つぶやきや更新状況などなど
カテゴリ
最新記事
最新コメント
今日のアクセスランキング
カウンター
やる夫系板
まとめブログさま
RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

やらない夫は弱虫のようです 第六十七話 「滝の洞窟・1」

100 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/17(土) 12:03:42 ID:c82A1x8Z [3/74]
2108





                        「 君だけを呼んだのは、 」



                       「 君だけに話しておきたいこと、 」



                      「 君に聞きたいことがあったからだ。 」







                    ┏
                      ダンカンおじさんが俺たちが家を出る前に、

                      俺だけに言ってきた秘密。
                                                 ┛



101 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/17(土) 12:05:11 ID:c82A1x8Z [4/74]
2109
<<滝の洞窟内>>





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                   「 昔、私とマグダレーナがちゃちな行商人だったころの話だ。 」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                        ┏
                          おじさんが言ってきたのは、

                          俺に誰よりも愛しいといった、
                                            ┛


┌───────────┐
│ ヘビコウモリが現れた!  │
└───────────┘

 ___―===―___ {           ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___\    |l|w/L ,r_/_ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
 ――――    ==\\{w└ ¨ ´ / ― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
             \ \\´     彡x
             rァ\ >  ; ’  ∠       __
       - ――‐‐'- /      }|  _____ ノ〉-‐〉
      二二二二二/´ヾ,  r、r‐|^`  コロfニ>' |! /__ __       なっ、なんなんですかこの敵の多さ!
            〈 {ミ「 {T// \ \ \コ ロ「フ/≪/ 川]「l__}―r┐
                L{ミ| L|_N レェ \ \ \ ̄フ 》 /,。'`ーイっ┘ ̄`´
             ヽr{ Kヒエ'  、 ト、\ \ \ヽ/。'\___//
               / ̄ ヽ、=‐/ヾ}= \ \ \へ、__,/´
               /    ーベ=ー―-ァ‐「\ \ \/      _
              ヽ、     ,r‐ _ _   {  \ \ \     |`\
              `ーr-<~ ̄小 `「7´\__/\ \ \   /  「|
               \_」\ヽ、ノ //         \ \ \/  //
                   ヽ」_ゝ、ノYTヽ、       \ \/ ,r-―--、-―
                 /`ーァ_:l l:r‐'   \       ン r'′_
 ―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄
―――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____
                                                        ┌────────┐
                                                        │ オークが現れた! │
                                                        └────────┘


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                  「 荷物を預かり、街道を北に上っていくと、大雨が降ってきてね。 」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



102 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/17(土) 12:06:10 ID:c82A1x8Z [5/74]
2110





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


           「 せっかくの売り物を無駄にしちゃならんと雨宿りに大きな木の下に逃げ込んだら、 」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┌──────────┐
│ ガスダンゴが現れた! │
└──────────┘

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  _
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄

               ハ
          イテッ! , ' .丶  、ハ,    あーっもう! ボス級がいない分数で勝負かよ!!
            ,. '´    ^ <  て
          γ ; > < ./'Y''~ヾ      スクルトッ!!
          ..! ゝ_‐----‐_つ` )
          . 丶.. ___ _ ,, .. '

                   __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_
                    ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―__
                                      ―

                                                       ┌─────────┐
                                                       │べロゴンが現れた!  │
    ┏                                                       └─────────┘
      自分の娘、

      ビアンカの秘密。
                  ┛


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                     「 ふと、赤ん坊の泣き声が聞こえてきたんだよ。 」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




“やらない夫は弱虫のようです 第六十七話 「滝の洞窟・1」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「青年編」 | 【2012-07-31(Tue) 23:31:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第六十六話 「山奥の村で・3」

322 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/14(水) 00:06:08 ID:Py+wpc6X
2049





