つぶやきや更新状況などなど
カテゴリ
最新記事
最新コメント
今日のアクセスランキング
カウンター
やる夫系板
まとめブログさま
RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

やらない夫は弱虫のようです 第四十五話 そして十年が経ち・1

204 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:11:38 ID:7EOpHumL [4/32]
1161




                                                    _,. -─    ー─- 、_
                                                  _.イ_ -‐───── 、 \
                                                /∠ -‐─‐r──‐-、 /   \
                                                 / / /    / ハ    V     ハ
                                              / / /    / / 〉   イ   ',   l
               ┏                            /  ,' //|__ノレ′厶_/ ! !   |  !
                 祈り続けたい理由がある。             / / { 厶    ヽ   /     レ|  |  |
                                  ┛        ∠ /|   个  _     _ィf示アヽ!   | ├─┐
                                                |     イィfてカ     弋_zソ  リ   ム   ト、_ノ
                                               /  /lハ 弋_ソ            / /´}   !
                                                / / / ハ       ,       // l )ノ   |
                                            / ′ /   ∧             ィ7厂   |
                                               |    ヘ、    ´`      /  | | |
                                               |   / ノ> 、    _ イト、  /  / |
                                               |   |⌒|   ≧ て   / |⌒| ./  j
                                               |   |  |_.へ_ノ     ト、!  ! /  /
                                             ../   ../|⌒| 、   !    /ィ  ̄   ヽ
                                            /   /...|  |  ヽ  ,. ァ'/ /       ヽ
                                           /   __l.....|  |    '´    !         ヘ
                                         /    ゝ l .|⌒|       rl        , l
                                       ../       \...|  | ,.    7´` フ、─ 、....._ /  l
                                             /,仆 >.!  ! /    { /´,.ノ__   `ヽ、 }



205 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:12:10 ID:7EOpHumL [5/32]
1162




                     __
               _.. -''''゙゙゙´    ゙゙゙゙'''ー,,、
            _..-'″             `゙'-、、
          /                    `''-、
        /                           \        ┏
       /                              \        助けてやりたい理由がある。
      /                               \                         ┛
     ./                                 ヽ
    ./                                   ヽ
    !                                       l
   .!      `'ー ,,_                  _,,,___       !
   |     -.、   `''ー ..,、   | |   ...ーー''"´   ._,-       !
   l         广''┬--v-‐.   ゛    'i-----r‐''゙]         i!
 ,..-'".l      ヽ,、.ゝ-'゙ _./         ヽ_.゙ー'" ./         ,l~ ..,,
´    ヽ       .`゙゙゙゙゙./            弋゙゙゙゙゙゙゙          /     ゙゙'-、、
     .\       │                l              /
      .`'-、,     ゝ..____,..-ー .____イ           ,..-'´
         `''- ..,_ .、 ゙匸.l二l二lニlニl二lニlニノ  i  _,,.. -'''"
             ゛ヽ,__,二__________ッr


.

206 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:12:53 ID:7EOpHumL [6/32]
1163




                 ̄    、
            ´          \
        /                ヽ
          /           、_  ヽ
       '               ` 、ヽ
       l              ,‐-,.._ ゞ
   .   l              l 弋心 l
   .    l              冫.ー く
      l               l    ノ!
      l               `ー‐ f r'         ┏
      l                  ノ'            会いたいと思い続ける理由がある。
      !                     /                                 ┛
      ,'                   /
    ̄ `ー -               /
           `  、        /
   :.:.:.:.:.:...        、      /
   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
   ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
       ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
          ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./







207 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:13:25 ID:7EOpHumL [7/32]
1164








                     ┏
                       それぞれの、理由。

                       自由を選び、為し得、これからも生きていく理由。
                                                     ┛


                      ┏
                        生きていくため。生きていく力を奪われないため、

                        そのために。
                                                       ┛ 






.

208 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:13:56 ID:7EOpHumL [8/32]
1165





     /   / /:::::::::|       /   /::::::::::::  / __厶/-==― /:::::::::::::::|::::::
   ./    / /:::::::::::|       /l  /:::::::::_ -‐/ -‐/:::/     /:::::::::::  ::::|::::::
       / /:::::::::::|       /::l  /-‐_ -‐ / /::::/   /:::::::::::    ::::|:::::::
   .    / /::::::::::: l     /イ /::::::::::    // :: /  /:::::::::::     ::::|::::::
      / /::::::::   / _ -‐ /::/ /:::::::::::   /   / /::::::::        ::::|::::::
   .  / /::::::::  _/ _ -‐ /::/ _/:::::::::_,,,.-一≦三/∠三三三≧=ー-::..,,_|_::::
    / /:::::_ -‐ /     /:::/_ 厶x≦≡‐ '' " ̄       ̄`'¬ミ刎仞厂|::::::/
   /,ー< -‐ /   /,,イ//''゙゙゙  /二二\            刈ア'′,:::::/
   /.::     /  / ,;;/        / 〃⌒ヽ ヘ           /'´   /::::/
    .:     / /  7/          | ∥ ゞ' ノ |             /::::/
        /    \___     \ヾ二´ /      _,.∠     /::::/
           ,,.. -―-ミ::::::::`"''ー- ..,,_ ̄__    ,,,..、<⌒,,. -  /::::/  .:
      _,,..  <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ二三三三ジ "´    /::::/  .::
┌───────────────────────────────────┐
│        ┏                                          ..│
│            決して許すわけにはいかない、理由がある。              .....│
│                                        ┛          ..│
└───────────────────────────────────┘
                                     /イ:::::::::  .:::::
                                   /  /:::::::: ..:::::
                                     /::::::....::::::::
                                    /::::::::::::::::    /
                                  /::::::::::::::::     /
                                /::::::::::::     /
                               /::::::::      イ
                             /::::  _ -:::::::l |
                            ∠  ―    /|:::::::::l |
               ア                  /::::::|:::::::::l!
   _____,.-一'' /                 /:::::::::::/::::::://
    ̄ ̄>'´                       /|:::::::::::::/::::::://
    ̄                         /::::l |::::::::::/::::::://      /
                          ....:::::::::::::::l |:::::::/::::::://      /
                        イ|:::::::::::::::::::::l |::::/::::::://      /
                     ....::::::::|::|:::::::::::::::::::::: ∨::::::://      /
                   イ ::::::::::::::|::|:::::::::::::::::::::::/::::::://      /
               ,. - ´  |:::::::::::::::::|::|::::::::::::::::::::/::::::://      /
           ,.、-‐'      |> 、::::::|::|:::::::::::::::::/::::::://      /
      _,.、-‐'  _  --…¬二   |::::::|::|:::::::::::::/::::::://      /
   -<==ニ二三三三三三三三「  |:::::::|::|:::::::::/::::::://      /



