つぶやきや更新状況などなど
カテゴリ
最新記事
最新コメント
今日のアクセスランキング
カウンター
やる夫系板
まとめブログさま
RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

やらない夫は弱虫のようです 第二十七話

128 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:04:01 ID:GlPTZuzW [3/62]
705
<<???>>



                     ';:::::::::::::::::::::::i:i::i. ',       ,' `/::::::':::;. '  i::;:'
                 .    ';::::::::::::::::::::i::l ll   .._   ___l/;:'::;:';'´   ノ'
                 .    ';::::::::::::::::::i::l. l!    `''...-'":::;::':::;'::;'
                 .     ';::::::::::::::::i::l. i  ..‐'" ,,''::;;:'':::;;'':::;'
                 ...___   ';:::::::::::::::i:l` -‐'´  , ';;-,'::::;;:'':::::;'
                 ‐--:ニ=..._.';::::::::::::::il   _,,..-'" /;::'':::::::::;'
                       `';::::::::::::i',    _,,..-;":::::::::::::;.'
                 .       ';::::::::::l ',、.    /::::::::::::::/
                         ';::::::::l. ',`ヽ、 .,.'::::::::::::::/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                          「ねぇ、あなた。」


                     「この子の名前のことなんだけど。」



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                     ┏
                       彼女は力弱く、俺に問いかける。
                                           ┛




129 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:04:43 ID:GlPTZuzW [4/62]
706




                        「俺も、いろいろ考えたんだけどな。」
      |////   (__人__)
      |         ノ        「俺には何だか、そういうセンスは無いみたいなんだ。」
      |     ∩ノ ⊃ }
     /ヽ   / _ノ }
     ( ヽ  /  / ノ
      ヽ “  /_|  |
       \__/__ /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



             「……おかしいだろ? 「やらない夫」、とかつけようとか思う自体で」



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


              ┏
                俺は照れくささを隠すので、それだけで必死だった。
                                                ┛




130 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:05:31 ID:GlPTZuzW [5/62]
707



                        「まぁ、あなたったら…。」

                    「それは、あなたの幼名と聞きましたよ。」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          ';:::::::::::::::::::::::i:i::i. ',       ,' `/::::::':::;. '  i::;:' クス・・・
       .    ';::::::::::::::::::::i::l ll  .ヽ.   ___l/;:'::;:';'´   ノ'
       .    ';::::::::::::::::::i::l. l!    `''...-'":::;::':::;'::;'
       .     ';::::::::::::::::i::l. i  ..‐'" ,,''::;;:'':::;;'':::;'
       ...___   ';:::::::::::::::i:l` -‐'´  , ';;-,'::::;;:'':::::;'
       ‐--:ニ=..._.';::::::::::::::il   _,,..-'" /;::'':::::::::;'    ┏
            `';::::::::::::i',    _,,..-;":::::::::::::;.'       大仕事を終えたばかりの彼女―――
       .       ';::::::::::l ',、.    /::::::::::::::/
              ';::::::::l. ',`ヽ、 .,.'::::::::::::::/        俺の妻は、顔色も悪く、息も浅い。
                                                           ┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


               ┏
                 恥ずかしいことに、なんとも恥ずかしいことに。

                 俺は何と声をかけていいのか、一言も浮かんでは来なかった。
                                                       ┛


               ┏
                 俺の――――、俺との、子供を産んでくれた、妻に対して。
                                                     ┛






131 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:06:20 ID:GlPTZuzW [6/62]
708



  .  |  ;   (__人__)      「だから、言ったじゃないか。」
     |     ` ⌒´ノ
   .  |        nl^l^l     「俺にはセンスがないって。」
   .  ヽ      |   ノ
     ヽ    ヽ く
     /     ヽ \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


            ┏
              言いたいこと、伝えたいことはいっぱいあったはずだった。
                                                  ┛

            ┏
              だが不思議なもので…、妻の顔を、子供の顔を見た途端。
                                                  ┛

              ┏
                俺の中から、一切の言葉が消えてしまったのだ。
                                               ┛


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


               「もしよければ、私の考えた名前を聞いてくれますか?」




132 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:08:40 ID:GlPTZuzW [7/62]
709