                                    /../
                                \ /../
                                   人/
                             .汐`ヽ/\
                            /∨\lソ
                            ∨   l\
                               ∨ソ二ゝ、
                              ∨ /二ヽ / ̄ ̄ \
                              l__/ / ̄/       \
                                 ヾ_ノ/ ̄|   \, ,/  |
                                   Y´ ̄|         |
                                     l   |   (__人__)  .|
                                 ∨r'|    `⌒´    |
                                     / l  {          }
                                 _|_ゝ .ヽ      ノli
                                /     ̄ `ヾヽ_/lソi
                             /\ /  ヾ      l  `ヽ、 l
┌────────────────────────────────────────────────┐
│                          ┏                                            │
│                             親父はだれよりも、強かった。                           │
│                                               ┛                       │
└────────────────────────────────────────────────┘
                      /: : : : : : : : : : : : : : : :.:.\、  ,r'i二i⊃
                      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧_/lィ=ー'ゝ
                    ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧ . ト'"ヾフ、
                    \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l.イフヾ/l/ `ヽ、
                      \: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:lr―|  ヽ_ノ`.ヽ.、
                      ,、 .\: : : : : : : : : : : : : : : : : |   .ヽ、 ∧ `ヽ/ヽ、   ll
                        l l l ̄ \: : : : : : : : : : : : : : /     .l  ∧     `r-、l.l
                    l .l/∠_ \_____/ ∨   .l   ヘ       /  `ヽ、
                    l  ̄ ̄   ̄ヽ      /      ∨ __|   ヘ    .ノ     >、
               , r '"´/|       l   /        `´  ヽ   ヘ___/     /ーヽ、
               ̄ ̄//|       | /             \  ヘ  ゝ―――' ∧ ̄
                 / / l______ノイ                `´   \ . ヾ   /l
               /l /  ムイ /                            ∨ ヾ / l
.

323 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/14(水) 00:07:05 ID:KSUuepRQ
おお!
スイーーツ見ながら楽しもう。


324 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/14(水) 00:07:27 ID:Py+wpc6X
2050





        / ̄ ̄\
      / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
      |       /  .\` 、   . // /
     . |  (__人/     \ヽ、,.// ../
       |    ` /       ``77   /         ┏
     .  ヽ   /          / /   /            だれよりも賢く、
        ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./                        ┛
        /./     r-、 ヽ ∨,ノ /
        |. \   〈\.\,〉 `,  f
        | . \  (ヽ ヽ `..   |
        |    .\ \      ノ













                                                 / ̄ ̄\
                                       rヽ  / ノ  \ \
             ┏                        i !  |        |
               そして優しかった。          r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
                           ┛      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
                                   l` ( ``/ .  |        }
                                   ヽ   l  .  ヽ       }
                                    |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ




325 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/14(水) 00:08:08 ID:Py+wpc6X
2051





                     / ̄ ̄\
                  /   _ノ  \
                  |
                   l     (__人__)
                  l     ` ⌒´ノ
                    |           |            「 大丈夫か、リュカ 」
                  ヽ       l
                    _,ゝ、   _,ノ
                ,、-='l \_,ン g<\
             / \ └〆\ i=i|\'\
            丿   ゙i   \ \=il / i!
             l    l    \\| /=|l
             |    |     \i/   ||





                   ┏
                     だれよりも尊敬する、世界一の俺の…父親。
                                                 ┛





                                             _, -‐
                                        _, -‐  ̄ ‐=ニ=-
               / ̄ ̄ ̄\           _, -‐  ̄‐=ニ二ニ=- _, -‐  ̄
              /         ヽ        ,~'_, -‐  ̄`ー-----― '
             /         丶    _,~'_ッ'-
             |     _ノ       .厂
             i          !  .⊃
              |       (__人_) /〉
            /∧     ,.<))/´二//⊃
          / : | ヽ  / /  '‐、二ニ⊃`
      , -‐'´: : : : :l   丶l    ´ヽ〉: : : : \           「 無理はしてもいい。でも、無茶はするな 」
     /: : : : : : : : :|  /_/    __人〉|: : : : :|
    「ヾ: : : : : : : : : :l_/:_/ヽ.   /´     | : : : : :|
   〈\ : : : : : : : :,、: :/´∨/`ー'〉 |_| |: : : : :|
    !: : :ミヽ: : :/ `y′.: ',ゝ、_/     l: : : : : :|
    ! ⌒ヽ: : : :.ヾ/: ://: : : :|      l: : : : : :|
.



“やらない夫は弱虫のようです 第六十六話 「山奥の村で・3」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「青年編」 | 【2012-07-15(Sun) 02:20:20】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第六十五話 「山奥の村で・2」

187 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:05:28 ID:CZp9S8WO
1970







          (( えーと…。 ))








                   (( どうして、こんなことになってるんだったっけか ))







.