.

209 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:14:22 ID:7EOpHumL [9/32]
1166















210 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:14:45 ID:7EOpHumL [10/32]
1167





            ―――そもそもの話は、俺と、リュカの出会いから。始まるんだお。






         ____
        /     \            ┏
       ‐   ─     \             ヘンリーが、静かに、俺を含めた一同に
        (  ( ●)     \
      (人__)         |           話し始めた。
      `⌒´         /                                      ┛
       `l          \
           l           \





211 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:15:53 ID:7EOpHumL [11/32]
1168




              ┏
                過去の話をする時、せねばならない時。

                俺が話そうとすると、制するようにヘンリーはいつも、先に言い出す。
                                                         ┛




        ____
      /      \
     /  ─    ─\      俺の親父は、…信じるかどうかはそっちの勝手だけど、
   /    (●)  (●) \     ラインハット王ベルギースなんだお。
   |       (__人__)    |
   ./     ∩ノ ⊃  /     昔、十年も昔…親父は、俺の将来のため、
   (  \ / _ノ |  |        俺の教師役に、サンタローズ村に住む、パパスを呼んだんだお。
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /




               ┏
                 過去を話すことは、辛いことだ。

                 俺にとっても、ヘンリーにとっても。

                 だからこそ、ヘンリーはいつもその役目を、自分から引き受ける。
                                                         ┛



212 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:16:32 ID:7EOpHumL [12/32]
1169




               ┏
                 新しく仲間になったばかりのスライムナイト、

                 ピエールは興味津々に、だがけしてふざけているわけではない

                 そんな顔で、俺の顔を、じっと見ている。
                                                          ┛



                                                     __!:l__,,,,,,,_`、ヽ
                                                  _,,r<´: ヾ! : : :  ̄i ,!、
                                                 ,r': : : : : : : :`: : : : : l/: :`ヽ、_,,
                                                /: i : ; : ,f ;/l: : i: : : : : : : : : : `、:`、
                                               / ;i !: ;i :/ / l : :i,: : i: :i; : : `、: : :i;ヽ!,
                                              /: ;!:i;,;il-i,_,!  !_,;,il;,;,_!: :!: : : : ! ミ !: :,!
               ラインハット王、ベルギースのことは、         i /l: i irl'iヾ!  ヽ;,;!l : :l'''iヽ: : :i : ヽ!: l
               私も魔物なりの情報網で多少は知っています。   レ lVi,:! l::.゚i   ´ i::`ヽi !: : : :,ト、ヽ;! :,!
                                               l: :N _,!_,!    lっ::゜iヽ : : !.ヽV i'´
               乱を好みがちなラインハット国家の王族に       l⊂⊃      ゝ __,i,!: : : ;!_,,ム‐'ト、
               しては珍しく、平和を愛していた王だったとか。     l : lヽ、 ー -     i : : :.i'i´l:ヾ.:.:i.:l,
                                                ! :N ` 、 _____,,..  ,! : : :,!;! !:.:i;.:.:'.,!
                                                V    r‐┴‐‐‐,! ;i : /i''i !.:.ヾ''´
                                                 ,r‐'''''''´ヾ._;! i''レ7:,レヽl_.ヽ`ー、`ヽ
                                                ,r';ヽヽ:.:.:.:.:.:.`、':.:.:.レ';.:'.:.:.:.lヾ,`.、 `).:
                                              ,/;,;,;,;,,r' >:.:.:.:.:.:.:.:`ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:l `''’ `ー
                                            ,r";,;,;,;,;//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l;.::.:.:.:.:i.:.`、
                                            l,;,;,;,;//:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:.:.:.l,:,;,:.;,;!:.:.:ヽ
                                            ヾ,;,;,`;';.:,;,;,;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ.:./.:.::..:.:,!
                                            /ヾ;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,:./:/;,;,;,;/



                  ┏
                    彼…じゃなかった、彼女は、最初、俺達を見るなり、

                    魔物の群れを率いて襲いかかってきた。
                                                  ┛

                       ┏
                         たった、数時間前のことだ。
                                           ┛



213 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:17:11 ID:7EOpHumL [13/32]
1170




