つぶやきや更新状況などなど
カテゴリ
最新記事
最新コメント
今日のアクセスランキング
カウンター
やる夫系板
まとめブログさま
RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

やらない夫は弱虫のようです 小ネタシリーズ32 「夜の男の密会」

630 名前: ◆2tc1ROhHlU[sage] 投稿日:2013/09/19(木) 09:40:57 ID:Jv2vHwkA [2/20]



                   _______
                /       ヽ
             ,ヘ__/         ヽ
           __,/   ` <   u.    }ヽ           >>667-669
         /---‐――--.、ゝ\///// ‐¬          その…スミスにしか聞けないってこともあるんだよ…
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ.´_/ .」-‐>ヽ
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ   /  ´   l
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ  ヽ.  , , .!
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、 l` / / /!
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ . ,' l !







::::::::::::::::::,、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
:::::::::::::::i' `"~´''""゙~゛゙^'ヾミ;,゙"ー;;;;;"゙''''ヾ;i                        _人_
:::::::::::::::|           ' ;!゙      {,'.        ___ 00  _n__          `Y´
:::::::::::::::|                      i.       | ∟  └i┌z」  [][]「l
:::::::::::::::|   三≧z,,._             |.       |_厂    U     くノ
⌒ヽ.:::::}       `"'' 朱x、       !
´'ハ i:: |    、___     ,ィ≡≡,′
.r‐ノ レ'                 | 、__ i
.{ i、                    l     |            俺はノーマルだなんて言った覚えは一度もないッ☆
 、 `                   |   |
ヽ、 `i           ,-、 ノ   !
:::| ` ー,                 ´    ,'
/    、          ー===‐'  /
     ヘ.          __  /                              ┌────────────┐
      ヘ       `~"´  /                                  │  更に誤解を生む発言?  .│
    ',    >         /                                └────────────┘
     ',       ≫...    _ '
     ',      .:.:.:.: T<
      ',         .::.:.|   " ‐- ,
                      ̄" ‐-

631 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2013/09/19(木) 20:29:37 ID:DXUAkz4o [2/2]
どんだけ動揺してるんだリュカ、結構未来に安価レスしてるぞw

632 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2013/09/19(木) 20:38:30 ID:XcK1t0YI [2/2]
リュカとスミス
夜の男の密会

633 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2013/09/19(木) 20:40:33 ID:cj6BhSSE
密会を見つめるピエールは一体何を思うのか

634 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2013/09/19(木) 20:46:38 ID:wvQoOvEA [1/2]
そんな事よりお腹がすきました。夜食は何かないでしょうか


“やらない夫は弱虫のようです 小ネタシリーズ32 「夜の男の密会」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 小ネタ・番外編 | 【2013-09-20(Fri) 23:51:36】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 番外編 「お父さんは、お母さんのこと」

564 : ◆2tc1ROhHlU []:2013/09/17(火) 23:59:40 ID:66kLSrz2
何らかの投下をするよ-と書き込むと何故か子供が寝ない事実(不可思議)。

では突如思いつきコネタのはずが短編となったものを投下に参りました。
時間としては妖精の村から天空城に向かう直前、仲間にするためリュリュを呼びに行っている最中、
と思ってくだせえ。


「お父さんは、お母さんのこと」

565 : ◆2tc1ROhHlU []:2013/09/18(水) 00:00:31 ID:Sh6xQh1E







                              l  /
                         -‐━─-         ′/
                   /       `ヽ
                  ′           ,
                    |             |
                     i           !
           __z_=ニ ̄{_      _.ノ 、.__j                   ねえお父さん、聞きたいことがあるんだけど >
            ./    ̄`ヽ、i       (●) (●)
         /   _z= 、_  ヘ       (  .人_)      ん、なんだ?
           i /⌒/二ヽ、  \\    ̄´ ./\
        i,イ  ´  `  `ヽi  i  \._   /   Y
         /|  i           ヽ、{z‐<´i ̄"    i
        j 人._ゝi,イ∧ ,、 \   \   {  ヽi!  |
      /  / `ヽL__i i i   \゚ 。 .\j    ∧.  !
     _/__/f.:.::..:.:.:.:.`\ヘ    \゚ 。 >    i /
>-─━‐/..:i.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.\_     \/>、    |. i
.:.:.:.:.:.:.../.:.:.:.:i/´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i`ー--</  V   j |
.:.:..:..:.,イ.:.:.:.:.:.:.:|.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|    /.}:.i_  \ / j
:..:.,イi.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| レーイ  {_:.:.ヽ、 ヘ |
/ i!.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|(       ! j:::::.Y ./ |

