;l|        |_;;l| |/|     |     |  | : :|
      |  |  |: : : : : : : :|    |/|      |_;;l|____|_;;l| |/|     |     |  |: : |
      |  |  |: :∧ :∧ :|    |/| /\ |_;;l|____|_;;l| |/| /\.:|  , 〈〉:..|  | : :|
      | ヽ |_|_,;| ||-| ||::|    |/    |_;;l|____|_;;l| |/    ゙:|‐ /(_,||ィ:|_|/|
      |  |  |: :|_||: |_||::|            |_;;l|____|_;;l|        | |.┌|ト( |  | : :|
      |  |  |: : ||: : ||: :|            |_;;l|____|_;;l|        | \|:|| . |  |: : |
      |  |  |: : ||: : ||: :|            |_;;l|____|_;;l|        | rrー、|| . |  | : :|
      |  |  |: : ||: : ||: :|          /_::/| :+: :+:  |!_;;;!       | ト|-:|:|| : |  |: : |
 ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |: : ||: : ||: :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| ::l| :| :+: :+:  |:| ::ll:..  ̄ ̄ ̄| | |:::|:|| : |  | : :| ̄ ̄ ̄
────|  |  |: : ||: : ||: :|─────:| ::l|/| :+: :+:  |;| ::l|::───‐| ヽV::[| : |  |: : |───
 ̄ ̄ ̄ ̄ \ |_|_,;,:.: -‐'''"  ̄ ̄ ̄ ̄ /エ7|/'⌒⌒⌒⌒:|:|エ| ̄ ̄ ̄ ̄゛'' ‐-: ..;_|_|/ ̄ ̄ ̄
                      〔三〕イ  ´  ´  :|〔三〕... ... .. .
                      |  |/|三三三三三|:|  |:::::::::::::::::::::.::....................
                      〔三〕/         ゙〔三〕::::::::::: :
                     __________
                    / /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |  |:
  ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ / /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |  |: ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄
───┬─────┬───f -f '-, ' , '-, ' -, ' -, ' -, '|-|───┬─────‐:r───
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / 7 '",""' ,"' ,"' ", . '" ,"T" |: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \        \ _,,,... -‐'/  /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' |   |: _,,,... -‐'''"~        \
    \  _,,,... -‐'''"~    ./  /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , '.:|   |:   \         _,,,... -‐'''"~
_,,,... -‐'''"~    \      /  /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' :|   |:     \ _,,,... -‐'''"~\



                ┏
                  無人の謁見の間を通り超えた先にある、
                                           ┛


.

119 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:25:24 ID:R1fzJUzU [11/41]
1291




                  ┏
                    ニセ太后のいる部屋に突撃した!!
                                           ┛




        /: .: .: .: .: . : ./    _,,.-‐''"    / /         / ̄||             |: .: .: .: .
       /: .: .: .: .: .: . _,,.-‐'': : : : :  三 二 ニ ―     /  ||   | ̄|| | || | || .|: .: .: .: .
       /: .: .: .: .: .: .//:: : : : : : : : / /     三 二/  || ― |  || |_|| |_|| .|: .: .: .: .
      /: .: .: .: .: .: .//: : : : : : : : / /   <),    /  ||    |  ||  .|   |: .: .: .: .: .
      /: .: .: .: .: .: .//: : : : ヽヾ`;;:} 三 二 ニ ―    /__||     |  ||  |   |: .: .: .: .: .
     /: .: .: .: .: .: .//: : : : Z::::Z,,, / /  ゚    。 = ̄      |_|| 三 二 ニ ―: .: .: .
    ./: .: .: .: .: .: .// : : : : <:::::::ヽ:::>'                    _ l   |.| ̄|| .: .: .:
    : .: .: 三 二 ニ ― : : <:::::/ ̄,                    |_||   ./ // .: .: .
    : .: .: .: .: .: .//: : : : : Z:::::{                         l  / // .: .: .
    : .: .: . : .: .,'/: :  _,,.-‐>::::::ヽ                           _|_/ //.: .: .: .: .
    .: .: .: . : .://_,,.-‐''":  Z:::::}ヽ、::::{、                      |___// .: .: .: .: .
    .: .: .: . : //: : : :  ノ/ /ー/ヽ                      |   |: .: .: .: .: .
    .: .: .: . :// : : : : : :  / /                       :  |   |: .: .: .: .: .
    .: .: .: .:,'/ : : : : : : : ./ /::                         i|   |: .: .: .: .: .
    .: .: . ::l | : : ―二: : ./ /                           :|   |: .: .: .: .: .: .
    .: .: . :.{ l: : : : : : : {  {                             r|   |: .: .: .: .: .: .: .
    .: .: . :.| |: : : : : : : |  |                         /|   |: .: .: .: .: .: .
    .: .: . :.| |: 三 三 二 ニ ― |                              |   |: .: .: .: .: .: .





           ,. -‐―――‐-、
          γ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       γ::::::::::::::人:人::人::人:::::::::::ヽ     何やつ!?
       .(::::::::::::/ _ノ三ニヽ、_.\::::::::)
        \:/  (●)三(●)  \ノ     ここが何処か、私がだれか知っておるのか!?
         |     .(__人__)'    |
         \     `⌒´     /
           /         ヽ



                  ┏
                    そこにいた部屋の主は、眉をとがらせて叱責してきた。
                                                      ┛


.

120 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:26:00 ID:R1fzJUzU [12/41]
1292





      ___
     /ノ  ヽ_\
   / ●   ●  \    ……だれ?
   |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
   >        ィ’




                  ┏
                    部屋にはもう一人、

                    いきなりドアを蹴破っても驚いた様子のない

                    国王デールがいた。
                                                ┛




        ____
      /_ノ  ヽ\
     / ( ●) (●)、
   /::::::::⌒(__人__)⌒\          おやおや…親分のことを、忘れたのかお?
   |      |r┬-|    |          よくない子分ですなぁ、デール。
   \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ



                     ┏
                       しかしヘンリーがそう一言言うと、
                                            ┛
.

121 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:26:40 ID:R1fzJUzU [13/41]
1293




      ___
     /―  ―\
   /  ●   ● \      …兄上?
   | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
   ヽ         ィ‘



                    ┏
                      すぐにヘンリーだと気付いた様子で、

                      途端に表情を変えた。
                                                ┛




          ____
       /⌒  ⌒\
      / 。>   ●。\         兄上だぁっ!!
   /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i
   ヽ  ll|l    (_ノ    ll|l /        兄上!!
    从l||l           |l||l从
     ( ⌒ )        ( ⌒ )

.

122 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:27:18 ID:R1fzJUzU [14/41]
1294




         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\         デール、今まで大変な思いをさせたおね。
    /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
    |     |r┬-|     |        今、俺が全部楽にしてやるお。
    \      `ー'´     /




                 ┏
                   ヘンリーは優しく、にこりと弟のデールに笑いかけ…、
                                                   ┛




        ____
      /⌒  ー、\           「あんた」にも…随分、世話になったようおね。
     /( ●)  (●)\
   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\         デールも、義母も…ラインハットの国も!!
   |     |r┬-/ '    |
   \      `ー'´     /



                     ┏
                        ニセ太后を挑発するように、笑った。
                                                ┛

.

