つぶやきや更新状況などなど
カテゴリ
最新記事
最新コメント
今日のアクセスランキング
カウンター
やる夫系板
まとめブログさま
RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

やらない夫は弱虫のようです 第二十九話

202 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:19:02 ID:FFCNl3PM [3/49]
760



                 ┏
                   魔物がわんさか出まくる森の中で、出会った一人の女性。
                                                       ┛


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●       「 ……私はパパスという者だ。
   |      (__人__)
    |        ノ         君こそ、誰なんだ?
   |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ         というか、一人でこんな森に入って、危険なのでは――― 」
 (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


               ┏
                 最初、私は魔物が変化の術でも使ったのか、と思った。
                                                   ┛

               ┏
                 でなければ、こんなところに女が一人でというのは考えられない。
                                                         ┛


203 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:19:37 ID:FFCNl3PM [4/49]
761



      /                ヽ
     /                   ヽ
    /                     ヽ
   /        ト、 l、 ト、           ',
   /      ト、!-ヽ!ヽl.ヽ   ,イ/! ,ィ     ;
  ,'      l、 !ィヤ'':::ト、l `i  /ノ'''l/ノ、/ .  /
  ;    |    ト、ヾ `'''"´   レ' て::jヾ! / /
  l   l   |            `" ノ//      「 私は…マーサ。 」
  ',   l   l         i    '"/│
  ',    i   !、      _´"    / l         「 ここよりはるか北から来ました。 」
   ヽ  ',   ',ヽ、    `=゙    , イ │
    ンヽ',  ',  ヽ、     ,/ l  l
   /_/_',   ',   `丶、..., '´   |  l
r‐ ''"´    ',  ',、 、   /      l  l       ┏
ヽ       ',  ',\\. /、     i   !         俺の名前を聞いても、一切女性は反応しなかった。
/,. -‐‐- 、 ',   ', \ヽ、lヽ.    l  !                                        ┛
       `ヽ'、  ' 、 \ ! ヽ、 ノ  /


             ┏
               姿も、見たところ妖しい感じはない。魔物とかではなさそうだ。
                                                    ┛


                                                    / ̄ ̄\
                                                   / ヽ、_   \
                    「 そうか。マーサ…さんというのか。 」       . ( (● )    |
                                                      . (人__)      |
                   「 しかし、なぜこんなところに一人で? 」        r-ヽ         |
                                                 (三) |        |
                                                  > ノ       /
                   「 誰かとはぐれたのか?               /  / ヽ     /
                    それなら私もだから、一緒に探しても… 」    /  / へ>    <
                                                |___ヽ  \/  )
                                                    |\   /|
                                                    |  \_/ |


                  ┏
                    はるか北…? 違う国から、ということか?
                                               ┛


204 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:20:04 ID:FFCNl3PM [5/49]
762



             /;;..-‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ 'i、
           ,.r''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ l,
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ l
       _,,ィ'′ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ l
     .'" ン゙:::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     /:::_,,/`'ッ -、:::::::::::::/:::::;、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    ,r'/jン',-''"` ヽ、:::_:/:::::/,:':::::::::::::::::::::::::;、:::::::::::::::::::::::::::::::::|
   ,/ク:::,,j".l゙  〈゙i'",//,|::/ ,':::::::::::::::;ィ::::/ |::::::,ィ::::::::::::::::::::::::l゙
  '" l:://.!    ゙'r':/~゙゙]゙广"'''l:::::::::;,/ノ/  ,l゙::/.|::::l::::::::::::::::::l゙    「 ………。 」
    |l゙ ゙l      ∨ ‐''《,,,,,,,,,、|:;‐"_,.-''゛ ''''‐lシ'゙..,,_l::::l゙::::::::::::::::l゙
    "/゙l         ゙i.     ゙ リ '゙     x;'゙、__ ノ:/::::::::::::::::/
.     ,'::::゙i、      l.     '゙        .`''''''シイ゙::::::::::::::::/
    l:::::::ヽ       |                 _ノ::::::::::::,/:/     ┏
.    l:::::::::ノ      八___,,..、--‐======ニニ´-''":::::,/:::/        彼女―――マーサはとたんに押し黙る。
.    ヽ:/   _,.-ッ'"゙ヽ      ' 丶    ,/::::::::::/::/゙                                 ┛
.    / _,,.-‐"  /`ヽ、.| \   `^.''-_,..-''"::::::::::::/:/
   / '゙´    /_.-"<゙.l   ゝ--‐''''"゙::::::::::::::::::::_彡'"         ┏
 ./      /" ヽ  ヽレ'´::::::.:::::::::::::::::::::::_,.‐" ''l             ―――しかし、なんと美しい女性だろう。
'ア        /   ヽ,.-":::::::::::::::::::::::::::_..-" /   ゙l、                                    ┛
.゙l        /  ,..-''´:::::::::::::::::::_,.-‐''ブ /     ヽヘ、
 ゙l      /,.-''" ::::::::,.. -‐<´  ./ /     /  ゙-、


              ┏
                透き通るような白い肌、少し低めの声、ほっそりとした体。
                                                   ┛


                                                    / ̄ ̄\
                                                   /  ヽ、_  \
                                                  (●)(● )   |
                    「 ……話せない事情でも、あるのか? 」     (__人__)     |
                                                  (          |
                                              .    {          |
                                                  ⊂ ヽ∩     く
                                                  | '、_ \ /  )
                                                  |  |_\  “ ./
                                                  ヽ、 __\_/





205 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:21:01 ID:FFCNl3PM [6/49]
763



