つぶやきや更新状況などなど
カテゴリ
最新記事
最新コメント
今日のアクセスランキング
カウンター
やる夫系板
まとめブログさま
RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

やらない夫は弱虫のようです 第四十八話 「親分と子分・2」

58 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:07:37 ID:WCORP9rq [3/37]
1253




                          i| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                          l| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                          :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                             | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                          :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                          :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                             | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                          :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |i
                             | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                          :|::;:;:;:;:;:,.        .,:;:;:;:;:;::|:      ┏
                         :/:::.                 |:        ブルッ、と腕が震えた。
                           :/:                  |:                      ┛
                       //:                |:
                         //:                    |:
                         :/:                  |i
                     i,':                     ||
                     l|:                  |:
                     :|:        ,::..             |:
                     :|:      /::.:.:.             |i
                     i|:     / ̄`ヽ::.            ||
                     :|:      |   .::ノ:::.         |:
                     :|:      | :/ \    /:  /: //:
                     :ヽ___人._____/:. /_/´
                              ̄ ̄ ̄ ̄


.

59 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:08:20 ID:WCORP9rq [4/37]
1254





              l (__人 ___ )     };        ┏
                 ;|  `ー――‐ '     |            一気に喉が渇くような、
              |    ⌒         j
              丶            /、;;                  口の中の水分が消えたような。
               ヽ          ノ.│                                      ┛
              /√ヽ──-´ / ノ \






                         ┏
                           心よりも、体が先に、反応した。
                                               ┛






.

60 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:10:13 ID:WCORP9rq [5/37]
1255



                     ┏
                       忘れられない。忘れられるわけがない。
                                                ┛





          ____
        /      \
       /         \      ペシュマレンドラ。
     /              \
     |       (__人__)    |     ―――俺の声を、忘れたとでも?
     \     ` ⌒´   /






                     ┏
                       ―――そう、あの声は。……あの声は!
                                                 ┛








61 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:10:50 ID:WCORP9rq [6/37]
1256




                   ┏
                     ヘンリーの、恐ろしいまでに冷たい声に、
                                              ┛




                                             人
                                               て
                                γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、   〈
                                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                              γ:::::::::: 人::::人::人::::人::::::::ヽ
                              (::::::::::/_ノ   ヽ、_ ||li \:::::::)
               あ、あなたはっ…!   \:/ (○ )  (○ )    \ノ
                                     |    (__人__)       |
                                  \   ` ⌒´       /




                        ┏
                          女の顔が一気に緊張する。
                                            ┛




62 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:11:39 ID:WCORP9rq [7/37]
1257




            ______
           /         \
            /  :::::::::::::::::::::::::::::  \             そう、俺だお。
          /  ::::::::::::::,::::::::::、,,.-='、'、::::\
        / :::`┬;;;:::┬′:::::::::゙.゙、;;;;::',ノ:::: \           十年ぶりだおね―――、お義母さまよ?
     / ::::::::"⌒゙''''''´":::::::::::::::`''''''"⌒::::::  \
     |  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  |
     |  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  |
     \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /
       \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /






              ┏
                皇太后に、ヘンリーはわざと「お義母さま」と呼んでみせた。
                                                     ┛


                 ┏
                   俺たちを、奴隷に落とし……

                   俺の…父さんを。殺させるきっかけを作った、女。
                                                  ┛




63 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:12:20 ID:WCORP9rq [8/37]
1258




                ┏
                  奥の院で遊びまわって政治すらしていないという、皇太后。
                                                      ┛





                                     γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                    γ:::::::::: 人::::人::人::::人::::::::ヽ
                                    (::::::::::/_ノ   ヽ、_ ||li \:::::::)
                       ヘンリーさま…。    \:/ (○ )  (○ )    \ノ
                                         |    (__人__)       |
                                      \   ` ⌒´       /





                 ┏
                   その皇太后とまったく同じ顔をした女がここにいる。

                   ―――トムが牢獄から連れてきた、囚人として。
                                                  ┛


                  ┏
                    自然と…広場の人たちから、またざわめきが起きた。
                                                     ┛


.

64 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:13:11 ID:WCORP9rq [9/37]
1259




            .l   l`                      l ,   .l
            .l  l、l                       lr,  .l
            ,l , 、l                         l  l
            .u l`  `ヽ、               _ ,r ´   1 lヽ
            / .l l - , ___  `ヽ          _ , - ´_ , -,  7 l、 l
            l .l l l  ヽ  ` ‐,、_ ミ、 ヽ /   , r、´   /  l .l l l      ……ヘンリーさま。
                .l Y l .l   ヽ   '‐´ ヽ、 ´ ヽ 、 ´ '‐´  /   //`l .l
             .l ヽ.l .l    ` ‐‐‐ ´ノ.│.lヽ` ‐ ‐‐ ´     //ヽl/       この方は、……そうなのですか?
           , r/ ヽヽl .l              l│       し  .//ノ ∧ヽ
      - ‐ 7 /  ヽ_.l .l          │l          // ノ  l ヽ
       /  ./    l .ヽ.l         l│         / l ´/   l  .ヽ
      r    /      l l-l .        .│l        ./ l /    l   ヽ
           /      .l l ヽ        l│       /  .l/     .l        ┏
            /       l l ヽ  ., -,、 ____ l│___ , _ 、  /  .l      l          その場の雰囲気を、兵士トムが
         ./       ヽl  ヽ l`,'_,'__,',_`´_,'__, ニ,ニl /   .l       l
          ./        l '   ヽ `  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ´ /    l        l         代弁して見せた。
       ./         l      ヽ   ...............   /    l        l                            ┛
       /         .l       ヽ   :::::::::   ./     l         l
      ./            l       ヽ      /     .l          .l
                 l        ヽ  /       l          l
                 l         `‐´        l           l