               ┏
                 もちろん! 俺がそう答えると、

                 彼女―――マーサは嬉しそうにかすかに微笑みを浮かべた。
                                                       ┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.  ,.'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::':::::::::::::::::::::::::::::::::::゙.、
.  ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、
. ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::':;:'i::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
. ,::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:',';:' .i::::::;:!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',      「リュケイロム―――
. l:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::;:':;';'‐-.i:::/ i:::::::!::::::::::::::::::::::;'::::::::::::',
_.l:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::;'::;','ゞミ.i/ヽ.l::::::!::::::::::::::::::::;:':::::::::::::::i      というのは、どうかしら。」
l l::/l::::::::::::::::::::::::::::::;'::;' ',〈;;;;;;;:ヘ. i:::;'}::::::::::::::::;::':::::::::::::::::::l
/  l:::::::::::::::::::::::::::::;':::;  `ー'-  i/ !::::::::::;::ィ:::::::::::::::::::::::;'
   i:::::::::::::::::::::::::::;'::::i       ,':::;;-''´ /:::::::;:':::::;:'::::;'
.   i:::::::::::::::::::::::::;':::i:i.       'イ;:ノiヽ':::::;::'::::;:イ::::;:'
   ';:::::::::::::::::::::::i:i::i. ',       ,' `/::::::':::;. '  i::;:'
.    ';::::::::::::::::::::i::l ll  .ヽ    ___l/;:'::;:';'´   ノ'
.    ';::::::::::::::::::i::l. l!    `''...-'":::;::':::;'::;'
.     ';::::::::::::::::i::l. i  ..‐'" ,,''::;;:'':::;;'':::;'              ┏
...___   ';:::::::::::::::i:l` -‐'´  , ';;-,'::::;;:'':::::;'                パパスの妻・
‐--:ニ=..._.';::::::::::::::il   _,,..-'" /;::'':::::::::;'                         マーサ
     `';::::::::::::i',    _,,..-;":::::::::::::;.'                               ┛
.       ';::::::::::l ',、.    /::::::::::::::/
       ';::::::::l. ',`ヽ、 .,.'::::::::::::::/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                   ┏
                     リュケイロム? 妻のその付けたい名前を聞いて、

                     俺は聞いた。その名前が良いのか、と。
                                                     ┛




133 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:09:25 ID:GlPTZuzW [8/62]
710



     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、;;;l、;; ト、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、!-ヽ!ヽl.ヽ;;;;;;;;;,イ/!;;,ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;    「ええ。」
  ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l、;;!ィ ===ミl `i;;;;;/ ナ'l/ノ、/;;;;;;;;;;/
  ;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;ト、ヾ""    レ' -=、 !;;;;/;;;;/      「私の里の古きことばで、
  l;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;|        ,   " ノ//
  ',;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;l     、,__      '"/;;|          “強く優しき者”を意味する言葉なの。」
  :;:;:;:;ンヽ',;;;;;;;' ヽ、      ,/  l;;;;;;;l
 ;:;:;:;/_/_',;;;;;;;',  `丶、..., ' ´   |;;;;;;;l
r‐ ''"´    ',;;;;;;;',、 、  /        l;;;;;;;l         「この子には、強く…何より優しくあってほしいわ。」
ヽ       ',;;;;;;;',\\/、        i;;;;;;;!
/,. -‐‐- 、 ',;;;;;;;', \ヽ、lヽ.    l;;;;;;;!
       `ヽ'、;;;;;;';、 \ ! ヽ、 ノ;;;;;/          「あなたのような…ね。」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                ┏
                  妻は嬉しげに、誇らしげにそう言った。
                                          ┛

          ┏
            困った。そんな顔をされると、ますます何を言っていいのか判らなくなる。
                                                        ┛

              ┏
                母になると女性は、こんな顔ができるようになるものなのか。
                                                      ┛


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                    「じゃあ、…愛称はリュカ、だな。」




134 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:10:10 ID:GlPTZuzW [9/62]
711



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                    「よろしいんですか?」

          ┏
            妻が自分で提案したくせに、俺の言葉にそう言った。
                                            ┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    _,./       ヽ
   /  ─、,,_   _ヽ、-ー 、
   〉       `Y(,_ )  )
  (´   ─、,,_  入_____ク / ̄ ̄ \
  }         \_/   /./ \,  ,/ \
  {   ─、,_   !   、i |,,, (⌒) (⌒),,,|
  ヽ      ヽ/  /( |   (__人__)  |      「ああ。どうやら俺にはそれ以上いい名前は浮かばない。」
   ヽ ¬─-ー"  /   ノ |    |r┬-|  |
    ゝ、_     _L  / ヽ |    `ー'´   |
      `゛ー<  /    ヽ        /        「リュケイロム―――リュカ! お前は今日から、リュカだ!」
          ∨       ヘ      ゝr'.二ヽ、
          ∨             i^Y゙ r─ ゝ、
           ヽ            ヽ._H゙ f゙ニ、|
            \             \`7ー┘!
              ヽ               「:ト  イ


               ┏
                 言いたい事。伝えたい事。 ―――照れくささのあまり隠していた事。
                                                            ┛

.