                ┏
                  ちょうど海岸、浅瀬の近くを歩いていた俺たちは、

                  突然の襲撃に面食らった。
                                                ┛



      .  /⌒ヽ  ,. -く乃T7ヽ、
        {     >'    `メヌ\ハ
      .     /     l i/ヽ メリ
         〃 i ト Nく| | 彡Yト、 、             「 あなたたちに恨みはありませんが、
          KNトハぐ} | |⌒i  | ヽ〉
            r' ''" ! リ イ/ム__ソヽ              これも命令です。
      .       ` ー,イ片彡⌒ヽ~'´
              L_) Y/ /Tr'                 申し訳ありませんが、死んでいただきます 」
              〈〈´ ̄\y〉
               y\/⌒\r- 、__ __
             / `(こへしiJ==.}三三三二二二二 ..>
      .      /、\__/|   |ヘ___ハ ̄
           〈ヽ `ー‐/ |、___∧__彡∧
           rく `ー‐/ |ノ´`ト仆∠`>ァ-、
          /三ミv'´ ∨´`∨`<='/    〉
         /´ ̄`ヽ{         `ー‐‐ ′
         ゝ.___ノ



214 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:18:00 ID:7EOpHumL [14/32]
1171




                ┏
                  彼女、ピエールは強かった。俺たちも必死で防戦した。

                  自慢するわけじゃないが、俺たちの仲間はそれなりに強い。
                                                       ┛



                  _ .............. _
               ,:::´:::::::::::::::::::::::::`:::.、
               /::::::::::::::::j´ ``^~'Yy:::〉
              {:::::/¨Y:イ =ミ、、ノリY
               i::〈そミソ セオこ` ,rj
               l::::ヽ)          {j′     「 おやおや随分な手下を引き連れて。
              从:八     、_ ーイ        短期決戦でも挑もうと?         」
             〃"   ヽ   `こ´ /
            _/      .:\    /         「 早いのは嫌われるぜ。 」
           ,.イ.:       :≫≠ー-く         「 いろんな意味でな。 」
         //             ヽ
       / .:/  :.              ',
       /.:  ;′ :..             i
      ,'.:.:  i   :.:.              l
.      i   l      :.:. ヽ   :.:    .:.:.ハ
.      l   l :.:.    :.:.. }      .:.:/ :}
.      l   l  :.:.:..    l         .:j  i
.      ハ:.  ';   :.:.:.:.:.. /l        ;  ;
.      ' ヘ   :.  :.:.:.   l       八:ノ
.      ′ : ヾ:.:.. ヽ:       l       .'  i
    ,′  .:.Y .:j     l      .′.:.!
.    ;.:.    .:i       ;  l     Y   .:j                         「 なんで服を脱ぐ!着ろお! 」>
.    i:.    :∧  ;.  ;:. l     ヽ .:i                         「 腐った下半身を見せるでない! 」>



                    ┏
                      ―――最終的に、勝ったのは俺たちだった。
                                                  ┛



215 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:19:07 ID:7EOpHumL [15/32]
1172




               ┏
                 襲ってきた魔物たちも、それなりに強くはあった。

                 しかし魔物ゆえの悲しさか、自分勝手に行動をするものが多かった。
                                                           ┛



                       -= ニニ.ヽ.  / /
                          _ヽヾ _
                        , -= ニ ヾj_ノ ヽ
                      ///      ̄ ヽ \
              ニ=-=ニ二.  ̄〃/,.イ /! /ィ /  i | ト、
              __     ̄/ー|ハ/ メ、| /j/イ//| | K
              { ||  /''7/i iイffh` -‐j// ,厶イィ′     「 ………情けを受けるほど、
              ∨ ハ /ヘi/ _____| ` ,  'でツ' ,.仁厶!        落ちぶれてはいません。  」
              __∨ 人 / / r;==ヽ -、 /,∠j/
            r:く`Y^i:、ヽ.`ー┐ 〃 ,_rfこi_Z´イ  ̄ ii\ニニ7
          _,rくヽ,_,Y二ハ!ヽ二」  /‐z 、,/   ____〃 ト、      「 もともと私があなたたちを
        r'´  / ̄,> 、_iリ  / f  ̄ `__/  〃 ̄ ̄  |\>       滅ぼしに来たのです。    」
        >へ_{_ _/  /¨>'、__ ハ _ノヽ. く `ー- .._   /
       fヘ / く_入 _{   /  〃`¨´    \ヽ二 =- /        「 仲間を逃がしてくれたことには感謝します。 」
         `′   / く入_{_   {{       ,.ィ'フヽフ" ̄´
            |    \仁!⊃  _,. イ ヽr'  /             「 さぁ、私を殺すといい。 」
            ` ー--‐ ´ ,rtj7T「iYjiエェrrj斤┐
                     /  〉-=LLi:」L∟-'′ヽ.



                 ┏
                   連携の取れていない集団など、大して怖くはないものだ。

                   おれたちは一匹一匹、集中的に攻め、倒していった。
                                                      ┛


               ┏
                 ピエールは自分の勝機が消えたことを悟ると、

                 素直に降伏し、自分を好きにさせることを条件に、手下の解放を望んだ。
                                                               ┛



216 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:20:56 ID:7EOpHumL [16/32]
1173




     〃                 i,
     r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
     !  :l      ,リ|}    |. }
  .   {.   |          ′    | }         ┏
     レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<           仲間たちが俺の顔を見る。
     !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|                           ┛
     l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|
  .    ヽ.ヽ        {:.    lリ
  .    }.iーi       ^ r'    ,'
      !| ヽ.   ー===-   /
  .   /}   \    ー‐   ,イ
   __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\



                                           ハ
                                          , ' .丶
           ┏                           ,. '´    ` 、
             何かを期待する目で。           γ  ●  ●   ヽ
                            ┛        ..! ゝ_‐----‐_つ  .}
                                      . 丶.. ___ _ ,, .. '