65 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:13:46 ID:WCORP9rq [10/37]
1260




                     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                    /: : :             \
                  /: : : :              \
                /: : : : : :                 \
               / : : : : : : :.._        _      \
                  l : : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l          そうだお、トム。
              | : : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |
                  l : : : : : : ´"''",       "''"´       l          ―――この方こそが、
               \: : : : : : . . (    j    )       /          真のラインハット現国王の母君。
                \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /―-.....-.....-......
                 ,ィl\ : : : : : : : : : : : : : : : : : ; : イ::::::::::::::::::::::::::::::::::    ペシュマレンドラ皇太后陛下だお。
             ,....:::::'´::;':::::::`iヽ: :``ー- -‐'"´ ,ノ i´:::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::;:
           /:::::::::::::::;':::::::::::l \     /  l::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::!::::
          /::::::::::::::::::::::l:::::::::::::!   `丶_,ィ   /l::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::;'::::
        ./::::::::::::::::::::::::::::レ' ̄`つ   /::::ヽ  /  !:::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::;':::::
      /::::::::::::::::::::::::::::::/,ィ='/仁,ヽ   ∧:::::λ /  .l:::::::::::::::::::ヽ::::::::::::/::::::
     /::::::::::::::::::::::ヽ、::::「 ´_,ィ//‐,、ヽヽ/ヽ 〉-.! レ  ./l:::::::::::::::::::::::ヽ::::: /::::::   ┏
     /:::::::::::::::::::::::::::ヾ,::l ´二,ゞ',\;T´   `l::::::l  / .!:::::::/:´ ̄`:丶 '::/::     !! ヘンリーの言葉に、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 ` ̄¨ ` 、_)、    l:::::::! '   !::::::\::::::::::::::/'´:::::::::::
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!  .ュ⌒`イl::',   l::::::::l    /l:::::::::/::::::::::レ'::::,--‐      やはりと思っていたが全身がこわばる。
   /:::::::::::::::::::::::::\:::::::::l  イ ヽノヽ:::::ヽ  !:::::::::l  / .l::::::/:::::::::::::l                                   ┛
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::\;イ〉    .):::::\::::\ !::::::::::ゝイ´::: ̄::::`::::...、:l
  ,':::::::::::::::::::::::::::::::::/::', ヽ   /:::::::::::/::::::::::>::':´:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  l::::::::::::::::::::::::,::::'´::::::::::', ヽ ィ:::::::::::;:'::::::::/::::::::::::::::::::::`::::、::::::::::::::::::::::\
  !::::::::::::::,::::':´:::::::::::::::::::::', ヽ!l::::::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::ヽ.
  .l:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   !/::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::ヽ





                      ┏
                        何故? ヘンリーは知っていたのか?

                       ―――この城に、本物の皇太后が監禁されていることを!
                                                           ┛




66 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:14:36 ID:WCORP9rq [11/37]
1261




                    ̄   、
               ´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; \
        / :;:;:;:;:;
         / :;:;:;:;:;           ヽ
       ' :;:;:;:;:;             ヽ
       l :;:;:;:;                 ヽ
   .   l :;:;:;:;                l   ))    (( 駄目だっ… ))
   .    l:;:;:;:;                 i
      l:;:;:;:;:;:;:;        U        !
      l :;:;:;:;                    i
      l :;:;:;:;:;:;:;               i.       ┏
      !:;:;:;:;:;:;:;                 /          俺は顔をそらした。
      ,'  :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;           /
    ̄ `ー - :;:;:;:;:;:;:;          /            駄目だ。十年も経つのに―――
           `  、        /
   :.:.:.:.:.:...        、      /               怒りがあふれ出そうになるんだ。
   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´                                    ┛
   ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
       ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
          ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./





               ┏
                 もう、父さんが死んで十年になるのに。

                 それでも……、俺は、感情を抑え込める自信がなかったんだ。
                                                        ┛



.

67 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:15:17 ID:WCORP9rq [12/37]
1262




         ____
        /     \            ┏
         ‐   ─     \             ヘンリーはそんな俺をチラリと
        (  ( ●)     \
      (人__)         |                            見た後、
      `⌒´         /                                   ┛
       `l          \
          l           \



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




              ――――大丈夫。俺に、任せるお。


                               子分は親分に守られていろ。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



           ___
          /      \
        /          \         ┏
       /   ⌒   ⌒   \          そう小さく言って、
       |  /// (__人__) ///   |                     俺に笑いかけてくれたんだ。
       \              /                                        ┛




68 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:16:01 ID:WCORP9rq [13/37]
1263




         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       /: : :            \          …さて、「お義母さま」。
      /: : : :            \
    /: : : : : :              \
   / : : : : : : : ..               \      俺から質問があるから、答えてほしい。
   |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
   |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
   |: : : : :  ´"''"        "''"´       l      質問は三つだけだ。答えてくれれば、面倒はない。
  . \ : : : : . .(     j     )      /
     \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \




              ┏
                 ヘンリーは俺から自分の義母に顔を向けると、

                 俺には一切見せたことのない感情を強く抑え込んだ表情をして、

                 問いかけた。
                                                        ┛


.

