つぶやきや更新状況などなど
カテゴリ
最新記事
最新コメント
今日のアクセスランキング
カウンター
やる夫系板
まとめブログさま
RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

やらない夫は弱虫のようです 第百二十二話 「あの嬉しさに比べたら」

313 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/05/29(水) 12:25:41 ID:UsghaMMI [2/122]
7687














                              「 ねぇ、どう思う? 」














.

314 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/05/29(水) 12:26:48 ID:UsghaMMI [3/122]
7688







.   \ |                    /   / / / イ         「 大変な思いをしているお父さんを、
     \              ∠ -‐7∠ィ:l  〃|::|
                     {  /   /   /l::|/  |/            一人、置いていく….          」
.           \ 、   '´ , '   / / レ′
\          `_ー`‐   /  ∠  イ  ィ   _____
\>,、             < |       |///. : : :_ -―ァ'"
、 \::::> 、_   ´  /|     /∠/. : :∠二   ̄
::.\ \::ハ:|      /. イ     /. : : : ,,.二ニ ー――-
:::::::..\ \|:|    /. :/.::/     /. : : : :/.::::::< ̄ ̄ ̄










                           「 そんな、親不孝な子を。 」









.

315 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/05/29(水) 12:27:36 ID:UsghaMMI [4/122]
7689





       「 自分が子供なばかりに、戦力として

.         見てもらえず、結果的に邪魔者扱い。 」




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                         ┏
                            見たくない過去が 流れこんでくる
                                                  ┛



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                                          「 そのために必死に、頑張っている王子サマ。 」



.


“やらない夫は弱虫のようです 第百二十二話 「あの嬉しさに比べたら」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2013-07-02(Tue) 13:03:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百二十一話 「二つのオーブ」

160 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/04/22(月) 11:16:52 ID:AU2z2tV2 [3/128]
7563









                            どうかわしの頼みを、聞いて欲しい…!










                       ┏
                         彼は頭を下げ、俺たちにそう言った。
                                                ┛




.

161 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/04/22(月) 11:18:29 ID:AU2z2tV2 [4/128]
7564





                      ) リ人 j          ` ’// }ル'
                        ∨ 人           .:!  /イ./
                      .'   丶    ー - .  / ´         …。
                       /     \
                  厂二二 > .  >- '
                   / 二二二二二>x /
             _x<Ⅴ≧= = . 二二ニo/≧ 、           ┏
       _ x <´二二二二二><二二ニo/二ニ7             俺がそのプサンの言葉に
     ∠ニ二二マ二二二二>´二二≧=≠./二ニ/
     .仁ニ二二二X二二>´二二二二二二{Ⅴ7/ \              口を動かす、その直前に。
     j二二二二/ ∧>'二二二二二二二ニj l| ∧二/`ヽ                           ┛







                            .ィ  _ _
                         .  /レ'´     `  .
                         /                 \
                        /                  \
                          /                  ヽ
                    . '                    .
                   /           / /
                  ⌒7   !  |  / X / /   / /    ト、
                    l  / Y   ! ./ 芹≧x' l     /! /    j八
                      从ハ |  |/  乂r' ヘl  /xKjl  !   |
                   人入jN l|         j/ rッK 「 メ.   リ      お前の頼みとやらを聞き遂げて、
                      ) リ人 j          ` ’// }ル'
                        ∨ 人           .:!  /イ./           ちっこいのに何の利益があるのだ。
                      .'   丶    ー - .  / ´
                       /     \
                  厂二二 > .  >- '
                   / 二二二二二>x /
             _x<Ⅴ≧= = . 二二ニo/≧ 、              ┏
       _ x <´二二二二二><二二ニo/二ニ7                 突き放すように、
     ∠ニ二二マ二二二二>´二二≧=≠./二ニ/
     .仁ニ二二二X二二>´二二二二二二{Ⅴ7/ \                  アンクルが言った。
     j二二二二/ ∧>'二二二二二二二ニj l| ∧二/`ヽ                            ┛

162 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/04/22(月) 11:19:28 ID:AU2z2tV2 [5/128]
7565





                      /:::::|
   \     \              /.::::::::::|
    \   ./ \          /::::::::::::::|   /|
     |   \   ∨\ ..___/:::::::::::::::∠イ:::::.|
     \/   \λ:::::ν::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      |       リ>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠_
      └r―― イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       r=ニ冫:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         匕 /::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠ ̄ ̄
        | /:::::::::::::/_|./ |:::::::.ハ ∧::::::::::::::::::::::::\
       V::::::::::::::/-‐メ. |:::::.入ニ二|:::::::::::::ハ 人:::::.|        アンクル…
       /::::::::/l/ヘ人}`|::::/廴乂/|:::::::::::::| ||  \|
        |:::::.∧ 辷ノ  |∧弋ソ  |∧:::::./ ′
        |::人 .!  ̄     /  ̄ ' |ノ|::/
         i  卞|\   ,---,  ./┐|/
        > ∠|.\   ̄  ∠   .|
        // ̄/\|  `ヽ イ /ヽヽ_\
      / ̄/ ゝ `――――'//―  ̄
   ̄ ̄::::::::::::| へ_         \ \\__
  .:::::::::::::::::::::::|入  \____ /|   |::::::::::::::





                 ┏
                   ゆっくりと頭を上げるプサンに、特に強い感情を込める様子でもなく。
                                                             ┛





       /   /   ,′ il    l    l   ∧ハ
          / / li   |l    !    |    ∧ハ
        |   ′,  |l   |l   i∧. |  |.   l   i |
        |  .|i |   |l   |l.  /|i ! |  /!  |   | !
.        !  |i l―┼∧_从 / .}' }┼圦|  /|   |
      ノ}∧| .l人 ̄苧ヾ )/   ´ ̄苧ア / .|  八{          我の親父はお前に付き添ったが故に死んだ。
          {!⌒  ` ̄          ̄´ Ⅵ从,},′
         ヽ         {        !/ /
             `ー         〈!        ー'              …直接ではないにしろ、
            八              /|l
            |i    ー― 、  /| {!                    間違い無くお前は親父の死の原因だ。
            }ル|\         _Ⅳ__
           ┌─┴┐ヽ _ イ .{oニニニ|
           |ニニ=o!       __|oニニニ|≧ュ
        _x≦ニ三三三o{_.      ||二三三三二二二二≧ュ
 _x≦二二二二二二二二||-..、  ,.-||ニニニニニニニニニニニニ≧ュ



“やらない夫は弱虫のようです 第百二十一話 「二つのオーブ」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2013-07-02(Tue) 13:01:26】 | Trackback:(0) | Comments:(0)