123 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:27:58 ID:R1fzJUzU [15/41]
1295



         ,. -‐―――‐-、
       γ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     γ:::::::::::::人::人::人::::人::::::::ヽ       お前は何を言っているのか判っているのか!?
     (::::::::::::/ 'ヽ,,,)ii(,,,r´ \:::::::)
     \:/   (:. )}ili{( ,;)  \ノ       私はこの国の―――
       |      (__人__)    |
       \    ` ⌒´     /
         /       ___  <                                  皇太后のニセ者、おね?>




                  ┏
                    気色ばむニセ太后の言葉を途中で、ヘンリーはふさぐ。
                                                      ┛




            ___
          /     \
         /   \ , , /\
       /    (●)  (●) \        もうこの国では、何一つお前の思う通りに
       |       (__人__)   |       できるものはないお!
       \      ` ⌒ ´  ,/
        ノ          \        さぁ、姿を現すがいいお。―――神器、ラーの鏡よ!
     /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ       その力を―――
     |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

.

124 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:28:29 ID:R1fzJUzU [16/41]
1296




`'-、       \     ヽ    ..l   l       |       /        /      /          ,/
   \       .\    ヽ.    ..l.  ..l      │      l       . /      ,/      . /
     ゙'-、      .\    .ヽ    .l,   !      !      l       ./     /      . /
       `'-、     \.   ヽ,   ...l   !      !      l      /     ./     . ,/゛
`'‐、、      ゙'-、     \   .\                             ./     ,, '"      _..-''
   .`''-..、     `'-、   .\      ―――俺たちの前に――――     /    . /      _..-'″
      .`''-、、    `'-、   `-.                         /    . /     .,..-'"
- ..,_       ゙゙'-、、   .`'-、   \  `!、 ヽ l.   ,!   /    ./   ./   _/゛   ._..-'″
   .`'''ー ,,_     `''-..、   \   .\  ヽ .ヽ l   .!   !   /   /  . /    ._..-'"           _,,
       `''ー ,,    `'-、、  `'-、 .\ .\   l  .|   l   ."  /   /   . _..-'″       . _,,.. -''''"゛
           `''ー ,,.   ゙゙'-..、 . \ `'‐ .ヽ  ."  :!  .i′  ./ .,/゛ _..-'"      ._,, -''''"
‘''''―- ..,,,,_,            `''ー ..,,. `   `'-、   l ̄/    ノ  ./ / ,..-'"    _,, -''''"゛           _,,
        `゙゙"''―- ....,,,_     `゙''ー ...   `  l /   _       ‘ ._,, ー'''"゛     . __,,,.... --ー'''''''゙゙ ̄゛
                `゙゙"''―- ....,| ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄/     ー''"_,,,,.... --ー'''''''゙゙゙´
________________ |___     / __ __゙________________
                    _、      / / ̄l /  l ./ l. / l  /
         _,,,,.... -―'''''''^゙ ̄.._,,.. . . 、  /./  //.  l/ l/ l /.,_ `゙゙''''― ..,,,_
..... --ー¬''^゙ ̄      _,,.. -‐''"゛ ._.. ‐'"  //  //         //  ,`゙'ー ..、    `゙゙''''― ..,,_,
         _,,, ー'''"゛   ,.. ‐'"      .`´   ´       l/ `'-,,゙''-、、 `''ー、,,           `゙"''― ..,,,_
    _,,, ー'''"゛     ,.. ‐'"    ,/  ./ ,i'  ./    .l ..l.'、  .、 . \ .`'-..、  `''ー ..,,
-‐''"゛       ._.. ‐'"     . /    ,./  ./    .!  .l   .l  ヽヽ \  `'-、 `''-、,   `゙'ー .._
       ._..-'"´      . /    ./  /    ,!  ,!   l  .ヽ.ヽ  \   `''-、 `''-、、    `''ー .._
   . _..-'"´       . ,/゛    ./                   ヽ.  \    `'-、  `'-..、     `゙''- .
.. -'"             /      ./    差し示すお――――!!  ヽ  \    `'-、   .`'-、、
          /      ./    .                    ヽ.  .\     . \     `''-、、
        /       ./    /       l゙   │     l    ヽ .ヽ   .\.      ゙'-、     `''-、
      /        ./     ./       !    ,!      !    ヽ  .ヽ.   \       \
   . /         ,./      /        ,!     !      l    ヽ  ヽ    \       . \
 /            /      ./        │    │      l     ヽ  ヽ    \        `'-、

.

125 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:29:08 ID:R1fzJUzU [17/41]
1297



                  ┏
                    ラーの鏡をニセ太后の前に出すと、
                                           ┛



      ''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,       ''';;;;,,,         ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
        ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,      ''';;;,       ,,,,;;;;''''    ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''
       '''''''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;     ;;''    ,,,;;;;;'''''       '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
                  ''''''''';;;;;;;;,,,,   ;       ;'          ,,,,,,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;;;;,,,
  ''''';;;;;;;,,,,,,,                ''';;,                '''              '     ''';
     '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,     ,,,;;;,,,                                     ,,,
      ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,,,,;;;'''''  ''''';;;;;;;,,,,,                   ,,,;;'''''';;;,,,     ,,,,,;;;;''''''
      ,,,;;;;'''    ''';;;''         ――やられちゃったなぁ。,              '    '''''';;;;;,,,,;;;;'''
  ,,,,;;;;;;'''''''       ;'         ,,,,;;;,;'''                  ,,,,;;;''''  '';;,,   ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''
             '       ,,,;;;''''''                   ';;'       ';,    '''';;;;;''
       ''';;;,,,,,        ,,;;;;'''           まさか、ラーの鏡を使ってくるなんてね。   '';,,,;';,,;''
          ''';;, ,,,,,,,,,,;;;;;;;''''''''
  '';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;''''''''''''                                 ';,       ,;
                                                ''''';;;; ,,,;;;''';;'
                                                   '''';;;;;    ,,,,;'';,
     ,;,,    ,,,,,,,;;;;;;;''''''';;;,,,,,;'                                ,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''  ';,;'
  ,,,,;;;;'''''';;;;;,,,,;;;;'''''',,,,;;''                                     ,;''   ;'  ''';;;;,,,
  ;;;;;''  ''';;;;;''';,,,,;;;''';                                         ,,,;;;    '''''';;,,,,
        ;;;'';                                            ''''';;;;,,,,,,  ''';;,



                  ┏
                    ラーの鏡はヘンリーの叫びに応えて、

                    ニセ太后の真の姿を映し出した。
                                           ┛


.

126 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:29:53 ID:R1fzJUzU [18/41]
1298