69 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:16:43 ID:WCORP9rq [14/37]
1264




          ____
        /      \          一つ。
       ─   ─    \
      (●)  ( ●)      \       俺を誘拐拉致させたのはお前だけの考えじゃないはずだ。
      | (_人__)        |
      \` ⌒´       /        誰から入れ知恵された? 『それは、人間か』?
       / ー‐       ヽ
        /            `




             ____
        /      \          二つ。
       / ─   ─   \
      /( ●)  ( ●)    \       俺が誘拐された後、
      |  (__人__)       |
      \ ` ⌒´       /        サンタローズを焼き討ちさせたのは、『お前の指示なのか』?
       /  ー‐      ヽ
       /            `




           ____
         /      \          三つ。
          /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \        お前は……本当に、『親父と、デールを愛していたのか』?
      |     (__人__)   |
      \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \



.

70 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:18:13 ID:WCORP9rq [15/37]
1265





        __
       /ノ ヽ\ ……っ!!
     /.(○)(○)\        ┏
     |. u. (__人__) |          ヘンリーの三つの質問に、
    . |        |
       |        |           俺はさっきまでとは違う意味で全身が緊張した。
     .  ヽ      ノ                                         ┛
       ヽ     /
       /    ヽ
       |     |
       |    .   |



                  ┏
                     ヘンリー。

                     お前は一体…何を聞こうとしているんだ?
                                                 ┛



.

71 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:21:11 ID:WCORP9rq [16/37]
1266




                  ┏
                    ヘンリーは、判ったというのか?
                                         ┛

             ┏
               王子の誘拐と、サンタローズ村の焼き打ちの、真の意味を。
                                                    ┛




                                                   ,. -‐―――‐-、
                                                        γ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    ごめんなさい、ヘンリーさま…。           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                                γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
                    確かにあなたの拉致…あなたを殺せと、    (:::::::::/  _ノ  ヽ、_  \:::::::)
                    私は十年前、ある者に命じました…。      \:/  o゚⌒   ⌒゚o  \ノ
                                                  |     (__人__)'    |
                                                  \     `⌒´     /




        ┏
          彼女―――ペシュマレンドラは、

          ヘンリーの声に、観念したのか諦めたのか…判らないが、涙ぐみながら語り始めた。
                                                              ┛




                                                    ,. -‐―――‐-、
                あなたをなんとかしないと、                   γ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                デールが危ないと色んな者に囁かれ…           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                浅薄な私は、その声を信じてしまったのです…。       :::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
                                                 (:::::::::/  _ノ  ヽ、_  \:::::::)
                そして、恥ずかしい話ですが、被害妄想に        \:/ o゚((○)) ((○))゚o \ノ
                とらわれた私は…毎日のように、夢を見ました…    。|     (__人__)'    |
                                                      \     `⌒´     /


  <夢? 夢とは、どんな夢だお。




72 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:22:16 ID:WCORP9rq [17/37]
1267




   γ:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ    はい…夢は、いつも…同じ者があらわれました。
 (:::::::::/ ノ    \  \:::::::)
 \:/  (○)  (○)  \ノ    そして…私に囁くのです…ヘンリーさまを殺せと。
  |      (__人__)     |
  \     ` ⌒´    /     そうしないと……デールが殺されることになると…!
  /            /
  \       (__ノ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




   || | |il |il |ili |il |:∧ /ヽ         ィ     /| |l\i:::::| |         「 ―――殺しなさい、 」
   || | |il |il |ili |il |: /∨ ノ    ┐ < __/     / l| |l||::: | |
   || | |il |il |ili |il  | l  ト l´ ノ        イ_.∥|l||-..| |
   || | |il |il |ili |il || |  |___| {   __   / /|∥|l|l:::::::\        「 あなたの息子のために 」
   || | |il |i,- ──-ヽ \ \ヽ   ̄    `ヽ_/::::::|∥|l||:::::::::::::\
   || | |/:::::::::::::::::::::::::\\ `           |::\:::::|/|l||:::::::::::::::::::\
   |l/::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ̄`ー― ---、〈 ̄廴ノ⌒7 |l||:::::::::::::::::::::::::\    「 殺されたくなければ。 」
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r┴f⌒ト-イ⌒Y⌒7 | |   l⌒|l||::::::::::::::::::::::::::::::ヽ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                     毎日のように、私の夢に現れ…

                     きっと、私の愚かな部分が形になったんだと思います…。




73 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:23:14 ID:WCORP9rq [18/37]
1268