     │       │::::::|   `-,,_::::::::::::::::::::.,.i、
      ゙'ー、_,,.   l::::::::|     `''―-┬'''ヽ `ッ--、...._  ゙
        `''、  l:::::::ト 、     _..-‐¬'''''''゙‐'ー-..、 ゙ヘ、
          `'ー'l:::::::|  \  /゛         /\::::::ヽ      「 ……もう、戻れないところから来たのです。
.               l::::::l゙   y'´     _...... ----、,l:l  \:::::ヽ       私がいると、里のものが不幸に遭う…   」
            l:::::l゙  /   ,..-'"      `'|i、  ヽ::::::l
            l:::/  /   /             ゙lヽ  ゙l:::::::l
           |:/  ./   /              l:::\ ゙l:::::::l
           ,l/  /  /                l::::::::゙'丿:::::l    ┏
           " ./  /                 ト、::::::::::::::.:|      マーサは小さく頷くと、
            / /         l゙  ,.      l `'-、::::::ノ      低めの声で、そういった。
           / /        │  l      レ--、 `゙'''′                       ┛
          ,l /          │  |...     レ、::\


              ┏
                戻れないところ…? 彼女が何を言っているのか、正直俺には判らなかった。
                                                                ┛


   / ̄ ̄\
  /   _ノ  \      「 なんだかよく判らないが、事情があるんだな。 」
  |    ( ー)(ー)
.. |     (__人__)      「 ……しかし、マーサさん。この森は危険だ。
  |     ` ⌒´ノ       出たほうがいいと思うのだが……      」
  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
    /     ヽ \


206 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:21:58 ID:FFCNl3PM [7/49]
764



        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
       ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      ,::::::::::::::::ト、:::゙、::ト、::::::::::::::!::/!:::l|: /!:|::::::::::::!
      !:::::::::::::i、゙、゙_;;;_ヾ、゙、:::::::/!/ノ_;;/``!ト:::::::::l|
      !:::::::::::l、ィ'"{':;;}`  ヽ/  '"{':;;}゙ヾリ:::::::/リ     「 いえ…いいのです、親切なお方。 」
      !:::::::::゙ヽ、`´          `゛彡::::/
      !:::::::::::ト、             彳:::|       「 私は進んでこの森に来たのですから。 」
      !::::::::::l゙、        '       ,':::::|
      ゙、l:::::::ト-、            ./l::::::|
       |:::::::l:::::ヽ、    ´ ′   , ':::l!:::::!
       |:::::::|::::::::::'` 、       ,. イ::::/l:::::|
       |:::::::ト、::::::::',  ` 、 _ , ' ├ '_」:::::|        ┏
       |:::::::! ` ー',      ,. ',."´-:|:::::ト          彼女は静かに、俺の提案を拒絶する。
       l::::::l|    ,イ',   /,. '´:..:..:.:..:|:::::|〈                                  ┛
         .l:::::l|  /:..| ', //::.::.::.::.::.:..:l::::::l::.`'‐、_
       l:l:::l /:..:...l //:..:..:..:..:..:../l|:::/..:..:. .  `'‐、_
       .゙l|::l:..:..:..:..:.l /.:..:..:..:..:..:./..:..リ/:..:..:..:..:. .    `ヽ
      ,. ' ゙l、l:..:..:..:/.:..:..:..:..:..:./:..:..:.ノ'..:..:..:..:..:..:..:. .


                 ┏
                   この状況でなかったら、俺は大して気にも留めずに去っていたのだろう。
                                                                ┛

                 ┏
                   しかし、この状況だ。俺は彼女を置いて去るわけにもいかなかった。
                                                            ┛


                                                  / ̄ ̄\
                                                /  ヽ、_  \
                                               (●)(● )   |
                       「 進んで? 」                (__人__)     |
                                               (`⌒ ´     |
                       「 何か目的でもあるのか? 」   .     {           |
                                                {        ノ
                                                 ヽ     ノ
                                                 ノ     ヽ
                                                 /


207 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:22:35 ID:FFCNl3PM [8/49]
765



              ┏
                俺の質問があまりに不躾だったのか、彼女は静かに俺に目線を向けた。
                                                            ┛


     ゙、l:::::::ト-、            ./l::::::|
      |:::::::l:::::ヽ、    ´ ′   , ':::l!:::::!           「 パパスさん―――と、いわれましたね。 」
      |:::::::|::::::::::'` 、       ,. イ::::/l:::::|
      |:::::::ト、::::::::',  ` 、 _ , ' ├ '_」:::::|           「 ご親切に言っていただけているのは判るのですが、
      |:::::::! ` ー',      ,. ',."´-:|:::::ト            こちらはそれを望んでおりません。          」
      l::::::l|    ,イ',   /,. '´:..:..:.:..:|:::::|〈
      .l:::::l|  /:..| ', //::.::.::.::.::.:..:l::::::l::.`'‐、_        「 何より、初めて会ったばかりのあなたに、
      l:l:::l /:..:...l //:..:..:..:..:..:../l|:::/..:..:. .  `'‐、_       なぜこちらの事情を話さなければならないのですか? 」
      .゙l|::l:..:..:..:..:.l /.:..:..:..:..:..:./..:..リ/:..:..:..:..:. .    `ヽ
     ,. ' ゙l、l:..:..:..:/.:..:..:..:..:..:./:..:..:.ノ'..:..:..:..:..:..:..:. .