      __ \      / __
    /    \>-―-</    ヽ            ┏
    |        (・)(・)       |              でも、何かを言うわけではなく。
     ⌒ ⌒ l |`v―v´| l ⌒ ⌒                                   ┛
         _ヽ`――´ノ _
        \Y  ̄|| ̄ Y/
            ゙====




217 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:21:56 ID:7EOpHumL [17/32]
1174




           _____
          / ノ ' ヽ_\
         / .( ●) ( ●)\
       /  ::::::⌒(__人__)⌒ \     「 リュカくんよー。 」
       |      |r┬-|    |
       \       `ー'´ __/
       /        (
       |     \/⌒) /⌒)      ┏
       |    \   /|,,.__ノ         ヘンリーに至っては、こうだ。
       |    ( \/
       /   /⌒\              俺が何を言うか、何を考えているのか、
      |        \
      \___ノ\  l             みんな判っているんだ、…こいつは。
       ノ  ノ   ) ノ    .                                  ┛
       レ´ ^    レ´     .




    . |    (__人__)
      |     ` ⌒´ノ
    .  |         }    , '⌒ヽ       ┏
    .  ヽ        }   ー   l         おれは、ため息を一つついた。
       ヽ     ノ     ヽ、_ ノ                             ┛
       .>    <
       |     |
       |     |



218 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:22:36 ID:7EOpHumL [18/32]
1175




         「 ―――えーと。 」

         「 あんたたちが襲ってきたから、応じただけであって。 」




              ┏
                別に、俺は魔物を倒すために旅をしてるわけじゃないから。
                                                    ┛




                                         「 別に、俺たちにあんたをどうかする気なんて、 」

                                         「 俺は、俺たちは…持ってないよ。 」




219 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:23:39 ID:7EOpHumL [19/32]
1176




                 ┏
                   目をぱちくりとさせるピエールと、俺たちに。

                   大波が襲いかかる。
                                                ┛



                       。  。
                    。っつっっつっつ゚
                __っ゚ー==っ。つ つ。っっつ     ざぱぁっんっ!!
             ,,r'"~  __。っつっっつつ゚っっつ。
            /    ,,r'"彡三三。ヽ っ。つ っ。つ
            /  //彡≡≡≡ミミ   っ。つ。っつつ            . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
            /  /////     ヾヾヾ っ。っっっ            . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       / //////       ヾヾヾヾっっ。っ。っ         . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      /  /////////         i i i彡っっ。つ゚っ        . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
彡彡ミ/   ////////// / 彡彡ミミ===彡彡っ。。つ っ。彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡ミミ
彡 /    /////////////彡彡ミミ ≡≡≡彡。つ っ。≡≡彡彡ミミ≡彡彡ミミ彡ミミ≡彡彡ミミ彡彡ミミ
/     /// i i i i i i i i i 彡彡ミミ彡彡ミミ⊂彡。彡ミ≡彡彡ミミ≡≡゚彡。ミミ≡≡≡彡彡ミミ彡彡ミミ彡ミミ
彡彡// i i i ヽヾヾヾヾ。ヾヾヾ゚つっっ。三彡彡ミミ三三三三彡彡ミミ三三三三三彡彡ミミ三彡ミ。っつっ。彡ミミ



           ┏
             満潮と、天候不良。浅瀬近くにいた俺たちは、あっという間に動けなくなった。

             近くの岩崖になんとか逃げ込み、ほうっと、一息ついたころ。
                                                             ┛



220 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/05/31(月) 23:24:26 ID:ekj8SbKA [1/2]
ゲーム的にはかなり経験値入ってレベル上がりまくったろうなー
これ小説版だからあんま意味無いけど


221 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:24:31 ID:7EOpHumL [20/32]
1177




          ┏
            他の仲間もいなくなり、一人になったピエールが俺を不思議そうに見る。
                                                        ┛



      /`, '" ̄ ̄`゙ ヽ__
     </ ./  i    ヽ ヽ
    <'/  l  /l ,l l、 ヽ、ヽ
   </l  -l-/__l/ { / _ヽ_l_l,-li
    /'l  l' ○  l/ ○,l i/,l     「 あなたたちは不思議な人たちだ…負けた者を殺さないなんて。 」
    >,l ⊂⊃      ⊂⊃l
   / /,トl l l         / l
  ヽ,_/ヽl`lヽ 、  ' _ -‐'l l      「 ……? 気のせいか? ―――誰かに、似ているような… 」
    `゙' ヽl_/"i`゙‐┐-〈`゙゛l/
       l;;;;〈_;;;;;;//-,二、
       ヽ__;;;;;l_l / /`/{`゙h,
        /`‐├>-_/__//ヽ/ミ



                     __ __           ___
                 i´ ̄´      `> 、    /´ ̄ `ヽ
              r─/´            ヽ、/        }
             イ /      /        /´ ̄`ヽ    ′
           く  /     :/             ヽ.`\
            /∨! \/.://      :/    :!  ヽ   ヾ :|
           ヽ トヽ/ ://  :/  :/  .i :|.:|   ヽ i ト、|
           /ヘ!∨  :レ′ / / :/:/! /|.:| ./ .i | ! リ
           ヽ__レ′   | >メ<,,._/ノ/ / l :|/ /! iリ       「 ……!! 」
            /    !/ヤ⌒メ\.:/ / / /メノノヘ:/
          ///    / /   {らc:j ヽ/ /イハ;jゝヘハ
        / //  /イ :/    `='′      {;ソ イ:ヽ.:|、        「 不躾な質問をするが、
          //  /  !::に}           〉  /:|   :|ヘ
          |リ :/  || |:\       __   / |   :| :ト、        許してほしい。      」
            | :/   :レ′|   \   ´    / /|  ハl :}
       _____.レ′     __.|___>._ _  _/ / ハ :/ リ.ノ
 ..,,、r=''""´:::::::::::::::`≧x、、_,|!:::::::::::::::::::::::::| |::::|l   / :/  ______
 ::::::::::::::::::::::::::;r=====ゝ>:::::::::::::::::::::::| |::::||ユ、,ムr=''"´:ヘヽ:::::::::::`ヽ、
 :::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::ヾV´ ̄ ̄``>v<´ ̄`ヽ;:::::::::::::::::\\::::::::::::ヽ
 ';::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::/ \\、_((⌒__,/∧::::::::::::::::::::\\::::::::/
  ';::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ、  `ー─--ソ)--ー‐' ∧:::::::::::::::::::::::} .}:::/