                      黒い羽根とともに、一人の女が、私に言うのです…。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  / l 〈(7::r‐'ノr‐く>=彡イ  | |l  l  | l  |  〔(_ノハl l |
  |l |〔(/:::ノ/rヘ/ イl|   | l| |l  |i | |l l|  ` 二}∨厶、
  |l |〔(|〈_/rヘ/イ l||¦ l||l i| l|¦|l|l|li||l| l|l l く<フ 小二)〕
  |l |〔(|(||Vノl i|l| |l | |l |l|l|l | |l|il| l|l|l|l||l| l|l| |i ヽイ 7Y,ニ、
  |l |〔(|ノ|| |)〕| |l|l|i|| | |l |l|l|l | |l|ll| ||l|l|l||l| l|l|_|l |〈〈__/ 小、_ノリ
  |l |〔(|彡=く | |l|||l|| | |l l|l∥| |l|ll| l∥|_」!イ | |l | |ト-1l| |ト-く      「 ―――ヘンリーを、殺すのよ。 」
  ||/イ|く__ノ八|l||||l| | |l l| | | | | | Τ|l j≫≦ミメ |l| |:| | |l | |
  ||ヾノ小ーく | |l|||l | l | ⊥ | l | | |   |〃l o l  |l|〈ノ | |l | |
  ||/イl|く__〉〉|l |l|, イ | | | l l | l     、=彡  lリ | |l|丨 | |      「 いいの? 可愛いあなたの息子が、 」
  ||ヾノ小ー1丨ヘ| | ≫=ミ              / | |l|| :| |
  || | |il |il |ili |il |l 〃{  o                  | |l| |::| |
  || | |il |il |ili |il l::  ヽ=彡      、        ハll|亅::| |      「 兄というだけの男に、殺されてしまうとしても 」
  || | |il |il |ili |il |:∧ /ヽ         ィ     /| |l\i:::::| |
  || | |il |il |ili |il |: /∨ ノ    ┐ < __/     / l| |l||::: | |
  || | |il |il |ili |il  | l  ト l´ ノ        イ_.∥|l||-..| |
  || | |il |il |ili |il || |  |___| {   __   / /|∥|l|l:::::::\
  || | |il |i,- ──-ヽ \ \ヽ   ̄    `ヽ_/::::::|∥|l||:::::::::::::\
  || | |/:::::::::::::::::::::::::\\ `           |::\:::::|/|l||:::::::::::::::::::\
  |l/::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ̄`ー― ---、〈 ̄廴ノ⌒7 |l||:::::::::::::::::::::::::\
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r┴f⌒ト-イ⌒Y⌒7 | |   l⌒|l||::::::::::::::::::::::::::::::ヽ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                         私は、気が狂いそうになるかと思いました…。

                         そして、勧める者の口車に乗ることにしたのです…。


.

74 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:24:45 ID:WCORP9rq [19/37]
1269




                     ┏
                       黒い羽根とともに……女が?
                                          ┛

          ┏
            細かい説明をされたわけじゃない。だけど、俺は直感的に判ってしまった。
                                                         ┛




    . |  U  (__人__)
      |     |r┬-|    (( ゲマ… ))
    .  | ι   `ー'´}
    .  ヽ     u  }    (( ゲマだ…――― ))
       ヽ     ノ
       /    く
       |     \
       |    |ヽ、二⌒)、




                    ┏
                      なんてことだ……じゃあ…ヘンリーの誘拐と

                      父さんの殺害は…―――
                                                 ┛


.

75 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:25:27 ID:WCORP9rq [20/37]
1270




      /       /     イ   //  /                   /   ハ}ililillililililハ    ハ
     ./      `.ト、    / ハ  / i ... /                   /    ヾ}ililiilililiアメ    .|
     i        .| \ /  |  ./  .| /                   イ     ハililililililiil}}    .|
     |        .i   ヘ  .| /   |.ィ                   //   /  {ililililililili}メ   |
     i        | ゝ/  ,\i./    |                 / /  ,イ    {ililililililil}メ   |
     |        .ハ //≧=、/≧ 、   |                /  / / /    ハililililililili}メ   |
     ハ       ∧/\ {:::::o::::ァ、≧彳          , --' ´  / / ./    彡三ミv彡三ミ  |
     ハ      / i!ハミ、≧,,;,i!;;;;;ハミ |       , イ  ___.∠'/___/_  //  ilil}ilil{  ヘハ |
     ..∧     .ハ | | ilミ三三彡'" ー| _ ィ ' ´  三≧__ナ/ ̄ ̄フ ̄  |::|   illノ:水小 ソ/ .|
      .∧     i | | |   ̄    ̄::.´    ゛=. イハ:::::o:::ァ= 、_  /     |::|  / /ilililヾ {{   |
┌──────────────────────────────────────────────┐
│            (( 全部、最初からあいつに仕組まれていた、…っていうのか!? ))                 .│
└──────────────────────────────────────────────┘
        |\  V/  .\     、,_  ´         .、_/_ ィー'ハ´       |::|::::::|::|\    .|
        |::::::>  Y===.\    ヾ-`= - _,        /-─イ:::::::ハ        |::|:::::|::|::::::\  .|
        |:::::{、ヽ ii!   {i::::\   .. ̄ ̄:::: ̄       /   {/::::::::::ハ.        |::|:::::|::|:::::::::::\ ハ
        |::::::ソ  \__≧i}::::\    ̄      _ イノ    {/::::::::::::::::i          |::|:::::|::|:::::::::::::::::\
        |:/:::彡==イ ̄ ̄ ̄. >- - ─tj ´:::::ノ ̄    iソ::::::::::::::::::|         ´ハ:::iリ::::::::::::::::::::::
        ノ::::::::// ̄ ̄ ̄        /::/   |::::|      _//::::::::::::::::::∧        ハ::::::::\:::::::::ー、
       ./::::::::/∧           /::/   .|::::|    ≦:://:::::::::::::::::::/:::i          ハ:::::::::::::\:::::::
      /::::::::::::::::::フ、         /::/     .|::::|     て::/::::::::::::::::::::::::::i!          ハ::::::::::::::::\::