135 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:10:47 ID:GlPTZuzW [10/62]
712



             ┏
               それは今まで、言えなかったたった一言。それだけだった。
                                                   ┛


                ┏
                  その時俺はやはり言えなかった―――、
                                           ┛


            ┏
              ただその一言が恥ずかしくて―――口から出ようとしなかったのだ。
                                                       ┛




136 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:11:18 ID:GlPTZuzW [11/62]
714





              ┏
                本当に言いたい事、伝えたい事だけが言えなくて――――…。
                                                      ┛








137 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:11:39 ID:GlPTZuzW [12/62]
714












138 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:12:14 ID:GlPTZuzW [13/62]
715

<<サンタローズ村・パパスの家>>


                                           .., ...,     ..,. .,
   こんな、薄寒い日のことでしたかね――――、           '::⌒ヽ:.:  ::::γ⌒)::
                                         ..::.: ::"::.f;   ':,:):.:~''::
                                           ''::ノ::'..':::::/':::
                                           (' :: :: /::::
                                           ::`::  }   コトン
                                         ,,、-‐──‐- ,,
                                         l`''ー----一''|__
                                         |        |-、ヽ
                                         |        |. ||
                                         |        |,ノ /
                                         |        |-''´
                                         `ー───‐'"

                  ┏
                    サンチョが、あたためられたワインを運んできてくれた。
                                                      ┛



         -‐一……ー- 、  サムイヒハコレガイチバンデス
    , '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::, -‐ァ:::, -―ァ:::::, -、::::::',
  /イ/-、∠/-― 、`ヽ:i  }::::::|          旦那さまと奥さまが出会われたのは…
  /イT o} y  T o ̄}  l」   |::::::|
    l  r′    ̄  *  、ー' :::::|
   r┴―――一'′     ヽ :::::|
   |                    \|
   |                }
   |                /′
   ヽ_____         '´ /
   /`ー――――一'´   /
   /  /⌒ヽ.        /


139 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:13:07 ID:GlPTZuzW [14/62]
716



                  ┏
                    アルカパからもどってもう二週間近く。
                                            ┛

             ┏
               暦自体はとうに春を迎えているのに、季節がそれについてこない様子だった。
                                                              ┛


       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |     すまんな、サンチョ。
     . (人__)     |
     r‐-、    .   |     ―――そうだったかな。わしも最近は物覚えが悪くなったよ。
     (三))   .   |
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|


140 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:14:52 ID:GlPTZuzW [15/62]
717


                                                        -‐一……ー- 、
                                                   , '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                                  /::::, -‐ァ:::, -―ァ:::::, -、::::::',
               このサンチョにまでとぼけなさいますな。          /イ/-、∠/-― 、`ヽ:i  }::::::|
                                                 /イT o} y  T o ̄}  l」   |::::::|
               第一、旦那さまはまだそんなお歳ではありませんよ。    l  r′    ̄  *  、ー' :::::|
                                                  r┴―――一'′     ヽ :::::|
                                                  |                    \|
               早いものです…もう、8…年、ですか?            |                }
               未だに、サンチョのまぶたの裏には奥さまのお顔が    |                /′
               くっきりと残っておりますよ。                   ヽ_____         '´ /
                                                  /`ー――――一'´   /
                                                  /  /⌒ヽ.        /


            ┏
              サンチョは、わしが若いころからわしに仕えてくれている。

              隠し事はできないし、隠すことがある仲でも、もうない。
                                                  ┛


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(●)          十年ひと昔というではないか。
. |     (__人__)          あの子がもう六才だ、わしもすっかり年をとったよ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }          ……だが、そうだな。思い出したよサンチョ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm      あまり語りたくはない過去だが……おまえは当事者だな。
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄        そうだった、確かに、寒い時だったよ。


141 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:15:33 ID:GlPTZuzW [16/62]
718



                                              / ̄ ̄\
                                             / ヽ、_   \
                  リュカはもう…寝たのか?          . ( (● )    |
                                            . (人__)     |
                                            r-ヽ          |
                                           (三) |        |
                                            > ノ      /
                                           /  / ヽ     /
                                          /  / へ>    <
                                          |___ヽ  \/  )
                                              |\   /|
                                              |  \_/ |