                 ┏
                   言いかけ、ピエールは俺の顔をまた食い入るように見た。
                                                       ┛



222 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:25:57 ID:7EOpHumL [21/32]
1179




                       ┏
                         ピエールは言った。
                                      ┛

        / ̄ ̄\
       / _ノ  ヽ、_ \
     . | ( ●)(● ) |
     . |  (__人__)  │     「 マーサという名に、心当たりはないか? 」
       |   `⌒ ´   |
     .  |           |
     .  ヽ       /
        ヽ      /
        >     <
        |      |
        |      |



               ┏
                 ……俺に、俺の母の名前を、聞いてきたのだ。
                                               ┛



                   _      ___
                rァ二-‐ー‐‐- ._ // ̄ ̄ ̄ヽ
              rア´         /' ヽ、
             rソ  //          ゝ、
            人  //  / / // i  i   ヽ
            〉i //  / / / /  !  i i | i i |
           〈i レ | /レハメ、 /| /ハ/ l | i i       「 あなたの目が、……どうも、似ている気がする。 」
           ∧  M/fT〒z レ レナ__メ i //i | |
           丶〉  !  |ヽヒソ   f´jラ/ i /!/ | !       「 勘違いかも… 」
          / ̄∧ |  !     ,`´ / //レ' レ'
     _,. -‐  ̄ /  /ヽ | iヽ  ‐-  /レイ
   ∠ __ ´ // / rL| | `r -‐ '´ !  |
      〉//  /   { i |`ー' Y   |  |‐- 、
     ∠-〈 ~レ'‐ .,ノ、 rり_」Lィヘ ̄ |  ! .,., \
     /  `´;:' ' ' ' ' V' | ミミ () /∧' ''レ'  '' .,. `'ヽ,
   /   ,.;:'    i  Vo.,.,.,  () ,., 'oヽ、     ;:;  }

                                             「 ……それは、俺の母の名前だ。 」 >




223 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:27:04 ID:7EOpHumL [22/32]
1180




                __   __
             .  ´       > --      .
           /       . ´            `  .
          /        /                  \
          {!       /                     ヽ
          ゝ._   /                    ヽ    ',
             /             /il       ',    '.
            , '        , '  , '  /  | l l  i        |
           , '  , '      //__/  /   .l l l  l i   l   |
          // / //    // / `/   /´「 「 /`メ   !   |       「 母の名……だって? 」
.         // / // / / // _ム._ /  /  レレ'__  ハ i   .リ
         //  レ' / / / / K´{r'::::::}      ´{k:::: .}ヾ ll !  /
.        //   / / /  i !i  ´ ̄        `ー‐'  リ ト./
       i/   / / /i. /i ハ       .        u /  l !
       |    レ'/ / !/.!入ヘ              /  i iノ           ┏
       |    i/ /  ハj 弋ヘ     ‐=-、     /  / i!              ピエールは息を飲み、
           i /  /  |  乂\          /  / ,'
           |へ !  ⊥. --‐‐‐\       ..イi  / /               しばらく自分を落ちつけた後、
           | /X ̄ _. --ァ'// | >  .  ´ .| ! / /                                  ┛
           |' r' ´ ̄ // r─┴ -----‐─‐ ┐レ'
       ___ .八 乂 . ∠/--┤「 ̄ ̄ | 「 ̄ ̄ ̄ .|
  .  ´      ` 二 ´=彳´ ̄ !     | |      「 ̄ ``ー‐‐ ‐ ´ ̄`  .     ┏
. /    ,.  ´ ̄    ,. --/ /``ー ._    | |      ___ `==' ̄ ```ヽ `丶、   剣を捨て、俺に言った。
    //      ,. --  / `ヽ.  ``ー ┴‐‐ ' ´ ̄  __ ヽ          \  \                ┛






                    「 マーサは……、あなたの母だというのか? 」

                    「 私は、マーサの息子を討とうとしていたのか? 」



                ┏
                  ピエールは、母の昔の知り合いらしい。

                  完全に戦意を失ったらしい彼女は、へたり込むように脱力し…、
                                                         ┛

                ┏
                   「 私も、あなたの母を、母と慕っていたものです。 」……と、

                  俺に、自分と、母の過去を少し、聞かせてくれたのだった。
                                                        ┛



224 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:28:38 ID:7EOpHumL [23/32]
1181




              ┏
                話を聞かせてくれた後、ピエールは旅の同行を申し出てきた。

                何というか、不思議なもんだ。いつも、戦いの後に仲間ができる。
                                                        ┛

             ┏
               まだまだ波の引かない海に、俺たちは小休止を余儀なくされている。

               男の俺たちと、魔物であるあいつらだけなら、無理もできなくはないが、
                                                           ┛