.

76 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:26:07 ID:WCORP9rq [21/37]
1271




                   ┏
                     叫びだしたいのを必死にこらえて、

                     俺はひたすらヘンリーを見ていた。
                                           ┛





          ____
         /       \
        /   ─     ―      ……なるほどね。
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |    『夢』に出てきた女に、そそのかされたと。
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '      判った、それは信じるお。で、二つ目の問いは?





                 ┏
                   ヘンリーだって、何も感じてないわけがない。

                   なのにヘンリーは、表面上には何も見せないようにしていた。
                                                         ┛





                    はい…。                             ,. -‐―――‐-、
                                                          γ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    あなたが誘拐された後、                      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    私はすぐに後悔しました。               γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
                                                      (:::::::::/  _ノ  ヽ、_  \:::::::)
                    ベルギースさまに愛されていたあなたを、       \:/  o゚⌒   ⌒゚o  \ノ
                    単に私は、嫉妬していただけなんだと…           |     (__人__)'    |
                    それで、あんな囁きに乗せられてしまったと…     \     `⌒´     /

                    それに、気づいて…。




77 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:26:53 ID:WCORP9rq [22/37]
1272




      ,. -‐―――‐-、
     γ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       私は愚かです…デールが心配なのは確かに、神に誓って、本当です。
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ    そのデールに危険が、なんて証拠も何もないのに囁かれて
  (:::::::::/  _ノ  ヽ、_  \:::::::)    信じてしまい…みんな私が悪いのです…。
  \:/  o゚⌒   ⌒゚o  \ノ
    |     (__人__)'    |     私は、罪悪感に耐えられず、陛下に真実を告げようとしたのです…。
    \     `⌒´     /        あなたがいなくなって、二日めのことです。





    γ:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
  (:::::::::/ ノ    \  \:::::::)      その時に、私は得体のしれないものに捕えられたのです。
  \:/  (○)  (○)  \ノ
   |      (__人__)     | 
   \     ` ⌒´    / 
   /            /
   \       (__ノ




78 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:27:36 ID:WCORP9rq [23/37]
1273




                   そして十年―――私はあなたに助けられる今日まで、



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                                          |:.:|:.:ヽ:.、      _       /:/:.:.:..:/:/
   「 もういいよ。元王妃さま。」                      }:.:!:.:.:.:ト\     V⌒       /イ:.:.:.:.:.: /:/
                                          |:∧:.:.:.ヽ.     ‘ _ノ        //:.:.:.:.:/:/
                                          レ ヽ:.:.ト、{>..   ー     . イ:/:.:.:.:.;.':, ′
   「 後は、僕が全部引き受けるから。 」               , - 、  \{ ` }ヘ`ト __ -‐ 7:.:/:./:.:.:.:/レ'
                                        /二、_≧ー―‐ ´ ̄ \    {:./|ノ|:,イ/ ′
                                       /    )_ヽ        \r‐'⌒\_'__
   「 安心して、死ぬまでここにいるといいよ――― 」    /       )__ヽ     / ̄ ̄)又\`< )__
                                    /'          _〕ヘ   / r' ̄ 7イヘ \\ \ )_
                                  / /            (_ }  \ヽ ノ /|ミ}!  ヽ}  ハア∧



        ────────────────────────────────────




    ll::.::.|::|::.::.::. |::.lヽ\           /   /l:|      「 サンタローズというちっぽけな村を、」
    ||::.::l::.|::.、::.::l::.`、`ヽ             ,   /::N
    lト、:レヘ::.|::.::.\::ヽ、           ̄  /::.::.;′       「 君が提案したことにして、焼き討ちにしてきたよ。 」
      \ ヽl::.::.::.::|ヽ:> 、       /!::.::.: ,′
         |::.::.::.:l `ヽ、 `¨¬ー-‐'´|/|::.::.:/         「 ふふ…これで、君は一生ここから出れないね。」
         ヽ::.::.:「 ー- 、   ト、     !::.:/
         /ヽ::.|     `丶、|∠\  |::/           「 万が一『あいつら』が自由になっても、
     r─<´   ∨    /,.イ {_}`ヽ`メ/_            絶対に君を許したりしないだろうからね。ふふ 」
 r┬イ^ヽ、 〉        /// /}{|\ \  `くヽ




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                       あの牢獄に、閉じ込められておりました。