188 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/10(土) 23:05:53 ID:Qd3JiEnD
温泉あるのか!?

ないと思って宝それだけで十分です

189 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:06:34 ID:CZp9S8WO
1971





                ┏
                  ビアンカの家の裏の、小さな林に隠されているように

                  在る温泉で。
                                                    ┛




                                                -‐ ‐- 、
                                              /      \
                                             i ヽ、._       |
                                             ソ(ー) ;    |
                                             (人__)       /
            (( あんにゃろう…何考えてやがる、スミス ))       |      .r‐. |
                                             |     /│ 「 7`!
                                             ゝ-‐=、≦  |  \/ 〉、
                                            _/    >、 」!   /\/
                                         , '´  `  /_〉   ∠-‐ '^ヽ
                                        /      /´ /         」
                                       〔      /  ∨           |!
                                        \ ー‐ ´                 |   ~~~
                                         ` ー‐=ニ二/      '        |
                               ~~~~~         |       | ヘ       |
                                               |   /  ∨ト、   /,イ
                                    ~~~~~~         \/    `|   /イ|j
                                         ~~~~~~~~~~~~~~
                                                              ~~~~
                             ~~~~~




                  ┏
                    ビアンカもプックルも眠り、じゃあちょっと俺も浸からせて

                    もらおうかと思った、この温泉で。
                                                       ┛
.

190 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/10(土) 23:07:42 ID:CZp9S8WO
1972





                        ┏
                          ビアンカが言っていた通り、本当にその温泉は

                          小さかった。
                                                        ┛





                  _,、-ー''´:._,、-:ー`、-、,
                 /:.:.:,、-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:>'"`:.、
                ,/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;':.:.:.:.:/::.i/:.:.:.:.:.:.:.:.:\
               ∧∨:./:.:.:./:.:.:;':.:.:.:.:∧ヘ/i:.:.i.:.:.:.i:.:.:.ヽ
              ∧:.|!:.:.!:.:.:.:.!:.:.:.!:.:.:.:.:!´`'"´`i:.:.l:.:.:.:l:.:.:.:';'.,
              }:.::.|i:.:.|:.:.:.:.|i≦廴リi:|    |:.:リ:.:.:.|:.:i:.:.!:.i
              {:.:.:.:|:|:.:|:.:.:升i:.:.!i:.:.ハj    辻≧:/:./:.:.i:.:!
              lヘ/ヘハ、:| ,rt≡=、    /廴レリノ//:ハリ
                  ,'i:.ヘ(|:.:.:.:.:.:|///       ィ=ミヘ/:/.:ノ
                  ,':i:.:.:.:l|:|:.:.:.:.:|             /ソノ      「 せいぜい三人入れればいい、っていうほんとに
                 ,':.:|:.:.:.:l!:l:.:.:.:.:.l     __  ′  /:.l: |
            /:.:.:!:.:.:.:.!:l!:.:.:.:!:!、   ヽ ノ   /:.:.|i.:|         ちっちゃい温泉なんだけどね。            」
            /:.:./|:.:.:.:.:!:.i!ヘ:.|i| \      <:.:.//:|
            /:.:/:.:|:.:.:.:.:.:.:i:.:.ヘ   ` ー <|:.リ:|:.:.://i:.|
         < ̄`ヾハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ      ト、ヽ∨|:.//:.:!.:|
        /´  ヽ : : ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、_,、-"¨'ーヘ_i:.|/':.:.:.:.':|_
       /     i、: : ::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_,、-"゙ー、,∨:.:.:.:.:.:.:.!i`ト、
      イ       ! ',: : :::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : : :i:.:.:.:.:.:.:.:.:|: i ヘ
     / i       i ',: : ::::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : :|::.:.:.:.:.:.:.:.|:.i ヽ





                 ┏
                   でも俺は、誰でも入れるような公衆浴場はそんなに好きではないから…。
                                                               ┛


< /div>


“やらない夫は弱虫のようです 第六十五話 「山奥の村で・2」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「青年編」 | 【2012-07-15(Sun) 02:05:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第六十四話 「山奥の村で・1」