                   ┏
                     そんな仲のサンチョであるならば、

                     たまにはこんな話題も良いと思う。
                                            ┛


         -‐一……ー- 、
    , '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::, -‐ァ:::, -―ァ:::::, -、::::::',
  /イ/-、∠/-― 、`ヽ:i  }::::::|    ええ。もうぐっすりお休みです。
  /イT o} y  T o ̄}  l」   |::::::|
    l  r′    ̄  *  、ー' :::::|    あの猫…いえ、ベビーパンサーですね。
   r┴―――一'′     ヽ :::::|     あのプックルと一緒に、丸まっておられますよ。
   |                    \|
   |                }     ……そんなところまで、奥さまそっくりなんですな。
   |                /′    血は争えないと、言うべきなのか…。
   ヽ_____         '´ /
   /`ー――――一'´   /
   /  /⌒ヽ.        /


                    ┏
                      たった一人の息子、リュカにすらまだ話せないでいる、
                                                       ┛


142 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:16:08 ID:GlPTZuzW [17/62]
719



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)      ……。
 |     (__人__)
 |     ` ⌒´ノ      確かにあいつも、妙な生き物に慕われていたな。
 |       nl^l^l
. ヽ      |   ノ
  ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


                   ┏
                     妻、マーサを語るのも。
                                    ┛


143 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:16:33 ID:GlPTZuzW [18/62]
720



                                                        -‐一……ー- 、
                                                    , '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                                  /::::, -‐ァ:::, -―ァ:::::, -、::::::',
                      はい。                       /イ/-、∠/-― 、`ヽ:i  }::::::|
                                                 /イT o} y  T o ̄}  l」   |::::::|
                      奥さまの前では、誰しもが警戒心を           l  r′    ̄  *  、ー' :::::|
                      ほどかされてしまいます…。           r┴―――一'′     ヽ :::::|
                                                    |                    \|
                      そんな、不思議な力のあるお方でした。    |                }
                                                    |               /′
                                                      ヽ_____         '´ /
                                                   /`ー――――一'´   /
                                                   /  /⌒ヽ.        /


               ┏
                 こんな寒い、少しだけ酔いたい気分の夜であれば――――。
                                                      ┛


    / ̄ ̄\
   /    _ノ \
  |     ( ●) )     ああ…。
 . |      (__ノ、_)
   |      ` ⌒ノ     そうだった、な。サンチョ。
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ      ほんとにあいつは―――マーサは。不思議な女だったよ…。
    .>    <
    |     |
    |     |


144 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:17:49 ID:GlPTZuzW [19/62]
721



                    ┏
                      息子が生まれる、1年と、少し前――――
                                               ┛


                    ┏
                      わしと、…妻は出会った。
                                      ┛


                    ┏
                      その頃の……わしときたものは。
                                           ┛





145 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:18:24 ID:GlPTZuzW [20/62]
722


                    ___
                  /      \
                      /     、_,ノ  ヽ
                   /       (● ) 丶
                 /         (⌒  l
              /             ̄l__)     __
        r‐ ‐-- 、               ノ    |  ̄`》
        上: : : : : :>‐-.、__        /     〉二〈          ┏
     レ<>㍉、: : : : : : : : :>      /        |ニニ|            多少の腕に驕れる…、自分を過信する。
    /: : : : : : : : :ヽミ、: : : :/>ヾ,__ン         |三ニ|
   /;. -‐- 、: : : : : :=ド、ヽ//   j `.-、         /ヘニ7⌒)         その余りに天狗になりかけていた、馬鹿だった。
  //_/ ̄ヽヽ |: : ニ||: }}: ≫≪=: : :_≫      / ィニにン-、                                     ┛
 ||`|`i⌒j |||二//: :}}: 二//: /           / ノ / _/-、
 /∧ ゝ二 ノ ノ: !二ノ_ }}: =//: :\            |  (__,イ_,. -<
 | ヽ` ー--イ : =∀ニ|r‐㍉、」」、}: : : ≫    (`ー‐┴ー┴‐ー┴---'‐'")
 |: : :`:ー┬': : =/二 \: : :=}}ニVX´        ̄,《「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄
 ": : : :|=: |=: : =|ニ: : : : \ノ=三|:、\      ri´: : | ̄ ̄ ̄ ̄|
 : : : : :|二|二二|ニ : : : : }}}=〉ニ=ト:二ユ__  /: i!: :_x≦'" ̄ ̄\
 : : : : :ヽ=|二/ニ: : : : : }}}=|ニ=|ニ: : : : 〃´: : ;x<: :: :: ≧ \   |
 : : : : : ヽ\/|二_: : : :}}}ニ|ニ=/<: : //: : :/:: : :: :://: :\___  ハ
 : : : : : :、:\=〉‐-- 二_ー‐'ニ/二二|: |//:: :: _:: ::l=/:: ::=_:ヽ=、:: ̄:\__
 : : : : :、 ヽニ〉|||||ト]トrへ二ニニ/:=:: ::_::=:: :: l=|: =:: :: ≧\三≧x:: ::ヽ
 : : : : : : 、 ∨ ̄`'┴-t⊥jj[]   >/::/:: :: l=/:= : 川:: ::=:: :: ::`:: :\三=Vヘ」
 、: : :=: : :\\:: ::|:: :: :|::三r' /_/:: :: :: :: :l/:: :/三!:: :: `≧、_: :: :ノ三三}
 `: : : : ニ\Y´|:: :: :: :: :: :: V/::=/:: :: :: :: ::/::/三三|:: :: :: :: \三三三三}
 : : : : : :\ニ>}_-_―三V={:: ::≦三/三三三三ト、:ヽ≧、=ニ三三三ヘ、
 : : : : :/二><!三三:: :: :: :: ``=ニ三/三三三三ニ!:!≧、:\三≧≦三三=〉