               |                  \ /\
               |         . : : : : ::::::::: :: : :/ト、\\
               |          . : : : : ::::::: :: :/ \\\\ ,. -‐ ┐
               | , -‐ ── ──‐-、、. : :::::/    \ヽ/   ∠ム
             ,.'"´              ``ヽ/      ∠ ̄ ̄`ヽ  `ヽ
           /              . : : : : :: :\  /  ´  ̄``ヽ⌒ヽノ
          く       ,.- ───‐ - 、 . : : : : :: `y′      .: ::lヽ\\
           \  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ . : : : : ::/        /  \\\
             `Y.:..:.:.:i:::|:|.:.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.\ : : /        /     \\\
             |.:.:|.:.:.|:::|:|.:.:.:.:.、.:::::::::::\.::.:.|.:.:.:\l         /        \\
             |.:.:|.:.:.|:::|:|.:.:.:.::|.\::::::.:.:.:.\|.:.:.:.:.:.l       /           \
             |.:.:|.:.:.|:::|:|.:.:.:.:.ト、.:.:><:_:_:ト、.:.:.:/      .:/
             ト、:|.:.:.|:::l:ト、::::::|"´, ィ行テi.:.|.:.:.V       .:/       完璧に化けてたはずなんだけどなぁ…。
             l:.∧.:.:l.:.ト、/\| ー弋辷ソ 7.:.:/     : : : :/
             l/ |.:.:l.:.',    ,      /.:.:/     :. :. :/         どうして、判ったんだい?
               |.:.:l.:/\  _,  ∠.:/,. イ    i: :.んー-、
               |.:/,r==> _..,.イ,イ '´ ,:′  . j:./: : : : : :`ヽ
               l/_」  , ィ介ラ⌒V:./  ,r'     l/ : : : : : : :ノ     ―――ああ、ひょっとして君は…
              rr='´``Yく´     ,rfソ〈  /   ,:′/: :,.'"´        この国の第一王子サマかい?
              l j  〃/7    ,rfソ : :ヽ     ,′/: :(
             ノノ  〃//   ,rfソ: : : : : .\,.. イソ: : : :)
             ノノ  〃//  ,rfソ. : : : : :_ノ: : /. : : : /
             l L _」   ,rfソ. : : : _ノ: : : :./. : : :./
             〕三フ氷三ニく. : : : _ノ: : : /. : :,r'´
             ノ三≧≦三ニ ー 'ミミミV. : : : :(
           , '´7.:「 ̄`yく三三二ミミV. : : : : : `ヽ
           /. :/.:::| : : : : : : : :``ヽミミん: : : : :,. イ
          /. :/.:.::::| : : : : : : : : : : : `く ⌒¨ヽ´`ヽ|                   ┌─────────┐
         /. ::/.:.:::::::l : : : : : : : : : : : : : :\   \                     │ニセ太后が現れた!.│
         l . ::l .:.::::::::l : : : : : : : : : : : : : : : :\   \                     └─────────┘
         l : ::l .:.::::::::l : : : : : : : : : : : : : : : : : :\   \
         l : ::l .:.:::::::::l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l   _ノ



              ┏
                その真の姿は、正体が知れてもまったく怯えることのない

                ―――不敵な、魔物の姿だった。
                                                    ┛

.

127 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:30:47 ID:R1fzJUzU [19/41]
1299



         ___             判らないほうがおかしいお。
       /     \
      /  _ノ '' 'ー \          この国は、俺の知っている以前のラインハットとは
    /  (●)  (●)  \        何もかもが違う。
    |      (__人__)    |
    \      ` ⌒´   /           ―――誰かが、意図的にそうさせていると考えるほうが
                          自然だお。




                   ┏
                     ヘンリーもまた、現れた魔物に全く屈することがなかった。
                                                         ┛




        / ̄ ̄ ̄\            でもまさか…十年単位、随分長い時間をかけて
       / _, 、_ \           ラインハットを腐らせてくる作戦で来るとは、凄いもんだおね。
     /  (●)  (●)  \
     |    (__人__)    |         ―――ゲマの、指示なのかお?
     \    ` ⌒´    /



.

128 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:31:31 ID:R1fzJUzU [20/41]
1300




三三三三三 ≧=─:.:.':.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::\
三三.>.:'.:´.:.:../.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
三/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.ヽ
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.::..:/:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.::.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/:.:.:.::.イ:.:. ..::.: :..|:.:.:. :.: |:.:.:.:.:.:.:.:i
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.-.:;;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.::/::|:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.`>.:,;:.//:.:.:./  |:.:.:.:.:.:./:.:.:.::.:.:.i }:.:.:.:.:.:|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//:.:<i    |:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./ . |:.:.:.:.:./
:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.|:.:.:.:.:.>' ´./:.:/  \  ノ:.:.:./:i:.:.::.:.:.:/  |:.:.:.:/
:.:.:.:.:.:.:.:ゝ:.:.ト- '´  / <__   {:.:.:/:.:.}:.:.:.:/    |:.:./      ―――へぇ…ゲマさまのことに気づくなんて、
:.:.:.:.:.:.:.:..ハ:.:i!   禾=、  _ ヽ  /:.::/:.:./:.:.:/    |:/       やっぱり凄いじゃないか。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:トゝ   Ⅶ..:::.≧=チ  ././:.::/:./     /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|\   ゞt;;;jiリ ハ  K:.:.:.:./;'´     /        さすがに、ゲマさまが真っ先に排除させるように命じた
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |  ヽ   辷ノ ノ    \:./                人間だけはあるよ。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      ̄ `         \
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |              ノ                 あのときまだ、君は十にも満たない年だったのにね。
\:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ              イ
ヾ:.\:.:.:.:.:.::.ハ         _ , /::.:|
 \:.:.:.:.:.:.::.:ハ           ノ:.:ハ:i|               ┏
ヽ  \:.:.:.:.::.:.ハ        イ:.:.:.::ハ.|                     ニセ太后は感心したようにヘンリーを一瞥した。
    |\:.:.::.:.∧、. _ _ / |:.:.:./  リ
\..  |  \:.:.:.:.ハ       |:.:/                     それはその通りだと言っているに等しい答えだった。
  ̄\i}\ \:.:..ハ       i/                                                     ┛
\   \/∧ゝ\:.ゝ


.

129 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:32:24 ID:R1fzJUzU [21/41]
1301



            __ __
        ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
      ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
     ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',       君の言う通りさ。全てはゲマさまの指示。
    .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
    l:.:.|:.:.レナナ'‐'~ l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|       ―――世界一の軍事国家といっていいラインハットが、
    |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\` _ゝ_ ` .:, .:.:.,'       ゲマさまは邪魔だったんだろうね。
    |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,
    |:.:.:.:l:.|         ゞ-' !:.:.:.:.:イ
    l.:i:.:.:.|ヽ.   r、_'_     ハ:..:./         だから、潰すことにしたのさ。
.     |:l:.:.:.|:.:.\  `ー -'´   ,イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
  /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7






    /::::::::::::::::::::::::::::.....      |
   /::::::::::::::::::::::::::::.... _ -‐ 二>‐- __
.  /::::::::::::::::::::::::::::_ -‐'´_ -‐ ' ´          ̄ヽ
 /::::::::::::::::::::::; < , <              /
.〈:::::::::::::::::::/  /:::::::::...      _ - ‐ - 、 〈
 \::::::::/  /:::::::::::::.... , ‐ ' "´        `\
   \/  /:::::::::::.. , ' ´     l     \     ヽ        と言ってねぇ…ラインハットを潰すのに、
    `>'::::::::::.  /     . .l  |  i      ヽ    ` 、       普通に攻め込んでもそれなりに手間と被害が出る。
    /:::::::::. /      |  .:::/ /、 |\  , -‐ ! :.. 、 !
.   /::::::::. ,.´:::::::.    | .::// _, V  _メ、_ i  ::: ハ !       あの方は敵にも味方にも、過大評価はしないからね。
   /:::::::.. /::::::::::::::.    |ー≠‐'´__ ヾ、 -≦ュ| ::::::イl l|
   |___」::::::::::::::::::.   .l/_≦==z ヽ  {ミカ ! .::/リ ′
       |::::::::::,:::::::- ' ´ト、 \_弋;ノ      ̄ |'´|          だから、内側から滅ぼすことにしたんだよ。
       ∨:::::::':;::::::::::. ヽヽ   ̄     .l  |. |
         ∨::::::::':;::::::::::. `N    r-─ァ   / i、|            侵入しやすい心の弱い、利用しやすい
        ヽ::::::|::':;::::::::::.. ヽ    ` ´  /. / `          適当な人間を使って…ね。
         \l、::、':;:::::::::. i     _, イ::;、/
           `l/∨ヾ、:./     l´    V l/
              r-V _    |__
         rニ´ ̄ヾ´    `>、_ソ_`ー一'、⌒i、
        _)/´ ̄`ミ、       / 只__ヽ   ヽ八_
       ( i::::::..  )ト、   / /,仆、ヽ\   ヽ )
.          _)|:::::.    Yゝ / / i ハヽ__〉 〉    }(_
       ( |:::::.    }(_ 〈 〈_/ /l .ト、_/     | _)
        )|:::::.     | ) \_ノ|;| |;|       |(