96 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/09(金) 22:01:46 ID:7f9bYHxR
1914





                           _,, -ッ、
                    _,,, ‐''"..:_::i;;''}″
                   _ -ッ'゛...:::::::::...'へ ミ}
                 /...:::/:::::::::::::::;:::':::::、:::::..`'' 、
           ,  フ´..::::::/:::::::::::::::/:::;/i::;ハ::::;:::::::::...\
         ,. ´, 〃:::::::::::;:::::::::::::::::,'::/ j/ l:::リ:l:l:::::::::...´゙'''ー-,
.       // //:::::::::::::::::::::::::::::::レ'、__,,, `l,/j/リ:::|::リ::;::::r'lツ'″
     / '  /.,'::::::::::::::::i:::::::::::::::::l ,門心 `ヽヾ `'j/ l::l:::.'゙゙、
     ..::, '   '.::i::::::::::::::::::l::::::::::::::::| ヾ_少  ゙  __,,, l::l::::.l\:.、
.   , '::::,   ,.:::::l:::::::::::::::::::;::::::::::::::::l//////   ィ'ラヾj/l:.ノ   `丶     ビアンカ―――!!
  /..::/    ,:::::'';:::::::::::::::::::',:::::::::::::::'        lシ /::'イ
. /..::,     ,!::::| ';:::::::::ヘ::::::ヘ::::::::::::::' rv- .,   >//::::.ト、
 ,.:::,'    //i::::l ',:::::ヽ;:ヽ;::::ヽ;:::::::::.',、 `, `ッ、 ,':::::::::::l:::..、
 |.::|    .'::' ',:::', ',::::::/\\:::ヽ;:::::.',丶,,i/  〈\::::::::', ヽ:.、
. ,:::,    .l::i ,ィ'´ ̄``'ー'´`` ' 丶、::ヽ::',   , イ::::.、\::..\ ヽ::.、
  ,.ヘ   /7``''-..,_          `_`'_ゝ<:::::::::::::.ヽ  \::..\ヽヽ、        ┏
   ヽヽ / /     `' --‐‐'''"´ ̄,/‐''"  ヘ::::::::::::::..ヽ  ヽ:::::..ヽヽ.ヽ、        プックルが、俺以外の人間に対して、
    ゙,ミイ             ,/¨      i:::::::::::::::::::..ヽ  ヘ;::::.ヘ ヽ:.ヽ、
.    / |゙ ` 、,         /  _ ,,     ,'ヽ::::::::::::::::::::::..\ i::::::.i  ヽ:.ヽ、     子猫みたいにまとわりついている。
    | /    `゙ ' ー    _,,レ ´     /:l::::ヘ:::::::::::::::::::::;::::..'::::..'    ヽ:.ヽ、                           ┛
   / │           /      __/::::l:::::::::;:::::::::::::::::::ヘ メ:::..'\    ヽ::.、
.  / /           /     ,, ''//::::::::'::::::::::!::::::::::::::::::::,':::::; 、::::..ヽ,    ヘヘ
  / /,          ./     / .//:::::::::,'::::::::::'::::ト::::::::::::/::../\ \:::ヘ    l::l
. | ./'´          /    ,,/  /〈:::::::::/:::::::::,'::::::l ヘ:::::/:/::::::::.ヽ '::::.',   ,':,'
  ゞ              /   "    /  ';::::/:::::::::/::::::::l  lノ''::::::::::::::::::.}  ':::.'  //
               /        l  /:::::::/:::::::::/ ノ::::::::::::::::::::::./ /ノ /'
.

97 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/09(金) 22:02:41 ID:7f9bYHxR
1915





