つぶやきや更新状況などなど
カテゴリ
最新記事
最新コメント
今日のアクセスランキング
カウンター
やる夫系板
まとめブログさま
RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

魔物使いのリュカとブラウニーのやる夫 主要人物紹介

988 : ◆V/FGdX7aTo [sage]:2013/04/21(日) 06:32:04 ID:jPiu4YaQ0



















.

989 : ◆V/FGdX7aTo [sage]:2013/04/21(日) 06:32:54 ID:jPiu4YaQ0


    _,,..,,,,_ ___
  // ,' 3  `ヽーっ/\
/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\/     以下、このスレまでに登場した主要人物の紹介です。
  |            |/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.


990 : ◆V/FGdX7aTo [sage]:2013/04/21(日) 06:33:05 ID:jPiu4YaQ0

ノt┘            _ ∨」   \  / /
r┘        , -,二ニ-'´ _,. --―‐┴‐{/⌒ヽ、
.        rtニ_シ′ \ ,. '´r― 、 ―-- 、{〉   ヾ- 、
      , ィ┘\ヽ   /   \ `丶、  `ヾ、 ,.-圦彡ト、
   /r┘   ヽ\/    / `ヽ_ `丶、 >'::.:/`=彳:ヽ
   「/´      \ヽ   /   /!   ̄`ーへ:∧ヽ  }∨
  /」        / ヽ\ ,′ / /        `ヽ、 /r┘
  「/    ,..-_ニイ  \ヽ ,′/         -、Vイヽ
ヽ/}   //  |    ト、\r'′ , -‐        _,. l レ'′
ノ  V //´   |    | \ヽ '´ y=-;ミ     彳::.k!′
   ∨/     Vヘ  |   ヽ\7っ: ハ    ヾニハー-、
_二ニ/         ヽ ヽ Y⌒ーへ ヾ -‐′     !   |  ヽ
                \ 弋_   \\   _, ィ   ノ  ノ
             ` ̄>┴‐ ¬ 、ヽ     ´ /- 、
                  く   _ r┘_ヽ\__/    }
              , '´ ̄`ヾく」-―ー\ヽ‐{r<二∠_
            /      {  r-‐}|::ト、\{ __} `丶、
              /        ヽーイ<_|::| \ヽ仁ニ、    }
              ,′         く_ノ|::l   rY¨¨ユ   ∨/
           {            ∧ |:」 / }  二}_  〈
              ヽ、         ,イ   ̄>イ| 厶  ,. -く   (⌒ヽ
             `ー--、   ヾ、 /  |:| 厶ノ \`ヽ  } }`丶、
                     ヽ    Y´    |:| _ノ    ト、 `¨´ ノ   l
                  / `、 〃     |:|  ̄〉    ヽ `フ′    |

【魔参謀】 金糸雀
大魔王ミルドラースの腹心、水銀燈への忠誠を誓った人間。年若い頃より
修練によって多くの呪文を習得しており、補助呪文と攻撃呪文の垣根を超えて
上級呪文の多くを使いこなすことが出来る。その才覚は極寒の冷気を放つ
太古の秘呪文マヒャドを自在に扱うにまで至る、人間の中でも類い稀な実力者。
魔族に従うその信念の礎は、一人の人間として、歴史を動かさんほどの大きな
何かを成し遂げる存在に憧れた、夢追い人としての純粋な一念であった。
一度自分の突き進む道を決めればどこまでも突っ走る強固な信念の持ち主であり、
己の積み重ねた非道の数々を顧みることも敢えてせず、魔族につき従ってきた。
幼少の頃に長く修道院で修道僧として育った過去を持ち、当時同門であった
インデックスとは、敵対する現在でもその名を忘れ得ぬ親友同士である。