130 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/07(月) 21:32:26 ID:J6BRl45/ [1/2]
ニセたいこうのほうが美人だw

131 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:33:18 ID:R1fzJUzU [22/41]
1302



       ____
     /      \
    /   _ノ ヽ、_.\        それで標的を…、当時の王妃にしたと?
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /





           ,. - ──── - 、
         /              \
         |                〉
         |                   /
         |    _ _  - ──-、/
      _ _[二二 _ _ , -───‐- 、
   (´ ̄                       \
   \   , ィ´  ̄ ̄ ̄ ̄``ー-.. 、 _  _/
     `y'´ /  /.ハ、.: .:.、  . :.:.::::ヽ::ヽ::::<       ああ。僕は面倒くさいと思ったんだけどね。
     /  /  /:/;ハト,ヽ:、\ . :.:.:::::::|::::|::::::|
     i   ! /.:// \ト、ト、:.\:.:.:.::::!::::|::::::!       高位の魔族でも、心に侵入するってのは大変なんだよ。
     |  l/::// __, ヾ! ‐ゝ-ト、:_:_|::::|::::::|
     | / .,:ィ厂_ _     `二ニ!::::!::::::!
     ト、 ̄.::/:!ヾテ。::.フ   ヽ辷フ 7:::,'::::/        ゲマさまは一番手っ取り早くこの城を乗っ取れるやつを選んだ。
     l/|.:.:::/:::|              /::/:::/
      |.::/.:.:::ト、         /::/:::/
      l/ヽ.::::l/ト 、  (⌒ヽ , ..イ::/l::/
        \N  `コ ー-‐<l:::/l/ |/
        _ _/  ̄`フ杯ト、 _
      _「ハ_     ,イ  j1ト、 \ ト、
     l/.:.:.:.::::)ト、  //  //j。jト、//.:.:!
     /.:.:::::::::::::Yト、l ト、 // j。 i|V/.::::::|

.

132 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:34:23 ID:R1fzJUzU [23/41]
1303




ヽ      /     /. \ \ \\\\\ \ '、
  \ /     /\\ \ \ \\\\.ヽ ヽ∨        そして一番邪魔だと思える君を追い払って、
   /     /\\.\\ \ \ \\\\\ V       僕が王妃と入れ替わったのさ。
  く     /l ト、\ヽ \\\ \ `x.^\\\ヽ.ヽ ',
   \   /¦| | .ト\\\\\\/ ,. -‐.┐、\ヽ\ ',
.      \/ /.l l//ハ\\ヽ \ヽ `  ィ{:;{i:;jリ.j | | ! | l\}       ―――ふふふ、この十年、楽しかったよ。
      ∨| l|l|l,.. -‐\\ヽ\. ′ヾ`ニ′ハl | | |∧|
.         '、.{. ! | | | _ z.-‐-、          //l l | |  }
        \| i ||弋{:{i:;jリ.j     、     /'./| l | |          腐っていくこの国、どうもできない国民、
          i\l i \`` ‐′   _,.. '    / .| l l¦        僕を太后と思ってご機嫌をとる下らない奴ら!
          |  |\ \\         /  ! l | ー─--
          i  {   \ \` ー----、‐‐´   / |             どんどん無気力になっていく、国王さまを見るのはね。
.          \__   \ \\,.'´ ̄ `ー 、r′
              / ̄ \ \    _, イ.{iー-、



                 ┏
                   ニセ太后は嬉しそうに、遊びでも語るみたいに言う。
                                                    ┛



       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      , ':: : : : : : : ::/: : : : : : : : ::/::: : !: : : : :: : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!      ああ。本当に楽しかった。
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´,/-―- ''、l:::::::: ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!
     !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ー 了''ゝ..、ー 、:::::::::::::: \,: :..|::ィ:./'レ'      中でも閉じ込めた本物の太后の顔を
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:::::::{ ノ:;;jハ::´:::::::::::/ /::j: i/ノ        見に行くのが、一番だったよ。
     〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|  `ー ´ ::::::::::::::ァえメィ/´
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!` ///      、lじン::i:ハ            ゲマさまはすぐに殺せって言ったんだけどね、
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!      r‐、_   //イリ l!           僕がいちばーん奥の牢獄に閉じ込めたんだ。
          V ヾ!::::::| l'         ` ー'  イ::: ' '
             ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/                   だって、楽しいじゃない?
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://
    r v - < _      ヽ   /!      j/ '
  γマ_jr-、_ノrー、ゝ-、   \ヽL\
  f' /三/三三`~j 、ノ   , ィ'ニL!\\-v 、
  v' 三 / 三三 ゝー 1_} // /∧ヾ.\ > ム
 / 三 /三三三三「 | _!//  ! | ハ \!| } ノ

.

133 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:35:38 ID:R1fzJUzU [24/41]
1304



        __
      /..::::::::::::::..\
     /..:::::::::::::::::::::::::.\          楽しい…だと?
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ






   \  /    |   ||  ト    \          ',
     Y      |   / /l ヽ   | \    \         |
     ′     ,′ / / ! |\ 、  \ ,. -‐ i\―-|   |  |
     |       /  /_/__', 、 \\ へ、  |  ヽ |   |  |
     |    _, / イ/ /―  \ヽ:::::\\ ィ 二`ヾ=ハ. |  /  |        ああ! 楽しくないわけないじゃないか!
     |     / ヽ |〆 二、ヽ:::::\:::::::::::::〃| 0}  }}∧|  /  |
     !   / /〃 { 0}::::::::::::::::\:::::::::::::ヾ  ノリ  / /  |         自分の罪に気づいて、悔い、そして何も出来ないと
     i  /  \ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::: ̄三‐'/ / /   ′        悟り絶望した人間の顔を見るのは!
     /  \   、ヾ 三 ̄      i〉       / |     ,′
        '.   \   \        _____       / /  /          まったく人間ておかしいよね、
        '.    ` ー一     |ニ. 二、,二.ヽ|     イ /  /              悔いるくらいなら最初からやらなきゃいいのに。
         ヽ     \        V: : : : :ン   / //  /
        \  \ \       \――/  /  /' / /′              日々、判りやすいくらいに太后は
          \  \  > ,._   ` ̄ ,.  ' |ノ ヽ / /              やつれていったよ。
           \ ┌:/lヽ/ `ヽー   /    Уく
            _\/ノ'"    / }  /    /   \             やせ衰え、目も見えなくなるくらい!
            ∧_/\    {   /               \__f⌒ヽ
           / r‐' ( >' ,二.rく ―‐、           <⌒ヽ丿  └┐
           | / Y´  イ /トく ̄\\         ___) /n_厂

.

134 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:36:44 ID:R1fzJUzU [25/41]
1305



        __
      .,/,-、  \
    / ノ:/ ノfヽ.. \
    | /:/ /...| |  |        ((なんてやつだ…))
    l レ ./..ノ .,''´} i
    l   ' ´ .〃 / |
    ヽ.     . 〈 .ノ
      \.,_  ._ノ /
       /  /  ヽ
      ./  /   |
      i ./  .  |




             ┏
               俺は得意げに笑うニセ太后に、視線をそらした。

               ―――そうか…全て…やっぱりゲマの仕組んだことだったのか。
                                                       ┛




          / ̄ ̄\
      /  u  ノ \
      |    .u ( ●) |       ((ヘンリー…))
 .      |      (__人_)
       |      ` ⌒ノ
         |        }
       ヽ u      }
       ヽ     ノ
       ノ     \
     /´        ヽ



          ┏
            だけど俺は、自分自身の怒りよりも、ヘンリーが心配だった。

            ヘンリーは二重三重に、傷つけられている。―――ひょっとしたら、俺以上に。
                                                            ┛

.