79 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:28:09 ID:WCORP9rq [24/37]
1274




    γ:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ      私の言葉に、何の力があるとは思いますが…。
  (:::::::::/ ノ    \  \:::::::)
  \:/  (○)  (○)  \ノ      私はサンタローズの焼き打ちには関係していません。
   |      (__人__)     |
   \     ` ⌒´    /       誓って、本当です…。
   /            /
   \       (__ノ


                   ┏
                     皇太后が途中で入れ替わった。―――本人の口から、

                     そう聞かされても。不思議と広場のものは、騒がなかった。
                                                         ┛



  . |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ
  .  |         }        ((ゲマ…ゲマ―――!!!))
  .  ヽ        }
     ヽ     ノ
     .>    <
     |     |
      |     |



        ┏
          入れ替わった、ということは想像できなくても。

          ―――皇太后の振る舞いが変わった、ということは皆、見てきていたからだろう。
                                                            ┛



.

80 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:29:08 ID:WCORP9rq
1275




           ____
         /      \
        /  ─    ─\         判った…それも、信じよう。
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |        じゃあ、三つめ。
      \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \        答えろお。おまえはほんとに、親父とデールを愛していたのか?




                 ┏
                   どうしてヘンリーは、こんなに落ち着いていられるんだろう。

                   王子というものは、こんなに強いのか? その立場に立つ人間は。
                                                            ┛




     γ:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
   (:::::::::/ ノ    \  \:::::::)       ――――…はい…。
   \:/  (○)  (○)  \ノ
    |      (__人__)     |
    \     ` ⌒´    /
    /            /
    \       (__ノ


                    ┏
                      皇太后は蚊の鳴くような、小さな声で返事をした。
                                                    ┛


.

81 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:29:56 ID:WCORP9rq
1276




        ,. -‐―――‐-、          信じては頂けないかもしれませんが…。
          γ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       私は陛下を心からお慕いしておりました…。
     γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ      死に目にもあえず―――もう、それだけで私は死にたかった…。
     (:::::::::/  _ノ  ヽ、_  \:::::::)
     \:/  o゚⌒   ⌒゚o  \ノ       だけど…デールが生きている。
      |     (__人__)'    |       死ぬ勇気を持てなかった私を…お許しください―――。
      \     `⌒´     /



              ┏
                 皇太后は絞り出すように、自分の気持ちを吐き出した。
                                                   ┛



           ____
        /    \
   .    /          \
   .  /    ―   ー  \       今も…死にたいと思っているおか?
     |    (●)  (●)  |
   .  \    (__人__)  /
   .   ノ    ` ⌒´   \
    /´             ヽ


.

82 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:30:27 ID:WCORP9rq
1277




        ,. -‐―――‐-、
       γ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ        許されるなら…。
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ     デールは今、得体のしれないものの人質同然です。
     (:::::::::/  _ノ  ヽ、_  \:::::::)     きっと、現状を理解できず苦しんでいるでしょう。
     \:/  o゚⌒   ⌒゚o  \ノ
      |     (__人__)'    |      ―――ああ、私はデールとともに死んでしまいたい。
      \     `⌒´     /       そして、あなたにせめてもの罪滅ぼしを…!




      ┏
        なんてこった。なんてこった!

        俺がずっと、ゲマの次にかたき同然に思っていた皇太后が、実はゲマの被害者だったなんて!
                                                                 ┛




  ..      ____
       / ―  -\
  .  . /  (●)  (●)          ……許さないお。
    /     (__人__) \
    |       ` ⌒´   |
  .  \           /
  .   ノ         \
   /´            ヽ




               ┏
                 ヘンリーはいつから気付いていたんだ?

                 どうして教えてくれなかったんだ? いつだって、俺は傍にいたのに!
                                                            ┛




83 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:31:03 ID:WCORP9rq
1278




                  _____
                /         \
               /            \          お前が死ぬのは決して俺が許さないお。
             /     \,      ,/     \
                /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \
          /    (   ● l    l ●   )    \        ―――確かにお前は、俺のこれまでの十年の
          |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |      原因になった女だお。
          |    ''"⌒'(    i    )'⌒"'     |
           \       `┌,─'^ー,,-┤       /      俺がこれまで、どれだけの思いをしてきたか。
            \     `ー -- -一'     /        ああ、本当に死ぬ思いをしてきたんだお。
            /                 \
           / ̄ ̄ヽ;               ヽ
           (「    `rノ                |      ―――だが、それを責めるために生きろと
           ヽ   ノ              i   |      言ってるわけじゃないお。
           i´ ̄ ̄`i                 l   |




                     _____
                  /         \
                   /            \            お前は…、お前は。
               /   -一'     ゙ー-   \
              /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \         親父の、愛していた女なんだお。
            /    (   ● l    l ●   )    \
            |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |
            |    ''"⌒'(    i    )'⌒"'     |       ―――その女を、俺が殺すなんてできない。
            \       `ー ─'^ー 一'       /
              \        ー一        /
              /                 \         そして、お前はデールの母親だ…。
             /                     ヽ        俺の、義母なんだ。
             |                         |
             |    i                   i    |
             |    i               i    |
          , -‐┴-、__,i                  ゝ、ー┴‐--、
     ̄ ̄ ̄ ̄く / / ァ- ,ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (, -r ヽヽ 〉 ̄ ̄
          `ー' ー´ ̄                    ̄`ー 'ー´



.