           __ ,.. -‐..:/.::::::`丶、
         ,.:/.:::::.`丶、/.::::::::::::::::::.丶、
       /.:::::::::::::::::r:::::ヘ:::::::::::::::::::::::::.ヽ
     _/.::::::::::::::::::::::::!ミY∧:::::::::::.ヽ:::::::::::::.
.     /ノ.:::::::::::::::::::::::::|:::::}:::::ヘ::::::::::::::':::::::::::::::.
     i':::::::::::::|::::::::::::::::「``^´´ハ:::|::::::::}:::}::::::::}::.
     i|:::::::::::::|:::{:::{::::::::.      !::|」::Lj::」_::|从リ
     i|:::::::i:::::|i::',:::X::::::'ニヽ  L「ー'ニ、^丁「:「       きゃっ、やだ! プックル!
    八::::::i:::::|Ll/ ヽ_::ゝ    爪「心, ;:::|::{
.     |ヽハ;::_V    _       Vr:::j  l::::|::::.       ベトベトになっちゃう、もう大きくなってるのに!
      |:::::|:::::::::', x=≡`   、  /////l::::|:::::.
      |:::::|::::::::::::. ////           从:!:::::::.
      |:::::|:::i::::::込、       ヽ    イ.:::::}ハハ
      |:::::|八:::::::::::{> .     /ト从:::从::',::::.
      |:::::|:::::.ヽ:::::八:::/}≧=‐    |:::::}/.:::i:::',:::::.
      |::::」::::::::::.ヽ:;ハ! /        |::::::/.::::::トミ:::::::.、
     /7´|::/.:::::::::::::://‐-、    -‐/l:::/.:::::::::| //`ヽハ
.    //  |;'.:::::::::::::://ニ二アヽ、 //.:/.::::::::::::!'/  /⌒ヽ



                    ┏
.                      そしてプックルは、俺と再会した時みたいに

                            彼女の顔をなめまくっている。
                                                  ┛
.

98 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/09(金) 22:02:46 ID:y5rmCSZs
お、始まった


99 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/09(金) 22:03:37 ID:AN3veK+F
始まったか…
俺も>>1にペロペロ


100 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/09(金) 22:04:01 ID:7f9bYHxR
1916

<<山奥の村>>





                            ┏
       .;i;、;;:。;:';.                  こんな、ちゃんとした名前もないような山奥の村で。
   ,.;i;';.,,;;、;、;;:。;:;:。;:`;,,                                              ┛
 ,.;;:。;:;;::、;;:、;;:。;:;:;;,.:i;,;,、
 ,.,;:;;`;;i`:;::i;,|i!。;、;;:。;::i;,|i!;:''   .
 `'::',:'':';:;.;;:、;;:;:;、;;:、;;i!;:''",,.,,.  ...... .......,. ,.......,..,........... ...
'::',:'`'::',:'':';:;..`'::',:'':';:;..:.,"'`::'::',:''  "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''  '''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;: .
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::'::',:'':'`::' ,:'':';:;..,"'`'      ,"`'::',:'':';:;..,"'':'   ;、;;:。、;;:。;:';..,..,
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`                    '::',:'':':: ;;:。;:;;::。;:;:;;,.:i;,;,、
"'''.''' "'''.''"'"''::',:'':';:;..,"'`::'::',:' ':'`::'::',:'':   '`'"'"' "'' ''' "'''    .;;:。;:;;::、;;:、;;:。;:;:;;,;,;,、
"';:;..,__,:'':'`::'____''::',__:'':';:;..,__;.;___"'` __'`::'__':'::',:__ _:'':';:;.._ __`,:'__., ;:;;`;;i`:;::i;,|i!;:::。.;:.:;、;;:.:.:'
  ;;l, __ ̄/  l, ̄ ̄i;;.  ヽ_ l ̄ ヽ   ) ̄ ,i' ̄ ) ̄ /ヾ  ;;;`;;;`: ヽi!;:;ソ。;、;;:。;: ;:'
____l, ____i__...../_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __ヽ____l, ____i__... ヽ_,,__,,i__..."'':;::i;:;;`yi!;;:。。;、;:: ;:'
/  ヽ  /  l,   i;  ヽ_ l,  ヽ   )  /.:.Y ヽ   /  /   /"''i;;;:。;:;;::、;;:、;;:。;
ヽ____Y, __、i__...__,/_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __i____l____i__._,,,ヽ_,,,,i__..."''__,,,|il;:/;:;,-''"
  ;;l, __...../  l,   i;;.  ヽ_ l,   ヽ   ) ;;; i  ヽ  )  / ;;;/  く .:. ;|il;:|
____l, ____i__...../_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __ヽ____l, ____i__...ヽ_,,,,i__...ヽ__,.,,ノ__/il;:ヽ
"''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;: . ::'`':/ハ:l.:.'i, '`'::: :'`'::
'::',                                    ;..`'::',:'':';:;..
           '"' "'`'::',:'':';:;           "'`'::',:'':';:;..,"'':';:;.`'::',:'':';:;...,..,
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::              '::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::',:'':'`::'::
"'''.''' "'''             ::'::',:'              ':'`'"'