                ┏
                  荒々しくなど微塵もない、だが、妥協も一切ない静かな拒絶。
                                                        ┛


      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、;;;l、;; ト、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',      「 失礼なことを言っているとは百も承知です。 」
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、!-ヽ!ヽl.ヽ;;;;;;;;;,イ/!;;,ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l、;;!ィヤ'':::ト、l `i;;;;;/ ナ'l/ノ、/;;;;;;;;;;/       「 ですがパパスさん、もし私の為を思うのであれば、
  ;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;ト、ヾ `'''"´   レ' て::jヾ!;;;;/;;;;/         是非このままお立ち去りください。         」
  l;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;|            `" ノ//
  ',;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;l         i    '"/;;|          「 それが私の望みなのです。 」
  ',;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;!、      "     /;;;;l
. -ヽ;;;;;;;',;;;;;;;',ヽ、    ‐     , イ;;;;;;|
    ンヽ',;;;;;;;',  ヽ、     ,/ l;;;;;;;l
   /_/_',;;;;;;;',   `丶、..., '´   |;;;;;;;l     ┏
r‐ ''"´    ',;;;;;;;',、 、   /     l;;;;;;;l       明らかに彼女は気分を害していた。
ヽ       ',;;;;;;;',\\. /、     i;;;;;;!       ……なるほど、状況は理解できないが、とにかく彼女は
/,. -‐‐- 、 ',;;;;;;;', \ヽ、lヽ.    l;;;;;;;       ここにいたいらしい。
       `ヽ'、;;;;;;';、 \ ! ヽ、 ノ;;;;;/                                           ┛


208 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:23:18 ID:FFCNl3PM [9/49]
766



     / ̄ ̄\
   / _ノ  ヽ、_ \
  . | ( ●)(● ) |      「 ―――すまんな。 」
  . |  (__人__)  │
   |   `⌒ ´   |      「 護衛もいなそうな、目的も判らないままここにいる君を、 」
  .  |           |
  .  ヽ       /       「 ここに一人、置いておく…というのは私には出来かねるんだ。 」
    ヽ      /
     >     <
     |      |         ┏
     |      |           人の願いを無視するほど無粋な人間ではないつもりだが、
                                                        ┛


            ┏
              「この」土地で。「俺」の名前も知らない女性を、むざむざと死なせるわけにはいかない。
                                                                   ┛

          ┏
            ベルギースのことも、気にはなっているのだが…サンチョも、あいつをおいかけているのだ。

            サンチョは普段はとても穏やかで優しいが、それなりに武術も使える。優秀な人間なのだ。
                                                                    ┛


        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      ,::::::::::::::::ト、:::゙、::ト、::::::::::::::!::/!:::l|: /!:|::::::::::::!
      !:::::::::::::i、゙、゙_;;;_ヾ、゙、:::::::/!/ノ_;;/``!ト:::::::::l|      「 でしたら…どうするおつもりですの? 」
      !:::::::::::l、ィ'"{':;;}`  ヽ/  '"{':;;}゙ヾリ:::::::/リ
      !:::::::::゙ヽ、`´          `゛彡::::/        「 私はここから動くつもりはありません。 」
      !:::::::::::ト、             彳:::|
      !::::::::::l゙、        '       ,':::::|        「 魔物も沢山いますわ。早く、立ち去ったほうが――― 」
      ゙、l:::::::ト-、      r:ュ     ./l::::::|
       |:::::::l:::::ヽ、         , ':::l!:::::!
       |:::::::|::::::::::'` 、       ,. イ::::/l:::::|
       |:::::::ト、::::::::',  ` 、 _ , ' ├ '_」:::::|
       |:::::::! ` ー',      ,. ',."´-:|:::::ト           ┏
       l::::::l|    ,イ',   /,. '´:..:..:.:..:|:::::|〈             彼女は不思議そうに俺を見る。
       .l:::::l|  /:..| ', //::.::.::.::.::.:..:l::::::l::.`'‐、_                              ┛
       l:l:::l /:..:...l //:..:..:..:..:..:../l|:::/..:..:. .  `'‐、_
       .゙l|::l:..:..:..:..:.l /.:..:..:..:..:..:./..:..リ/:..:..:..:..:. .    `ヽ
      ,. ' ゙l、l:..:..:..:/.:..:..:..:..:..:./:..:..:.ノ'..:..:..:..:..:..:..:. .


209 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:23:37 ID:FFCNl3PM [10/49]
767