146 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:19:04 ID:GlPTZuzW [21/62]
723



                  / ̄ ̄\
            /       \
            |          :|
            |        .:|           ┏
            |         ...::|          人というものは、そこそこの環境、
            |     ....::::::|           状況、そして努力する心さえあれば
              ヽ ........:::::::::::/           ある程度までは向上できるものだ。
           _, - ''" ̄  ̄` ー、                                 ┛
           ヽ_..:::-=―--:..、>
         _>'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶     ┏
       斤ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      肉体も、精神も。技術も。志も。
      .<::::::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;}                           ┛
       .〉:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       i:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´     ┏
       !::::::::::::::::〉'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'        わしにはかなりの良い「環境」と
      <:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;i         「状況」が味方していた。
       !::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!                             ┛
      〈::::::::::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;イ
      /::::::::::::::!/::::::::::::::::::::::::::\:;'        ┏
      ヽ::::::::::::/:::;:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.         だから、わしの技術がそれなりに向上するのは、
       i、:::::ノ/::::::::::::::::::::::::::::::::、/         ある意味当たり前のことだったのだ。
       | ヽィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',                                       ┛


147 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:19:43 ID:GlPTZuzW [22/62]
724



      / ̄ ̄\ ( ;;;;(     ┏
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)       しかし、まだわしにはそんな、当たり前のことすら
    |  (●)(ー)/;;/        気づいてはいなかった。
    |  (__人__)l;;,´|                                          ┛
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }
    /ヽ、_ノ    /        ┏
   __/  /    ノ__         そう、自分の持つ「力」―――技術は、自分だけの努力で、
  / /  /       `ヽ.       得られたものだと…そう、信じ切っていたのだ。
 /´  ./       ,.  ヽ.                                           ┛
 ト、_,/.       |、  ヽ
  |         |/  /



                                               / ̄ ̄\
                                              /       \
     ┏                                        |           |
       当時、わしはしなければならないことが多すぎた。        |           |
                                     ┛      |        |
                                             |        }
     ┏                                      ヽ       ノ
       大きな責任と、義務が生じるものだ。               ヽ    ノ
                              ┛           /      \
                                           |         |
     ┏                                    |  |.      | |
       決して、「そのこと」から逃げる気はなかったし、       |  |      | |
       充実感からの幸せも感じてはいた…                   |  |      || |
                                    ┛     (__)   |   |__)
                                            |   |  |
     ┏                                           |   | |  |
       だが、大きな「それ」から離れたいという気持ちも          |   | |  |
       あった、ということは否定できない…。             (__|(__|
                                     ┛



148 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:20:33 ID:GlPTZuzW [23/62]
725



            ┏
              自分で勝手に作りだした圧迫感。

              それから逃げ出す為に、自然と自分を鍛える方向にわしは向かっていった。
                                                               ┛

            ┏
              考えてみれば、それは当然の帰結だったかもしれない。
                                                 ┛


          / ̄ ̄\
          /   \_ \
         |    ( ●)(●)
      =三    (__人__)
        |     ` ⌒´ノ
       .  |         }
         .  ヽ        }────=三──── 、
        /       ノ   _≡三____ ト≦ )
     ≡三         /´ ̄       =三 ̄`ー '
    /          /
   (   ―─ '⌒")  /
    ` 、___ ノ  /


        ┏
          何故なら、今まで自分に課していた「責任と義務」は、自分以外に向けられるものだったからだ。
                                                                    ┛

           ┏
             それらから自分を癒そうとするのに、方向が自分に向けられるのは当然のことだろう。
                                                                 ┛


149 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:21:14 ID:GlPTZuzW [24/62]
726