135 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:37:37 ID:R1fzJUzU [26/41]
1306




                 ┏
                   奴隷時代も今も、ヘンリーはひたすら明るく、優しかった。

                   ―――みんなきっと、俺のために。
                                                        ┛



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                 ____
           /⌒  ⌒\
         。o(゜>)  (<゜)o 。        「 やたっ、スープに具がリュカより一個多く入ってたお! 」
        /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
        |     |r┬-|     |   て
        \      `ー'´     /( `´) そ   「 栄養を多く取れる! これでお前に勝つる!! 」
        /           \ノ ノミ
        |\ \・      ・ \____ノ

                                                     「 …何に勝つ気だよ 」>



          ─────────────────────────────────



          , 、 ノ 、       「 なんだおまえ、パパスの息子のくせに字も読めないのかお?」
         /,,(> <)ヽ
         ゝ(_人_)(V)
         /    た)       「 よーしこうとう教育を受けたこのヘンリーさまが、
            (|     「
            .し    J         お前に字を教えてやるお! 先生とあがめたたえろお! 」


                                                       「 あ、あがめる? 」>


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                 ┏
                   みんなみんな、俺のために。そう振舞ってくれていたんだ。

                    ―――そんな優しいヘンリーが、傷ついてないわけがない。
                                                        ┛

.

136 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:38:28 ID:R1fzJUzU [27/41]
1307




   \  /    |   ||  ト    \          ',
     Y      |   / /l ヽ   | \    \         |
     ′     ,′ / / ! |\ 、  \ ,. -‐ i\―-|   |  |
     |       /  /_/__', 、 \\ へ、  |  ヽ |   |  |        でも、なんで皇太后があそこにいるって
      |    _, / イ/ /―  \ヽ  \\ ィ>=ミ=ハ |  /  |        判ったんだい?
      |     / //イ ̄卞ミ  \    〃i _ィ:::y } ∧|  /  |
     !   //rセ {_ イ:::}」}     \    ヾ  ノ,.  / /  |       あそこは牢獄の一番奥だ。
     i  /  \ ` 丈_ノ      ヽ     ̄`  / /   ′       餌を運ばせるのも僕の言うことを聞く奴に、
     /  \   \" ̄       i〉       / |     ,′
      '.   \   \                      / /  /         結構慎重に選んだんだよ。
      '.    ` ー一        _           イ /  /
       ヽ     \           ´         / //  /
        \  \ \            /  /' / /′           ―――まぁ別に、どうでもいいんだけどね。
           \  \  > ,._     ,. ' |ノ ヽ / /
           \ ┌:/lヽ/ `ヽー   /    Уく
            _\/ノ'"    / }  /    /   \            そろそろ、無駄な話もやめなきゃいけない頃だし…。
           ∧_/\    {   /               \__f⌒ヽ
          / r‐' ( >' ,二.rく ―‐、           <⌒ヽ丿  └┐
          | / Y´  イ /トく ̄\\         ___) /n_厂



                  ┏
                    不思議そうにニセ太后は聞いた。

                    なんなんだろう、こいつの不敵さは。
                                            ┛




           ____
         /      \          お前らの言う通りに、十年働いてきたから…だお。
        / :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
      / :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\        俺は……まだ平和だったころのラインハットでも…
      |     (__人__)   |        それなりの宮廷闘争を見てきた…。
      \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \




                  ┏
                    自分が殺されないと、そんな自信があるんだろうか。

                    何故? ―――自分が常に、上に立っていられるとでも?
                                                         ┛


.

137 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:39:14 ID:R1fzJUzU [28/41]
1308




               ____
              /    \
        .    /          \         人間の醜さなんて、とうの昔から知ってる。
        .  /    ―   ー  \
          |  :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |       死にかけてる子供の目の前で「次の子供を」とか言ってる奴らや、
        .  \    (__人__)  /       意識のない女の夫に「いつまで信じているんですか」とかいった奴ら。
        .   ノ    ` ⌒´   \
         /´             ヽ       ―――ああ、知ってるんだお。






              /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
           /: : :             \
         /: : : :              \         人間をどうすれば傷つけられるとか、
       /: : : : : :                 \        その傷をさらにえぐるにはどうしたらいいとか。
       : : : : : : : :.._        _      \
       : : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l      ―――もともと知ってるところを、お前たちのおかげで、
       : : : : ::;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;:::    |      十二分に鍛えさせてもらったんだお。
       : : : : : : ´"''",       "''"´       l
       : : : : : : . . (    j    )       /
       \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /        皇太后が役立たずになっても、国王もいる…国王を
       /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\         最終的に言う通りにさせるには…どうしたらいいか、とかね。
       : : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
       : : : : . : : . : : .                   \     ここまで考えが当たるとは、正直思ってなかったけども。

.

138 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:40:17 ID:R1fzJUzU [29/41]
1309






 ―――俺が生きてこれたのも、死なずにすんだのも。





      / ̄ ̄\
     / _ノ  ヽ、_ \
   . | ( ●)(● ) |
   . |  (__人__)  │         みんな、俺の隣にいるリュカと、その親父のパパスのおかげだお。
      |   `⌒ ´   |
   .  |           |          こいつらのおかげで、俺はギリギリのところでまだ、
   .  ヽ       /          踏みとどまることができた。
       ヽ      /
      >     <
      |      |            人の優しさと…美しいところを、見せてくれたから。
      |      |




                           ┏
                             ヘンリーは俺を見ずに言った。

                             ―――ヘンリー…?
                                                 ┛

.

139 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:41:06 ID:R1fzJUzU [30/41]
1310




        ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

                           いつも、俺の心配をしてくれた。

        ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


             ┛┗         「 そうだ、おまえなんかおおバカやろうだっ!! 」
             ┓┏  ノ
              l。(> <      「 おまえをたすけるために、おれ、ハラペコになっても、
              |  (__人)        がんばったのに!!                    」
                 ヽ  ‘ー’
                   ハ   ヽ        「 おまえをたすけたかったから、ここにきたのに!! 」
              l l    ll
                  ( |    |)       「 だれにもひつようとされてないなんて、いうなよ。 」
                   し  .J
                          「 そんなかなしいこと、いうなよ!! 」



           ────────────────────────────────


                                                 / ̄ ̄\
                                                    /  ヽ、_  \
             「 ほら…ホイミ、かけ終わったぞ。 」            (●)(● )   |
                                                   (__人__)     |
             「 ごめんな。いつも、世話をかけて。 」               (`⌒ ´     |
                                              .      {          |
             「 でも、ありがとうな。俺を、心配してくれて…。 」      {         ノ
                                                 mm   ヽ      ノ
                                           (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                                    ̄ ̄ ̄|    |



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

              何の見返りもないのに。   自分の父親を、俺に奪われたも同然なのに。

        ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡


.