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
       ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',        ┏
       ,::::::::::::::::ト、:::゙、::ト、::::::::::::::!::/!:::l|: /!:|:::::::::          か細く、か弱く見えるが、
       !:::::::::::::i、゙、゙_;;;_ヾ、゙、:::::::/!/ノ_;;/``!ト:::::::::          彼女の眼は凛とした強さが見えた。
       !:::::::::::l、ィ'"{':;;}`  ヽ/  '"{':;;}゙ヾリ:::::::/                                ┛
       !:::::::::゙ヽ、`´          `゛彡::::/
       !:::::::::::ト、             彳:::|          ┏
       !::::::::::l゙、        '       ,':::::|            多分、テコでもいうことを聞かないだろう。
       ゙、l:::::::ト-、      _      ./l::::::|                                     ┛
        |:::::::l:::::ヽ、         , ':::l!:::::!
        |:::::::|::::::::::'` 、       ,. イ::::/l:::::|
        |:::::::ト、::::::::',  ` 、 _ , ' ├ '_」:::::|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               / ̄ ̄\
             / _ノ  ⌒ \
              | ( ●) (●) |       「 ―――こうするのさ。 」
             |   (__人__)  |
             |   ` ⌒´  |
           _入 |        }人
    トスン  , イ  / ヽ       }  l\
       /    |  |ヽ     ノ!  |  ヽ.
       | ヽ、  |  .V::::` ー ':::::.;.  |  ∧
      「´  `i. /__,厂V::::::::::::::::.:/ィヘ」  /
      /     | ´     ヘ、::::::::::/.    ,' ,ィニ`ヘ
    / ____   |        \_/    r/   ∧
    〈ィ´  `ヽ」j       「        {以イ´ ̄`ヽ、
   r'       `¨¬-、_   |   r‐‐-ィチ´       〉
   `ゝュ,,__        `¨亠'"´ ̄ ̄ヘ   __,ィ=≦ヽ
   f´ i . . .:`寸=ー----ュ、,___ ,、 , , 〉ャ'´/.: : : i  ',
   ┤ :i . . .: : :} \   /    ,斗ク,々y′ ,.′ : : : :i::. ∧
   !  :i . .: : : ::V ソゝヘ/   T′`^__ソ.: : :/  .: : : :i::. : : :,
  〈.: i.: :i . : : : : :} '.:: : /    ト、,f壬イ.: : :,ハ  .: : : ::i:. : ::/
   .V .:: i . : : : ::iy.: : :ハヽ __ィニ′.,'.: : : : : : j .: : : : i:. : :     ┏
    ’.:.::i  . : : : l.: : : : :`^´.: : : :,イ/.: : : : : : :l .:,'.: : :i:. : :|       だから、俺も覚悟をきめることにした。
     |.:.:.i  . : : ::|.: : : : : : : : : :.,'/. : : : : : : :i /.: : : i:. : ;'
    .i.:.:.i  . : : ::|.: : : : : : : : .::′. : : : : : : : :l /.: : : : i:. :;'        彼女の隣に座り、そこにいることにしたのだ。
     |.:.:.i  . : : ::!ゝ __________/l/.: : : : ::i.::,′                                   ┛
     |.:.:.j  . :ヽ├―――――――――┤.: : : : : !〈
    ./.:.,'__, . :ュ_.∧             ,ノ.: : :,: :ュ_:∧
    {.:.:,≧--‐‐'ニ 〉            .〈.: : ;イ-‐‐.: :.;}
     \r‐-' `ヽ,'             .}.: : :≧、.:イ
    , イ-‐マ、__,ハ              〈.斗ァ´ ̄`L
   仁二ニニヽヾY′             {__yイ,仁二ニム
――ゝ====ー┴―――――――――┘--≦二二ニ


210 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:24:20 ID:FFCNl3PM [11/49]
768



             ┏
               彼女は俺が何を言おうとここから動かないという。
               せめて目的を聞こうと思っても、話す気はないという。
                                                ┛

         ┏
           安全な場所ならば、それもいい。―――だが、ここはそういうところではない。
           俺はすぐに想像できるであろうこれからの彼女の未来を、招きたくはない。
                                                          ┛


    / ̄ ̄\
  /   _⌒  \
  |   (●)(●)     「 根競べと行こうじゃないか、マーサさん。 」
 . |   ⌒(__人__)
   |     |r┬| .}     「 あなたはここにいたいと言う。だが私はあなたをここから出したい。」
 .  |     ー―' }
 .  ヽ        }     「 じゃ…、答えは一つだな。―――負けたほうが、勝ったほうのいうことを聞けばいいのさ。 」
    ヽ     ノ



        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   「 ………。」
        ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
       ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      ,::::::::::::::::ト、:::゙、::ト、::::::::::::::!::/!:::l|: /!:|::::::::::::!    ┏
      !:::::::::::::i、゙、゙_;;;_ヾ、゙、:::::::/!/ノ_;;/``!ト:::::::::l|       彼女は最初、呆気にとられたかのように俺を見ていた。
      !:::::::::::l、ィ'"{':;;}`  ヽ/  '"{':;;}゙ヾリ:::::::/リ       ―――しかし、何と思われようが俺にはどうでもよかった。
      !:::::::::゙ヽ、`´          `゛彡::::/                                            ┛
      !:::::::::::ト、             彳:::|
      !::::::::::l゙、        '       ,':::::|
      ゙、l:::::::ト-、      r:ュ     ./l::::::|
       |:::::::l:::::ヽ、         , ':::l!:::::!
       |:::::::|::::::::::'` 、       ,. イ::::/l:::::|        ┏
       |:::::::ト、::::::::',  ` 、 _ , ' ├ '_」:::::|          今頃サンチョとベルギースは出会っているかもしれない。
       |:::::::! ` ー',      ,. ',."´-:|:::::ト          他の者も余りに帰りが遅かったら異変に気づくだろう。
       l::::::l|    ,イ',   /,. '´:..:..:.:..:|:::::|〈
       .l:::::l|  /:..| ', //::.::.::.::.::.:..:l::::::l::.`'‐、_       ……どうせ、道具は無いし、魔力の持ちも少ないのだ。
        l:l:::l /:..:...l //:..:..:..:..:..:../l|:::/..:..:. .  `'‐、_                                      ┛
        .゙l|::l:..:..:..:..:.l /.:..:..:..:..:..:./..:..リ/:..:..:..:..:. .    `ヽ
      ,. ' ゙l、l:..:..:..:/.:..:..:..:..:..:./:..:..:.ノ'..:..:..:..:..:..:..:. .
    ,.  '´:..:..:..:..N:..:.,.'..:..:..:..:..:..:.:,.':..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.. .