“やらない夫は弱虫のようです 第六十四話 「山奥の村で・1」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「青年編」 | 【2012-07-15(Sun) 02:03:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 小ネタシリーズ8「もしヘンリーがヘンリエッタだったら」

74 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/08(木) 23:32:29 ID:lxqXZc+K
二次創作を読んでふと思いついた小ネタ。


┌─────────────────┐
│ もしヘンリーがヘンリエッタだったら ......│
└─────────────────┘







                          ,イ
                        ,//,
                      _,//゙/,
                    _,/‐'´_/´ノ
                  _,/‐'゙ツ‐'" _,/         「 ―――はい、これ持ってきなさいよ。 」
                _,/‐'´// _,-‐''"/
        ,.- 、   ,.-='.‐'シ''´,.イ'゙´_,.-ッ´
        ⌒l| _/ '´,.-チ-‐'´,/‐'"_,.イ´
         ,/,/|-‐''´,.-ぐ_,.-‐ッ-‐''´,/
      ,.,=、'゙/ (゙ー''"´_,.イ'´_,-'゙‐ォ‐''゙´
      ((___),!、 ゙i二二,゙ツ"゙,,.-'゙´
      ゞ´三ミ、'ー―‐'゙`´
      {|l!i○jl|;l}
      ゞミ三彡'
         ̄









          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、_ \
     . | ( ●)(● ) |
     . |  (__人__)  │  「 ……。 」
       |   `⌒ ´   |                            「 ……あ、何よその顔。 」
     .  |           |
     .  ヽ       /                             「 これがなんの役に立つ、って顔じゃない。 」
        ヽ      /
        >     <
        |      |
        |      |

.

75 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/08(木) 23:33:04 ID:lxqXZc+K





      , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      , '  /" `ヽ ヽ ヽ\
   , '  //, '/     ヽハ  ヽ
   |i 〃 {_{ _ノ   ⌒ リ| l``、
    |i | | ( ●) (●) 从!」
    |i`从⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ヽ」
      |i从/、  ,.<))/´二⊃          「 よく見なさいな。そのキメラの翼はラインハット王家の持ち物。
       ヘ, / /  '‐、ニ⊃
    rヽヽ:::::l l    ´ヽ〉::ヽ
    {  v::::/    __人〉:::/,1                 ―――持つところに、王家の紋章が彫ってあるでしょう?     」
   く_,、_,、〉/    /yi::::::::::::( /
    l   /  y'::::::::::::::::::::::`:y






             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
          / /" `ヽ ヽ  \
          //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|
         レ!小l( ≡) (≡)从 |、i|
          レ /// 、_,、_, /// |ノ /       「 乗船する時にそのキメラの翼を見せれば、
           ヽ、       j //
             ヘ,、 __, イ/              多分何も聞かれずに乗せてくれるわ。    」
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1       「 こういうことで権威や権力を使うのはなんだけど、
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ         あなたのためなら例外。使って。           」
        {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |
        ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/
         `|1::ー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」"

,

76 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/08(木) 23:33:39 ID:lxqXZc+K





      / ̄ ̄\
    /  ノ ヽ、\
   . |   (●)(●)|      「 ヘンリエッタ…。ありがとう。 」
   . |////(_人_)│
    |     ` ⌒´  |
    |           |
   .  ヽ      /
      ヽ     /
      .>    <
      |     |
      |     |






         , /.'´ ̄ ̄` ー-
        /           ヽ          「 ふふっ。至らない子分を鍛えるのは親分の仕事。 」
       /   /   〃"`、    ヽ
       |i   │ /    ヽハ  、
       |i   | {_{      リ    |          「 金に困ったら売ればいいし、あたしに会いたくなったら
       レ   . 小|      从 | i|
        レレ/レ  ////// 人| i|            それで戻ってきてもいい。―――なんてね。        」
        へ、/⊂⊃、_、_,⊂⊃人|\
     r ヽヽ:::::::|ヽ`ー'1ーヽイ"  \ \
    |  V:::::::::::∨yヽ/:::: /, ̄ ̄ ̄   )      「 とにかく好きに使えばいいわ。あなたなら、
    !  {:::::::::::::::: ヽ/::::::::: y ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |  `'、_:::::::::::::::::::::::::::::::: }                 変な使い方はしないだろうから。       」
     ゝ _   ̄''ー=ム::::::::: ィ.
        ̄ ー '::::::::::::::/