991 : ◆V/FGdX7aTo [sage]:2013/04/21(日) 06:33:28 ID:jPiu4YaQ0

                     _ .. -── ─ァ
                  ,. -…'´         `
               /ノ           \ \         /三/ 三三三三 /三三三三三三
             /イ        ヽ \ ヾ  ヽ ヽ       /三三三三三三/三三三三三三 /
             '三l/    \. _    ト、|_ ト、::ヾ ト、│     /|/三三三三三三/三三三三三_  /
             |三レ  ト\ _\`ヾハ'´l _ゝ|::::ハヽV.    /_j 三三三三三 / 三三三三三三/
             |三il}  ィ弋`__- ゝ  ハtン レ::::\ ヽ\ / 三三三三三 /三三三三三三 /
             ハ::/_ \ゞハrtン     i   l,:::::::::::N  / 三三三三 /三三三三三三 /
              | ハト -` \ ´      _  ハ :::: ヽ/三三三三/三三三三三三 /
\            | ゝト ` ー--      ´  /::::: ゝ_::  \-―… v 三三三三三三 ∠二二
三\          |  ヽ   \       ∧:::::::/:.\  Y:.:.:.:.:.:.:ヽ三三三三三∠::::::: ___
三三\jヽ       ヽ  ::\   ヽ  ーイ__:: / .:.:.:.:. |:: │:.:.:.:.:.::.::|三三三_ ィ :::::::::::::::::::_ 二
三三三三 \      \l、 ::::\    \, ノ:: ::ハ' :.:.:.:.:.:.:.::N │::.:.:.:.:.::.:|三三<::::::::::::: _フ '´:.:.:.:.:.:
三三三三三 `…=‐ -- ..__\:::::ノ\   V:: :: |-|:: :: :: :: :: : V :.:.:.:.:.:.::ノ ー── … ' ´:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.
三三三三三三三三三三三:/:.:.:.:.:.::.: >、 レ'´` ~7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:__.. -‐…
三三三三三三三三二二 /:.:.:.:.:.:.:::/:.:.:) ヽ    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.::._:.:.:.::._:.::.:__.:.:.:._.:_.:.:.:.,. -<´ :::::::::::::::::::::
三三三三三三三三三三 ':.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.::(    , -r'`ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ̄:: ̄:::: ̄::::::::/:.:.:.:.:.:.:\ ::::::::::::::::::
三三三三三三三三三 ∧:.:.:.:.:.:.:.:.::ヽ:.:.)r┬'ヽ    ゝ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ::::::::::::::::: >':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.> _ :::::::::
三三三三三三三三三三 ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:\  fryj \ ゝ:.:.:.:.:.:.:.:ハ _:::::: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: \:::::
三三三三三三三三三三三 `ー-- _:.:.:l:.:.:.:.)  `    丶 ゝ:.:.:.: /:.:.l:.: ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/ヽ
`  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ¨      ヽゝ:.:.:ヽ__       {:.:.:.:.:.:.: , :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.
                       |` ー、::`ー--v-- r':.:.:.::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                       L |  ∧ー-、:.:.:.::\:.:.:.,. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

【暗黒魔導士】 水銀燈
大魔王ミルドラースが自身の宿願を叶えるために現界に送り出した、最強の刺客。
ミルドラースの奥義の一つである輝く吹雪に加え、古代の秘呪文イオナズンを
乱発できる技術と無尽蔵の魔力を持つ。さらには持ち前の器用さと魔力を応用し、
勇者の放つギガデインの雷撃を分解し無力化するという離れ業まで実現させてみせた。
数多くの呪文と魔力、圧倒的な身体能力を武器にどんな状況にも自在に対応できる
戦闘の達人であり、時の運で隙を突くことも望めない実力者と言えるだろう。
大魔王の目的を叶えるためだけに生み出された存在であったため、何百年もの時を
その達成のために費やしてきたが、いよいよその実現が近づいたこの現在、初めて
目的達成後の自身の存在意義に対し、苦悩を持つようになる。その道を追うために
只一度の大魔王への反抗となれど、現代の勇者との命懸けの戦いに臨んだ。