              ┏
                それならば、彼女のそばにいて、せめて彼女を守ろう。そう思ったのだ。
                                                            ┛

211 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:25:03 ID:FFCNl3PM [12/49]
769



.  ,.'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::':::::::::::::::::::::::::::::::::::゙.、
.  ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、     「 あなたは不思議な人ね、パパスさん。 」
. ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::':;:'i::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
. ,::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:',';:' .i::::::;:!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
. l:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::;:':;';'‐-.i:::/ i:::::::!::::::::::::::::::::::;'::::::::::::',    ┏
_.l:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::;'::;','ゞミ.i/ヽ.l::::::!::::::::::::::::::::;:':::::::::::::::i      彼女はすこしだけ、薄く微笑んでくれた。
l l::/l::::::::::::::::::::::::::::::;'::;' ',〈;;;;;;;:ヘ. i:::;'}::::::::::::::::;::':::::::::::::::::::l                              ┛
/  l:::::::::::::::::::::::::::::;':::;  `ー'-  i/ !::::::::::;::ィ:::::::::::::::::::::::;'
   i:::::::::::::::::::::::::::;'::::i       ,':::;;-''´ /:::::::;:':::::;:'::::;'
.   i:::::::::::::::::::::::::;':::i:i.       'イ;:ノiヽ':::::;::'::::;:イ::::;:'     「 縁もゆかりも、それどころか初めて会ったばかりの
   ';:::::::::::::::::::::::i:i::i. ',       ,' `/::::::':::;. '  i::;:'        人間に、どうしてそんなことができるの?       」
.    ';::::::::::::::::::::i::l ll  .ヽ    ___l/;:'::;:';'´   ノ'
.    ';::::::::::::::::::i::l. l!    `''...-'":::;::':::;'::;'            「 ずっとここにいたら、あなたの命だって
.     ';::::::::::::::::i::l. i  ..‐'" ,,''::;;:'':::;;'':::;'              危ないかもしれないのよ。        」
...___   ';:::::::::::::::i:l` -‐'´  , ';;-,'::::;;:'':::::;'


           ┏
             彼女への答えは決まっている。―――俺の、責任と義務ゆえだ。
                                                     ┛

           ┏
             それを言葉にしようと、俺は口を開いた。
                                       ┛


             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ー)(ー)
           .|     (__人__)     「 理由なんか特にないよ。」
           /     ` ⌒´ノ
         /  ヽ ⊂二二 ̄\    「 ただ、あなたを助けたい、
       /     \  ⊂、'    ヽ
      /        \_, `7  /    こんなところに置いておきたくはない。
     /    へ     \ !/  /     そう思っただけの話さ。         」
     |      \    Υ  /
     |        \     /\
     |        / \__/.,,_r ヽ、
    /      _,,__|'"´      レi  }    ┏
    |   `'"´   `¨ー、     /ノノ      ところがなんだか、俺の口からは
    |            }ィ    ´/       妙な言葉が躍りだす。
  /\___,,.._7    /::/   , '                              ┛
 /::::::::::::::/::::::::::::::::{    /::/  /:
 |:::::::::::::::|::::::::::::::::::!   /:::/  f::::::
 |:::::::::::::::|::::::::::::::::/   /:::(    ヽ、
 |:::::::::::::/::::::::::::::/   {,_:::::::`ヽ、__,,ゝ
 /:::::::::::::|:::::::::::::(_    `¨つ:::::::::::::::
 |::::::::::::::::\:::::::::::::::::`¨ー-'"::::::::
     ::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::


212 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:25:44 ID:FFCNl3PM [13/49]
770



             ┏
               自分で何を言ったのか一瞬、俺は理解できなかった。
                                                 ┛

            、      / /  ,イ l     l
       l ト  ト、 '、    ,イ /_l__/ l / ,イ  l  !
     l l  ', lヽ l,.、ヽlヽ   / l/,./-/``|!/ !  ,'  |     「 ありがとう。 ―――とても、嬉しいわ。 」
     l. ',  '、 Kヽ、,.-ヾ ヽ、/   ''"゙゙゙゙'ヾ/ / イ  !
     '、'、 ヽ ゙、 ン'"゙゙゙  `       / //!   |
     ヽ ヽ、ヽゝ      l       ,イ ;'    |
        l!ヽ、ヽ、    ヽ     / l! ,'    |
        |! , ` '、ー   - _‐     , !/     ;     「 見ず知らずの私に、そんなことを言ってくれて、
        ! ',   l゙丶、       ,. '〃     ,'      ありがとう。パパスさん。              」
        ゙、 '、   l  ` 、   , '  /     /
         ヽ ` 、 l!、  `i'''ヾ        , '
          ヽ ヽヽ   /  l


              ┏
                慌てかける俺に、彼女は今度こそ微笑みかけてくれた。
                                                  ┛


      │     │::::::|   `-,,_::::::::::::::::::::.,.i、
      ゙'ー、_,,.   l::::::::|     `''―-┬'''ヽ `ッ--、...._         「 でも、それでも私はここから動くつもりはないの。 」
         `''、   l:::::::ト 、     _..-‐¬'''''''゙‐'ー-..、 ゙ヘ、
          `'ー'l:::::::|  \  /゛         /\::::::ヽ
.               l::::::l゙   y'´     _...... ----、,l:l  \:::::ヽ
            l:::::l゙  /   ,..-'"      `'|i、  ヽ::::::l    「 お願い、どうぞこのまま立ち去って。 」
              l:::/  /   /             ゙lヽ  ゙l:::::::l
            |:/  ./   /              l:::\ ゙l:::::::l
               ,l/  /  /                l::::::::゙'丿:::::l
           " ./  /                 ト、::::::::::::::.:|   「 魔物のことなら、大丈夫。
            / /         l゙  ,.      l `'-、::::::ノ
            / /        │  l      レ--、 `゙'''′    ―――魔物は、私には手を出せないから。 」
           ,l /          │  |...     レ、::\
          /ヽ{             /ー'"  `'、    |::::゙i、::::::ヽ、
          ハ、゙ヽ、        /  l    \  |::::::::゙l:::::::::ヽ


213 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:26:23 ID:FFCNl3PM [14/49]
771



     __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・      「 魔物は君に、手を出せない…? 」
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \
  \          |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
     /       \. \
    ./   /       |. \ソ
     (  y'     .|