84 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:31:55 ID:WCORP9rq
1279




     γ:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ    ヘンリーさま…。
  (:::::::::/ ─    ─ \:::::::)
  \:/。(。○) (○。) .。\ノ   そんな、私のようなものに…勿体ない……
   |     (__人__)     |
   \    ` ⌒´     /
   /            /      ああ、でも…。
   \       (__ノ




                 ┏
                   皇太后は信じられない、という顔をして、

                   次に、ヘンリーにしがみついた。
                                            ┛




        ,. -‐―――‐-、
       γ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     許されるのならばどうか…デールを…
      γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
      (:::::::::/  _ノ  ヽ、_  \:::::::)    デールを…お助けください…!!
      \:/  o゚⌒   ⌒゚o  \ノ
      |     (__人__)'    |
      \     `⌒´     /




           ┏
             この人も…充分に、苦しんだんだ。

             目の前にいるヘンリーにしがみつくのに、手探りでしなきゃいけないくらい。

             苦しみで、目が見えなくなるくらい―――。
                                                            ┛


.

85 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:32:30 ID:WCORP9rq
1280




                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 /:.ノ(          \           ,,              ,,.    ,.
               /: : : ⌒             \        / |   /| /|     _,,.r':/  /::|
              / : : : : ._          _    \     /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|
              | : : : :   ´⌒\,, ;、  、、/⌒`.  l     /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/
.                 |: : : ::;  ( ◎ ) ノヽ ( ◎ ).;;:: |    i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/
                   |: : : : :   ´"''" ,      "''"´  l     i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/
               \ : : :     (    j    )  /      i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/
              ,r''"\: :   .`ー-‐'´`ー-‐'′/         i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/
              f!: : : : :: : :           ト、        i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/
              i!: : : !: : : : :             ヽ.       i:::::::::::::::/  i::/
           ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i  i       i:::::::::/     i/
           | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、     :i'   i,        i::::::::i
           |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.   ',     / .  i:::::::i
         ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i: :// ',   ヽ.,.r"/.    i:::::::i      みな!!
    i、     /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i:/ ./ :'i,'.,.,,,.r'" /    .i:::::::i
\   i \  /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i  ./:: ;;ir''"  /ヽ  .   i::::/      今の言葉を聞いたな!!
 \ !  .\/ .:i.              |   i ヾ、./:r''"    /  ヽ.   i/
   `'    / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /ヽ.   ヽ、        ―――ここにいる者こそ、
.      〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ''"|i   i       /  ヽ、   .ヽ、       ラインハット国皇太后
       ヾ;::ヽ、i  !            /      /,,,,..... --''' "´         ペシュマレンドラ!!
 ―-―――ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;― ==
         ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r"!|   〉
          `i、 ||  |i   i ||'"    /                        ―――そう、お前らは、ずっと
           .ヽ||           i|'                         騙されていたんだお!!
.              i'ヽ、      ,,.r''"!i
            ....:::::::::ヽ|i,,,,,|,,..r''":::::::.......



.

86 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:33:04 ID:WCORP9rq
1281




 __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
 ―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
 _:、__人__人__人__人__人_人__人__人__人 __人__人___人_ ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 :_)                                   (_
 _) 敬愛すべき皇太后陛下は魔物が入れ替わり、 (_
 :)                                   (_
 ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒⌒Y  ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―===━
 _――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=―
                               :、__人__人__人__人__人_人__人__人__人__人__人___人_人__人_
                               :_)                                     (_
                               _) 幼い国王陛下をとりこみ国に対する専横を許した!(_
 __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐――  :)                                      (_
 ―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ―⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y ⌒
  :、__人__人__人__人__人_人__人__人_   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 _)                       (
 _)  聞け!! 皆の者!!  (_
 )                       (
 ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y ⌒Y ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
 __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―==━
  ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―






              おまえたちにまだ国を愛する心が残ってくれているなら――――





87 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:33:48 ID:WCORP9rq
1282




               ____
            ,. -'"´      `¨ー 、
          /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、
        ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、           ―――敵は奥の院にあり!!!
      /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ       ヽ、
      i へ___ ヽゝ=-'"/ ●   _,,>         ヽ
      ./ / ● > ='''"  ̄ ̄ ̄             ヽ       国を憂うものは俺について来い!
     / .ヽ-‐´''"       ヽ               i
     /    i   人     ノ               l
    ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ               /      ラインハット国の大掃除を―――行うお!!
    i      `、  _y──‐ l                /
    ',       i_/  / _ '              /
     ヽ、       ̄ ̄               /
      ヽ、_                     /
         `¨i                     ヽ
          /                      ヽ
         /                     ヽ



         ┏
           ヘンリーの叫びは、その場にいた戦える者全ての怒号につながった。

           そして俺たちは―――ラインハット城・ニセ皇太后にいるところに、突撃を始めたんだ。
                                                                ┛



.