.          . '   _ 二二 _ .、
        /    /´ -‐…‐- .`\
       /     /´    i   !`ヽト、
.    ,ヘ  ,'   i    !  !  | |i  |ハ i ヽ
   /  ゝ!  ノ|  ! !::__!::ノ ´  ̄  i::.i |!
   \  .| .:i i :i i |´   一  ー  `!、ハ:!      おお、ラインハット国は確かにあの王が継いでから、
    `ヽi  从 i i | ニニミ    .ニニ !:::::|       一定の平和を保っていたようじゃな。
.       |  YハiハN  {r::リ`  ´{r::リ '::::N
.       |  ヽゝ   ´´     ``ハ!`       妾もその話は色んなところから聞いたことがある。
.       |∧   Ⅵ!        ′ ,':::|
      j/∧  _!::} 、   ⊂' ..イ:::::|        平和で、しかしその実世界有数の軍事国家。
      ///∧´ ∨  `  ,.... ィ´゙Y:::::|
.     /////∧ ヽ    {ト、∧ |::::::!        矛盾しつつ、しかしそれを成立させておった、名君だと。
     ,< ̄ ̄∧  } `ヽ  >''} { ̄`ヽ
.    /   `ヽ:::::::::Y´ヽ      i´`∨::::∧
   /      ∨:::::| .:: !       i .:.: !::::/ i




                ┏
                  仲間の中にはか弱い女性、マリアがいる。

                  俺たちの「目的」のために、修道院からわざわざついてきてくれた。

                  その彼女に、無理はさせられない。
                                                           ┛



225 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:30:29 ID:7EOpHumL [24/32]
1182




             ____
           /       \       名君かどうかは…俺の言えるところではないお。
          /   ─     ―
      /     ( ●)  (●)'     話を元に戻すお。
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /     平和と二人が言ったラインハットも、
      /       ー‐  '       実は火種がくすぶりだしていた状態だったんだお。




          ____
         /       \         火種とは、すぐに想像できるだろうけど
        /       ― ヽ        次期王位の相続問題。
      /         ( ●) '、
      |             (__ノ_)      王妃であり、俺の義理の母親でもあるペシュマレンドラは、
      \            `_⌒       自分の子供であるデールを王位につけたかったんだお。
      /           \
                           …だから、俺が、邪魔だった。


.

226 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:31:41 ID:7EOpHumL [25/32]
1183




            ____
          /      \
         / ─    ─ \       だけど俺は、はっきり言って王位には興味がないんだお。
       /   (●)  (●)  \
       |      (__人__)     |      いやほんとに。人には向き不向きってもんがあるから。
       \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ     ……で、俺は、親父の呼んだパパスと、リュカに会ったんだお。
  \>ヽ/ |` }            | |     会ってなりに、王妃が命じた奴らが、俺を誘拐した。
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
       |                |  |



                ┏
                  いつもおちゃらけた態度を崩さないヘンリーも、

                  過去に触れる話のときばかりは、無表情になる。
                                                 ┛



   ..      ____
        / ―  -\
   .  . /  (●)  (●)          リュカと、パパスが助けに来てくれたんだお。
     /     (__人__) \
     |       ` ⌒´   |        ああ、俺のために。
   .  \           /        もともとラインハットには、無関係な二人なのにだお。
   .   ノ         \
    /´            ヽ



227 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/05/31(月) 23:32:41 ID:dOr1BqFo [1/2]
このヘンリーは、名前がやる夫じゃなくてヘンリーだからか
一人称「俺」のままなんだな


228 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:33:10 ID:7EOpHumL [26/32]
1184




             ―――だけど、パパスは、そこで…殺されてしまったんだお。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                __,、__,、__,、ィ‐r=;、
            ,  __f〆.::::::::::::::::::いゞソメ、
           / _f〆.::::::::::::::::::::::::::ゞ='´:..\
         / _f7.::::::::::〆^ー'^ー'⌒'⌒'⌒ーヘ、
          'ィ=={f7==、〆  '   /      ヽ \
.       /〈:{_ ィ|:ト、ヾヽ   |   |     |  '  ヽ
      /  7:/ |:ト::ー':/  /| |  | |      |   l   ヽ,
       /  /:/ |:| 丁   / l l  | l     |   |     l      「 さ、パパス? 」
     /  /:/  |:| |  |ト、 l '、 | ヽ     l  |    |
.     /   /:/ |  |:| |  ト、_`ト、 \ ヽ ゙,   /  / /    |     「 私にもっと、見せて頂戴。 」
    /   〈:::{ |  |:| |  |弋> ミメ、\ |  /  / / / , /
.   /     ヾ | レ |ヽ l ミヽゞ'ノ'ヾ   | / ∠ 厶/ / /       「 あなたの素敵な…戦いぶりをね? 」
  /      |    |  \           斗.,テミ、/ / 〈
/ト、    イ  /|    |               `ー'イ/イ |:|
 ヾ:.、 l::{ / / l    ト      、   '    / /|:l  |:|
\ト、}:ヽ|::::∨/ |   | \    ``;'   / |  `  |:|
::::::::::::::::::::::::〈  l    |___\        <|   |     `
::::::____:::\ ∧   |::::;;==≧ー<   |  ,'
/, ――― 、く::::::〉、 l{:{.::.::/;小`l:l    |  /
/.::.::.::.::.::.::.::.::\\ `\ lヾ='イ |:ト=''  /l /
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\ l:::.`ヽ、ー'|:| |:|\___/ l /
.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|::.::.::.:..\ノ:|⌒Y^y'ヽく:.\
二.,,_ ―- ::.::.::.::.:|::.::.::.::.::.:..\  | く({廻}>::.:.\
::.::.::.::.:: ̄ ''ー- >::.::.|::.::.::.::.::.::.::.:..\  `¬くヽ::.::.:.\
.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.::.:. 丶  ハ| l \::.::.ヽ
.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.::.:. 丶  ハ| l \ 、::.:.ヽ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                    ゲマとかいう、突然現れた魔物に!