                                               │     │::::::|   `-,,_::::::::::::::::::::.,.i、
                                          ゙'ー、_,,.   l::::::::|     `''―-┬'''ヽ `ッ--、...._
                                                 `''、   l:::::::ト 、     _..-‐¬'''''''゙‐'ー-..、 ゙ヘ、
  「 ええ。私は魔物に殺されることはありません。」               `'ー'l:::::::|  \  /゛         /\::::::ヽ
                                    .            l::::::l゙   y'´     _...... ----、,l:l  \:::::ヽ
                                                  l:::::l゙  /   ,..-'"      `'|i、  ヽ::::::l
                                                   l:::/  /   /             ゙lヽ  ゙l:::::::l
  「 だから、あなたの心配することは起こりえないのです。」                |:/  ./   /              l:::\ ゙l:::::::l
                                                 ,l/  /  /                l::::::::゙'丿:::::l
                                               " ./  /                 ト、::::::::::::::.:|
                                                / /         l゙  ,.      l `'-、::::::ノ
                                                / /        │  l      レ--、 `゙'''′
                                               ,l /          │  |...     レ、::\


214 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:26:54 ID:FFCNl3PM [15/49]
772



             ┏
               確かに―――先ほどから、魔物の気配がない。
                                             ┛

             ┏
               ついさっきまで、油断しようがしまいが関係なくあった暗い気配がないのだ。
                                                            ┛


         / ̄ ̄\
          / _ノ  ヽ、.\
       | ;(●)(●) .|
       !  (__人__)  .|
       , っ  `⌒´   |    「 マーサさん、あなたはいったい…」
      / ミ)      /
     ./ ノゝ     /
     i レ'´      ヽ
     | |/|     | |


              ┏
                まるで、聖域や結界の中にでも入り込んだかのような。
                                                  ┛

              ┏
                魔の者が入りこめない空間にでも、迷い込んだような―――
                                                     ┛


215 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:27:12 ID:FFCNl3PM [16/49]
773



                  ┏
                    結局、彼女は何も答えなかった。
                                         ┛


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    ::::::::::ヽ、' ,           :::        l!:::::.::::::::::::::l
    :::::::::::::ト、'、``                   .l::::::::::l:::::::::l   「 私のことを心配してくれて、…ありがとう。 」
    :::::::::::::i、 .ヽ         ー        ,i.l:::::::::l::::::::!
    ::::::::::::l!::::``''、       ー‐ -一     、i:::l!:::::::l:::::::;'
    ::::::::::::l!::::::::::::` 、       '''´     、' .i::l!:::::::l!::::;'    「 失礼なことを言って、本当にごめんなさい。
    .l::::::::::l!::::::::::::::::::`丶、          , '`  i::l!::::::::!:/      嬉しかったわ。
    . l::::::::::l!:::::::::::::::::::::'、 ` 、      .,-'´    il!:::::::l/
     l::::::::::l!:ヽ、::::::::::;;-',    `` '''' ´      .i::::::::l        私のことを頼る人はいても、心配してくれた
     ',:::::::::l!  ,、-'´ / }             .l!::::::l!ヽ、::      のは…もう誰も…いないから…。       」
      ',:::::::::',    '  ヽ            .}!::::::l  `
    .   ':::::::::',     ヽ、ヽ、       /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                ┏
                  にこり、と微笑んだ後、そっと俺の体に手を触れ、
                                                 ┛



216 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:27:33 ID:FFCNl3PM [17/49]
774



             . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
            ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
           .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .                     . . . .. .. .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
          .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..                                      .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
         .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..             .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....                  .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
         .:;:;:;:;:.:.:.:... .            . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .             . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
                         ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
        .:;:;:;:;.:.:.:.. .             .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.                . ..:.:.:;:;:.
                       .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
        .:;:;:;:;.:.:.:.. .         .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.              . ..:.:.:;:;:.
                      .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
        .:;:;:;:;:.:.:.:... .        .:;:;:;:;.:.:.:.. .  「 ――――ベホマ。 」    . ..:.:.:;:;:.              . ..:.:.:;:;:.
        .:;:;:.:.:.. .           .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.              . .:.:;
                      .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
         :;:;:;:;.:.:.:.. .         .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.              . ..:.:.:;:;:.
                       .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
         .:;:;:;:;.:.:.:.. .            .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.              . ..:.:.:;:;:.
         .:;:;:;:;:.:.:.:... .           ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.           . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
         .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..           . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .           .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
          .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..          .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....             .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
           .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .                     . . . .. .. .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
            ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
              . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .


217 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:27:49 ID:FFCNl3PM [18/49]
775



           ┏
             一気に鉛のように重かった俺の体が、羽のように軽くなった。
             ―――そして同時に、俺は驚愕した。
                                                  ┛


                                                   / ̄ ̄\
                                                 _ノ  ヽ、  \
                                                 (○)(○ )   |
       (( ベホマ…!?))                       .       (__人__)   u  .|
                                                   ヽ`⌒ ´    |
                                                  {       /
                                                  lヽ、  ,ィ'.) ./
       ((ベホマなんて、高位神官や、よほどの                   j .}ン// ヽ
        経験を積んだものでないと使えない御業だぞ…!?)).         ノ '"´  ̄〉  |
                                          .        {     勹.. |
                                                  ヽ 、__,,ノ . |


         ┏
           彼女は、回復呪文、ベホマをかけてくれたのだ。
           ホイミ系の呪文でも、最高位の…傷を癒し、体力を全回復させる呪文を。
                                                        ┛


218 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:28:38 ID:FFCNl3PM [19/49]
776