140 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:42:02 ID:R1fzJUzU [31/41]
1311




        ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

                          だから俺は、今まで生きてこれた。

        ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡



   __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
    ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
    ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
    ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄  ̄ ___―===━___ ̄―
    ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━/      \_―― ̄___ ̄―=
                                    / :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
                                   /  :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\ n      ―――だから、俺は。
       ____________,、ヘ,___      |      (__人__)    l^l.| | /)
       \>──────────〔ク  )   ̄``"''''⌒\     ` ⌒´    /| U レ'//)
   ┃      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'ー-''¨`"''''ー-、、,,,._                  ノ    /
   ┏━━┛                          `ヽ          rニ     ノ
   ┃         ━┃  ┛┛┃  ┛ ┛ ┛        l               !ヽ、_,__/
   ━━━┛   ━━┛   ┃                 !          }
   __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
    ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
    ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
    ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
    ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=



        ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

                     リュカ。――――みんな、お前のおかげなんだお。

        ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡


.

141 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:42:53 ID:R1fzJUzU [32/41]
1312




    ザクッッ!!
             /:: :: :: :: ::       、   ヽ   て
            /: :: :: :: :: :: : /:: ::    ',   ヽ  そ
           / : :: :: :: :: :/!:: :: /:: ::  !
          ,':: :: :: :: :: / 、| :: /! :: :: :: l
          !/! :: :: ::iフ ノ、l|゙!:;!l:: :: :: :: ::
           l :: :: ,イl´メミミl'l !;' l|:: :: :: :: l ::   l
           レ:: :: | l      ! l_「l-!:: :: l ! :: ,'        うっ――!?
    r―┬v‐ヘ/´l :: i'!   r、 ,  ミ !l:: レ' ::l ::/
   /`V')ヾ)  ヽ,、!:::lヽ_  `   ,. イフ:: :: |├'
_/ /   フ ! )   !l_!|;!、/  ̄ 77フ ::/ :: :: :;ィ ;!
´/    てl )  ` l,レ-,=、.,l/ / : :: :: :: :/ ! l                ┏
_,,.-‐-、ヽ 「/)  ノ / !ト,..,‐、/::/ /:::::/ ,レ'                   ヘンリーの振り下ろした剣が
  、  ゙ヽ /  し‐' /!l/ 'ァ レ゙rv':/  /
   =、〈 y    c',-‐´ //、、 レ;イ                        ニセ太后の腹を突き刺した。
 __ __冫(l ,、     / /ァ ヾ!f! } ヽ、_                                         ┛
// /   )      tニノ /   { | }  ` `゙ヽ、_,,
      `フ   __,,.-‐'´ 〕  { | }/´lZ___,/    ,,..┐
、  |     ヾラ´ Yーヲ/゙r、  { | }l    ,,.ュァ―v‐' " /  /)




  ギリ…ギリ…。

         / ̄ ̄ ̄\          だから、俺はお前たちを許さない。
       / _, 、_ \
     / :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; \       ラインハットを奪われただけじゃなく、俺の大事な奴から
     |    (__人__)    |       一番大事にしてる人を奪った…お前らを。
     \    ` ⌒´    /




             ┏
               突き刺した剣を、ヘンリーは深く深く、えぐるようにさらに突き刺す…
                                                         ┛

142 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:43:52 ID:R1fzJUzU [33/41]
1313




             ____
         /      \           俺一人の気持ちだったら、もっともっと苦しめてやるところだお。
        /         \
      /              \        だけど俺の大事な奴は、人一倍優しい奴と来てる…、だから。
      |       (__人__)    |
      \     ` ⌒´   /




                  ┏
                    誰も、ヘンリーを止められない。何も…言えない。
                                                   ┛




               -、                  _,,, -‐''''"" ̄´゛  ̄ ̄'''ー、、
             -、 `、l             _,, -''''"゛___、           \
      〈`'-ーー-'^ヽ `、l          _.. ー'',゙.. -‐'''‘.゛      `''-、         l.
      ヽ-''´~ソ /         _..-'彡-'''"゛              ヽ         l
         ,/ く      ,..-'" .'"゛                      ,!         ,!
       _,.r' .,へ `ヽ                            /            |
      =ニ-ー'´  `;、ノ                           /          |
                                         /           !
                                        /              /
      ―――これで、勘弁してやるお。             /           ,/
                                     /           ,i′
                                   /           /
                                       ,/            /
                                /            /
                              /              /
                             /              /
                           /                  /
                         /                   /
                       /                 /
                     /                 /             ,ー-、
                    ./                   /              `l、_l    ,,-ァ
                  /                   /                    ,,.-''/
                 // . ,                /               r、__,,.-''゙,,.-'´
                /  ,/               ./                 ヽ_,rー'゙´
                 ,/ ,/       /  //
               / ,/ /  ./ ///
                / ,////


.

143 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:44:39 ID:R1fzJUzU [34/41]
1314




       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      , ':: : : : : : : ::/: : : : : : : : ::/::: : !: : : : :: : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´,/-―- ''、l:::::::: ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!
     !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ー .:.:.:.:.:.:.:.:ー 、:::::::::::::: \,: :..|::ィ:./'レ'
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /::j: i/ノ
     〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:メィ/´
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!` .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  、.:.:.:.:::i:ハ
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!      r‐、_   //イリ l!
          V ヾ!::::::| l'         ┃‐  イ::: ' '
             ハ!: !  ゝ  ___┃_, イ::::|::/
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://          ┌──────────┐
    r v - < _      ヽ   /!      j/ '           │ ニセ太后を倒した… .│
  γマ_jr-、_ノrー、ゝ-、   \ヽL\                  └──────────┘
  f' /三/三三`~j 、ノ   , ィ'ニL!\\-v 、
  v' 三 / 三三 ゝー 1_} // /∧ヾ.\ > ム
 / 三 /三三三三「 | _!//  ! | ハ \!| } ノ




                    ┏
                      ニセ太后は最後まで自分が殺されるなんて、

                      思ってないみたいな顔で、死んだ。
                                                   ┛

.

144 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:45:23 ID:R1fzJUzU [35/41]
1315




     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |   ( >)(●)     ヘンリー…
   . |  ; (__人__)
    |     ` ⌒´ノ
   .  |         }
   .  ヽ        }
     ヽ     ノ
      .>    <
      |     |
      |     |




               ┏
                 ほんとに辛そうな顔のヘンリーに、何かを言いたかった。
                                                    ┛




      |            (__ノ、_)      ………。
      \           `_⌒
      /           \




                ┏
                  ヘンリーはずっと頑張ってくれた。

                  俺と同じくらい、ひょっとしたらもっと酷く傷ついているのに。

                  ―――そんなヘンリーに、何かを言いたかったんだ。
                                                       ┛

.

145 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:46:03 ID:R1fzJUzU [36/41]
1316




                ┏
                  だけど、何を言っていいか。

                  いつの間に俺はこんなに口下手になったんだろう。

                  ―――そう思ってると、
                                                   ┛


      _______
    _,./       ヽ
   /  ─、,,_   _ヽ、-ー 、
   〉       `Y(,_ )  )
 (´   ─、,,_  入_____ク
 }         \_/   /   ___
 {   ─、,_   !   、!  /     \
 ヽ      ヽ/  /(/   \ , , /\          よっしゃあ、皆の者!
  ヽ ¬─-ー"  /   ノ   (⌒)  (⌒) \
   ゝ、_     _L  / ヽ     (__人__)   |        ラインハットに巣食っていた魔物は成敗したお!!
      `゛ー<  /    ヽ    |r┬-|  ,/
            ∨       ヘ  `ー'´  r'.二ヽ、      鬨の声を上げろ!! ―――我らの、勝利だ!
          ∨             i^Y゙ r─ ゝ、
           ヽ            ヽ._H゙ f゙ニ、|
            \             \`7ー┘!
              ヽ               「:ト  イ




               ┏
                 ヘンリーはいつもの笑顔で、その場にいた全員に声をかけた。
                                                        ┛

.