992 : ◆V/FGdX7aTo [sage]:2013/04/21(日) 06:33:59 ID:jPiu4YaQ0

               ,...-┐ ,.-―-..、
           ,.イ:::::::::::|/:::::::::::::::::}
        _ r'´::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ゝ__, -t
         ,イ:::} ヽ:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/:::::::::::}
       /::::::::しi´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐'
    , -、く__:::::::l::::l:::::::; ィ ´  ̄ ` ー- 、::::::::::廴
 __,ノ: : /: : /:::::::::; イ            `ヽ:::::_ノ
/:.: : : :r‐r‐'::::::/       i    ヽ ヽ ヽ:〉
〉: : : :く: :|:::::::/        l      :,  ヽ i
: : :.:`:iト、l_::::′ /      !     トム- l !
: : : : :.{三ミi!/ /    /   i /! i  l lイ 从l /i/
: : : : : ヾ三}i  l    l /-/‐l‐从ヽ レ',イ}ヽ! /}
ゝ: : : : : ヾ/l ト、!   l l' /xョョュ、   ヽ弋リ ! l
 ヽ_; -、: :{ frzヘ  ヽヽ '弋リ      '  八}
.,ィiタハ /}`ヘゞ"ノiヽ、ヽヘ       , ,イ
.ヾミxv三}  ヽ`ー、:__ヽ ヘ-     ̄ ィl !
   ヾ三}   ヽ /: : ヽ `ヽ二ミ}¨ __l,x=ュ
   〃ゞ' ヽ   ∨: : : : : `: ー―-'寸三ミ}
  〃   ヽ   }: : :、: : : : : : : : : : :Vミ三!
  {{      }  l: : : :ヽ: : : : : : : : : : `tリ

【聖女】 真紅
エルヘブンに生まれた天空民の血を引く聖女であり、リュカの実母である。
やがてグランバニアに生まれ育った伝説の勇者の血を引くラプラス国王に
見初められ幸せな新婚生活を送っていたが、その両人の血を引くリュカが
生まれたことに目をつけた大魔王により、その身を狙われることになる。
リュカの誕生を確認した水銀燈によりグランバニアから攫われ、自身の力を
悪用されることを知りながら魔界に赴くという思考に陥れられ、魔道に堕ちた後
その肉体を大魔王に乗っ取られた。生来、家族を愛し他者の幸福を心より願う
優しい性分の人物であり、大魔王に肉体を乗っ取られて重ねた非道の数々は
当然彼女の望むべく道ではない。今も彼女の魂は、魔界に捕われ嘆き悲しんでいる。