567 : ◆2tc1ROhHlU []:2013/09/18(水) 00:02:16 ID:Sh6xQh1E







           ____
          /     \
          ‐  ⌒      ` 、
        (  (● )       l         お父さんて僕たちと同じ年くらいの子たちの親の人より
          l '         ,'
           ヽ )     /         ずーっと若いよね?
             f ニニニニイ
          |  ,.--.,   l
          |  |  |  l






              ィミ∨=-- ≧、
             イ彡 :.:. :.:. :.:. :.:ヽ
            / :.:. :.:. :.:. :/:.:. :.:.:ミ
            /:.:. :.:. l:.:. :.|\l\,レ:.:. ハ
            :.:. :.:. :,イヘ:.:l 彳=-l:.:l:.:リ
            l:. :.:.:/_,ュァ ヘl  :::::::l/l:.:.ト        よね!
            ハ:.:. :.从´/:::::: ,ィ ´ヘ  /ヘリ
            ヽ :.:. :.ミ=-  ヽ、_ソ ,イ∧
              `ト=- ト=  ,, イ三三ヘ        変におじさんくさくないし!
              イヘ/:.:.:ハ/三三三三三ミ
             / 从 ハ/三//ヘ;;" リ;;;;;l
                 /;;; l;;;;;;>、l::l;;;;;;ヽソ
                /;;;;; /l/;;;;;;;;l::l;;;;;;;;/:l
               / ;;;; / .ノヽ;;;/::::ヽイ:::;

568 :名前なんて無いだろ常識的に考えて [sage]:2013/09/18(水) 00:02:58 ID:KWUj4RX.
ヘンリーよりも若いよね

569 : ◆2tc1ROhHlU []:2013/09/18(水) 00:03:19 ID:Sh6xQh1E






         ____
        /  ノ ' ヽ\
      / (≡)   (≡)\         それはなんだねポピーっ!
     / /// (__人__) ///\
     |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !       リュカと一つしか違わない俺はおじさんくさいってことかお!?
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ                                         べ、別にそういう訳じゃ >
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ "






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)        うーん…
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }            若いっつってもそれはずっと石だったからなあ…
   ヽ     ノ
   .>    "               しかも石だった間は意識があったから、精神的には結構年取ってると思うんだけど。
   |     |
    |     |



“やらない夫は弱虫のようです 番外編 「お父さんは、お母さんのこと」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 小ネタ・番外編 | 【2013-09-19(Thu) 14:19:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百三十一話 「決して許し得ないもの」

417 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/09/11(水) 22:12:25 ID:3YhRgwyg [1/123]
こんばんは、作者です。投下に参りましたよ。
突然抜けることが遭ってもご容赦です。

ボブルの塔編2話・「決して許し得ないもの」

418 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/09/11(水) 22:13:52 ID:3YhRgwyg [2/123]
8620







                                                         ___
                                                /   r==<::::::::::::::::::::::,:::,、_ zfzェ、
                                                     i:::::::::::::`丶:::::::ィ'^〆`Y⌒ヽ7
                                              {       ,ゝ:::::::::::::::::::\:}}┼={{哥}}ニi
                                                 `ー‐‐‐‐'7:/::::}`  ‐- ___込.//ー.\ヽ
                                                   |:i::::/    ''" ̄ ~"|_|爻多|_|         
                                                   {:i〃_..     ,ィ弐ミ、 〉' ̄ii:::i::}
                             …そう。                        Ⅵ ,zz、    燧ァ' / _.ノ}:i:/
                                                       `ー、遂リ    ¨゛ .}乂 ̄ミ|--、        
                                                      ∧¨ `__.....  }三::::ミ/  \
                             良く正直に話してくれました。          ./ミ:ゝ,..._  .イ:)::::::::/     ヽ
                                                        >、:::::::| ,‐‐r=Y {三ミi /      ∧
                                                     }三ミ イ ´ { :个}:ミУ‘,    ./ }
                                                     \:::::: |   { ./ァ>'    ,   ,  /
                                                       {:У|i  乂{{  }}\  \ , ./   ̄ ̄ ̄\
                                                       __) |ヽ   `‐- ... ^Y   〃\___   ヽ
                                                            \__Ⅵ  {{父}} i   :| 〃     ~""''' ‐- ...,,__
                                                               }i.i.イ  ⅦУ .|   i! i: /
                                                          ≠㍉ハ  .Ⅶ./    }.、/
                                                         /   | i  ∨    / 廴
                                                         /    |   /    /: :乂 ≧  ‐- ...,,__
                                                       /      | /    ./::::::::::}  }


.