                  ┏
                    そうなると、剣も魔法も究めたくなってくる。
                                                ┛


                                   |ヽ
                                   | ヽ                      , -ー‐- 、
                                   .|  ヽ                   / /   / ヽ
   ┏                               . |   ヽ                  /ヘ--rー‐-、   ヽ
     ありがたいことに、わしの環境は           l     ',                   {⌒}L」{   }ト、  !
     かなり恵まれていた。                   ',     ',                  ト- 个ヽニニンノーヵ_l
                          ┛          ',     ',                「トァr-ー戈=7 l´( _)
                                   .   ヽ    ',                   {| ヽT;j 亠"| `Y´
    ┏                                 ヽ    ',             ,ィ.|  ト、 ー ,ィ」  /
      すべてが、整っていたのだ。                ヽ.   ',             / / | /_」 ̄ ̄| ./-、
      強くなるための環境が。                    ヽ.   ',          〈,/-ーレイ-、   し' // ̄`ヽ、
                        ┛               ヽ.   ',           「   L| L____,ノ /  /´ .|
                                          ヽ.   ',           | l   ト| _,ノ/   | /  ___|_
                                          ヽ.   ',          }_」   ヘヘ  ´    人|   | 「  ̄`ヽ
                                           ヽ   ',       / |    Lト、  ノ ´  |  | |    ヽ
                                            ヽ   ',      |  ト、\  \\    /! /ノ     |!
                                            ヽ   ',       |  ヘ--/⌒ヽr-----.rヽ/ /      ll  ヽ

          ┏
            責任と義務をきっちりと果たしていたおかげか、誰も、反対することもなかった。
                                                            ┛


150 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:21:42 ID:GlPTZuzW [25/62]
727



                    __ ___
              , -‐ '' ´       `ヽ、
            /               丶
           /           /      \         ┏
         /    __       /        ヽ           技術もそれなりに確立していた。
        /  _ - '´  `ー-、_, /         ヽ          師とするに相応しい人物も、何人もいた。
        し '´           ノ  , --─-- 、   |          状況も、わしに味方したというわけだ。
                     / / , -、 ー ,- 、ヽ  |                                   ┛
                     |_,/彡‐'´   `ヽミ ヽ_l,
                   _, -l iヘ  r' , ,ヽ_ /ヘ|_        ┏
                r‐ '´  ト、 Lシー-' | ー=ミ,」ノ 」 ` -、__     だが―――その人物たちは、
                ヽ     ヽ_了r-ト、,rト、_,/lニイ     /      わしが果たしていた責任と義務の中に属する者たちだった。
  /⌒`ヽ、          ヽ    ,、-'"   ,、   `ヽ、    /                                           ┛
 /      /\          /ヽ  /   ,、-'"  `ヾ、  ㍉  /
 |     /   |        |   `/ ,/ぐ      ト、_ }/  ヽ    ┏
 ヽ、  /    `ヽ、     ノ   レ' \_リ      / /ヾ!    |     わしは誰にも教えを乞わなかった―――
   `ー---‐- 、  \__ _「 ー二二rニニイ>vvイ `ヽ、      |     そう、誰にも、だ。
           \/ /7Yヽr、   ト、ヽ〃/  | \__/ヽ、_     |                               ┛
             Vム  /7ノ     / /ヽ、_ノヽノ  |   lー─-ト


                   ┏
                     それに、人には矛盾していると指摘されるだろうが―――、
                     わしは、嫌いだったのだ。「人殺しができる技術」が。
                                                         ┛


151 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:22:06 ID:GlPTZuzW [26/62]
728


      ┏
         自分でもよく判らない。だが、わしは嫌いだったのだ。
                                           ┛

    ┏
      守ることもできる。だが、殺すことも容易にできる。―――そんな技術が。
                                                   ┛


                                            ゙i\
                                            ゙i (,
                                            i  ゙i
                                            i|  i,
                                             i|  ',
                                             i|   |i
                    / ̄ ̄\                   i|.   |i
                  /     \\                 ,.i.    |
                  |       (●)               ,.i     ゝ
                 . |       (___ノ             ゝ      |i.
                   |        ´ノ             , '       |i.
                 .  |         }            /       |i.
                   、-―゙―゙゙ ̄\          , '        |i.
                  /          \   ,, ,. ,., ' , '         |i.
                /             \  `゙ィ/         |i
                |        /´\    , ,. ,. /`        ,.|i
                |       、ト ゙)  \ ゙ィ/`, ' `       ゝ
                              ` , ' /ミ   .,  /
                              , ' ` ,.  , ' /, ' ;`
                              , '  /