88 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 12:35:35 ID:WCORP9rq
今回は以上。

>>25さんの問いを語らせる、と書きましたが伸びてしまいましたすいません。
次回以降に、ヘンリー、もしくは別のやつが語ります。

あとヘンリー、カッコよすぎるってば。


89 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/05(土) 12:37:36 ID:JbFVS5qr

どんどんヘンリーがカッコよくなるな


90 名前: ◆VeXhfoQdhw [sage] 投稿日:10/06/05(土) 12:52:54 ID:WCORP9rq
うう、まだ眠い。しかし起きねば。

>>89さん
乙ありがとうございます。

そうなんです、この回は100パーセントオリジナルの回ですが、ヘンリーが自然とカッコよく
なっていって止まりませんでした。

王子様でカッコよくて頼りがいがあるって、モテ要素抜群じゃね?と今気づいた。


91 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/05(土) 14:16:44 ID:+BcaOo1c
おつかれさまです、作者様!!!!!!
ヘンリーの民への叫びに鳥肌が立ちました。。

睡眠不足は女性の天敵なんだから、無理しちゃだめだよ。


92 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/05(土) 15:15:05 ID:qO2D5ORW
いくらでも恨み言言ったり積年の恨みを晴らしたいだろうに、ヘンリーが大物だ

93 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/05(土) 16:19:52 ID:X8Dg6Cjs
乙でした
ラーの鏡涙目だなw


94 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/05(土) 16:55:30 ID:c3uTOL/O

鳥肌たったわ
心理描写が巧すぎる


95 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/05(土) 19:03:05 ID:o3VBFhur
乙でした。
ちょっと泣きそうになった・・・


96 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/05(土) 19:44:00 ID:hmmrU8TQ



97 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/05(土) 20:22:42 ID:08HAoK/m
乙んこでした
なんというヘンリー無双
まさに王足るの器ですなー


99 名前: ◆VeXhfoQdhw [sage] 投稿日:10/06/05(土) 22:35:00 ID:WCORP9rq

乙ありがとうございます。
おそらくラインハット編2話ほど続きます。相変わらず長いけど、ご容赦ください。

>>睡眠不足
結局あの後予定全部キャンセルです。長年の睡眠に対する不調ですが、
時間だけはちゃんと寝てるから大丈夫ですよ。ありがとう。ちょっと狂うとすぐ
眠れなくなるんだよね。

>>ヘンリー
このヘンリーの対応は、小説から頂いてます。例え操られてたとしても、
復讐に燃えてもおかしくないのに、すごい王子様ですよほんと。

ラーの鏡涙目は確かにw でも多くの民の目にあえてヘンリーが叫んだのも、
それなりの意図あってのこと…ということにしておいてくださいw


100 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/05(土) 22:39:43 ID:WCORP9rq
あ、予定っていっても別に重要な用事とかじゃないんで、お気になされずに。

目が覚めたらこんな時間+家族のツッコミが待ってたよ! 盗んだバイクで走りだしたいよ!


101 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/05(土) 22:40:42 ID:qO2D5ORW
了解
家族に内緒だったのですねw
これからも強い心でお願いします


102 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/05(土) 22:57:09 ID:JbFVS5qr
家族バレはちょっと恥ずかしいなww
ってことは俺が今までペロペロしたのもバレてるのか…


>>1ペロペロ

103 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/05(土) 23:23:32 ID:ga6YBvWu
乙したー


104 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/06(日) 00:08:38 ID:v7b2y8Z3
身内バレは死ねるww


105 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/06(日) 22:20:12 ID:1b17H6rd
乙です!
やる夫かっこいいよやる夫

後>>1ペロペロ


106 名前: ◆VeXhfoQdhw [sage] 投稿日:10/06/06(日) 23:22:22 ID:Kvs6wGqs
銀河英雄伝説DVD版を21~28巻までぶっ通しでみた週末。

銀英伝は一度見だすと止まらないから困る。ラインハルト様かっこよすぎだろJK…。


てな訳で書きだめ予定が一気にすっ飛んだ作者です。今日は昼とかに書くつもりだったんだけどな―。
1巻から見だすよりはマシなのか?
(銀英伝はDVDで本編だけで1~28巻あります。全部見ると1~2週間は余裕でかかる)


ちょっと書いて今日は寝ます。カッコいいやる夫ももうすぐ書きおさめ。
淋しいような嬉しいような。


>>身内バレ
もともと家族は2ちゃんは見てもやる夫系には興味は持ってなかったので油断してました。
考えると私もあまり隠してなかった…。あぁ悶絶。

107 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/06(日) 23:29:02 ID:PD1YI14u
ふむ、なら当面ヒドイAA探すの休んでも大丈夫そうだ


109 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/07(月) 15:42:23 ID:/ZmQMfD1
小説版未読なんだが、このときヘンリーが見せた「王族としての姿勢」が
後のやらない夫に影響をあたえたのかね


110 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/06/07(月) 21:19:35 ID:R1fzJUzU
さて、それでは投下します。

ラインハット編5話、

「親分と子分・3」

やっとバトルです。でもやっぱり少ないです。


>>109
それは大いにあると思います。あと、自然とパパスやサンチョがそうと気づかせないように
教育していた、らしいです。


関連記事
やらない夫は弱虫のようです 「青年編」 | 【2012-07-11(Wed) 22:12:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する