                    もともと俺とは、全く無関係だったパパスが!



229 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/05/31(月) 23:33:22 ID:LmvHt9o5 [2/3]
ああ、なるほど
一人称が俺なのがちょっと違和感だったけど、名前がやる夫じゃないのにやる夫って言うのはおかしいもんな


230 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:34:42 ID:7EOpHumL [27/32]
1185



          ____
      /     \
     /_ノ  ヽ、_   \
   /(●)三(●))   .\      そう、パパスは俺のせいで殺されたんだお。
   |   (__人__)      |
   \ ヽ|r┬-| /   /
   /   `ー'´      \




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                          / ̄ ̄\
                         /  ヽ、_  \
                        (⌒)(⌒ )   |    リュカと二人、サンタローズで
                        (__人__)     |    幸せに暮らしていたパパスを!
                        (          |
                    .    {          |    王妃の企みにまんまとのせられ、
                        ⊂ ヽ∩     く    見抜けなかった俺のせいで!
       , ,.ノ  、            | '、_ \ /  )
       l,,,,(> <            |  |_\  “ ./    そしてそのせいで…ラインハットはおろか、
     (^ヽ (__人)^)           ヽ、 __\_/      サンタローズの村まで……!!
      ヽ \  .ノ /
       Y     /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



               ┏
                 胸にたまった毒に苦しむみたいに、ヘンリーは続けた。
                                                   ┛




231 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:36:52 ID:7EOpHumL [28/32]
1186





       ____
      /:::     \
     /::::::::::     \
   /::::::::::         \          ……パパスはリュカに言い残したんだお。
  |:::::::::::::::         |         死ぬ直前に。リュカや俺を守るために、殺されてしまう直前に。
  \::::::::::::::       /ヽ
   /:::::::::        くゝ  )       「母さんは生きている、生きて、母さんを…」と。
  ;|::::::::::::          / ;
  ;|::::::::::::::       イ ;



                ┏
                  ヘンリーは、ずっと後悔していたんだ。俺に…父さんに。
                                                     ┛


          ____
         /:::     \
        /::::::::::     \            その時までリュカは、母の存在を知らなかったらしいお。
      /::::::::::         \        パパスが何故か隠していたから。
      |:::::::::::::::         |
     /⌒:::::::::      ⌒ヽ/        理由は判らないお。だけど…だから、リュカはマーサのことを、
   ;/::::::::::::            \;       殆ど何も知らないんだお。
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;



232 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:38:18 ID:7EOpHumL [29/32]
1187



                      ___
                   _,,,,,,/.::::_;>‐''''''''''''''''‐-..,,_
                   i .:;r''´:::::_;;:::::::::.....    :::`ヽ、  _,,,,,,,,,,_
                 /l:;r'‐''¨;r'´ ..::::::  :::::...    .::;r'ヾ''' ̄ ̄`ヽ、
                 i:..::/  /     ..:  ..:::::::::..  :. `ヾ`、     ヽ
                ,rl;/::... /    ..::::     i    i :. ::. :::`、     `、
                /:.::!、`ーi   ..:/:    ..::i  i l! ::. ::.、 :、ヽ     ,!
                `、:l:. ` l   ::/:   .: ..::/  .:::!.:/l ::i :. ::i :i::..i
               /::::!ヽ:..l   ::!: ..:: .:::/  .:::/.:/ ! :::l ::.:::l:. :l::::!
               ヽ:::!ヽ`l  : .::!: .::...:::;:イ.: ..::;:イ.:/  l :::! : :::!:.::ll::!        知らなかったこととはいえ…
                /`l:::ヽl  : ::l:.::::://:..:://::/  l .::::!!::::::!l::::!l;!
               ヽ:::`/¨! : ::.:_l∠__/-/_,//   l.:::/ !:::;イ !/         あなた方の傷を抉るようなことを
                >-!'´! : :::::ト、 /。::::7ヽ¨''‐  _,,レ'--l:/:::! l!          聞いてしまいました。
               /;,/:.`、l : :::::l  `ー‐′     '¨7:::7>::: l
                /,;,/:,:/:.:.! : ::i::!          `'--'’/:::i l           申し訳ありません。
                  /,;/:.,;/;.:.:.! :i :::l::!        ヽ    /:::: l l
             ヽ、:.;,/;,;.:.:l !.:l ::::!l     ⊂=‐ ´ _,,.-i'::   ! l
               `l;,;.:.:.:! l:::! :::l !` 、     _,,-'"   !i  l l
                     l:.;,;.:.:! _!:!l ::N   ` ‐--'7:.:._,!   l l  !i !          ┏
                    l.:,;.:,/ l;!!;/__      !ヾ、    !.! / l,!            ピエールが申し訳なさそうに
               _,,,フ’      ̄¨¨''''‐、r'’:::::`ヽ、__l,!!/     __
        _____,,,..-‐'''´:::::`..、          /--ヽ_::::::::`、::::'’¨'''''i'''´:: :.ヽ        おれとヘンリーに頭を下げる。
       /´::  :::::::::::::::::::::.  ::`..、      /:.`i:.:.:.:!:ヽ::::::::!::  ::: !:::   ::ヽ                          ┛
      /:::    ヽ   ::::::.  ::::`ヽ、   /:.:.:.;,;!-/'、;,:.:\;!:  ::、: !:: :::.  :::::ヽ
     /:::::    .: !           ` /:.:.:.;,;/:.:.!l:.:`、;,;.:.:.\ :::v:::. ::  ::::::::i