  その技術を会得した者たちが、その技術を濫用する、などとは思っていない。―――だが。
                                                         ┛

     ┏
        ……もうやめよう。これ以上は、うまく説明をできる気がしない。
                                               ┛


152 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:22:56 ID:GlPTZuzW [27/62]
729



                    ,ィ7
             /,/
            / /
              / /
.             / /         ┏
          / /            自惚れるつもりはなかったが、わしには戦いのセンスというものを
         / ̄ ̄\          それなりに持っていたらしい。
       /\  /  \                                                  ┛
.         | (●)(●)  │
.         /| (__人__)   .|      ┏
      / ,| ` ⌒´     |        師というものを持たなくとも、それなりの腕を持ったと自負できるくらいに
.    ィ´ /''ヽ      ノ        なっていった。……と、思っていた。
   (⌒) イi一‐ヽ、   /                                                     ┛
    7 .K.`ー--→―― )
    ヽ/ ヾ--‐―‐  /        ┏
.       /      /           若さゆえの、というべきか。
      /      /            いっぱしの戦士になったつもりに思っていたのだ…あのときの、わしは。
                                                                     ┛



                               ●

                               ●

                               ●



「 ――――――パパス様、パパス様。 」


                                                  -‐一……ー- 、
                                              , '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                            /::::, -‐ァ:::, -―ァ:::::, -、::::::',
                                           /イ/-、∠/-― 、`ヽ:i  }::::::|
                                           /イT o} y  T o ̄}  l」   |::::::|
                                             l  r′    ̄    、ー' :::::|
            「 ベルギース様が、お着きになりましたよ。 」     r┴―――一'′     ヽ :::::|
                                            |                    \|
                                            |                }
                                            |                /′
                                             ヽ_____         '´ /
                                             /`ー――――一'´   /
                                            /  /⌒ヽ.        /

153 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:23:56 ID:GlPTZuzW [28/62]
730
<<???>>



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     「 やっと着いたのか…。 」
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     「 まぁ「ここ」に着くのは大変なのはわかるが、
.  |         }       それにしても遅すぎだろう…常識的に考えて。 」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   i⌒\ ,__(‐- 、
   l \ 巛ー─;\
   | `ヽ-‐ーく_)
.   |      l

       ┏
         その日(正確には一週間前なのだが)、旧友のベルギースと、久しぶりに会うことになっていた。
                                                                  ┛


                                       / ̄\
                                      |  嬉  |
                                       \_/
      「 よぉ、やらない夫…じゃなかった                  |
       パパス! 久しぶりだな!    」 l^ヽ   /^l    /  ̄  ̄ \
                            ヽ `_/ /   ./  \  /   \
                            r'ヽ   ヽ /  ⌒   ⌒   \  ┏                 ┓
                             ゝ、 r'ヽi|    (__人__)     |    パパスの旧友・
                             `ヽー、ノ \    ` ⌒´    /            ベルギース
                                                     ┗                 ┛


154 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:24:26 ID:GlPTZuzW [29/62]
731


        / ̄ ̄\
      / _ノ  .ヽ、\
      |  (●)(●) |       「 それは俺の幼名だろう。 」
.      |  (__人__) .|
        |  . '´n`'  .ノ       「 お前、ワザと言ってるだろう。全く、陽気な奴だ。 」
      .ヽ .  | |  }
          ヽ.. ノ .ュノ
        / { ..ニj、         「 それにしても、相変わらずルーズな奴だな。
        |. | "ツ \         こちらに来ると手紙が来てから、かなり経つんだぞ? 」
        |. | .l  |ヽ、二⌒)



                                                  / ̄\
                「 いやいや、すまんなパパス。 」              |     |
                                                  \_/
                「 何せ久しぶりの友との再会だ。              __|___
                  許してくれとは言わんよ。    」           /      \
                                                / ─    ─ \
                「 しかしな、遅れたのには理由が           /   <●>  <●>  \
                    あるのだよ。 その、な…、                |  :::::: (__人__)  :::::: |
                    妻が、子を為してな!      」        \.    `ー'´    /ヽ
                                              (ヽ、      / ̄)  |
                                              | ``ー――‐''|  ヽ、. |
                                              ゝ ノ      ヽ  ノ  |
                                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


155 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:25:07 ID:GlPTZuzW [30/62]
732



          / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)    「 なんと! 奥方にか。 」
       |     (__人__)
       |      ` ⌒´ノ     「 それはめでたいな、ベルギース。 」
       ,|         }
      / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ      「 さすがにそんな理由だと、責めるわけにもいかんな。 」
      \ `'     く
       ヽ、     |
         |       |