77 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/08(木) 23:34:02 ID:lxqXZc+K





            __,、==三=-- ..、
         ,、-:=/ /:, ' ,: :': : _     `丶.、
        ハ :',:.,' /,.'/,、-―- 、  ` 丶 、: : :`丶.
     ,x '´,> - ; ;.::; -:―:-:.:、: : :`丶、: : `丶、: : :丶、
     {/ : ; ' ,.; ; ;ヽー:-:-:-:_:ヽ     .:ヽ: : : :`丶、: \
     / /, ',. ' ./,' ; ヽ\`:ヽ.    \ : : : :.`丶、: : :.`ヽ.ヽ
    '/ ; ':, ' .,.' i    ヽヽ  ヽ. . . : : \: : : : : :\丶:、: : \
    /.:,'.:.,'.:.:.:,'.:.:.!: ':, ヽ : \\: :\: \: :\: :\ : :\: j !ヽ:ヽ
    ;: :l:.:.|:.:.:.|:.:.:.l; ',:.ヽ|\ヽ.\`丶.ヽ: :.ヽ : \: :\ : :.ヽ.j:.リ `\
    | :.|:.:.| :./|: : | Vヽ:.|  \ヽ \:.:.`丶、l : :\ヽ: :丶 ヽ∨
    | :.l:.:.:!:.:|__V:| ヽ:.:ヽ.   >≠´ ̄V.:`丶: :ヽ: :ヽ: : ヽ}
    |.:.:|;.:.|.i.| _`!ヽ、 ヽ\ /´ ,.xテテ=、V:i\:\: :\',\ヽ´
    |.:λ:.:!|:ミYて㌔.  \   .ハらz::リノ .|λ∨i:、ヽ!|ヽ} ヽ}:}
    !:| ヽ;\冰_マzム         `¨´⊂こ⊃ !イ }从 ノ二二)         「 じゃあ―――元気でね、リュカ 」
    ';|. |:::: (ヽ⊃              |:.!\、! /: : /イ
     \.jハ;.ヘヘ`、.  丶             |/ `丶、 ゝ-
       >ヽNへ   丶-   '    ,.イ'´ ,、-====.L.
      {_!_!_ノゝ′> ,       ,..ィ/ /, 、 '´      `ヽ
               .≧.ァ´ 〉' ,、' / }        \:ヽ\
             ,.>'"\//./: /            \!:::\
             \    /./ . .               \::::\
              .\. / // : : : : ,' :} ,': :  : :       \/
              〈\ ∨≦ー┐:,' :.! : : : : : : ― -    ,、--\.
               >((\三三l; ; ; ,':ヽ:.      __,.、 '´   ヽ}
             ,イ//{小;∧ ,、-ォ: : : : :ヽ    ,.へ        丶
            ,イ///j 〉{ !l.|彡ミλ: ; ; : : ヽ /: : : :.\       丶
            ` ーソイ.λヽヘ(G)リ : : ` ーゝ===―:.\       ヽ
              / .{λ \ミ彡- ― :、: : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.       \

.

78 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/08(木) 23:35:30 ID:lxqXZc+K
ほんのちょっとだけやってみた「ヘンリーが女性だったら by◆VeXhfoQdhw版」

カボチ編1話の最初らへんをやる実にしただけだけど、なんとなく全然違う印象なのはなぜでしょう。
台詞は女性らしく直しただけで、ほぼ同じなのにね。


79 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/08(木) 23:36:35 ID:sR5BDcH0

ヘンリエッタって何のこっちゃと思ったらヘンリーの女性名か


80 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/08(木) 23:37:24 ID:s6y7nrft
最初擬体だと思ったんだぜ?