419 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/09/11(水) 22:14:20 ID:3YhRgwyg
8621








       /  rイ /              `ヽ て)  ハ
        /  rイ /           |       \て)   |
        rイ/    | :| | |    :| | /   |.:| |   ∨)  |_
      |   Yヽ  .:| | :| | |   | :| |! :|:! ! ! | |  (Y) / ヽ
      |   リ  l | .! ! :! ! !  ハ |/| /:| | | :!__!{{ ヾY  |  〉
      「`ヽ∧_イ |、|_| :| | |  | | ,' 、!_| | /-/´| /`!  〉イ⌒i
      {r‐イ 〉 `ヽ | |下卞イヽ.| | |  !ノ / / 〃  〉v' .」 ∨
     /∨勿ハ   | ..| |   _リ.   :|/    ,       . ∧   レへ!      あの…
      {/〃  ヽ 」 |                 /  ヽノ|ヽ |\
     //ハ  |   |     ::::::::::::::::::              |  \
       | |   | ヽ {      ::::::::::::::::::::       /   |  |  |.        やはり私の信心が足りないせいでしょうか…
       | |   |  ヽゝ         、     u  / イ  |  |  |
       | |   |  从         ___   ./' |   :|  |  |
       | |   |   ∧       {  __〉   / .|   :|  |  |
       | |   |   | \       ̄    /  /   /  :!  |
       | |   |   |    >     <  /   /  :!  |
      .〃⌒ヽ_!   |   r┴…`´ニ¨¨> /  :/  _   |
      /::::::::::::::::::\  |   /::{{::::,,:彳ヾ 、::}}/  /  /:::::::::`ヽ
   //::::::::::::::::::::::::::\!_/::::::ヾ='':::|ハ|:::::/  ∧_ /:::::::::::::::::::::\
  / /::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽ:::::::::::::::/  !:::::j::/9 \::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ


.

420 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/09/11(水) 22:14:55 ID:3YhRgwyg [4/123]
8622





               _―_-
             -‐..:..:..:..:..:.:.:.:..` 、\
          /..:..:..:..:..:..:..:.:.:.:.:.:.:.::.::.::...\ \
         ./.:..:.(薔:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.::.:; イ{_K \
        /.:..:._ -‐冖冖¬¬ー-、//::|:| |:ト\ ヽ
       厶 イ l |    |    l //゙ー|:| |:| }::〉 ';
       /  /l | |    | ! ||| ゞニニイ ゞニ'イ  '.
      ' ィ  ! !.::| ト、 { ' \ト、|__ゝ.. | |:|-、|:| |、   '、          毎日毎日、光の国に行けるよう、
     ..|.i/ / i!斗i' ゝトゝ '     . ヾ| |:トヘ.l:| l|    i
     ..|.i /!|| . |           | |:|‐'ノ:| |l   ,i           それのみに進んでまいりましたのに。
      イ i 从 Y       :::::::::ノ | |:|「´|:|  .|!  j
        ヽト ゝ   ,    u   〃ノ [⊥」:j   l、 `ヽ          )i
          |\:::::::  _, . -- 、// / ∧    丶  ヽ- _    _ ノ j      このような思いを抱いてしまうなんて…
           |  | ヽ  'ー ‐,r ´// / | \  \ 丶 ヽ  二二 - -´
          |  .!., ー 7 / .// /  |  ∧ ヽ  ヽ  ト                 私は、自分が恐ろしいのです…
          ノ /// / / / /'^:∨  |.! .| |< x_  ヽ 丶
           //.イ / / / / /:: :: :∧/ ,|  | |ヽ:>x  ヽ、 ゝ
      ,. イ 〃7 ./ / / / /:: :: :: ::. ∨ i | |__:>.ィ∨  ヽ丶
`ー─ ' ´    {{  / / / / /:: :: :: :: :: :: V ! :| :i イ>--=ヽ7ヽ  `ヽ、
         ヾ .| ! { | ノ:: :: :j: : : : : ::∨i | j |イ<:: //::∨ \   \
             | .'| | | /:: :: :イ: : : : : : : ∨ / />x-:' <::::j: V       i
            V |りレ':: :: :: :: ::.}:: :: :: ::: :∨ レ\://:::7|ヘト   j Ⅵj
            _}ヾ:: :: :: :: :: :: ::: i: : :: :::: : : ;jノ :: ::>-:.<:: ∧ |    j/
            ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : : : : : : : : : : : :: :: :∧} i/∨
                 V:: :: :: :: _r--、::: : : : : : : : : : : : : : : : : : :: ::\}
             .':: :: :: : :: :/  ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: .ヽ