         ┏
           しかも、本来のベホマは体力と傷を同時に回復させることはできないのに、
           彼女の呪文は、俺の体に無数に入っていた小さな傷を、一気に治した。
                                                        ┛


                                                        ./ ̄ ̄\
                                                         / ヽ、_   .\
                        「 ありがとう…正直、助かったよ。 」          . ( (● ) .;  |
                                                        . (人__)     |
                                                       r‐-、    .   |
                                                     (三))   .   |
               ┏                                     > ノ       /
                 このあどけない、少女にも見える女性は、           /  / ヽ、 .   /
                 実はとんでもない力を持っているのではないか?      /  / ⌒ヾ   .〈
                                               ┛   (___ゝ、  \/. )
                                                       . |\    ,.1
                                                       . |  \_/...|


      ┏
        なんとなく覚えた予感に、俺は改めて問おうとした。マーサ、君は何者なんだ―――と。
                                                            ┛

                    ┏
                      ─────その時。
                                     ┛


  <「 お――い! パパスゥ――! 」



219 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:29:53 ID:FFCNl3PM [20/49]
777



< 「 パパス―! 悪かったな―w! ついやってしまったーw! 」

< 「 あぁもうお願いですから一人で動かないでくださいましっ! 」


         . __
 ピシッ  ./::::::. \  アノヤロウノコエダ      ┏
        /::::::ヽ;;:   \                莫迦の声が聞こえた。
     . (:::::(::::冫    |                              ┛
     . (:人;;;) .    |
     r‐-;::::::. .     |
    (三)):::::.. .    |              ┏
     >::::ノ:::::::::.    /                俺に必要のない労力を払わせ、
    /::: / ヽ;:::::::::   /
   /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈                  一時は確かに恨んでいた友の声が!
   (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)                                        ┛
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|


                                                         / ̄\
                     「 いやぁ、すまんすまん! パパス! 」            |     |
                                                    /≡)  \_/ /ミ ヽ
                     「 てっきり、はぐれメタルかとおもって、     . /_ノ  ___|___ ヽ_ \
                       我を忘れて追いかけてしまった! 」    / /   /::\::::::/::\  \ \
                                                (  く  ./< >>:::::<<>u\  .> )
                     「 こんなに魔物が多い森だったとは! 」    \  / u  (__人__).    \'./
                                                  ヽ|      `⌒´  u   |/
                                                    \             /


         ┏
           サンチョが立場も忘れえらい勢いで後ろから睨みつけている、友、ベルギースは

           子供みたいな言い訳を俺にして見せた。
                                                            ┛


220 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:31:39 ID:FFCNl3PM [21/49]
778



            ┛┗
            ┓┏
      ┛┗ ̄ ̄\
     ┓┏:;:;:;\:;:;:;:;ノ
    |:;:;:;:;:;:;( ●)(●)          「 ベルギィースー!! この筋肉莫迦が! 」
    |:    (__人__)
    |      |r┬| .}          「 お前はもうちょっと自重って奴を覚えろ! 筋肉莫迦野郎! 」
    |       | | | }
  ,..-'ヽ     `ニニ }           「 お前、自分の立場判ってんのか! 本当に頭に筋肉しか入ってないのか!」
 ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _   「 第一、お前昨日俺に無茶しないって
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ   言ったばっかりだろうがこの筋肉大莫迦野郎が! 」
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ


           ┏
             俺は振り向きざま奴に怒鳴りつけた。当たり前だ! それくらいの苦労はさせられた!
                                                                 ┛


                                                      / ̄\
                                                      |     |
                                                      \_/
                     「 ひぃっ!」                         ___|___
                                                    /ノ   ヽ、_\
                     「 そこまで! そこまでいわなくても! 」     /< ○>}liil{<○>\
                                                 /    (__人__)   \
                                                 |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
                                                 \    |ェェェェ|     /


221 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:32:19 ID:FFCNl3PM [22/49]
779



 ┛┗ ̄ ̄\
 ┓┏   ノ \/`i
 |  (●)(●)./  リ        「 ふん。なにがそこまでだ。 」
 |  (__人__)..|  /
 |   ` ⌒´ リ  ヒ         「 俺はお前のおかげでえらい目に遭ったんだぞ。 」
.  ヽ     //  ,`弋ヽ
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l    「 まだまだ言い足りないくらいだが、女性がいるからな。
   /〈  `ー〈::....ノ   V
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //       ここら辺にしておいてやる。                 」
   |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一′


              ┏
                もっと罵ってやっても良いくらいだが、さすがに彼女がいる手前、
                これ以上は憚られた。
                                                        ┛


                                                          / ̄\
                                                     |     |
                     「 女性? 」                         \_/
                                                       |
                     「 何を言っているんだ、パパス? 」          / ̄ ̄ ̄ \
                                                   /ノ :::: \::::: u \
                                                 / <●>::::<●>    \
                                                 |   (__人__)    u.   |
                                                      \ u.` ⌒´      /
                                                   /          |


222 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:33:23 ID:FFCNl3PM [23/49]
780



                 ┏
                   ベルギースが不思議そうに俺に尋ねる。
                                            ┛

   / ̄ ̄\
  /  ノ ヽ、\
. |   (●)(●)|   クルッ
  |   (_人_)│ ))       「 …は? 何を言っているんだお前こそ。 」
  |     ` ⌒´  |
  |           |
.   ヽ      /           「 ここにいるじゃないか、マーサさんといって…」
    ヽ     /
    .>    <
    |     |
    |     |