993 : ◆V/FGdX7aTo [sage]:2013/04/21(日) 06:34:25 ID:jPiu4YaQ0
                    、、
                     ノ 〉                           ,ィ
                 / /       ,ヘ    /l             /〈
                /  /          〉.|   ,' ,」          | .:ヘ
                  |  ーゝ- - 、_ヽ、  〉ヽ  ! {! _ノ|     _/ヘ ..::ヘ
              _ .. ゝ、  _  ヽ,|!`'´ ⌒' "_} ,r" ̄ ̄ ̄     〉 .:::ヘ
.             _/:::::::::::::::::>´   ヽ::.. / <(@)> {{´  ̄ `ー -- -'  ..::ノ
.          , ´/:::::::::::::::::;/   ," >´  _    ....、 ヽ、_ , .... - ァ"⌒ヽ、
          〈   ヽ、_:::::::::::|!  ,/r'"  >´::l  ...:::: , へ  ヽ_,.  /   /::::> .
         ヽ    `ヽ::::|!  |! 〉 /:::::::::::! .::/:::::::::::ヽ  |!  /   ,/:::::::::::::::::::::ヽ
           |:`ヽ、 _  ヽヘ,  |i .|!/::::::::/!::: ! .:/::,、::::::::::::::::V |! /   ,/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ 、_ ,、
         ,ヘ_:::::::::::ヾ、 〉ゞ. 〉_|:::::::::::| |:::::l:/::::! .|:::::::::::::::::V! |!   ,/:::::::::::::::::::::::__,ノ  ヽ'
  __ ,.イ ,、  ヘ、  ̄`ヽ 〈  `' `i:::,、:::::`'::::::::::::::Lノ:::::::::::::::::::':::|!   |!::::::::::::/ ̄    _ /
 /::::// .!::ヘ   `ヽ`ヽ.ゝヘ    ,i::ヘ \::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;::_ >イ::::::|!   |!::::::::/  _..--::'"::|
.〈:´/::〈_   |::::ヘ    \::::::::|   <ヘ:::ヘ   ̄ ̄|!V::::.../  /:::::::/`ー -|/´ 〈 /´:::::::::::::::::::::ト、
 |/::::;':::`>':〉::::::\    〉:::/    `ヘ::::\    ゞ::::../ ./:::::::/   〉'´′  V--―― --.' |
 `l::::i::://::::::::::::::ヘ   /:/       \::::` ー - - ´:::::::/ 、./   γ __ .. 、、. .- ′
  ヽ:!」':::::::::::::::::::::::ヘ '´           ` ー - - - "´⌒ ー '      〉'::::::::,イ  !:ヽ        ,イ
    `ヽ::::::::::::::::::::::ノ                                 ,ィ:::::/:::{   |::::::ヘ  、、 ノ::}
      ` ー - ´                            /:::{ /:::::::::|   {::::::::ヘ  }:У:::::}
                                        /::::::| !::::::::::!  〉:::::::::〉./:::::::::}
                                           ヘ:::::::ゞ::::::::::L_ノ:::::::::::'´::::::::::/
                                       ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                           l:::::::::::::::::::::::::::::,..- ´
                                         ` ー - - ´
【魔王】 ミルドラース
リュカの運命を血に染めた諸悪の根源。魔界の帝王にして、魔界と現界の永い
歴史の中でも、過去現在未来において最強の存在と形容できることだろう。
神をも超えた力を持つと言い放つその大言は、自身が生み出した水銀燈が
マスタードラゴンの力を超えていることから、既に証明されたようなものである。
水銀燈を超える魔力を以って輝く吹雪やイオナズンを放ち、加えて火炎の古代呪文
メラゾーマを容易に使いこなす、絶大な威力の連続攻撃が主戦法である。
圧倒的な実力で他の追随を許さない強さを誇るが、未だその実、この姿のままでは
全力を出し切れておらず、これを破るだけの実力があって初めて、大魔王の真の姿と
対面する資格を得る。そしてその先には、途方もない深き絶望が待っている。