“やらない夫は弱虫のようです 第百三十一話 「決して許し得ないもの」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2013-09-11(Wed) 08:38:22】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百三十話 「身内思いの女」

298 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/09/09(月) 14:05:21 ID:/hj83QSg

                     ______
                /           \
              /              \
             /      ⌒     ⌒ \
           /     /  `ヽ    /´  `ヽ\      突然だが今から投下を始めるお。
          /        (   ● l    l   ● |  ヽ
            |         ヽ_  _ノ    ヽ_   _ノ   |
            |        ´ ̄` (    i    ) ´ ̄`  |.      作者都合により記念短編ではなく本編だお。
          \          ー‐ ^ ー     /
           \           ー一       /
           /                      \
          /                    ヽ
                                          ┌─────────────────────────────┐
                                          │※ 短編が上手く進まないので本編を書き出したら完成してしまった  │
                                          └─────────────────────────────┘




こんにちは、作者です。少し涼しくなってきましたね。
只今から投下を始めます。


ボブルの塔編1話 「身内思いの女」

299 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/09/09(月) 14:07:26 ID:/hj83QSg
8515





                 _     -‐====‐-ミ
             rrf抱抃、`¨⌒¨⌒¨⌒'ー-ミ   `丶、
         f辷仁ニ彡' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::心_    ヽ
           ,g‰≧g夫艾艾艾艾夫g_:::::::::::::::心_     :.
         /,ノ¨´              `¨弌::::::::::::心_
      /¨´                 `弌:::::::::::ハ              ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
                                `弌:::::リ    i
                             /只%   |           いつか光の国に行けると
      i                      i    / i | ゚。%,  |
      |           i:   、i  :i   :|   ./ || | ∧ :|            ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
     !      i   |   :i斗-‐十‐ 、:|   |  | :| | / |
       ‘,     ,斗+=弌  :|        |   |_| :|_/  |
        \   ´ |,r.    :|             i | | |
          |`ト ..,_|从..   `       彡    |__| |__j    |
          |::j::::| :トミ`¨  、        /  /           |
            |::::|  _,乙    __     厶イ            :|                     ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
            ⌒|  \{ 个o。.,  _,.  ´  _,|:     ;      |
              |    /|     八__,,....-=.:::|    /        |                        固く固く信じておりました
              |   ./ :|   f:::尖x:::::::::::::::|   ./        :|
              |  /-‐=ア"///:| ハ:::::/゚|  //¨⌒ヽ、                          ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
           ,|/:::::::: } /// |:  j   | ./:::::::::::::::::::ハ   |
           /::::::::::::::::ム |_レ   |/     .!:':::::::::::::::::::::::::::}!   |
        /:::::::::::::く⌒¨⌒'ー~'⌒¨⌒¨´う::::::::::::::::::::::::::/:}   |

300 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/09/09(月) 14:08:00 ID:/hj83QSg
8516





      ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

         日々教義を守り心穏やかに過ごし

      ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡





                                             ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

                                               そのために必要とされることは

                                               我が身を投げ打ってもなんら辛いこともなく

                                             ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡



.