               ┏
                  俺がそう言って振り返ると、
                                    ┛


:ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ   /;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ   |ii;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞヾ;ゞヾ:ヾ
ノ;;ヾ ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ ヾゞ;|   <;;/::ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ;;::iiゞゞ;;ゞゞ;;ゞヾ;;>;ゞヾ;ゞ
ゞヾ ;ゞゞ;ゞiilヾ;ゞゞ゙ゞ;;:::ii|  |;:ヾゞ   "ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾiii| <:;ヾ:ヾ;;>ヾ;ゞ'';ゞヾ;ゞ
|;:ilヾ \ |::;ii|   ヾ;ゞゞ''ノヾ|;:i|    ノヾゞ:ヾヾ::ヾ\ |i;;:iii| /;;ゞ :;ヾ:,    |i;ゞゞ
|;:i|  \`'';:::ii| ヾ:ヾ;;>;ゞヾ|  |;:i|/^    '|i|  |;:i| \`";;::ii| ノ / :ヾ;;>ヾ;ゞ ;ゞヾゞ
|;:i|   ゙ヽ,;:;;;l| /゙;ゞゞ;ゞ:::ii|  |;:i|       |i|  |;:i|   ~|ii;;:ii"´/ |;;::ii|    |i|/
|;:i|     |:::;iii~ ノ  ,,|;;::ii|  |;:i|       |i|  |;:i|   |i::;;iii|~   .|;;::ii|  ''\|i|
':;,`:ヽ|/,'|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;.:":::"''''⌒ヾゞ   γ''"""''""''"' |ii;;i;('')''"''''"""''"""'''''"""''    ┏
";*'.:.:;”:;゙|:;;iii|`:;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:;ヾヾ))  ((,:ソミ;.:';';';::;.:". |i;;;::;iii|`:;,':,:;.,:;.:;';',: ':::;.:".:;.:';      たしかに、そこには
.:;”:`:;,' *”|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:ソ    "''~`''"゙"'''~ノ;;ii;:iilli;ゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~゙
"''~`''"゙ ノノシillゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~ シーン…        "'''''''''''''''"  ..,,、vji、iijww、ii..,    誰もいなかったのだ。
     "'''''''''"               '""'''""'"""                                    ┛
 ,..,.,.,.,、                                    ,..,.,.,.,、
           ''''""'"'''"""
;;;ゝ);;));ヾ;;)              ,..,.,.,.,、        ''"""~
))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝ))ゝ
;;;) ;;;)ヾミゞ((;;;ゝヾ;⌒;;)   iijww、ii.       """~"           ''"""~
ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;(::;ゝ;;;))                     ,..,.,.,.,、


223 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:34:11 ID:FFCNl3PM [24/49]
781



                                       / ̄ ̄\
                                       _ノ  ヽ、  \
            ((あれ…?                  (○)(○ )   |
                              .       (__人__)   u  .|
              確かに今の今まで、    .        ヽ`⌒ ´    |
                                      {       /
              ここにいたのに…?))           lヽ、  ,ィ'.) ./
                                      j .}ン// ヽ
                                      ノ '"´  ̄〉  |
                              .        {     勹.. |
                                      ヽ 、__,,ノ . |



           ┏
             気配ごと、一気に消えたみたいに、そこには何もなかった。
                                                 ┛

           ┏
             しかし、全回復している俺の体と―――微かに残るリンゴの香りが。
                                                      ┛


224 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:34:43 ID:FFCNl3PM [25/49]
782



                     ┏
                       淋しげに…語る、彼女の声と。
                                           ┛


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    ::::::::::ヽ、' ,           :::        l!:::::.::::::::::::::l
    :::::::::::::ト、'、``                   .l::::::::::l:::::::::l   「 私のことを心配してくれて、…ありがとう。 」
    :::::::::::::i、 .ヽ         ー        ,i.l:::::::::l::::::::!
    ::::::::::::l!::::``''、       ー‐ -一     、i:::l!:::::::l:::::::;'
    ::::::::::::l!::::::::::::` 、       '''´     、' .i::l!:::::::l!::::;'    「 私のことを頼る人はいても、心配してくれた
    .l::::::::::l!::::::::::::::::::`丶、          , '`  i::l!::::::::!:/      のは…もう誰も…いないから…。       」
    . l::::::::::l!:::::::::::::::::::::'、 ` 、      .,-'´    il!:::::::l/
     l::::::::::l!:ヽ、::::::::::;;-',    `` '''' ´      .i::::::::l
     ',:::::::::l!  ,、-'´ / }             .l!::::::l!ヽ、::
      ',:::::::::',    '  ヽ            .}!::::::l  `
    .   ':::::::::',     ヽ、ヽ、       /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


225 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/11(火) 06:35:15 ID:FFCNl3PM [26/49]
783



              ┏
                そして、彼女が去った途端にまたも現れまくった魔物たちが。
                                                     ┛

                                            `     '
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ―― 、   ノヾ     '_ ̄―
 ̄___ ̄―===━___、    /=  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_ )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´ ̄ ̄‐―
 ___―===―___  キ人_,/――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_――`r      r' ___
                       )  て                      )     (
                  /´⌒Y,.                       , '´⌒`Y´⌒` 、
                      \
       「 うわーっ! 」                               「 またですかぁっ!? 」


 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ 、ハ,     ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
 ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ――^ <  て――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
                           ./'Y''~ヾ
                          `

              「 ベルギース! お前しばらく、絶っ対に一人で動くなよ!」
                                    オマエアトデオボエテロヨ!! キンニクバカ!!
    `
__―_\ ,,_人、ノヽ    ‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄_)ヽ    (    ━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―- <       >─ ‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
       )     て
      /^⌒`Y´^\
                 ┏
                   彼女の実在と―――、彼女の力を俺に教えてくれたのだ。
                                                      ┛


関連記事
やらない夫は弱虫のようです 「少年編」 | 【2012-07-10(Tue) 23:09:57】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する