          ____
        /     \         気にすんなお。
   .    /       \
   .  / /) ノ '  ヽ、 \      必要があったから話したんであって、過去のことはあんたのせいじゃないお。
     | / .イ '(ー) (ー) u|
   .   /,'才.ミ). (__人__)  /
   .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
    /\ ヽ          ヽ




233 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:39:54 ID:7EOpHumL [30/32]
1188



  +     ゚  . +            . . .゚ .゚。゚ 。 ,゚.。゚. ゚.。 .。
   . .   ゚  . o    ゚  。  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.  .
               。       。  *。, + 。. o ゚, 。*, o 。.
  ゚  o   .  。   .  .   ,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.。       ―――お、いつのまにかいい天気に
 ゚ ,   , 。 .   +  ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。    なっちまったお。
。 .  .。    o   .. 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .        
        。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .       波も引いてきたみたいだ・・・、リュカ。
 。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
    ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
 。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  ☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .     今のうちに、この崖から降りて
  .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .      今日の野宿する先でも決めるお。
 ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .       
゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚      
 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚   ,   。     。   .   .
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚
゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .     .  .   。      ゚ .
 .  .     . ,     。       .           .  ,    .
      。                 ゚   .           。
 , .        .           ,       .     .




            ┏
               確かに、気づくと、波はいつの間にか引いていた。
                                               ┛

        ┏
           俺たちは岩崖を降り、間もなく少し開けた場所を見付け、そこで野宿を始める準備をした…。
                                                                    ┛




234 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:42:19 ID:7EOpHumL [31/32]
今回は以上です。

「なぜ母であるマーサのことを息子が知らないのか?」という疑問に
答えるだけの回になってしまいまった。

>>一人称
ちょっと考えてはいたんですが、ご指摘の通りです。
「やる夫」ではあるのですが名前を「ヘンリー」としているので、
一人称も、それに合わせました。


235 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/05/31(月) 23:44:44 ID:LmvHt9o5 [3/3]
乙です

父を殺されたリュカがつらいのは当然だけど
自分のせいで無関係な人間が死ぬことになったヘンリーもつらくて当然なんだな
ゲームだとヘンリーの口調が明るいので、こういう面は思いつかなかったりで
読んでいてなるほどと思いました


236 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/05/31(月) 23:46:30 ID:ZKzcWjzO [2/2]


このスレってキャラの名前はAAの名前を使わず原作の名前の方を使ってるよね
まあどっちでも良いんだけどね


237 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/05/31(月) 23:47:43 ID:RP6uoWEj
乙です
次回も楽しみにしてます


238 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/05/31(月) 23:48:32 ID:ekj8SbKA [2/2]


239 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/05/31(月) 23:48:35 ID:dOr1BqFo [2/2]

タルに入って流されるシーンは省略?


240 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/31(月) 23:57:23 ID:7EOpHumL [32/32]
作者です。乙ありがとうございます!

予告なしなのにこんなに早い反応に驚き中。


>>ヘンリー
明るく振舞うのも、自分の罪(と、本人は思っている)ゆえみたいですね。
自分が悲しむと、自分のせいで巻き込まれた主人公がいたたまれなさすぎる、と。

>>AA
最初に主人公に「リュカ」ってつけた時点で引き返せなくなりましたw
いつか言われると思ってましたw


>>タル
次の回で出ます。回想のなかで、ですけども。


241 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/01(火) 01:31:43 ID:yhl/ClrO
乙。
多分小説の巻数が切り替わったところと見た。

>>224
ある程度の軍事力が無いと平和なんて維持できないってスイスさんが言ってた。


242 名前: ◆VeXhfoQdhw [sage] 投稿日:10/06/01(火) 02:14:44 ID:lGqN9xix [1/31]
>>241
あたりです。小説で省いてる説明を書こうとしてアップアップです。
補完の為に頭フル回転中です。誰か良い頭脳下さい。ピエールクラスだとうれしいです。


>>スイスさん
人名かと思って少し考えちゃいました。確かに、その通りですね。

243 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/01(火) 02:34:22 ID:NdqNP3ov
乙でした!

244 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/01(火) 03:28:18 ID:0rHec//4
おつでした、作者様!!!!!

特別涙を誘う場面じゃないんだけど何だかじんわりきた。
涙腺の調子がよくないのかな・・・。


水銀さんは女を武器にデボラ的ポジションで嫁争いに加わったりしちゃうのかなww
小説は作者様のこの物語が終わるまで読まないつもりで、小説版のゲマのラストは知らないんだけどさ。


245 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/06/01(火) 04:01:23 ID:l6hEoGYw [1/2]
乙ですのだ。
この辺りの描写は原作ゲームには無い部分だから凄く新鮮で楽しい。


246 名前: ◆VeXhfoQdhw [sage] 投稿日:10/06/01(火) 05:52:51 ID:lGqN9xix [2/31]
作者です。おはやう。

なんだか勢いづいちゃって、次の話ができてしまいました。


今日の21時半ごろ、投下に参ります。
説明口調多しな回です(ネタバレ)。


>>水銀ゲマ
女を武器にするのは間違いないっすよう。
あれこれ考え中でおります。お楽しみに!

>>新鮮
ありがとうございます。これからも頑張ります!


関連記事
やらない夫は弱虫のようです 「青年編」 | 【2012-07-11(Wed) 21:46:22】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する