81 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/09(金) 00:07:09 ID:7f9bYHxR
乙ありがとうございます。

なんと今見たら主人公が女の子のもあった。びっくり。
(そしてビアンカはビアンキという少年に)

かーいいなぁ。書きだめできない。


82 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/09(金) 00:23:57 ID:WEeOgNfx

あ、やる実が普通に可愛いw


83 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/09(金) 00:27:51 ID:plNXJ+Na
乙乙
>>1は書きだめに支障のないようにw


84 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/09(金) 02:04:43 ID:luiL8GWh

ヘンリー女性化のネタはArcadiaかなんかにあったな。
やっぱり奴隷生活の中でどう過ごすのかがネックみたいで、
レムオルとかモシャスとかの補助系呪文の達人設定にして解決してた。

実際に10年苦楽を共にした女がいたらどうなるかなあ。
離れがたく感じるか、それとも奴隷時代を思いだして辛くなるか。
どっちにしてもリュカにとって一生取り換えのきかない相手には確実になるな。
結婚したとしてもいつも心の中にヘンリエッタの席があると思う。

まあ私もガンスリンガー・ガールのヘンリエッタが出てくると思ったよw


85 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[] 投稿日:10/07/09(金) 02:55:15 ID:73yq7NAw
乙でした
何か新鮮でいいなw

ところでDQ5の性転換ネタなら凄いのがあるんで報告しておく
「宿命の聖母」でググれば出てくるよ


86 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/09(金) 04:44:59 ID:7f9bYHxR
よっしゃ。やっとできました。

主人公純情すぎな回。56コマ。


サラボナ編6話・「山奥の村で・1」


>>ヘンリー女性化
思ったより反応が良くてありがたいですww 「こう書くのもありじゃね?」とか
やる夫よりもいいシーンがかけそうな気がした。



       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\    ひでぇ!! 作者死ね!!
  /    (__人__)   \   俺、頑張ったじゃない!?
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /                         うん、まぁそうなんだけどね>





>>10年苦楽を共にした…
嫁選びがえらいことになると思います。いろんな意味で。
作者が書くヘンリー(もしくはヘンリエッタ?)は、決して国や国民を見捨てることのできない
「王器」をもった人間なので、完全な幸福な結末、ということにはなりえないと思うし…。
後に、お互いが「こんな時もあったね」と微笑み合える関係にできるのが何とか、という感じかな。


>>宿命の聖母
今読んでます! リュカかわいすぎて泣ける。もしかしてこれはヘンリーと…?
(ただいま24話目)


90 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/09(金) 16:30:34 ID:AN3veK+F
性転換モノだとリュカはやらない子になるのか
最近やらない子の可愛いAAが沢山出来てきたから丁度いいかもしれんな…。


91 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/09(金) 19:14:49 ID:Jg0Ymvi8
宿命の聖母読んでみたけど、AAで見たせいか、
やっぱりちょっと上みたいにヘンリー女バージョンのがいいな。

とはいえ全部読んでしまった、、


92 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/09(金) 20:49:02 ID:AN3veK+F
>>85
サンクス
いいなぁ…コレ
あとマーリンが高性能過ぎる…。


93 名前: ◆VeXhfoQdhw [] 投稿日:10/07/09(金) 21:14:44 ID:7f9bYHxR
ただいま最終チェック中。


>>宿命の聖母
ああもう!(悶え中)こんないいの読んだら作者もあれこれ挑戦したくなるではないですか!

2週目の人みたいにやらない夫バージョンが終わったら新しいの挑戦したくなるじゃないですか!
いつになるんだって話だけど!

あーリュカかわいいなぁまったく!


94 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/07/09(金) 21:33:50 ID:/qBCbdev
ついに宿命聖母に手を出してしまったか、>>1ペロペロさんは引き返しが出来ない道を…
やる夫は長年連れ添った幼馴染みを一人旅にだすのか?

デール夫「兄さん、何故リュカさんを追わないのです?見損ないましたよ」
やる夫「デール夫、しかしやる夫はラインハットの復興を…」
家臣達一同「なに言ってんでさあ!さあ後のことはあっしらに任せて早く姐さんを追っかけてくださいよ!」
やる夫「み、みんな…」

いかん、うまく場面が思い浮かばん。





やらない夫は弱虫のようです 小ネタ・番外編 | 【2012-07-13(Fri) 23:52:34】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