146 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:46:59 ID:R1fzJUzU [37/41]
1317



                   ┏
                     一気にその場にいた兵士たちが声を張り上げた。
                                                    ┛




     __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
      ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
      ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
      ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄ _  ._=━___ ̄―
      ―― .  _/ ̄/_=  ̄ ̄ ̄ ___/ ̄/― __――___/ ̄/    |  | |  | ̄___ ̄―=
           / __  /      /___     ̄/      /___     ̄/    |  | |  |
           ー' ___ノ /      _ノ ,:  / ̄       _ノ ,:  / ̄    |  | |  |
     __―__ /____/ ̄ ̄ ̄ ̄‐./_ノ,___/―――   ./_ノ,___/ ̄ ̄ ̄ .|  | |  |―― ̄___ ̄―
      ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― _ ̄   ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
      ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ――□  □ ̄ ̄―‐―― ___
      ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
      ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=




                   ┏
                     いきなり現れた、行方不明だった第一王子による、

                     ラインハットを巣食っていた魔物の討伐。
                                                     ┛

                    ┏
                      その場にいた者は抱き合い涙を流し、喜んだ。
                                                    ┛

.

147 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:47:48 ID:R1fzJUzU [38/41]
1318




        ____
      /⌒  ⌒\        うししっ、おまいらスマン!
     /( >)  (<)\
   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     おまいらの力を借りずにやっちまったお!
   |    /| | | | |     |
   \  (、`ー―'´,    /     ひょっとして俺って天才剣士!?
        ̄ ̄ ̄




              ┏
                大騒ぎの中、腰にくっついてくるデール国王の頭をなでながら、

                ヘンリーは俺たちのほうにきた。
                                                        ┛




     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |  ; ( ー)(ー)         ヘンリー…その…。
 .   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ
    .l^l^ln      }
 .   ヽ   L     }
     ゝ  ノ   ノ
    /  /    \
   /  /
 . /  /      |、
  ヽ__ノ



               ┏
                 俺はヘンリーに何か、何かを言おうとした。

                 慰めの言葉? 励ましの言葉? 自分でも判らないまま。
                                                     ┛

.

148 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:48:32 ID:R1fzJUzU [39/41]
1319




         l    ⌒(__人__)⌒    l        リュカ。何も言うなお。
         \     `⌒´     /
         /              \




                 ┏
                   そんな俺に、ヘンリーは言ってくれた。
                                           ┛




         ____
        /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\          子分を守るのは、親分の仕事だお!
     /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
     |     |r┬-|     |
     \      `ー'´     /




                 ┏
                   ずっと見せてくれていた、明るいその笑顔で。
                                               ┛

.

149 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:49:13 ID:R1fzJUzU [40/41]
以上です。次回でラインハット編最終回。


150 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/07(月) 21:52:25 ID:bbdXZCb7



151 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/07(月) 21:55:26 ID:ho1QyCRr
乙。
本当に戦闘しないな。それでも見せ場があるって言うのが凄い。


152 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/07(月) 21:56:28 ID:J6BRl45/ [2/2]

ニセたいこう一撃とは、それだけやる夫の一撃に込められていたんだな


153 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/07(月) 21:56:53 ID:f9oB6eLQ
乙!
ヘンリー良い奴だけど、悲愴感に溢れてるなあ


154 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/07(月) 22:12:59 ID:xYXyz7PP
乙、顔で笑って心で泣いて、を体現する良い男になったな…


155 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 23:39:25 ID:R1fzJUzU [41/41]
ご飯食べ終わったなう。今日は書きだめどうしようかな。







            _,,. -─- .== -,..-‐、
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ      今晩はみなさん。久しぶりに代理で登場の作者です。
        /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ      今回のお話、いかがでしたでしょうか。
        {イ /!仏ムヘ/   `ソイ リi //    |
        Vi ハ ○     ○.^ヾイ}.リ|    |
        ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |      仲間モンスター一杯出しておきながら一切戦闘に参加
         \トゞミゞ      / | }.|   |      させてないどころか表れもしないのはどうかな、と思わなくも
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |      なかったんですが、「ケリはヘンリーに」と最初から決めて
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |      いたのでこのようなラストになりました。
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |




                                   作者が思いまするに、基本的にドラクエ(ゲーム)はあまり幸せを
                                   実感するシーンが少ないです。達成感はあっても。
 .            _,,. -─- .== -,..-‐、
           . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ        基本的に主人公ないしキャラクターは何らかの悲しみや
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }        辛さを抱いていることが多いですよね。Ⅰの主人公くらいかな?
 .        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ        特に哀しいエピソードがないのは。
        {イ /!仏ムヘ/   `ソイ リi //    |
         Vi ハ ●     ●.^ヾイ}.リ|    |       ヘンリーももれなく。義母に裏切られ、父に死なれ、弟を
         ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |       人質同然にされ…国すら、魔物に支配されかけ。
          \トゞミゞ ヽ._)   / | }.|   |       かなりハードな背景を持ったキャラだと思うのです。
           | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |       おまけに奴隷を経験してきてるし。
           | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |
           | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |       でも主人公のおかげで、腐らずに生きてこれた。
                                   そんな風に描きたくて、この話を書いてみました。

                                   一番の主人公の理解者だと思うのですよ。友達っていいよね。



             _,,. -─- .== -,..-‐、
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }        >>本当に戦闘しない
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ        作者が戦闘シーンが苦手だということもあります(モゴモゴ)が、
        {イ /!仏\    /  リi //    |       数あるドラクエスレの中でも、1・2を争う戦闘のしなさかも
        Vi ハ ●    ●. ^ヾイ} リ|    |       しれませんね。妖精の村編では雑魚の敵としかやってませんし。
        ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |
         \トゞミゞ \_|   ./ | }.|   |
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |

156 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/08(火) 00:32:45 ID:uiu8DZGl
乙でした!
とくに重いエピソードの多いDQ5だからこその演出に感心してます


157 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/08(火) 00:34:59 ID:Z9BP5OrY
乙でした

ヘンリーかっこよかった
戦闘シーンはなくても、雰囲気は伝わってきているのでいいと思います
シーン外で戦闘もしているんでしょうし、ストーリー重視な話なのだから、戦闘の比重はそれほど大きくないはず

それにヘンリーそろそろ出番が……w


158 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/08(火) 02:24:35 ID:3nvP0opz
乙でした!
やだ、このヘンリーカッコ良い……


>何らかの悲しみや辛さを抱いている
実はドラクエは残酷物語ですからのー。
2はムーンブルクの滅亡から始まり、3では父の死を経て大魔王を倒した後に地上に戻れなくなるし、
4はもう、言わずもがな。
この辺り、英雄のエピソードの殆どが悲劇に彩られているからなんだろうか、と子供心に悩んだものです。


159 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/08(火) 08:10:47 ID:QmPsL3cU
乙した!
ヘンリー成長したなぁ


160 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/08(火) 16:31:21 ID:znPMoR31
追い付いた…ちょwwwスミスが男前…

乙ペロペロ


161 名前: ◆VeXhfoQdhw [sage] 投稿日:10/06/08(火) 23:02:41 ID:Bs8L3X68 [1/2]

<<作者の休日の素敵な過ごし方>>

    素敵な休日。だが金がない!

          コマンド?