994 : ◆V/FGdX7aTo [sage]:2013/04/21(日) 06:34:45 ID:jPiu4YaQ0

::::::::\:.:.:.:.:.:.{::::::::::::::::\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ/::::::::::::/:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:,:.-‐         ヘ:.`ヽ、
ヽ:::::::::`::、_:.:.〉:::::::::::::::::::`!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:y::´/:::::::::::::::/:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./  、   `ヽ   ヘ.:.:.:.:`ヽ、
:.:.ヽ:::::::::/:.:.:.:,ヘ:::::::::::::::::::}:ヽr―‐ 〈.:.:.:{:::::::::::::::::/:.:ヽ:.:.: {:.:.:.:,:./      ヽ    ヽ   }::ァ:.、:.:.:.:ヽ
:.:.:.:,ヽ::/:.:.:, - 、ヽ::::::::::::ノ/:.:.:.:.:.:.:.`ヽ \:::::::_/:.:.:.:.:.ヽ:.{_:.:/´{      /{      }  {/::_:::ヽ:.:.:.:}
:.:.:.:.>ヽ,、:{:.:.:.:.:.ヽ ̄ ̄./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:7´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉 ´   ヾ、__ ./ ヽ    ノ  .}´::::::::::`ヽ:!
< ヘ:.:{:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.\/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}/`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:{    、`ー'    }ヽ.イ   }:::_:::-::"´ヘト,
:ヽ_>:.:、:.:.:ヽ:.ト、:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.γ´ヽ:.:.:/ト、   ヽ:.:.:.:.:.:.{.  r ‐ 、>‐7:´`ヽ. '´ {   .}´:::::::::::::::::::i.ヘ
/.:.:.:.:.:.{ヽ__:.:ヽ゚ゝ、:.〉-、:.:.:ノゝ゚-': :/ー,:::::`ヽ.  ヘ:.:.:.:.:.〉、{ _ゝ:./:.:.:.:.:.:.:.`フ:.ゝ、_.ノ_::::::_::::::-:::‐i }
.:.:.:.:.:.:.:. i  /i`ヽこ___`____ノl  !::::,、:::ヽ. }:.:.:.:/.:.:.`ヾ:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::::::::::::::::::::::;:´} i
:.:.:.:.:.:.:.: | /{ ヽ/:::!/::::ヽ|:::ヽ/::::::|/ヽ_|::::|.ヘ::/.:ヽ},:.:'´:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽー - ':::::::}.ト、
:.:.:.:.:.:.:.:.:l':.:.ヽ.|,ヘ::,、::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::,、:::!ヽ.!__}'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー-:.ゝ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ::ー - '´ノ':.:.ヽ
.:.:.:.:.:.:._ .:.<:.:.ゝヘ! ヽ{;;;;;;;;;',;;;;;;;{∧| ヘ|__} /:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.:.ノ}ヽ´ ̄ ̄ `ヽ:.:.:.:`ー ‐ ':.:.:.:.:.:.ヘ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.ヾゝ-ヘ;;;;;;;;;`;;、{Lノ>'´:/´:::::::::`ー:::::::::-:::::::::‐::"´/:.:.:.:.:.{:.:.:.ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. }:.:.:.:.:.ヾ、:.:\;;;;;;;;;;;;;`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::-‐:::´/:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:`ー '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.`⌒{`::::ー-、;;}:::!`ー::::::::-::::::´:::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
:.:,:.:.:.:.:.:.(:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::_:::::.:::::´::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{

【大魔王】 ミルドラース
真の姿を現わした大魔王である。かつて一度、伝説の勇者によってその身を
滅ぼされ、魔界に漂う思念のみの存在となったが、魔界に潜在していた
邪神エスタークの肉体を乗っ取ることによって、かつて以上の力を取り戻した。
過去に現界の神の意志を継いだ勇者達に敗れたことにより誇りを傷つけられ、
その復讐として、伝説の勇者とエルヘブンの聖女の血を引く者の肉体を乗っ取り、
その力を以って現界を絶望に陥れることに固執している。メラゾーマ、イオナズンを
極めて容易に放ち、肉体の奥に秘めた獄炎を解き放つ灼熱炎であらゆる対象を
呑み込み、破壊のみで全てを蹂躙する超越的な力を持った存在と言えるだろう。
されど、これを討ち果たさない限り現界を脅かす脅威は、世界に根差したまま永遠に
晴れぬまま。完全なる泰平を取り戻すための最後の試練は、避けて通れぬ道である。

995 : ◆V/FGdX7aTo [sage]:2013/04/21(日) 06:36:00 ID:jPiu4YaQ0
バックナンバーです。

第35話 大神殿・インデックスVS金糸雀  ~今も昔もこれからも~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1357135109/9-133】
第36話 セントベレス山・VS水銀燈  ~天空神話の世明けの日~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1357135109/178-494】
第37話 現界・魔界突入を前にした最後の邂逅  ~必ず、帰ってくるから~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1357135109/551-688】
第38話 魔界・VSミルドラース  ~歴史の収束~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1357135109/712-870】
エピローグ 魔物使いのリュカと7人の魔物達の思い出  ~ The memory will never die ~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1357135109/883-986】
主要登場人物紹介
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1357135109/990-994】

996 : ◆V/FGdX7aTo [sage]:2013/04/21(日) 06:36:41 ID:jPiu4YaQ0


              。・゚・⌒)
     _,,..,,,,_  ,.rぅ━ヽニニフ ))     次スレですよ~。
    / ,' 3  ` 丿      彡
    l   ⊃ ⌒_つ                 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1366493222/
     `'ー---‐'''''"

.
関連記事
魔物使いのリュカとブラウニーのやる夫 | 【2014-04-10(Thu) 06:01:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する