301 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/09/09(月) 14:09:34 ID:/hj83QSg
8517










                      ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

                        そうすることが幸福なのだと信じておりました

                      ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡













     |l   .|  |l  | |  |l   |l l|l  l| | l | l |l | l 〃i{ / |l.  |l
     |l   .|  |l  | |  |l   |l l|l  l| | l | l |l | l 〃 ハ}  |li  |l
.     八.i |  |l  | |  |l   |l lリ ,ハ,| l |/| | 〃 l.| lト、洲  !!
    /  }l |  |l  | |  |l   |l ./ /{ |l/イ| l |l | {| 从ヾ}iヾム |        ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
.   /   .|l |  |l  | |  |l   |l厶斗匕l 斗抒坏l| /l|./  } |ll  }l |
.       |l |  |l_|_|_|l   |l   l|/.       |li/リ|  / l|ll  リ !          なのに私がこのような思いを抱くのは
.       |l | ´|  | | Lハ_ヽハ. /       ||V l| ./l 从 / /
.       |l |  |l  .                    リハ′/=冬、<二三.         信心が足りないせいなのでしょうか?
.       |l | . 八 | ヽ                // } r仁三三k `マニ
.       |l | 人 ヽ ハ     丶    _   //  ′三三三三>--     ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
.       |l /i{  \. {  >      ` ´   /  イ/ニ二三三三三三
.       |/ ヽ _}.|    >o。  _    //∠二三三三三三三
.       |   ∠二二|三ニ=冬=- l| } ≧=彳 /三三三三三三三三
       ∠二三三|三三三三≧ /〃⌒V∠二三三三三三三三




.



“やらない夫は弱虫のようです 第百三十話 「身内思いの女」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2013-09-11(Wed) 08:27:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百二十九話 「過去と現在、そして未来」

111 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/08/24(土) 00:31:17 ID:bEbOT4w2
遅くなりました、投下に参りました。
突然抜けてもご容赦。

天空城編15話「過去と現在、そして未来」

112 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/08/24(土) 00:31:47 ID:bEbOT4w2
8355









            ____
          /⌒  ⌒\
         /( ●)  (●)\          俺をおまいの仲間にしろお!
       /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
       |     |r┬-|     |
       /     `ー'´      ∩ノ ⊃
       ( \             /_ノ
       .\ “  ____ノ  /
         \_ ____  /



.

113 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/08/24(土) 00:32:50 ID:bEbOT4w2
8356





.                         _______
                       /    \,-、__
                     /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
                     | (● ) (● ) ,.! ┴-'、         ―――え?
                     |  (___人___) 〉-‐‐´ l
                     .|       u 〉--‐´ l
                      |        iヽソ   l         ヘンリーお前、何言ってるのか判ってる?
                     Λ      ∧`;"   '、
                    __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
              _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
            ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
          / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}





                           ┏
                             ぽかんとしてしまう。
                                             ┛





          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
        ,r'        \
        / ⌒         ヽ,
       ( ●)    ⌒     ..i       勿論だお。
       i.     ( ●)    .|
      . \(_入_ノ      /
         \______/         俺をおまいの仲間に入れてくれ、と俺は言ってる。
         ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
         |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
         |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|
         |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|

114 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/08/24(土) 00:33:26 ID:bEbOT4w2
8357





                            fY´)
                            |/
           ,.  ¨  ̄ ¨'  、
           /   ` ヽ_.ノ    ヽ
        /  ノ  (< )    }                     元々おまいのパーティのメンバー☆ の
       ,' ( ●)  )⌒::::   ,'            /ヽ
       { :::: .y  ,トイ     ,r''´¨>‐- ._     ',¨V  /ヽ     最初の一人は俺だお!
       l   `¨´| j     {//////////ヽ─--{ ト  / )
..(ヽr,r y-ノ゙j ゝ    `¨ー' _,,..ィヽ//////////´////ゝ  } ヽ/)
 V ' ' .´ 〈- 、`>‐-┐=-ハ ///ゞ/////////////{ { ヽ _/.     一時期抜けちゃーいたが、元に戻っても
  ヽ、_   ` }///∧∧:::〈 У///////-=、/////∧>´
    「ニニニ7////∧ 「:::l /////////////ハ ̄ ̄              なんら問題はないんじゃないかお?
    ノ/////ム//{//∧l::::l///////////////人
   {/////////ハ//∧:;'//////////////////ヽ、
    ヽ、///>´  {//∧////////////////////ハ
       ̄     ∨////////////////////////∧





                           ┏
                             ヘンリーの突然の申し出、
                                             ┛





         / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、_ \
      . | ( ●)(● ) |
      . |  (__人__) u.│      …
        |   `⌒ ´   |
      .  |           |
      .  ヽ       /
         ヽ      /
         >     <
         |      |
          |      |


“やらない夫は弱虫のようです 第百二十九話 「過去と現在、そして未来」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2013-09-03(Tue) 14:40:07】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