                     ┌────────────────────────┐
                     │ イア  あきらめて家に引きこもってインドア三昧ヒィーハァー...│
                     │                                    │
                     │     もっと働けよこの働きアリ                   │
                     │                                    │
                     │     あえて残りの金を!! 使う!!          │
                     └────────────────────────┘




            _,,. -─- .== -,..-‐、
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
        /   /  ,ハ   ハ  ハ   }      3番目を選ぼうとしてボロボロに怒られまくった
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ      楽しい素敵な過去もありました。
         {イ /!仏ムヘ/   `ソイ リi //    |
        Vi ハ ○     ○.^ヾイ}.リ|    |      もともとインドア派なので実は全然平気なんですけどね。
        ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |      ほんとですよ。
         \トゞミゞ ヽ._)   / | }.|   |
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |



         乙引き続きありがとうございます。

         ただいま青年編のラインハット編最終回書いております。
         やっと普通の男の子ヘンリーがかけてうれしい。
         これでレギュラー化が終わるのは淋しい限り。 いつかか短編書いてやる。

         >>ヘンリー
          ラインハット編の主人公になってしまったヘンリーの人気に私も驚いてます。
          まさに心で泣いて顔で笑う、王器をもったキャラだと思います。書いてるうちに
          どんどんシリアス化して、「あれ?」とちょっと思ってましたw

          小説編ではラインハットの城でのエピソード、実は2ページしかないんだぜ。
          だから大まかな流れやヘンリーの王妃への対応は小説から頂きましたが、
          ほぼオリジナルなんです。なので結構不安でした。

          以前も書きましたが、ちょっと不幸な、哀しい話を思いつくのは得意なんです。
          書くのは苦手なくせに。


         >>スミス
           小ネタのことですね? この話のスミス(阿部さん)は下半身以外は腐ってないみたいですけど、
           熱く力持ちでかっこ良い男にしていくつもりです。なぜなら原作でそんな奴だったから!


162 名前: ◆VeXhfoQdhw [sage] 投稿日:10/06/08(火) 23:04:43 ID:Bs8L3X68 [2/2]
小説編て何だ。原作の小説では、です。

163 名前: ◆VeXhfoQdhw [sage] 投稿日:10/06/09(水) 00:34:34 ID:TnyGA8Uv [1/40]
もうやだ。ラインハット城乗り込み編が4ページと書こうとしたのに。余計なことは書かないほうがいいみたい。
ラインハット編が2ページみたいな書き込みしてしまった―。

ああ―。何やってんだ。余計な書き込みはしないほうがいいね、私。


164 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/09(水) 00:53:45 ID:PfYmvBWt
深夜には魔物が住んでるからな…なるべく深呼吸してから書き込んだ方がいいかもね。
俺もさ…昨夜リア充のギシアン聞いてイライラしながら散歩してたら
深夜を徘徊してる酔っ払いに出会って悲鳴上げられた挙句化け物扱いして逃げられたからな…。

引っ越して早々ついてねえわ…そんなにヤバい顔してたかなぁ…


165 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/09(水) 01:29:04 ID:P7lLm50j
蒼の子が退場してもうた……


166 名前: ◆VeXhfoQdhw [sage] 投稿日:10/06/09(水) 04:04:50 ID:TnyGA8Uv [2/40]
作者です。

次が最終回、といいましたがごめんなさい。
最終回が2回になりました。

今日の23時前後に投下に参ります。

「父からの手紙・1」


>>164
ありがとうござます。もっと推敲してから書き込みます。
と言うか…164さん、ツイてなかったですね…。
ひでぇなあ、その酔っ払い。

酔っ払ってる時はいろんな意味で気が大きくなりますし、気にしちゃダメっすよう。


>>165
はい、退場になりました。かわいいAAがありすぎて困ったです。さすが蒼の子。


167 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/09(水) 05:14:44 ID:vRm0h8gM
2ページと聞いて殆どオリジナルなのか、すげえなと思ったら4ページの間違いでそれでも充分スゲエけど
むしろ>>1のぶれないドジッ娘ぶりに感動した。


168 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/09(水) 10:50:22 ID:q59/JbjV
最終回って青年ラインハット編の最終回だよね
まさかここでスレが終わるとか…ないと思いたい、まだビアンカとも再会してないしw


169 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/09(水) 16:01:04 ID:2MyuNcri
多分、やらない夫は弱虫のようですが終わって、やらない夫は弱虫だったようですが始まるんだよ。


170 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/09(水) 20:08:59 ID:8uBBXKfu [1/4]
ビアンカ役って誰だっけ・・・?
マジに思い出せん・・・orz


171 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/09(水) 20:20:26 ID:EzV5EI3j [1/2]
朝倉だったような・・・


172 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/09(水) 20:20:33 ID:m1Qq4zmH [1/2]
あちゃくら じゃなかったっけ?
朝倉のヒドイAA見つからんから朝倉AAで埋める気今のところ無いけど


173 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/09(水) 20:22:59 ID:lanEG5BW
しかし常々思うのだが別に無理やり埋める必要ないんじゃないのかと


174 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/09(水) 21:21:35 ID:TnyGA8Uv [3/40]
投下原稿最終チェック中なう。



        /            、     ヽ
γヽ⌒)   /              \  、_  ヽ
(   ´>  | _,.--‐r―ーr-- 、_      〉ヾ  \           >>ビアンカって
(_,ノヽ'_,.ィ<´ |、 l |   ',. 、  , `ヽ,、   \ヽ,/
     ̄フ  | .メ、|_   _,斗匕. _ >、ヘ\   .ヽl              はーい。作者が山のように女性キャラ出すから
.    ∠、  レ' ´    `´ `´ | ,`'  |\  ゙,〉              わかんなくなるよね。ビアンカはあたしだよ。
      ヽ、〈 ====    ===| ,'   .|´ヽヽノ               (あちゃくら→朝倉)
         |`ハ xxx     xxx l'    | ノ´_ ヽ、
        | ' l           l    |´   `゙'''`---------―_ッ    作者がちまちま書くからもうあたしの出番は
        レ' ゝ、   -┤  __,|    |         ̄ ̄ヾ ̄、     かなーり前なのよね。最近は見返してさえ
       |   ∧`7Tニ''' " ´,ィ|    |               _ヽ    くれないのでやになっちゃいます。
       |   | `l ', ヘニニ´/イ    |                ∧
       |   |   ', `l ゚ ゚ ゚./ |.    ,'\   `ヽ、       ,r' "
       |l  _,l  ', ヘ  / .|   ,リ-,r'      ヽ、    ノ       大きくなったあたしはまだ少しあとにならないと
       ゞ'´    l  l /  / ̄ ノ∧ \       ハ\ヽ'        出てこないから、皆さんそれまで待っててね★





 というわけで作者です。今晩は。もう少しで投下しに来るよ。

 >>ドジ
 もう面目なくて隠れたい気分です。ああうぅ。

 >>最終回
 …すいません、青年ラインハット編での最終回です。さすがにここまでやっていきなり飛ばしませんw
 家族バレした私に、あとはあんまり怖いものはないよ?多分。

 >>埋め
  エロ・グロ(苦手なんです)でなければ、作者としてはありがたいとおもってます。
  容量をどうにもつかみきれなくて。


175 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/09(水) 21:26:52 ID:bNKbKC/A
把握っす

176 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/09(水) 22:30:15 ID:JZqKRxyU [1/5]
言葉足らずな阿部さんを見てみたかったが…俺みたいな男前がベースじゃぁしょうがないな…。
ペロペロ

177 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/09(水) 23:01:40 ID:wDZpzQjv
待機!待機!
……実はこのスレに影響されてDSのDQⅤ買ったんだ

関連記事
やらない夫は弱虫のようです 「青年編」 | 【2012-07-11(Wed) 22:19:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する