                 ┏
                   なんと! ベルギースが結婚したという知らせは聞いていたが、

                   いつのまに子供まで。さすがに責める気になれず、俺は笑った。
                                                          ┛


                                                       / ̄\
                                                         |  照  |
           「 いやいや、そう言ってくれるとありがたい。 」                \_/
                                                      __|_(⌒ヽ
           「 妻は初めての妊娠に怯え、頼むから帰ってきてくれと        /\   /⊂_ ヽ
              俺につめよってな。まったく、困ったものだった。    」(⌒ヽ∩/ <●>:::::<●>::|(⌒ヽ
                                               ヽ  ノ|   (__人__)  | ⊂ `、
           「 パパスと会ったらすぐ戻るから、となんとか          \ \    ` ⌒´   / /> ) ))
               落ち着かせてきたのだよ。          」       (( (⌒ )、 ヽ___ ,/ / /
                                                \ \ /         /
           「 おかげで帰りはキメラの翼で、だよ。               ヽ_ ノ       (
            あれ、俺酔うのに。           」


                          ┌──────────────────────────────┐
                          │ ※キメラの翼…一度行ったことのある場所に瞬時に行けるアイテム。 │
                          │           合う体質があるとかないとか。               │
                          │           この世界ではかなり貴重品。メチャ高い。         ..│
                          └──────────────────────────────┘


156 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:25:33 ID:GlPTZuzW [31/62]
733



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)     「 そりゃ奥方も不安になるだろう…いくら気丈な人といっても、
. |  u  (__人__)        初めての妊娠だろう?                       」
  |      |r┬|}
  |      | | |}      「 お前も相変わらず豪胆なのか繊細なのか分からない奴だな。
.  ヽ     `ニ}        その気になればパオームに一人で向かっていくくせに、
   ヽ     ノ          キメラの翼で酔うとは。っていうかあれ、貴重品なんだぞ。
   /    く  \       その貴重品に対して贅沢なことをいうやつだ。         」
   |     \   \
   |    |ヽ、二⌒)、



                                                    ,イ
                                                    / |            ━┓¨
                「 何を言うか。戦いとキメラの翼の            ,r‐、λノ  ゙i、_,、ノゝ        ━┛
                 違いを俺に語らせようとは…  」           ゙l   / ̄\    ゙、       ━┓¨
                                                .j´  |  奮  |     (.      ━┛
                「 って、いやいや。そんなことを論じる          {.   \_/     /     ━┓¨
                 為に来たわけではない。      」          )    |       ,l~       ━┛
                                                  /  ̄  ̄ \
                「 俺もお前も忙しい身。次にいつ会えるか、        /  ::\:::/::  \
                 判ったものではない。                     /  <●>::::::<●>   \
                                                  |    (__人__)     |
                 悪いが、妻には我慢してもらったよ。        \    ` ⌒´    /
                 妻とは帰れば一緒にいられるしな。    」


157 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:26:12 ID:GlPTZuzW [32/62]
734



          / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
        |    ( ⌒)(⌒)        「 おお、お熱いことだな。 」
        l     (__人__)
        l     ` ⌒´ノ         「 では今日は再会を祝い、お前の子の為に乾杯しようか! 」
         |           |
            ヽ       l
         _,ゝ、   _,ノ
      ,、-='l \_,ン g<\
    / \ └〆\ i=i|\'\
   丿   ゙i   \ \=il / i!
     l    l    \\| /=|l
    |    |     \i/   ||



                                                     / ̄\
                                                      | 嬉  |
               「 おお、そうさせてもらおうか! 」                  \_/
                                                       |
               「 気が早い話だがな、もう名前も考えてあるんだ。 」        /  ̄  ̄ \
                                                   /  \ /  \
               「 宴会のときに、聞いてもらうぞ、やらない夫! 」     /   ⌒   ⌒   \
                                                  |    (__人__)     |
                                                 \    ` ⌒´    /
                                                      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \


158 名前:ヽ(;´Д`)ノ ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/05/09(日) 22:27:08 ID:GlPTZuzW [33/62]
735



<ってお前! ワザとだな、やっぱりワザとで言ってるなこの野郎

<うはははは。まぁいいではないか、俺とおまえとの仲だ!




                     ┏
                       数年ぶりの、懐かしい旧友との再会。
                                               ┛


                     ┏
                       しかも、その旧友は子供までできているという。

                       めでたい! 俺は、とことんまで呑む気で、いたのだ。
                                                        ┛


関連記事
やらない夫は弱虫のようです 「少年編」 | 【2012-07-10(Tue) 23:06:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する